【ExcelVBA】Excelのデータ分析を効率化するためのVBAの使い方とは?


Excelのデータ分析を、VBAで効率化したい・・・
分析に使える、具体的なVBAの使い方はないだろうか?
分析作業ごとに、VBAで自動化する方法を知りたいな・・・

Excelで日常的にデータ分析をしている人は、Excel関数、グラフ、ピポットテーブルを駆使して、作業を効率化しているのではないでしょうか。ただ、根本的な作業量を減らすことができないため、どうしても時間がかかってしまいますよね。

こんにちは!フリーランスエンジニア兼テックライターの脇坂です。

この記事では、Excelの分析作業を効率化したい方向けに、分析に特化したVBAの使い方について解説します!

また、単純にVBAの使い方だけでなく、VBAで分析ツールを作るための考え方も解説します。VBAを始めたいと思ったときに、迷わずすぐに始められるように徹底的にまとめています。

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBAでExcelの分析作業を効率化したい人
  • 分析作業ごとにVBAで効率化する方法を知りたい人

VBAで分析作業を自動化する前に

まず、VBAでVBAで分析作業を自動化する前に覚えておくと便利な考え方について、解説します。

VBAでいきなり分析作業を自動化しようとしても、十中八九上手くいきません。VBAは自動化処理を作るためのプログラミング言語にすぎません。書いたコードがそのまま動くだけで、何を自動化したいか考えるのはプログラミングをする前なのです。

そのため、

  • 繰り返し同じことをしている作業はないか
  • 作業の中で自動化できそうな作業はないか
  • 自動化することで作業工数が減らせる作業はないか

など、日々の分析作業の中で自動できることを明確化する必要があるのです。何を自動化するか決まれば、あとはVBAを書いて自動化処理を作るだけです。

まずは、日々の作業を一覧化し、自動化すべき個所を見極めることがおすすめです!

ただ、自動化できそうな作業はなかなか思いつかないものですよね。そんな方向けに、分析作業に特化したVBAの使い方についてご紹介します!

Excelのデータ分析を効率化するためのVBAの使い方とは?

それでは、Excelのデータ分析を効率化するためのVBAの使い方について解説します。

データレベルの分析の効率化

1つ目は、データレベルの分析の効率化についてです。

データ一覧から、必要な情報を絞り込んで分析に使うケースはよくありますよね。


■データレベルで分析する例
1. データ一覧をフィルター
2. 必要なデータのみ絞り込み
3. 分析

1、2の作業を自動化することができます。1度作っておけば見たい情報を一瞬で表示するツールが作れるため、作業を効率化できます!

データレベルの分析ツールを作るために必要な知識は、次のとおりです。


■分析ツールを作るために必要な知識

分析に使うグラフ作成の自動化

2つ目は、分析に使うグラフ作成の自動化についてです。

データ一覧から分析するときもありますが、データが多すぎて分析しづらいケースはよくありますよね。グラフを作って分析している方が多いのではないでしょうか。


■グラフを使ってデータ分析する例
1. データ一覧から月ごとにグラフを作成
2. 月毎のグラフを比較して、データを分析
3. 上司に相談するため確認用のレポート作成

VBAを使えば、1、2、3全ての作業を自動化することができます。グラフを使って分析するケースが多い場合は、おすすめです。

グラフ作成の自動化ツールを作るために必要な知識は、次のとおりです。


■分析ツールを作るために必要な知識

計算ミスを減らすためのユーザー定義関数の作り方

3つ目は、計算ミスを減らすためのユーザー定義関数の作り方についてです。

データのばらつきを見やすくするために分散データを作ったり、標準偏差を計算して分析に使うケースはよくありますよね。また、作ったデータを使って複雑な計算を入れてから分析に使うケースはよくあります。これを手作業しようとすると、次のようになってしまいます。


■計算式を追加するときの例
1. 元データから分散・標準偏差の列を追加
2. 追加した列のデータを使って複雑な計算する列を追加

1、2の作業は手作業してしまうと、計算ミスにつながってしまいますよね。VBAでは、Excelのセルで使える関数を自作することができるため、計算ミスを減らしつつ欲しい情報を簡単に用意することができるようになります。

少しわかりづらいため補足すると、「=作った関数名(元データ1のセル,元データ2のセル)」のように、作った関数をセルで直接使うことができるのです。作った関数の処理の中で、分散・標準偏差を使った複雑な計算結果を返す処理をつくっておくだけで、ミスなく複雑な計算ができるようになります。

ユーザー定義関数を作るために必要な知識は、次のとおりです。


■分析ツールを作るために必要な知識

VBAを基礎からみっちり学びたい方へ

ここまで読んで、VBAを使って作業を効率化したいと思った方も多いのではないでしょうか。ただ、いざVBAを始めてみると・・・わからないことが多く、作業が全然進まないという方も多いです。

そのため、VBAの基礎についてまとめた記事を読んでおくことがおすすめです。遠回りに感じるかもしれませんが、基礎を理解しておくとツール作りがとても捗ります。

VBA未経験・知識ゼロでもわかる情報を徹底的にまとめているため、ぜひ読んでみてくださいね!

【ExcelVBA入門】VBAの基礎知識・書き方・おすすめの学習方法を解説
更新日 : 2019年8月8日

VBA以外の選択肢も

今回解説したVBAでデータ分析ができるようになると他にも様々な業務が効率化できて大切なスキルではありますが、このままVBAを学び続けるなら親和性のあるプログラミング学習に挑戦してみることもおすすめです。

VBAだと会社の業務改善などがメインの業務であり会社に貢献する場面が多くありますが、プログラミングなら年収や働き方などが選べるようになり、もっと自分に努力が返ってくるスキルです。

  • VBAは社内出世など、会社にずっと属していく人のみに必要
  • AIの発達によってVBAで条件を組まなくても良くなる可能性も
  • 人材不足かつ、市場か伸びているのはプログラミング、スキル次第で人生に選択肢が増える

これらの理由から、せっかくVBAというスキルを身につけようとしているなら親和性のあるプログラミングの方が、あなたの人生に選択肢や可能性を増やすのでは?と思います。

でもVBAでも精一杯なのにプログラミング?難しそう。

そんな心配をしているあなたでも大丈夫です。侍エンジニア塾ではあなたの目標や性格を踏まえて適切な講師を配属させていただき、マンツーマンで指導していくため、着実にスキルアップしていくことができます。

また、あなたの目標に対して現在のスキルや興味のある分野から最適な学習カリキュラムを作るフルオーダーメイドカリキュラムを作成いたします。これによりあなたの興味関心と授業のカリキュラムが完全にあった状態で学習できるため、確実に未来に繋がる実感を持ちながら学習ができます。

まずはあなたの興味や関心からおすすめの言語を判定するプログラミング学習診断アプリを受けてみてください。

質問に答えていくだけで、最適な言語やスキルと学習期間を提案いたします。

プログラミング言語診断を受ける

まとめ

今回は、Excelのデータ分析を効率化するためのVBAの使い方について解説しました。

今回解説した方法は、VBAを作れるようになればすぐに実践できるものばかりです。

ぜひ、VBAで分析作業を効率化するツールを作ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説