スライドショースライドショースライドショー

アプリ開発費用の相場は?アプリの種類8つと機能9つの費用相場を紹介


アプリ開発を依頼したいけどどれくらいの費用がかかるんだろう?
見積もりをもらったけど、これって適正価格なのかな?

アプリ開発を外注する上で、どのくらいの価格が適正なのか見極めることは、業界に精通していない方にとっては難しいですよね。しかし、適正価格がわかりにくい状況だからこそ、しっかりと調査を行った上で依頼を行わなければ必要以上に費用がかかってしまうことも考えられます。

そこでこの記事では、アプリ開発費用の相場をさまざまなケースに分類して紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

アプリの開発の費用の相場とは?

アプリ開発費用の相場は、「250万円前後」とされています。

これはもちろんアプリ開発に掛けられる規模によって変わってきます。アプリケーションのタイプによって費用が変わり、iPhoneアプリ・Androidアプリの場合は「150万円」前後、ソーシャルゲームの場合は「3,000万円」前後と破格です。

Androidアプリ

まずAndroidアプリの場合ですが、Androidでは既存サイト・アプリのプラットフォームが豊富に見られ、さらにその用途・規模の大きさを含め、必要とされる費用にしてもかなりの幅が見られます。

アプリ開発にかけられる平均費用は150万円前後とされていますが、それぞれのアプリ機能の用途が多様化していることにより、さらに費用が高額になることがあります。

iPhoneアプリ

iPhoneもAndroidに負けず劣らず高値の技術・デザイン設計、また多機能型の用途を含みます。

費用は「150万円」前後とされながらも、アプリに必要なシステム設計によって高額になります。

ショッピングカート系、ゲーム系、通常使用のアプリ型、クラウド型SNS機能の搭載、さらにマップ転載などにより費用相場は変わります。

ソーシャルゲーム

現代においてその規模がピークに達しているとも言われるソーシャル(オンライン)ゲーム系のアプリ開発ですが、かけられる費用は通常のモバイルデバイスよりもさらに機能性の向上・デザイン設計などが求められるため、破格です。

基本的に通常のICデータに特殊機能が搭載されたアプリが付けられるため、その用途・容量規模に従う形で費用が上がります。

アプリの種類8つと主な9つのアプリの機能の種類別の費用目安

一般的にアプリ開発を想定する上で必要とされる費用の目安は、そのアプリの用途によって派生的に広がる形でのオプション機能の豊富さで変わります。

クラウド型アプリ、内向型アプリ、既存システムをベースに活用する形でのアプリ開発などをはじめ、アプリの種類によって相場とされる費用が変わることを踏まえましょう。

アプリの種類

ここでは現代において使われているさまざまなWeb上のアプリをご紹介していきます。アプリ開発はそれぞれの機能が搭載された用途・シーン別によって変動が大きく見られるため、まずはそのアプリを種類別に俯瞰しておくことが必要です。

特にクラウド型(外向型)とされるアプリを使用する場合、その費用は特定のコンピューターシステムに加えてさらに付随する費用がかかるため、高額になりがちです。

アプリの種類1:ショッピングカート・EC

アプリの中でも日常においてかなり多用されているショッピングカート・ECですが、平均的な費用相場は「100万~300万円」前後とされています。こちらもその用途別に搭載される機能・システム設計によってアプリ開発費用が大きく変わります。

特にオンラインショップで扱われるショップツールは多岐に渡り、またそれぞれのサイト別で使用される機能が違うため、アプリ開発の規模も膨大になります。

アプリの種類2:通話・メッセージアプリ

モバイルデバイス・パソコンなどで扱われているメッセージアプリ(電子メールや電話、ラインの類)にかけられる開発費用の平均費用相場は「100万~500万円」程度とされており、その変動の幅はかなり広いです

たとえばスカイプ・ライン電話などをはじめとするモバイル形式での通話となると、その用途は広がることになるため、アプリ開発費用も高額になります。

アプリの種類3:ツール系

アプリ開発のうちでも、その用途・規模容量の変動がかなり大きく見られるのがこの「ツール系開発」にかけられる費用です。費用は「50万~300万円」前後と平均相場が見られますが、場合によってはさらに高額の開発費用となるでしょう。

この場合もクラウド型・SNS型に扱われるアプリ機能の幅は広範囲に渡り、また先述の伝達手段系(メッセージ系)のアプリ開発においては費用がかさむことになります。

アプリの種類4:SNS位置情報系

SNS位置情報系アプリは、マップなどの「位置情報」に関するアプリ開発が必要となるため、通信機能にかけられる開発分野は非常に大きくなります。この場合の平均費用は「500万~1,000万円」前後です。

特にモバイルデバイス系のシステム環境を設計する際には、それぞれの機種によって大きくシステム費用・アプリ開発に必要な環境(条件)が違います。

アプリの種類5:ゲーム系

ゲーム系アプリ開発は、その多機能性がかなりの開発分野での費用分担が見られ、さらにSNS機能・マップ機能・オンライン設計などが累算されるため、「300万~1,000万円」前後と高額になります。

プレイヤー数・ビジョン設計・ビジュアライズに関するシステムデザインなどを含め、それぞれのゲームで扱われる環境条件においては完全にクラウド型システムとなり、サーバ費用もかさみます。

アプリの種類6:カタログ・フリーペーパー系

カタログ・フリーペーパー系は、主に電子ブックやデジタルカタログ、またデジタルチラシなどのフォームを象るシステム設計が必要となり、アプリ開発にかかる費用相場も変動します。

しかし現代では広告宣伝用のツールアイテムは多機能にあるため、平均費用は「50万~100万円」前後で済みます。

アプリの種類7:アプリ内課金・多言語・マップ対応

パソコンやモバイルデバイスでも音声機能・言語変換機能・マップ搭載などが通常になっていますが、これらのシステム設計を単体で搭載する場合は、格安でアプリ開発が可能です。平均費用相場は「各10万~20万円」程度とされており、それ以上の費用相場変動は見られません。

しかし、システム条件・OS機能の容量においては、オプショナル素材にかかる費用も想定する必要があります。

アプリの種類8:SNS連携・アクセス解析

SNS連携というのはいわゆる電波受信に見られるソート(サーバ)接続に見られ、またアクセス解析(管理)においては単体モデムと複数の情報発信サーバとのアクセス分析となるため、それぞれにかけられるアプリ開発費用の相場はそれほど高額にはなりません。

「各5万円」前後ですべて間に合う程度とされており、これらのシステムにさらに付属機能を搭載する場合は、もう少し高額になることがあります。

アプリの機能の種類

アプリというのは基本的に「モバイルデバイス・ハードデバイスの機能を豊かにする」という意味合いで開発されるもので、そのぶんだけかかる費用も変動します。

そのため、アプリ機能の種類はそれぞれのデバイス設計において多面性が得られ、またiPhoneやAndroidなど機種別で大きく変わってきます。

アプリ機能の種類1:OS(Android・iOS)

すべてのコンピューティングに必要とされるOSですが、たとえばOS(Android・iOS)の場合ではその平均費用相場に「100万円から200万円」程度がかけられる計算になるとされます。

基本的に1つのアプリにつき上記の費用が加算されることになるため、複数デバイス・サーバを使用することによって、さらに高額のアプリ開発費用がかかることになります。またOSのバージョンによっても変わります。

アプリ機能の種類2:ログイン機能

次に「ログイン機能」にかけられるアプリ開発費用ですが、基本的にアプリ開発にかかる費用の割り出し法では「デザイン期間」と「アプリ開発期間」と「サーバー開発期間」の3点が初めに計上され、その3つの項目をデザイナー・エンジニアの単価で割り出されます。

ログイン機能開発にかかる費用では、それほど高額の費用とはならず、1つのデバイス内で設計されるシステムのみの開発で流用することができます。

アプリ機能の種類3:データ利用

「データ利用」にかかるアプリ開発費用は10万円から20万円、もしくは50万円から70万円程度と、その用途・システムデザインの幅によって大きく変わります。

許容するデータの容量やデータの種類、またどの程度の規模のサーバからデータ取得するかによって変わるため、事前のシステム環境によって大きく見積もりが変動します。

アプリ機能の種類4:プッシュ通知機能

「プッシュ通知機能」はモバイルデバイスのアプリやパソコンのアプリ・ソフトなどで何らかの変化があった場合や通知する必要がある際に、アプリの側から自動的に音声表示やデジタル表示などで通知する機能のことを指します。

リアルタイムで通知するやや高値の技術が駆使されるアプリであるため、そのぶん費用がかかり、平均相場では「10~100万円」程度がかかります。

アプリ機能の種類5:アプリ内の決済システム

「非接触IC決済」などで知られるアプリ内の決済システムですが、オプションデバイス・サーバからの情報取得を行なう上でデータ処理を施す機能となるため、それなりの費用となります。

