スライドショー

【Linuxコマンド】mvでファイル・ディレクトリを移動する方法

Linuxにはファイル・ディレクトリを移動するときに便利な「mv」コマンドが用意されています。

ここでは「mv」コマンドについて以下の内容で解説していきます。

mv_image

この記事では「mv」コマンドについてわかりやすく解説してますので、ぜひ使い方を覚えておきましょう!

mvコマンドとは

shutterstock_400379983

「mv」コマンドは、主に以下のような場合に使用するコマンドです。

  • ファイル・ディレクトリを移動するとき
  • ファイル・ディレクトリの名称を変更するとき

「mv」コマンドは以下のように記述します。

ファイル・ディレクトリの名称を変更:

$ mv 元のファイル(ディレクトリ) 変更後のファイル(ディレクトリ)名

 
ファイル・ディレクトリを別のディレクトリに移動:

$ mv 元のファイル(ディレクトリ) 移動するディレクトリ

mvコマンドの使い方

ここでは実際にmvコマンドの使い方をパターン別に紹介します。

ファイルを移動

ファイルを移動(名称の変更)するには、前述したように「mv」コマンドの引数に元のファイル名と変更後のファイル名を指定します。

以下の例では、ファイル「test_01.txt」を「test_02.txt」に変更しています。

$ mv test_01.txt test_02.txt
$ ls

実行結果:
mv_sample01

ファイル名称が変更されていることがわかりますね!

ちなみに元のファイルは残してコピーを作成したい場合は「cp」コマンドを使用します。

「cp」コマンドについては、以下の記事で詳しく解説しています!

【Linuxコマンド】cpコマンドでファイルをコピーする方法
更新日 : 2019年10月15日

また、ファイルを別のディレクトリに移動したい場合は、「mv」コマンドの引数に元のファイル名と移動するディレクトリを指定します。

以下の例では、ファイル「test_01.txt」をsubディレクトリに移動しています。

$ mv test_02.txt sub
$ ls sub/*

実行結果:
sample02

ファイルがsubディレクトリに移動されていることがわかりますね!

複数ファイルを移動

複数のファイルをまとめてディレクトリに移動することも可能です。

複数ファイルを指定する場合は、「mv」コマンドの引数にファイルを複数指定します。

$ mv ファイル1 ファイル2 sub

例えば、「test_01.txt」「test_02.txt」をsubディレクトリに移動したい場合は以下のように記述します。

$ mv test_01.txt test_02.txt sub
$ ls sub/*

指定した複数のファイルが、subディレクトリに移動されていることがわかりますね!

mvコマンドの注意点

ファイル・ディレクトリを移動するのに便利な「mv」コマンドですが、注意点もあります。

例えば、ファイルを移動するディレクトリが存在しなかった場合、エラーとならずに指定したディレクトリ名にファイル名称が変更されてしまいます。

以下はファイルをsubディレクトリに移動しようとしたが、subディレクトリが存在しなかった場合の例です。

$ mv test_01.txt sub(※存在しない)

実行結果:
sample03

subディレクトリが存在しないとsubという名称でファイル名が変わってしまいます。

そのため、この問題を解消するために、ディレクトリにファイルを移動する場合は、ディレクトリ名称のあとに「/.」を付けてあげましょう。

「/.」を付加することで、そのディレクトリ直下にファイルを移動することを示すコマンドとなりますので、ディレクトリが存在しないと移動することはできません。


$ mv test_01.txt sub/.

実行結果:
sample4

「mv: `test_01.txt' から `sub/.' へ移動できません: そのようなファイルやディレクトリはありません」

のエラーが発生しますので、名称が置き換わってしまう問題を防ぐことができます。

このような問題を防ぐためにも、ファイルをディレクトリへ移動する場合は、ディレクトリ名の後ろに「/.」を付けるようにしましょう。

mvコマンドのオプション

以下に「mv」コマンドで使用する主なオプションを紹介します。

オプション内容
-b上書き・削除されるファイルのバックアップ
-f上書きの場合確認メッセージを表示させない
-i上書きされる場合は確認メッセージを表示する
-n移動先に同じ名称のファイル・ディレクトリが存在する場合は移動しない
-v詳細を表示する

-bオプションで上書きされるファイルのバックアップ

上書きするファイルのバックアップを取得しておきたい場合は「-b」オプションを使用します。

「-b」オプションを使用すると、バックアップファイルは「ファイル名〜」のようにファイル名の後に”〜”が付加されます。

$ mv -b test_01.txt test_02.txt
$ ls

実行結果:
sample5

-iオプションで確認メッセージを表示

移動先のファイル名が既に存在していた場合、上書きするか確認メッセージを表示するには「-i」オプションを使用します。

「-i」オプションを使用することで、うっかり上書きしてしまうミスを防ぐことができます。


$ mv -i test_01.txt test_02.txt
mv: `test_02.txt' を上書きしますか? n

まとめ

ここでは、Linuxのmvコマンドについて、

  • ファイル・ディレクトリを移動する方法
  • 複数のファイルを移動する方法
  • よく使われるオプション

などについて解説しました。

mvコマンドは実際によく使われますので、この機会に使い方をよく理解しておきましょう。

mvコマンドの使い方を忘れてしまったら、この記事を参考にしてくださいね。

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら