Webデザイナーって女性向きの仕事?女性にオススメのポイント7選

 

いま、女性Webデザイナーの需要が高まっています。女性のネットユーザーが増えれば増えるほど、女性ならではの感性が求められているからです。

ここではWebデザイナーが女性にオススメな7つの理由と、未経験者でもWebデザイナーになれる4つの方法をご紹介します。

Webデザイナーとは

インターネットは私たちの生活に欠かせないものとなりました。その中でも普段から閲覧するWebサイトは、使いやすさと秀逸なデザインが求められています。

つまり、Webサイトの良し悪しはデザインや構成が重要だと言えます。Webデザイナーの仕事はだれもが使いやすいサイトにするために、全体的な構成やデザイン、ボリュームなどを考慮し、Webサイトを作る仕事です。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに資格などは必要なく、知識とスキルがあればなることが可能です。しかし、即戦力として働くためには、ある程度の専門的なスキルを身につけることをおすすめします。

Webデザイナーになるためには、HTMLとCSSに関する知識、そしてIllustratorやPhotoshopの使い方も身につけておくと良いでしょう。

女性にWebデザイナーがオススメな理由7選

近年、Webデザイナーとして活躍している女性が増加しており、働き方の選択肢の1つとして挙げられています。ここでは女性にWebデザイナーがオススメな理由7つをご紹介しましょう。

女性にWebデザイナーがオススメな理由1:実力主義

女性にWebデザイナーがオススメな理由としてあげられるのが「実力主義」ということです。Webデザイナーは、Webに関する基本的な知識と基本的なスキルがあればなることができます。

誰にでもできるということは、そのデザイナーが持つセンスが問われるということです。男女問わず、すぐれたサイトを作るデザイナーに仕事が集まるでしょう。

女性にWebデザイナーがオススメな理由2:女性独自の感性を活かせる

近年徐々にネットが普及し、だれもがパソコンやスマホを使うようになり、女性のユーザーも増えてきたと言われています。そのため女性ユーザーのニーズに応えるサイトを作るために、女性からの目線を活かしたサイトが求められるようになりました。

これは、女性のWebデザイナーに対する需要が高まってきている要因の一つだといえるでしょう。

女性にWebデザイナーがオススメな理由3:結婚後も続けやすい

結婚を機に、それまでのライフスタイルが変わったことで仕事を続けることができなくなったという女性も少なくありません。しかしWebデザイナーには結婚しても仕事を続けている人が多くいるといわれています。

Webデザイナーには、テレワークなどの制度があり復職しやすい仕事として女性からの人気が高いからです。また、近年「働き方改革」が謳われる中で、有給休暇がとりやすくなり、出産・育児にともなう休暇も整ってきたことも理由の一つだといわれています。

女性にWebデザイナーがオススメな理由4:子育てしながら働ける

Webデザイナーは、子育てしながら働きやすい業種です。パソコンがあれば、自宅で作業し、出来上がったデータを納品するといった工程がどこでもできます。

また、打ち合わせに関しては、Skypeなどを利用するケースも増えてきています。こういった環境は在宅でも仕事がしやすいため、小さなお子さんの子育てをしながら仕事をすることが可能になります。

女性にWebデザイナーがオススメな理由5:テレワークできる

女性はフルタイムでの仕事が難しい場合もあります。たとえば妊娠中である場合や、介護や子育てで自宅にいなければならないといった理由があげられます。

また、家族が転勤族で引っ越しが多く、1ヵ所に長く務められない場合も考えられます。それらが原因の場合や、副業としてWebデザイナーの仕事がしたいという方は、テレワークでの自宅でできる仕事がおすすめです。

女性にWebデザイナーがオススメな理由6:PC1台で仕事ができる

女性にWebデザイナーがオススメな理由に、PC1台で仕事ができるという点が挙げられます。Webデザイナーは、基本的にパソコンとネット環境があれば、場所や時間を気にせずできる仕事です。

また、これからWebデザイナーになりたいという方も初期費用が安く済みます。仕事の規模にもよりますが、ごく一般的な家庭で使うようなノートパソコンがあれば充分でしょう。

女性にWebデザイナーがオススメな理由7:仕事の幅が広がる

Webデザイナーの仕事は多岐にわたるクライアントからの仕事をこなします。アパレルや飲食、企業のホームページなどさまざまです。もちろん、個人事業主からの依頼もあるでしょう。

いろいろな業種のクライアントとお仕事をすることで、Webデザイナーとしての仕事の幅が広がり、キャリアアップにつながる機会を多く得られます。

未経験からWebデザイナーになる方法4つ

一見するとだれでも手軽に始められそうなWebデザイナーですが、専門的な知識とスキルがなければ仕事はできないでしょう。これは性別に関係なく誰にでも当てはまることです。

ここでは未経験者がWebデザイナーになる4つの方法をご紹介します。自分に合った働き方や学び方でWebデザイナーを目指しましょう。

方法1:独学

現在、活躍されている女性のWebデザイナーでも、独学で知識とスキルを身につけたという方は少なくありません。Webデザインに必要なHTMLやCSSの知識にくわえて、IllustratorやPhotoshopの使い方はインターネットや本で学ぶことができます。

多少時間はかかるかもしれませんが、初期費用を抑えて技術とスキルを身につけられるのが独学の良さでしょう。

方法2:スクールへ通学

独学で基本的な知識を学ぶことは可能でも、時間がかかる場合が多いです。限られた時間の中で、最速でWebデザイナーの知識やスキルを学びたいという方は、スクールへの通学がおすすめです。

新しい技術が求められるネットの世界において、スクールでは常に新しいスキルを学ぶことができます。さらに講師陣との人脈や、同じ目的で学ぶ友人が増えるといったメリットがあります。

方法3:オンラインスクール

スクールに通学する時間や費用を抑えたい、という方におすすめなのがオンラインスクールです。Webデザインに限らず、新しいことを学ぶにはエキスパートに教えてもらうのが良いでしょう。

オンラインスクールだと場所や時間を問わず、ネット環境とパソコンさえあれば、好きなときに授業を受けることができます。中にはチャットで先生に質問や相談ができるオンラインスクールもあります。

方法4:アルバイト

独学やスクールへの通学、オンラインスクールの利用などでWebデザイナーのスキルを身につけることができますが、働きながら学べるケースもあります。それは、実際にWebデザインの仕事をしている会社でアルバイトとして働くという方法です。

Webデザイナーとはどんな仕事なのか、現場に身を置くことで早く身に付く場合もあるでしょう。

Webデザイナーとして活躍できるかは自分の努力次第

Webデザイナーは自分の努力次第で大きく飛躍できる業種です。近年では女性のWebデザイナーの方も多く活躍しています

人一倍努力をして知識とスキルを身につけることで、仕事の幅を増やしていきましょう。

 

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー