【Python】フレームワークFlaskの基本をマスター

みなさんこんにちは!Web系エンジニアのかいです。

Pythonには使いやすくシェアの伸びが期待できる軽量なWebフレームワークであるFlaskがあります。

「Flaskの特徴を知りたい」
「Flaskのインストール方法が知りたい」
「Flaskの基本的な使い方が知りたい」

という方に向けて、今日はみなさんに、PythonのwebフレームワークであるFlaskについてその特徴や使用方法を説明していこうと思います!

Flaskとは
Flaskのインストール
Flaskを使ってみる
HTMLを反映させてみる
CSSなどで装飾してみる

実際のFlaskの使い方にも触れていこうと思いますので、これからFlaskを始めようと考えている人はぜひ参考にしてみてください!

Flaskとは


http://flask.pocoo.org/

まずは、簡単にFlaskとは何か、その特徴について説明しようと思います。

FlaskはWebフレームワークで軽量で機能がそこまで備わっていないということが最大の特徴です。

Webフレームワークというと、RubyのRailsやPythonではDjangoなどが有名ですね。

しかし、Djangoなどは機能などがありすぎて逆に使いにくい上にFlaskに比べるとかなり重いというデメリットがあり、個人的にはFlaskの方が好きです。

機能が多く備わっていないということは、逆に自由がきくということでかつ余分な機能がないので簡単に習得することができ学習コストは低いと言えるでしょう。

Flaskをインストールしよう

ではまずは、インストールしないことには始まりませんのでFlaskをインストールしておきましょう。

ターミナルを起動して、以下のpipコマンドを実行します。

とはいっても普通にpipで入れてやればよいです。デフォルトが3系になっている場合は

で問題ありません。

Flaskを使ってみよう

それでは、恒例ではありますがFlaskでHello worldを表示させてみましょう。

まずはコードを載せておきます。

簡単にレビューすると、2行目でappにFlaskを定義して使えるようにしておきます。

4行目の@などはそういうものですので覚えてしまってください。そして、app.route(‘/‘)でルートのアドレスにそれ以下のものを設置します。

今回であれば5~7行目のHello Worldを出力している関数のところです。

9行目はおまじないのようなもので、プログラムが呼ばれたときに、以下の動作をさせますよというものです。今回でしたらapp.run()ですね。

それでは実行してみましょう。

と表示されているのでこのアドレスへとんでみるとHellow Worldが表示されていることがわかりますね。

Webフレームワークは自分でWebサーバーなどを立てなくて良いので簡単ですね。

ここまでが最低限の使い方です。

この後は少し応用して、HTMLはCSSを反映させてみましょう。

HTMLを反映させてみよう

HTMLを反映させるにはHTMLファイルをtemplatesフォルダに入れておく必要があります。

Flaskはデフォルトではtemplatesフォルダをテンプレートの置き場として認識します。

ということでまずは、templatesフォルダにindex.htmlという名前のファイルを作ります。内容は以下の通り。

それでは、hello.pyの方のコードをみていきましょう。

ミソとなるのは6行目のrender_template関数でHTMLを読み込んでいるというところです。

しっかりと1行目でrender_templateをimportしておくのを忘れないようにしましょう。

実行してみましょう

URLをみてみると、しっかりとSayhelloが表示されていてHTMLを読み込んでいることが分かりますね。

ちなみに、Flaskを使うとHTMLに変数を与えることもできて、

このように、render_templateオプションに変数を与えて、HTMLでは

このように記載してやると変数として扱うことができます。

実行すると、しっかりと表示されていますね。

CSSで装飾してみよう

先ほどはtemplatesがHTMLなど処理してくれると説明しましたが、CSSやJSなどはstaticフォルダが認識するようデフォルトで設定されています。

ちなみにこの設定は変更することもできます。

ということでまずはstaticフォルダを作成しましょう。

そしてCSSを扱うためHTMLを書き直します。

そして普通にCSSを設定します。

ここではstaticフォルダにhello.cssというファイルを作って、以下の内容を書いておきましょう。

実行すると、CSSが適用されたのが確認できたのはないでしょうか?

Flaskのチュートリアルサイト

Flaskでは公式でわかりやすいチュートリアルがありますので、ぜひ参考にしてみてください。


https://a2c.bitbucket.io/flask/
日本語にも対応しています。

まとめ

簡単にですが、Flaskの使い方を説明させていただきました。

  • Flaskとは
  • Flaskのインストール
  • Flaskを使ってみる
  • HTMLを反映させてみる
  • CSSなどで装飾してみる

デフォルトでは、templatesフォルダや、staticフォルダが認識されるんでしたね。

Flaskには様々な関数なども用意されているので是非マスターしてみてください!それでは!!

Pythonカリキュラム無料公開中!

この記事はPython入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Python学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくPythonを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。

Python入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】
更新日 : 2019年4月4日

Pythonを最短で習得したい方へ

元々ITリテラシーの高い方やプログラムの学び方がわかっている方であれば、この記事通りに進めていけば、Pythonを独学で習得することができるでしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「時間が足りない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決することができない」

このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、AI(人工知能)や機械学習、IoTについて学習することできます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方やカリキュラムを考えてみませんか?

Pythonならではの学習方法や、現役Pythonエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta_bannar-ai1

非常識な結果を出す卒業生多数!

エンジニアキャリア戦略

人気記事セレクション

3000名以上来場の人気セミナーが開催決定

18歳で時給6000円だった侍エンジニア塾代表の木内より、『プログラミングで人生を変える』ための学習方法をお教えます。

0からプログラミングを習得し、フリーランスエンジニアになる方法プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説しますので、奮ってご参加ください。

  • 日付:4/20(土),4/27(土)
  • 時間:14:00〜17:35終了予定
  • 場所:当社 道玄坂オフィス
  • 住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目11-1 Gスクエア渋谷道玄坂 4F *Googleマップでは「東京都渋谷区道玄坂2丁目11-1」で検索してください。近隣にスクエア渋谷という別のビルがあるためご留意ください。
  • 参加費:無料
  • URL:https://seminar.sejuku.net/
詳しくは下の画像をクリックして弊社セミナー内容をご確認ください。

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]