スライドショースライドショースライドショー

40秒で支度しな!「Atom」を日本語化する5ステップ

今回はテキストエディタ「Atom」のメニューと設定画面を日本語化する方法をご紹介します。

このステップ通りに進めれば、40秒で日本語化完了です!Atomのインストール手順が知りたい方は、こちらを参考にしてください。

40秒でAtomを日本語化する!

本当に40秒で日本語化できるでしょうか?では、スタート!

(1)「Atom」を起動する
(2)「File」→「Settings」の順にクリックする
atom-ja01

(3)「Install」をクリックする
atom-ja02

(4)「Search packages」に「japanese-menu」と入力し、「Packages」をクリックする
atom-ja03

(5)「japanese-menu」の「Install」をクリックする
atom-ja04

さて、40秒で日本語化されたでしょうか?

英語が残っているときは

この記事を書いている2018年1月時点で、japanese-menuが対応しているAtomはバージョン1.17(japanese-menuのバージョンは1.13.0)でした。

一方、Atomの最新バージョンは1.23です。つまり、japanese-menuをインストールしても、Atomのバージョン1.17から1.23の間に追加されたメニューは日本語化されないのです。

たとえば、「表示」をクリックすると、「Toggle Git Tab」や「Toggle GitHub Tab」が英語で表示されていますね。残念です。

atom-ja05

そこで、残っている英語メニューを駆逐することに挑戦してみましょう!試しに、上の2つを日本語にしてみます。ここでは、Windowsの場合の操作を説明しますが、MacやLinuxでも同様に変更できます。

(1)Atomを起動する
(2)「ファイル」→「環境設定」の順にクリックする(このあたりは日本語になっていますね!)

atom-ja06

(3)パッケージがインストールされるフォルダを確認する。

赤枠の部分のように、「C:\Users\(ユーザー名)\.atom\packages」と表示されています。

atom-ja07

(4)「ファイル」→「フォルダを開く」の順にクリックする

atom-ja08

(5)パッケージがインストールされるフォルダを選択し、「フォルダーの選択」をクリックする

手順(3)で確認したフォルダを、「フォルダー」に入力すると簡単です。

atom-ja09

新しいAtomが起動します。

(6)「japanese-menu」→「def」の順にクリックする

atom-ja10

(7)(Windowsの場合は)「menu_win32.coffee」をクリックする

Macの場合は「menu_darwin.coffee」を、Linuxの場合は「menu_linux.coffee」をクリックします。

atom-ja11

(8)「value: "コマンドパレット"」の下に、以下の内容を入力する

英語とそれに対応する日本語をペアで入力する仕組みです。

      "Toggle Git Tab":
        value: "Gitタブ"
      "Toggle GitHub Tab":
        value: "GitHubタブ"

atom-ja12

(9)「ファイル」→「保存」の順にクリックする

atom-ja13

(10)CtrlキーとShiftキーを押しながらF5キーを押す(リロード)

「表示」メニューを確認すると、先ほど「Toggle Git Tab」や「Toggle GitHub Tab」と表示されていた項目が「Gitタブ」や「GitHubタブ」と日本語で表示されていますね。

atom-ja14

このようにして、残っていた英語を減らせます。同様の手順で、英語をどんどん日本語にしていきましょう!

japanese-menuについて

今回紹介したjapanese-menuは、syonさんがGitHubhttps://github.com/syon/atom-japanese-menu)で開発を進めているパッケージです。

上の手順で説明した「menu_win32.coffee」は、Coffeeスクリプトというプログラミング言語で書かれていて、誰でも簡単に修正できるようになっています。

GitHubが使われていますので、英語がある程度駆逐できたら、プルリクエストを送ると喜ばれるかもしれませんよ。GitHub?と思った方は、以下の記事をご覧になって、ぜひ挑戦してみてください!

【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!
更新日 : 2019年8月9日

その他の日本語化パッケージ

japanese-menuは、GitHubで開発が進められていることは、上に書いたとおりです。GitHubで公開しているからこそですが、実はjapanese-menuからフォークされたatom-i18nというパッケージもあります。

ちなみに「i18n」は「internationalization」(国際化)のことで、「18」は単語の先頭の「i」と末尾の「n」の間にあるアルファベットの数を表しています。つまり、「atom-i18n」は「Atomの国際化パッケージ」という意味になります。

そして、その名に違わず、atom-i18nは日本語(ja)だけでなくアラビア語(ar)やドイツ語(de)にも切り替えられる優れものです。なお、atom-i18nの日本語は、japanese-menuの日本語とは若干違いますので、両方試してみて、好みの方を選択すると良いでしょう。

まとめ

この記事では、japanese-menuを利用して、Atomを40秒で日本語化する方法を紹介しました。

また、英語が残っている場合の対処方法と、japanese-menu以外にもatom-i18nでも日本語化できることも紹介しました。Atomには日本語化のほかにも、数多くの便利なパッケージがあります。

便利なパッケージを積極的にインストールして、生産性をどんどん上げてください!それでは。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説