【Java入門】final修飾子の使い方総まとめ(変数、クラス、メソッド)

Javaではfinal修飾子を使用して、値を後から変更できないようにすることが可能です。

この記事では、final修飾子の基礎から発展まで以下の内容で解説していきます。


【基礎】final修飾子とは
【基礎】final修飾子の使い方一覧
【基礎】finalでクラスの継承を防ぐ
【基礎】finalでメソッドのオーバーライドを防ぐ
【発展】static finalで定数を定義する
【発展】finalで引数の値の変更を防ぐ

今回はそんなfinal修飾子の使い方について、わかりやすく解説します!

finalとは

一度変数に設定した値を、後から変更されないようにするためにはfinal修飾子を使用します。

final修飾子は、主に値を変更する予定が無い定数(既定値やファイルパス)などの値を設定するときに使用します。

例えば、変数に対して以下のようにfinal修飾子を指定すれば、その変数は値の変更ができなくなります。

final 型 変数名 = 値

final修飾子は変数以外にもクラスやメソッドも、内容を変更されたくないときに使用することもできます。

クラスをfinal指定するには、以下のように記述します。

final class クラス名 {
    // 処理
}

final修飾子の使い方一覧

final修飾子はクラス、メソッド、変数、引数に指定することができて、それぞれで意味が変わってきます。

表にまとめてみました。

修飾先説明
クラス継承不可
メソッドオーバーライド不可
変数定数となり変更不可
引数メソッド内で変更不可

それぞれについて詳しくみていきましょう。

finalでクラスの継承を防ぐ

final修飾子を指定してクラスを宣言すると、その親クラスは子クラスで継承することはできません

親クラスをfinal指定する目的としては、その親クラスの「安全性保つ」ために使用します。

例えば、以下のようにfinal指定した親クラスに対して、extendsで継承するとコンパイルエラーとなります。

final class 親クラス名 {
    // 処理
}
     
class 子クラス名 extends 親クラス名 {
    // 処理
}
【Java入門】final classの使い方
更新日 : 2019年10月14日

finalでメソッドのオーバーライドを防ぐ

final修飾子は、メソッドに指定することも可能です。

親クラスのメソッドの内容を、サブクラスで変更されたくないときにメソッドにfinal修飾子を指定します。

以下のように親クラスのメソッドにfinalを指定すると、子クラスでメソッドのオーバーライドができなくなります

class 親クラス名 {
 
    final void メソッド名() {
        // 処理
    }
}
 
class 子クラス名 extends 親クラス名 {
 
    void 親クラスのメソッド名() {
        // 処理
    }
}

static finalで定数を定義する

static修飾子は、静的な変数、メンバの意味で、static修飾子を付与したメンバはクラスをインスタンス化しなくても、「クラス名.静的メンバ」の記述で参照することが可能です。

staticイニシャライザで初期化

static修飾子を付与したfinalな変数は、以下のようにstaticイニシャライザ内で定数をまとめて初期化することが可能です。

public static final int 変数1;
public static final int 変数2;
public static final int 変数3;
 
 static {
    変数1 = 10;
    変数2 = 20;
    変数3 = 30;
}

そんなstatic finalの使い方については、以下の記事で詳しく解説しています!

【Java入門】static final修飾子でクラス定数を使う方法まとめ
更新日 : 2019年10月14日

初期化時の注意点

先ほどは初期化についてお伝えしました。

もし、初期値を設定しなければコンパイルエラーとなりますので、ご注意ください。

finalで引数の値の変更を防ぐ

final修飾子は、メソッドの引数に指定することも可能です。

finalを引数に付加することにより、その変数はメソッド内で値を変更することができなくなります

例えば以下のようにfinal修飾子を指定した引数に、値を設定しようとすると、エラーが発生します。

private static void メソッド名(final String str) {
 
    //finalが付与されているため変更不可
    str = "Samurai";
}

ここで紹介したfinalな引数を渡す方法や、メソッド内で引数を渡すさまざまな方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

Javaのメソッド引数丸わかり!値渡し/参照渡し/可変長/final
更新日 : 2019年5月17日

まとめ

ここではfinalの意味や基本的な使い方、static finalの使い方やメソッドの引数にfinalを指定する方法などについて紹介しました。

変数の値やクラス、メソッドの内容を変更されたくないときにfinal修飾子はよく使われますので、ぜひ覚えておきましょう!

final修飾子の使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ヤマシタ

システムエンジニアとして10年勤務→フリーランスへ。現在は侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
大規模システム開発からWebアプリ開発まで経験あり。最近ではPythonの機械学習に挑戦中。プログラミング初学者に向けてわかりやすく、ためになるコンテンツ作りを心がけています。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー