スライドショー スライドショー スライドショー

コロナ禍において「スキルを身につけたい」「手に職をつけたい」と思う人が約8割に。身につけたいスキル2位に「プログラミング」【スキルに関する意識調査レポート】

■本記事は2021年7月14日に「PR Times」で掲載されたものです。

マンツーマンオンラインプログラミング塾「SAMURAI ENGINEER」を運営する株式会社SAMURAIは、プログラミング学習をするきっかけについて調査を行いましたので、発表いたします。

SAMURAI ENGINEER:https://www.sejuku.net/

スキルに関する意識調査レポート
スキルに関する意識調査レポート

【調査サマリー】

①コロナ禍において「スキルを身につけたい」「手に職をつけたい」と思う人が84.3%
②どのような習い事(スキル・資格)をしてみたいかの質問に「語学」が40.6%1位、「プログラミング」39.5%で僅差の2位
③「給料が上がりそうな習い事」「転職で有利になりそうな習い事」「副業で活かせそうな習い事」についての質問に「プログラミング」が1位
④「プログラミングやWebデザインをならうとしたらなんのために習いたいか」の質問に「副業」が1位

■コロナ禍において「スキルを身につけたい」「手に職をつけたい」と思うが84.3%

手に職をつけたいと思う割合は84%という結果に
手に職をつけたいと思う割合は84%という結果に

一般男女を対象に、コロナ禍において、「スキルを身につけたい」「手に職をつけたい」と思いますかの質問を聞いたところ、思う47.2%、やや思う37.1%と回答し、約8割以上の人がスキルを身につけたいと考えていることがわかりました。

コロナ禍により、仕事に不安を感じ、新たなスキルを身に付けようと思っている人が増えてきている傾向にあり、コロナ禍で在宅勤務へと働き方が変わり、通勤がなくなったことで生まれた隙間時間をスキルアップに活かしたいと思っている人が増えてきているということが伺えます。

■1位との差がわずか0.9%!どのような習い事(スキル・資格)をしてみたいかの質問に「プログラミング」が僅差で2位

1位とほぼ同率でプログラミングが2位に
1位とほぼ同率でプログラミングが2位に

どのような習い事(スキル・資格)をしてみたいかと思いますかと質問したところ、1位は語学で語学40.6%、2位がプログラミング39.5%、3位にWebデザイン30.6%という結果になりました。

■コロナ禍において、仕事に対しどのように思いますかの質問に「不安がある」が約8割

コロナ禍において、仕事に対しどう思いますかの質問に対して「不安がある」と回答した人が37.6%、「どちらかと言えば不安がある」が42.3%という結果となり、約8割の人が不安を感じていることがわかりました。

■「給料が上がりそうな習い事」「転職で有利になりそうな習い事」「副業で活かせそうな習い事」についての質問に「プログラミング」が1位

複数の習い事の中で、当てはまるイメージを聞いたところ、「給料が上がりそうな習い事」「転職で有利になりそうな習い事」「副業で活かせそうな習い事」の3つでプログラミングが1位という結果になりました。

プログラミングを習得することで今後のビジネスにおいて役立つと考えている人が多い結果となりました。

■「プログラミングやWebデザインを習うとしたらなんのために習いたいか」の質問に「副業のため」が1位

転職ではなく副業が1位という結果に
転職ではなく副業が1位という結果に

「プログラミングやWebデザインを習うとしたらなんのために習いたいか」の質問に対しては、「副業のため」が45.9%、「転職のため」が39.7%、「将来のスキルアップ投資のため」が34.6%という結果となりました。

まずプログラミングを本業にするという考え方ではなく、副業としてプログラミングを始めたい人が多く、収入を少しでも増やし生活を安定させたいというニーズが高まっていることが伺えました。

■2021年4月、5月の無料カウンセリング実施数が昨年比最大167%に!プログラミング習得ニーズの高まりが顕著に

SAMURAI ENGINEERでは、入塾前にオンラインでの無料カウンセリングを実施しており、2020年4月、5月緊急事態宣言中の無料カウンセリング数が、4月が149%アップ、5月が145%アップとなっておりました。

2020年5月以降もコロナ禍の中、多くのお問い合わせをいただき無料カウンセリングを受講していただいておりましたが、今年1月の緊急事態宣言以降からさらに無料カウンセリングのお問い合わせが急増しております。

2021年1月、2月は昨年4月対比で136%増、3月、4月が167%増、5月が154%増という結果となりました。

体験レッスンの予約だけでなく、入塾者数も前年比で大きく伸びており、コロナ禍において、プログラミング学習に関する関心度がさらに高まっていることが伺えます。

SAMURAI ENGINEERでは、「質の高いIT教育で世界平和を実現する」を掲げ、プログラミング教育により、質の高いIT教育を多くの人に提供することで、貧困や不平等をなくし、生産的で働きがいのある雇用を生み出します。

■調査概要

実施期間:2021年5月12〜13日
性別:男女
年齢:20~69歳
地域:全国
調査人数:1000名
調査対象:スキルを身につけるために習い事を始めたいと考えている人、かつ有職者(オフィスワーカー)


「SAMURAI ENGINEER」では、プログラミングに関する悩みを解決する無料カウンセリングを行っています。

「プログラミングについて知りたい」「プログラミングを学びたい」とお考えの方は、まず無料カウンセリングにご相談ください。

以下のカレンダーから日程を選択していただくだけで、予約いただけます。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら