30代未経験からシステムエンジニア(SE)に転職する4つの方法

30代からでもシステムエンジニアに転身できるのだろうか?
未経験から始める場合、何から学ぶべきなのだろうか…

国内におけるIT人材の不足が深刻化していることもあり、ITエンジニアといったプログラミングスキルがある人材の需要は増し、他の職種に比べ高い報酬を設けるケースが増えてきました。

なかでも「システムエンジニア(SE)」は人気が高い職業のため、目指したいと考えている30代の方も多いのではないでしょうか。

ただ、実際に今からどうシステムエンジニアを目指せばいいのか、そもそもなれるのかイメージが湧かず、不安な人もいるはず。

そこで、この記事では未経験の30代からシステムエンジニア(SE)に転身する方法をわかりやすく解説します。30代の今からシステムエンジニアになる利点や注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • 30代未経験からでもシステムエンジニアへの転身は可能
  • まずは副業やサービスエージェント経由で実績を積もう
  • プログラミングスクールを経由して転身するのもおすすめ

なお、どのプログラミング言語を学べばいいのか、どう学習を進めればいいのかなどがあいまいな人は「プログラミング学習プラン診断」をお試しください。

かかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、あなたにあう言語や学習プランを診断してもらえます。

これからプログラミングを学ぼうとしている人は、ぜひ一度お試しください。

\ 4つの質問に答えるだけ /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

30代未経験からでもシステムエンジニアへの転身は可能

30代未経験からでもシステムエンジニアへの転身は可能

結論として、30代未経験からでもシステムエンジニアへの転身は十分に可能です。事実、dodaや求人ボックスなどの求人サイトには実務の経験や年齢を問わない求人が掲載されています。

募集求人1募集求人2募集求人3
採用条件経験/学歴不問学歴/職歴不問高卒以上
雇用形態正社員正社員正社員
研修あり(試用期間3ヶ月)あり(試用期間6ヶ月)2ヶ月
初任給月給23万円~月給25万円~月給25万円~
勤務時間完全週休2日制/土日休み完全週休2日制/土日休み完全週休2日制/土日祝休み
勤務地全国各地東京都渋谷区(リモートワーク可)東京都渋谷区(リモートワーク可)

※2024年4月時点で「マイナビ転職」「doda」「求人ボックス」に掲載されていた求人情報をもとに記載しています。

従業員の女性比率が高めな企業も多く、女性に対する風通しが良いことを謳っている企業も多くあります。

前項でも述べたように国内においてIT人材の不足が深刻化しています。加えて、求人サイトでは経験年数や年齢、性別を問わない募集も多く見受けられます。

そのため、30代未経験からでも十分にシステムエンジニアに転身可能です。

年齢が増すにつれ転身への難易度は高くなる

30代未経験からのシステムエンジニア転身は可能な反面、30代前半から40代と、年齢が増すにつれ難易度は高くなっていきます。

例えば、現行の雇用対策法では、募集および採用については年齢制限の禁止が義務化されています。しかし例外として「長期的なキャリア形成を見込んでいるケースであれば、35歳以下の年齢制限をかけてもよい」と定められている状況です。

したがって、企業の中には長期的なキャリアパスを構築する観点から年齢制限を設けているところもあり、35歳を境に転職の難易度が変化します。

40代になる前、30代のうちに転職を済ませておくほうが求人も探しやすく、キャリア形成に役立ちます。

30代以降であれば社会人としての経験が20代よりも長く、前職で培った知識や人脈を活かせる可能性もあります。例えば、転職の際、面接にて培ってきた知識や人脈をアピールできれば、より転職への可能性を高められるでしょう。

次の記事では、詳しい求人事情や年齢別の転職難易度などを紹介していますので、あわせてご覧ください。

30代・未経験からITエンジニアは無理?求人事情や目指す難易度も紹介

プログラマーからキャリアアップするのも有効的

プログラマーからキャリアアップすることで、システムエンジニアを目指すのも有効的です。

システムエンジニアはシステム開発全体を管理する必要があるため難易度が高く、プログラミングの知識が必要な場合も多くあります。また、未経験者からシステムエンジニアに転身できたとしても、入社直後に専門性の高い仕事をいきなり任せられることはありません。

そのため、まずはプログラミングの習得や実務経験を積むためにプログラマーへの転職を目指すのも良いでしょう。ある程度スキルを習得し実務経験を積んでおいたほうが採用率は高まり、より好条件での転職が可能となります。

挫折しないか不安な人はスクールもおすすめ

前述したとおり、30代未経験からでもシステムエンジニアに転職はできます。しかし、本業に従事しつつ準備を続けていくことに不安を感じる人もいるでしょう。自力で目指せるか不安な人は、プログラミングスクールを経由して転職を目指すのもおすすめです。

スクール経由であれば、実際に使えるスキルを学べるだけでなく、転職までの道のりをステップごとに示してもらえます。転職が実現できるよう丁寧にカリキュラムが組まれているため、効率のよくスキルアップもできるでしょう。

なお、数あるスクールのなかでも挫折なくITエンジニアを目指すなら「侍エンジニア」がおすすめです。

月分割4,098円から学べる侍エンジニアでは、現役エンジニアと学習コーチが2名体制で学習をサポートしてくれるため、途中で挫折する心配はありません。「受講生の学習完了率98%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

なお、侍エンジニアでは最大70%OFFで受講可能な「給付金コース」を提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してITエンジニアへの就業が実現できますよ。

公式サイトで侍エンジニアの詳細を見る

30代未経験からシステムエンジニアになる4つの方法

30代未経験からシステムエンジニアになる4つの方法

ここからは、30代未経験からシステムエンジニアになる方法を、4つにまとめて紹介します。

なお、次の記事では未経験からシステムエンジニアになる具体的な手順を詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

システムエンジニア(SE)になるには?未経験から転職するコツも紹介

方法1:未経験者OKの求人に応募する

1つ目は、未経験OKの求人を探して応募する方法です。前述したとおり、IT人材が不足している背景もあり、経験や年齢を問わないと記載している募集が多く見受けられます。

なお、求人を探す際は次のようなIT業界に特化したサイトの利用がおすすめです。

自身で求人に応募する方法は、自分のペースで転職活動を進められる点が利点です。ただし、スキルの習得に向けた学習も自身で上手く進めていかなければなりません。独学の場合、学習途中で挫折してしまう可能性がある点には注意しましょう。

方法2:プログラマー経由でキャリアアップする

2つ目は、まず始めにプログラマーとして転職を果たし、キャリアアップする形でシステムエンジニアになる方法です。

プログラミングができなければシステムエンジニアになれないわけではありません。しかし、プログラミングの知識を有することは、システム全体を把握するのに必要なスキルのひとつとなります。

キャリアアップしていくために、少しずつ知識を深めていくのも大切です。

本業と平行してプログラミング技術を習得する必要があります。独学での習得も可能ですが、不安を感じる人も多いでしょう。

次の記事では、システムエンジニアになるための7ステップや、挫折しないためのアドバイスなども紹介していますので、あわせてご覧ください。

未経験からシステムエンジニア(SE)に転職する7STEP!年齢別の難易度も紹介

方法3:エージェントサービス経由で就業する

3つ目は、エージェントサービス経由で就業する方法です。エージェントサービスを経由すれば、エージェントが自身に代わり応募先をリサーチしてくれます。応募にかける時間を削減でき、効率よく転職活動が行えるでしょう。

次のサイトはおすすめのエージェントサイトです。

応募にかける時間を削減できるため時間を有効に活用できますが、採用された際、仲介手数料を支払う必要があります。加えて、登録するだけで就業が確約されるわけではありません。いつまで経っても応募先が見つからないまま、という場合もあるため注意が必要です。

方法4:プログラミングスクール経由で転職する

4つ目は、プログラミングスクール経由で転職する方法です。プログラミングスキルはシステムエンジニアにとって必要不可欠と言っても過言ではないスキルです。プログラミングスキルを習得してから転職活動を行えば、より好条件な待遇での転職も可能となります。

プログラミングスクールで習得を目指してから転職するのであれば、確実性も増すことでしょう。

「侍エンジニア」には、受講料が最大70%OFFとなる給付金を利用できるコースを提供。費用は抑えつつ、転職へ向けて着実にステップアップしていけるでしょう。

なお、下の記事では選び方も交えシステムエンジニアが目指せるおすすめのプログラミングスクールを紹介しているので、よければ参考にしてください。

エンジニアを目指せるプログラミングスクールおすすめ16選

システムエンジニアの適性がある30代未経験者の特徴3つ

システムエンジニアの適性がある30代未経験者の特徴3つ

なかには、自分がシステムエンジニアへ向いているのか不安な人もいますよね。

そこで、ここからはシステムエンジニアへの適性がある30代未経験者の特徴を、3つにまとめて紹介します。

直面する問題に怯まない人

何度問題に直面しても怯まない人は、システムエンジニアに対する適性があるといえます。

システムエンジニアは目標達成までに、多くのトライ&エラーを繰り返す必要がある職業です。そのため、予期しない問題に直面しても怯まず、落ち着いて対処できる能力がある人は、システムエンジニアに向いています。

一方で、いざ問題に直面した際に慌てふためいてしまう人は、問題解決に時間がかかってしまう可能性があります。最悪の場合、対処が遅くなることにより損失が発生してしまうおそれも。

問題に直面するだけでなく、想定外の変更などに冷静に対応ができる人は、システムエンジニアに向いているでしょう。

素直さ・謙虚さを持ち合わせている人

システムエンジニアはプロジェクト内外で多くの人と関わり合いを持つため、素直さと謙虚さを持ち合わせている人には適しています。

IT業界の成長速度は日進月歩であり、新しい技術や知識をすべて把握するのは難しいです。「分からないことを素直に質問できる」「自身の知識量が豊富だからとメンバーに対して尊大な態度を取ることがない」などは、円滑なコミュニケーションを行うために非常に重要です。

一方で、素直さや謙虚さが足りない人は、他人の意見を素直に聞き入れられなかったり、顧客とのやりとりにおいて横柄な態度を取ってしまったりするかもしれません。

素直さや謙虚さを持ち合わせている人であれば、さまざまな人と関わるシステムエンジニアに向いているといえるでしょう。

知らないことを学ぶのが好きな人

知らないことを学ぶのが好きな人は、必要とされる技術や知識の移り変わりが激しいシステムエンジニアに適しています。

前述したとおり、IT業界では常に新しい技術や知識が生まれています。システムエンジニアとして長く活動し続けるには、常に新しい技術や知識を吸収していかなければなりません

しかし、今あるスキルのみで満足し学ぶのを嫌う人であれば、必要とされる新しい知識を獲得するのもおっくうとなるでしょう。職場の変化や技術の進歩に少しずつついていけなくなり、最終的には仕事を任せるに値しない人材となってしまいます。

知らないことを学ぶのが好きな人は、苦になることなくスキルアップもでき、より優秀なシステムエンジニアになれるでしょう。

次の記事では、システムエンジニアに向いている人の詳しい特徴や適性診断もあわせ紹介しているので、ぜひご覧ください。

システムエンジニア(SE)に向いている人の特徴7つ!適性診断あり

30代未経験からのシステムエンジニア転身にまつわるFAQ

最後に、30代未経験からのシステムエンジニア転身によくある質問へまとめて回答します。

なぜ企業は未経験者を採用するの?

未経験者であっても採用する理由は、次のようなものが考えられます。

  • 日本国内においてIT人材の不足が深刻化している
  • 企業のニーズにあわせて効率よく教育できる

国内におけるIT人材の不足が深刻化していることもあり、深刻な人手不足を解消するために未経験者であっても採用する企業が増えています。転職を希望している人は学習意欲が高い傾向にあると、企業側は期待しているからです。

IT業界では、教育に力を入れている企業も多く見受けられます。自社で扱っている技術や言語を中心としたカリキュラムを組むことで、短い期間で即戦力となる人材育成が可能となるためです。

しかしながら、スキルがある人であれば企業側も教育にかけるコストを削減できます。そのため、スキルを事前にある程度習得しておくほうが、転職の際は有利に進められるでしょう。

目指す前に知っておくべきことはある?

30代未経験からでもシステムエンジニアに転身は可能ですが、決して簡単な道のりではありません。特に次のようなことに注意しておく必要があります。

  • すぐにやりたい仕事ができるとは限らない
  • 転職前に比べ年収は下がる可能性が高い
  • 需要を高めるには相応の努力が必要

未経験者が初めて担当する業務は、データ整理や事務処理など難易度が比較的低い仕事が多いでしょう。思い描いていたような仕事がすぐにできるとは限りません。

冒頭でお伝えしたとおり、システムエンジニアは他の職種に比べ、高い報酬を設けるケースが増えてきました。しかしながら、未経験から転身した当初は、低い水準からスタートする可能性が高いです。

未経験であれば、企業はそれ以外のスキルを判断材料とします。これまで培ってきたスキルや人脈がなければ、簡単には採用されないでしょう。そのため、需要を高めるためにも、相応の努力を続けていく必要があります。

まとめ

本記事では、30代未経験からでもシステムエンジニアに転身できるか、転身する5つの方法や向いている人の特徴などを紹介しました。

IT人材の不足が深刻化していることもあり、未経験であっても多くの企業が積極的に採用しています。しかしながら、一定のスキルをすでに有している人材であればより有利に転職活動を進められ、待遇も良いです。

事前に学習する期間を設け、スキルや知識を身に付けたり副業で実績を積んでから、転職活動を始めてみませんか。独学では不安が残る人は、的確なサポートを受けられるプログラミングスクールを活用し、プログラマーからステップアップしていくのもおすすめですよ。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

この記事を書いた人

【プロフィール】
システムエンジニアからフリーランスへ転向して3年目。Webライターを中心に、サイトや動画の制作・業務効率化を目的としたプログラム作成などの仕事を担う。2024年から侍エンジニアブログの記事執筆を担当。エンジニア時代の経験を活かし、初学者にも理解しやすい解説の執筆を心がけています。
【専門分野】
Web関連全般(HTML,CSS,JavaScript,Pythonなど)/インフラ関連(Java,DB,SQLなど)/中国語(バイリンガル)
【SNS】
X(旧:Twitter)

目次