【ExcelVBA入門】PrintOutを使った印刷方法について徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAで印刷機能を作ったことがありますか?Excelを使っていると、データを紙で印刷するケースはよくありますよね。

そこで今回は、

  • PrintOutメソッドの使い方
  • PrintOutメソッドで印刷プレビューする方法
  • PrintOutメソッドで印刷設定を変更する方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

PrintOutメソッドとは

最初に、VBAで印刷をするためのPrintOutメソッドの使い方について解説します。PrintOutメソッドは、次のように使います。

Worksheets("Sheet1").PrintOut 印刷設定

このコードを1行書くだけで簡単に印刷をすることができます。

また、印刷設定は色々ありますが、いきなり全て覚えるのは難しいです。

そのため、最初は利用頻度の高い以下3つを覚えておくのがおすすめです!

  • ページ範囲指定:From:=開始ページ, To:=終了ページ,
  • 印刷数指定:Copies:=コピー数
  • 印刷プレビュー表示:Preview:=True


カンマ(,)で区切ることで、複数設定もできるので、覚えておくと良いでしょう。なお、印刷設定は省略可能で、省略するとデフォルトの設定で印刷を開始します。

PrintOutを使ったサンプルコード

次に、サンプルコードをいくつかご紹介します。

印刷設定なし:

Sub Sample0()
  
  Worksheets("Sheet1").PrintOut

End Sub

ページ範囲指定:

Sub Sample1()
  
  Worksheets("Sheet1").PrintOut From:=1, To:=3

End Sub

印刷数指定:

Sub Sample2()
  
  Worksheets("Sheet1").PrintOut Copies:=3

End Sub

印刷プレビュー表示設定:

Sub Sample3()
  
  Worksheets("Sheet1").PrintOut Preview:=True

End Sub

複数の印刷設定:

Sub All()
  
  Worksheets("Sheet1").PrintOut From:=1, To:=3, Copies:=3, Preview:=True

End Sub

すこし多めにサンプルを紹介しましたが、基本的には「印刷設定は省略可能かつ、設定する場合はカンマ区切りができる」と覚えておけばOKです。

補足:Excelに追加したボタンから印刷処理をする方法について

Excelで印刷機能を使う場合は、ボタンをクリックして印刷するケースが多いです。

そのため、シートにボタンを追加してマクロを実行する方法とあわせて覚えておくと、印刷機能が簡単に作れるのでおすすめです。シートにボタンを追加する方法については、以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】シート上にボタンを追加する方法について徹底解説!
更新日 : 2019年4月16日

まとめ

今回は、PrintOutを使った印刷方法について解説しました。Excelを使っていると、データを紙に印刷するケースはよくあります。使い方もかんたんなので、ぜひ使ってみてくださいね!

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

侍エンジニア

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが何よりも大事であり、「侍エンジニア」ではプロのエンジニアが専属マンツーマン指導。だからこそやり遂げることができます。

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

無料体験レッスンはこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!

侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー