副業目的のつもりが本格的にエンジニア転職!年収200万円UPまでの軌跡

実務未経験からエンジニアなんてなれるの?
本当に転職で収入が上がるの?

このような悩みの答えになるような経験をされ、未経験からエンジニア転職して年収200万円UPした、泉澤さんにインタビューを行いました!

泉澤さんが転職を成功させた経緯やスクールの体験談など様々な内容を伺ったので、これからプログラミングを学んで転職を目指したいという人は、ぜひ参考にしてください。

泉澤賢太いずみさわけんた
1996年生まれ。学生時代にロボットを専攻していた経験から、ソフトウェア・ハードウェア双方に興味を持つ。卒業後、メーカーに勤務したのち、ITの実務経験が全くない状態からプログラミング学習を開始。副業目的で始めたものの、本格的にスキルアップしたいと思い、エンジニアとして転職した。現在は、金融系のシステム作りに携わっている。
選んだコース(受講期間)オーダーメイドコース(24週間)
学んだ言語/フレームワークHTML/CSS、JavaScript、Python、Django、SwiftUI、Wordpress、Shopify
受講期間中に学んだこと・オリジナルWebアプリ開発

なお、未経験でも半年で転職成功するまでの経緯は、次の動画でも紹介しているので是非ご覧ください。

目次

大学時代はロボット専攻プログラミングに興味を持ち勉強を開始

ーーープログラミングにふれる前までの職歴を、簡単にお伺いしたいです。

泉澤:プログラミング始める前でいうと、2021年の4月から新卒でメーカーで働き始めました。その時は、ITの実務経験は全くありませんでした

プログラミング始めたのは、2021年の入社した年の10月くらいです。SAMURAIでプログラミングを本格的に学び始めたという経緯です。

今は金融系・証券系のことをやっていて、あまり詳しくは話せないのですが、金融・証券系会社の内部向けシステムを作ったりしています。

ーーープログラミングに興味をもったきっかけは、何だったんですか?

泉澤:大学でロボットを専攻して研究していまして、ソフトウェアとハードウェア両方に興味を持ちました。

たまたま就職するときはハード面に関する業務をやりたいと思っていたのですが、最初の会社で働いていく中で、少しプログラミングを使った試作品を僕が主体となって作ったんですね。その際は、学生の頃の経験も生かして作りました。

そこでプログラミングで何かを実現することや、目標を達成することが面白いなと改めて気づき、もう少し学んでみたいと思ったのがきっかけですね。

ペイできると自分に言い聞かせ、独学からスクールに切り替え!

ーーー独学で勉強されましたか?それとも最初からスクールに行く感じだったんですか?

泉澤:独学も考えたんですけど、独学でできる範囲がやはり限られてしまうと思いました。

できないことはないと思いますが、やはりプロで最前線でやられている方だけが知っているコツやノウハウがあると思います。

より早く知識を習得することを考えた時に、スクールで学ぶのが一番効率がいいんじゃないかと思い、割り切ってスクールにスパッと決めました。

ーーースクール選びのポイントはどこに置いていましたか?

泉澤:何社か比較させてもらったんですけど、SAMURAIを選んだきっかけとしては講師のスキルの高さでした。

色々比較する中で、例えば他社だと、先生が実はプロじゃなくて学生やインターンだったというパターンも見つけたんですね。

それよりは最前線で戦っているプロのエンジニアに教わりたいと思い、まずお話を聞いたところ、しっかりしたプロがやっているとわかったのでSAMURAIに決めました。

ーーー安い金額ではないと思いますが、どう折り合いをつけましたか?

泉澤:最初は、やはり安いお金ではないのでめちゃくちゃ悩みましたが、僕は最初プログラミングを使って「副業をやりたい」と思っていました。

例えばコース料が仮に100万円だったとして、半年学んで100万円をどれくらいの期間で取り戻せるか考えた時に、そんなに時間かからないなと思ったんですよ。コンスタントに副業するとして、最初は低くてもだんだん高い賃金にレベルが上がっていくと思いました。

それを考えた際に、多分すぐペイできるんじゃないかと自分に言い聞かせて、決断しました。

毎週が印象に残るレッスン!講師のサポートでつまずいても乗り越えられた

ーーースクールで得られたものは何でしたか?

