スライドショースライドショースライドショー

プログラミングスクールから自社開発企業へ転職できる?必要スキル5つ

プログラミングを習得し、Web系の自社開発企業へ転職したいと考えている人が増えています。

しかしWeb系自社開発企業への転職難易度は、ここ数年で大きく変化しています。未経験でも転職できるのか、転職を成功させるためのポイントを紹介しています。

Web系自社開発会社への転職は難しい?

プログラミングを習得し、Web系エンジニアに転職をしたい人や、自社開発企業への転職を目指している人は多いでしょう。しかし、数年前は転職の難易度が低かったWeb系自社開発企業も、最近ではWeb系企業の人気の上昇にともない転職の難易度が上がってきています。

未経験者でWeb系企業への転職を考えている人は特に、プログラミングスクールなどを活用すると良いでしょう。

WEB系自社開発企業に転職事情|プログラミングスクールから転職できるのか
更新日 : 2020年2月19日

自社開発の強み

自社開発とは、自社で考えた企画やアイデアを製品にしていく事です。殆どのコミュニケーションを社内で行うため、細かいニュアンスが伝わりやすく、連携も取りやすくなります。

さらに、自社開発では製品がヒットをした時の恩恵が大きい場合が多く、多額のボーナスはもちろん、社内での評価が高くなり、昇給や昇進にも繋がりやすくなります。

プログラミングスクールからの転職事情

IT業界はエンジニア不足に陥っています。未経験可の求人も多数見受けられ、一見すると転職のハードルが下がっているように感じられます。

しかし、未経験可であっても企業が求めている即戦力につながる人材でなければ内定が出ないという場合が多く、特に自社開発企業にその傾向が強く見て取れます。

他業種のエンジニアがWeb系に転職するケースも増えているため、未経験者にも高いスキルが求められるようになっています。

Web系自社開発企業が必要としているスキル5つ

プログラミングスクールから自社開発企業への転職は、実務経験がないと難しいという現状があります。

しかし、自社開発企業が求職者に対して求めている事を把握し、ポイントをしっかりと押さえておけば、プログラミングスクールから実務経験のない状態での転職も可能です。

ここでは、自社開発企業が求めているスキルを5つご紹介します。

必要としているスキル1:実践的にプログラミングできる能力

自社開発企業が求職者に求めるスキルとして、実践的なプログラミングスキルがあります。これは、与えられた役目をこなすだけではなく、案件の定義から保守運用まで一貫して手掛けることができるレベルの事を言います。

このスキルは、プログラミングスクールや参考書で養うことが難しいと言えます。そこで、実践的なプログラミングスキルを手に入れるために、1からアプリ開発を行ってみると良いでしょう。

必要としているスキル2:チームでの開発経験

自社開発企業の多くは、チームを組んで開発を行っています。プログラミングスクールのように、カリュキュラムに沿って個人で手掛けるという事はありません。

また、自社開発企業の多くは、ソフトウェア開発のプラットフォームを活用して製品の開発を行っています。プログラミングスクールからWeb系自社開発企業を目指す場合、プラットフォームの活用方法を学んでおきましょう。

必要としているスキル3:エラーに対する対応

プログラミングでは、作業中のエラーがつきものです。カリキュラムに沿った手順での作業でも時としてエラーが発生し、作業が停滞する事があります。実務においてもエラーが出ることに変わりはなく、どんなに優れた実績のあるエンジニアでも、エラーを0にする事は困難と言えるでしょう。

表示されたエラーの内容をできるだけ早く正確に読み取り、理解する能力が自社開発企業のエンジニアには必須の能力となります。

必要としているスキル4:問題を言語化できる能力

プログラミングスクールや独学などでプログラミングをしていると、エラーが出た時になかなか解決に至らず、モチベーションが下がってしまう事があります。

自社開発企業では、エラーが出た時にエラーメッセージをしっかりと読んで理解し、エラー内容からコードを修正したり、ネット検索で解決方法を探ったりする能力が求められます。エラーメッセージを正確に読み取るためにも、現状の問題を言語化するスキルを身につけておきましょう。

