プログラミングの未来 | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト
スライドショースライドショースライドショー

プログラミングの未来

プログラミングを学ぶ上で、私たちはどの言語を使うかを選択しなければいけません。

しかし、プログラミング言語の種類はたくさんあります。

そもそもプログラミング言語っていつからあるんだろう
これからどう変わっていくの?

今回はプログラミング言語の歴史を知り、今後どのように変わっていくのかを解説します。

  • プログラミング言語の歴史
  • プログラミングの移り変わり
  • プログラミングの未来

プログラミング言語の歴史

まず、プログラミングの始まりは1842年エイダ・ラブレスという人物が「ベルヌーイ数を計算する完全なプログラム」というものを発表したところから始まっています。そこから、1957年世界初の高水準プログラミング言語「FORTRAN(フォートラン)」という言語が広まり、プログラミングが容易に使えるようになり強く指示を集めました。

それから現代に至るまでにいろんなプログラミング言語が開発されてきました。

まとめると

  • 1972年 : C言語
  • 1977年 : SQL
  • 1983年 : C++
  • 1983年 : Objective-C
  • 1990年 : Python
  • 1990年 : Haskell
  • 1993年 : Ruby
  • 1995年 : Java
  • 1995年 : PHP
  • 1995年 : JavaScript
  • 1996年 : R言語
  • 2002年 : C#
  • 2003年 : Scala
  • 2007年 : D言語
  • 2009年 : Go言語
  • 2010年 : Rust
  • 2011年 : Dart
  • 2011年 : Kotlin
  • 2014年 : Swift
  • 2014年 : Hack

※これがすべての言語ではありません。他にも多くの言語が存在します。

現代に至るまでこんなにたくさんの言語が誕生しています。最近人気の高い「Python」も最近の言語だと思われがちですが、1990年とJavaより歴史が深い事が分かります。

ただこちらの言語もアップデートを繰り返し、日々改善されています。

プログラミングの移り変わり

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「プログラミング基礎」の記事

1.プログラミングの必要性

  1. a. プログラミングがわからないと仕事がなくなる時代へ
  2. b. プログラミングは最強のビジネススキル
  3. c. 非エンジニアでも学ぶべき理由とは
  4. e. プログラミングが変える未来の世界

次の項目「2.プログラミングの概念」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説