泉澤:もちろんプログラミングのスキルや考え方も身についたんですけど、やはり習慣的に毎日積み上げていくという姿勢が、得た経験として一番大きいものになりましたね。

ーーーインストラクターとやりとりする中で、印象に残っているエピソードはありますか?

泉澤:正直 初対面から印象に残っていて、本当にたまたまですけど、出身地がほぼ一緒でお隣の市だったんですね。年齢も一緒だし地元のトークで盛り上がりまして、まずそこが印象深かったです。

あとやはり先生はプロなので、より効率的なやり方を教えてくれました。僕の場合だとWebアプリケーションの開発をやっていたんですけど、そういうアドバイスがすごく的確で助かりましたね。

私はWebアプリに関して未経験で、「一緒により良くしていく」という経験は独学だと得られないので、毎週毎週が印象に残りました。

ーーー勉強する中でつまずいた部分はありましたか?

泉澤:まずは環境構築ですね。プログラミングを使って開発するために、まず作る環境を構築するのが難しいなと思いました。

自分の中ではコードをうって作るのがやりたいことだったし、メインでやるんだろうなと思っていたんですけど、そもそも前準備をやらないと動かなかったりうまく作れなかったりすることに気づきました。

でも、インストラクターにサポートしてもらって何とかできたので、そこから先は楽しかったですね。

副業目的で始めたはずが転職の道へ!年収は200万円UP

ーーー最初は副業を目指していて、転職しようと変わったのはなぜですか?

泉澤:1つは、仕事にすることで「成長速度が上がるな」と思いました。

副業でもスキルは成長すると思うんですけど、かけられる時間が圧倒的に仕事の方が大きいので、より早く成長するために転職という選択肢を考えました

もう1つとしては「自分の環境を変えたい」と思ったのが大きいですね。前職とは全然違う業界になるんですけど、プログラミングスクールで学んでいくうちに「学びたい」「スキルを身につけたい」という気持ちが強くなったので、今と環境を変える必要があるんだなと思って踏み切りました。

ーーー転職の際に、企業選びの軸はありましたか?

泉澤:プログラミングどころかIT業界で働く最初の1社目だったので、自分が成長できるというか、社員の成長にお金を惜しまない会社をまず探しました

あとは、開発ができる環境があるかどうかをメインに探していましたね。

ーーー実務未経験の状態で面接を受ける上で、アピール面で何か心がけたことはありましたか?

泉澤:僕の場合は、スクールに入っていた期間で「毎日コンスタントにやることを半年間続ける」と意識していたので、そこをアピールしました。

あと僕はビールが好きなので、ビールに関するコンテンツのアプリケーションを開発していたんですけど、それをポートフォリオとして提出して会話が弾みました。

「一から作ったんですか?」と興味を持っていただけて。そういった好きなことをポートフォリオにして武器にしていくのはとても有効かなと思います。

ーーー転職されて、月収はどう変わりましたか?

泉澤:前職からだと15万円以上は上がりましたね。年収でいうと、200万円くらいはあがったと思います。僕もビックリしました。

ロジカルシンキングも定着!楽しく学ぶ気持ちを大切に とりあえずやってみよう

ーーーエンジニアになる前と比べて、自分の内部的な変化はありましたか?

泉澤:やはりIT関連の言葉やニュースを気にするようになったり、誰かとIT系の会話になった時に、内容がスッと頭に入ってくるようになったりしましたね。

あとはIT関連の人と話すときに「今までどんな言語をやったことがあるんですか」という会話でも、スラスラ話せるようになりました。そういう意味で世界が広がったし、自分の中で知見が広がりました

これまで全然興味がなかったITニュースも、今は気になったりしますね。

ーーープログラミングで得た物は、エンジニアを職業としなくても活かせますか?

泉澤:考え方がロジカルになるというのはあります。

「ここから始まって、この処理をして」という順序立ったロジカルシンキングをベースに仕事をするので、仮にプログラミングを勉強した後にエンジニア系の会社に行かなくても、仕事の考え方がいいほうに変わると思います。

ーーー興味はあるけど、いざ勉強やスクールに踏み出せない人にメッセージがあればお願いします。

泉澤:やはり僕もいざ始める時は「本当にこのお金をかけてやるべきなのか」と悩んでいたんですけど、2つ踏み出せた理由がありました。

1つは、学んだ先の自分の姿を想像することですかね。その時は副業でやりたいと思っていて「月いくら副業で稼げるようになりたい」と思っていました。

プログラミングを始めたい方はそれぞれビジョンがあると思うので、それを思い描いて「そのために何が必要か」という小さいゴールを設定していくと、道の途中にプログラミングを学ぶというステップがありました。

そこを通らないと実現したい姿がなかなか見えてこないと思えば、つまり1回目標を明確化すれば踏み出せるんじゃないかなと思います。

もう1つとしては「楽しそうだな」と思うことが大事なんじゃないかと思います。やってみて「楽しそうだな」「こんなコンテンツ自分で作れるんだ」と興味があるなら、すぐにスクールに入るという選択肢もあります。

独学でやってみて楽しいから「もっと学びたい」と思えた時点でスクールに入るのもアリなので、「楽しそう」という気持ちを大事にして、まずとりあえずやってみるのもいいかなと思います。

オンラインでどこでもコンサルタントに話を聞ける無料学習相談

無料カウンセリングのおすすめポイント

  • あなたにあった学習プランが明確になる

  • 未経験からエンジニアに転職する方法がわかる

  • どのプログラミング言語を学べばいいかわかる

将来性の高いスキルを身につけたい
時勢に左右されない働き方はないかな?

リモートワークなど多種多様な働き方ができるITエンジニアを目指しませんか?

未経験でもご安心ください。無料学習相談をご利用される9割の方はプログラミング未経験です。まずは無料カウンセリングで、プロのコンサルタントにあなたの悩みや不安をお聞かせください。

なお、侍エンジニアでは次のような割引・特典もご用しているため、通常よりもお得な費用で受講いただけます。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業補助金受講料の最大70%(上限56万円)の支給が受けられる
全額返金保証制度転職活動で内定が獲得できなければ受講料を全額返金
学割通常の受講料から10%OFFで受講可能
一般教育訓練給付金制度コース受講料の最大20%(10万円)が給付金として支給される
小中高生向け優待プログラム小/中/高校生は25%OFFで受講可能(全コース)
女性向け優待プログラム女性の方は5%OFF/シングルマザーの方は25%OFFで受講可能(全コース)
障がい者向け優待プログラム障がいをお持ちの方は25%OFFで受講可能(全コース)
シニア向け特別プログラム50歳以上の方は10%OFFで受講可能(全コース)

無料カウンセリングは、下記のカレンダーから簡単にご予約いただけます。プログラミング学習に関する悩みや疑問、キャリアの相談などございましたら、気軽にご予約ください。

無料カウンセリングの所要時間は40分〜になります。
お時間の無い方は、カウンセリング開始時にお伝えいただければ短縮することも可能です。
日時変更も柔軟に可能です。枠が埋まる前に、お気軽にご予約ください

今ならAmazonギフト券500 円プレゼント!!
無料カウンセリング後、3日以内にアンケート回答でプレゼント

お急ぎの方はこちらからお問い合わせください。

読み込みに失敗しました。
大変お手数ですが、本ページを再度読み込んでください。

再度読み込んでも、読み込み失敗が起こる場合は
こちらからお問い合わせください。

カウンセリングはオンラインにて実施しております。

※予約完了後に、カウンセリングのためのURLやIDなどをメールにてご案内します

1.ご希望の日時を選択してください

空きあり 満席
前週
次週

2.必須事項を入力してください

必須選択された日時

日時を選択してください

開催場所 オンライン

日時を選択する

必須お名前

必須電話番号

必須メールアドレス

    ご予約により、個人情報の取り扱いおよび利用規約に同意するものとします。

    この記事を書いた人

    侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
    サービスページはこちら

    目次