HTMLのbrタグで改行をする方法と注意点について解説!

今回はHTMLbrタグについて解説をしていきます!

brタグではHTMLのコードで改行をすることが出来ます。

ただこのbrタグで改行以外にも、スペースをあけるために、レイアウトとして使ってしまっている初心者の方もいるのではないのでしょうか。

この記事では、

・brタグとは
・brタグの使い方
・brタグの注意点

について解説をしていきます。

使い方は簡単なbrタグについて、効果的な使い方も解説していくのでぜひご覧ください!

brタグとは

まずはbrタグとは簡単に何かを解説していきましょう。

brタグはbreak(改行)の意味で、HTMLの文章中に改行を入れることが出来るタグです。

こちらのコードをご覧ください。

実行結果

HTMLのコード上では改行を入れているのにもかかわらず、実際の実行結果を見てみると半角スペースに置き換わっていることがわかりますね。

これを解決するのがbrタグになります。

brタグの使い方

それではbrタグの使い方を見ていきましょう。

先程のコードをしっかりと改行させてみます。

こちらのコードをご覧ください。

実行結果

こちらのコードでは改行を入れる代わりに、brタグが入っています。

そのbrタグの部分でしっかりと改行がされていることが分かるかと思います。

基本的な使い方はこれだけで、閉じタグも必要ありません。

brタグの注意点

brタグは改行をしたい部分にそのまま入れるだけで改行することができる、とても便利で簡単なタグです。

ただこのbrタグは使い所を間違えると読みにくくなったり、デザインがしにくくなるような部分もあります。

brタグを使わないほうが良い場所

brタグを使うと文章が自分の意図した場所で改行されて、とても見やすくなると思っている方もいるかも知れません。

ただし、PC版SP版(AndroidやiPhoneなどの画面サイズ)でページが同じになっているようなレスポンシブ対応されたページではbrタグを使うのは避けたほうが無難かもしれません。

こちらをご覧ください。

実行結果

PC版のサイズで見るには然るべきところで改行がされていて見やすいと思います。

ただ、これをSP版のサイズで見てみましょう。

実行結果

このように、改行をしたことで見づらくなってしまった部分が出来てしまいました。

これを防ぐために、レスポンシブ対応されたページでは改行を必要最低限にして、段落ごとにpタグで囲って改行させることを意識しましょう。

brタグをレイアウトで使う場合

brタグを連続して使うことで余白を作ることも出来ます。

こちらをご覧ください。

実行結果

ただし、これはレイアウトの観点からは最適とは言えません。

空白の部分を作りたいのであれば、CSSmarginプロパティを使って、適切な方法で余白を作りましょう。

marginの詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

CSSのmarginとは?余白を指定するpaddingと何が違うのかまで徹底解説
更新日 : 2019年6月4日

まとめ

この記事ではbrタグについて、基本的な使い方から注意点を解説してきました。

使い方はわかっていただけだでしょうか?

簡単に使えるbrタグですが、どのような場面で使うのが好ましいかをよく考えてつかっていきましょう。

また、brタグをデザインで使わないように気をつけましょう。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ryo

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説