しかし現代では、クレジットカード決済・コンビニ決済・携帯キャリア決済などの決済システムの完備が進められているため、「20~50万円」前後の費用で完済されます。

アプリ機能の種類6:デザインの作成

アプリで行なう「デザインの作成」で見られるのは、主にグラフィックデザインやロゴ作成などで見られるWeb上デザインの類になるでしょう。デザインにかけられるアプリ開発費用はかなり幅広くありますが、平均費用相場は「10~100万円」前後とされます。

デザイン規模や実装する容量などによって大きく費用が変わるため、事前の見積もり想定が重要になるでしょう。

アプリ機能の種類7:他社ツールの実装

他社製品としてあるアプリをコンピューターシステムにインストールする際に必要なシステム設計費用の平均費用相場は、一般に「5~40万円」前後とされています。もちろんデータ情報量によってはさらに多額となるため留意しましょう。

使用するコンピューターシステムのOSバージョンによって大きく変動することになり、高いバージョンクラスを使うと費用は安価となるでしょう。

アプリ機能の種類8:チャット・メッセージ機能

デバイスツールのうちで最も多く使用されているアプリ機能である「チャット・メッセージ機能」ですが、こちらは「20~40万円」前後が費用相場とされており、あまり大きな変動は見られません。

主に伝達機能にかけられるアプリ開発費用の場合は、そのチャット・メッセージ機能を単体で見積もるため、その他オプションにかかる費用は除外される計算となります。

アプリ機能の種類9:ナビゲーション機能

「ナビゲーション機能」はGPSなどでその多機能性の豊富さが知られるアプリ機能で、費用相場は一般に「2.5~5万円」前後とされています。

ドライブ情報、公共施設検索情報システム、現在地の確認マップ情報、乗換案内通知などとさまざまな種別の機能が見られますが、サポート機能そのものが充実しており、平均費用相場は大きく変動しません。

アプリの開発以外で必要な4つの費用

ここからは、アプリ開発に直接はかからないけれど、間接的にかかってしまう費用相場についてご紹介していきます。

この場合に大きく注目されるのは情報処理の基盤となるサーバー費用やセキュリティサポートなどで、こちらにも留意が必要です。現代ではレンタルサーバーなどの新しいアプリ環境・運用・開発が継続されており、今後はさらに安くなっていく傾向にあるでしょう。

アプリの開発以外に必要な費用1:開発中・開発後のサーバー費用

主にデータ管理・保管するためのストレージ場所として必要となるシステムサーバーです。

費用相場は月額で約1,000円から数万円となり、独自運営のWebサイトなどで扱われるECサイトの設計をベースにする場合は月額20,000円以上がかかります。

アプリの開発以外に必要な費用2:セキュリティチェック・バグ修正費用

セキュリティチェック・バグ修正は、コンピューティングに必要なテスト仕様によってさらに幅広くアプリ機能を活用できるようになるため、非常に重要な項目です。

平均費用相場は「約150万円」程度で、開発そのものが大規模のものであれば、300万円前後は必要になるでしょう。

アプリの開発以外に必要な費用3:アプリを配布するためのアカウント登録費用

一般的にアプリを使用する場合にはすべてのユーザーから取得するアカウントが必要となるため、アカウント(ログイン)管理に際する登録関連のアプリ開発費用がかかります。

「Apple developer account」が11,800円、「Google Play developer account」が2,700円とされており、アカウント登録料が年間(月間)で多ければ多いほど、その平均費用は高額になります。

アプリの開発以外に必要な費用4:SSL証明書費用

Wi-Fi設定時をはじめとするレンタルサーバーを使う場合に必要な「SSL証明書」は、データ管理の取得・発信に際する通信システムで、暗号化を担うアプリシステムです。

この場合の平均費用は「約5~10万円」とされています。高度なセキュリティサポートによって保護された暗号化システムを使う場合は、さらに高額の費用が必要となり、セキュア・サーバIDの扱いにより変動します。

アプリの開発において失敗しない為のポイント

アプリ開発を初心者が行なう場合、やはり専門的知識がない際には非常に難しいセッティングが要されます。アプリ開発を行う場合は、専門家に相談できるマッチングサイトを活用し、リスクを背負うことなく確実に作業を終えられるよう計らいましょう。

アプリ開発の時の費用の見落としには注意

今回は、アプリ開発の費用の相場についての詳細情報をはじめ、その際に気になるアプリの種類8つと機能9つの費用相場までをご紹介しました。

アプリ開発にはそれなりの費用がかかるため、労力をムダにすることなく、細心の注意を払う形で見落とし・不足する知識・情報などを補うようにしておきましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説