必要としているスキル5:検索力がある

エンジニアがプログラミング言語で記述をするコーディングの作業を行う際、エラーに限らず、分からない事がたくさん出てきます。

暗記をするには不可能なほど膨大な量なので、エンジニアは情報が欲しい時にその都度調べることで情報を得ています。自分に必要な情報をより早く効率的に取り出す能力が検索スキルです。

自社開発企業では、「未経験者でも検索スキルは身についているもの」と考える傾向があります。

自社開発企業への転職にプログラミングスクールは活用できる?

未経験からプログラミングを学ぼうとする人の中には、プログラミングスクールに通う事でプログラムの基礎を学び、転職に活かそうと考えている人も多くいます。

未経験者であっても、ある程度のスキル力を求められる自社開発企業において、プログラミングスクールからの転職は可能なのでしょうか?自社開発企業への転職の実態を考えてみましょう。

プログラミングスクールを受講しても難しい理由3つ

プログラミングスクールでは、カリキュラムに沿ったプログラムの基礎を学び身につけることができます。しかし、実際にプログラミングスクールを卒業したからといって、経験もなしに自社開発企業へ転職をするのは難しいというのが現状です。

ここでは、プログラミングスクールから自社開発企業への転職が難しい理由を3つ、ご紹介します。

難しい理由1:ポートフォリオの質が低くなる

プログラミングスクールを卒業した人の多くは、卒業課題をポートフォリオとして使用します。

しかし、卒業課題のポートフォリオは自社開発企業が求めるレベルを満たしていない場合が多いです。なぜなら、卒業課題はあらかじめある程度の形が決められているからです。

プログラミングスクールを卒業したからと言って気を抜かず、自社開発企業が求めるスキルを証明するために、0からアプリを作成してスキルがある事を証明すると良いでしょう。

難しい理由2:実践的なスキルが得にくい

プログラミングスクールは、ある程度決まったカリュキュラムに沿って学んでいくため、突発的なエラーや急なタスクが発生するということは滅多にありません。

しかし、実際の開発現場では想定外のエラーやトラブル、急なタスクが発生します。自社開発企業では、そういった場合に対応できる能力が求められます。経験をしたことのないタスクにも柔軟に対応できるようにしましょう。

難しい理由3:自己解決能力が付きにくい

ほとんどのプログラミングスクールは、分からない事やエラーが出た場合にいつでも質問ができる環境が整っています。

しかし、この環境に慣れてしまうと、自分で問題を解決する能力がなかなか身につかなくなってしまいます。実際の現場では、常に質問ができるような環境は用意されていません。

日頃からプログラミングスクールと並行する形で、自分でエラー解決に挑むようにしておきましょう。

自社開発企業へ転職するために必要なポートフォリオスキル3つ

プログラミングスクール卒業後にWeb系の自社開発企業へ転職をする場合、ポートフォリオの質にもこだわる必要があるでしょう。

未経験者にとっては、ハードルが高い要素ではありますが、Web系自社開発企業への転職は、それほど難しいという事を理解しておく必要があります。

ポートフォリオスキル1:利便性に関わる機能が付けられる

ポートフォリオに掲載される機能の中でも、とくにユーザーがアプリを利用する上で利便性に関わるような機能を搭載する必要があります。

例えば「掲示板」や「お問い合わせ」など、そのアプリを使う際に、ユーザーが求めているものは何かを考えて案件定義をし、定義した機能を搭載する技術力が必要とされます。

ポートフォリオスキル2:ユーザーの導線を意識したUI・UX設計

Web系自社開発企業のWebエンジニアは、ただアプリを開発するだけでなく、Webデザイナーの領域に近いUI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)設計まで行えることが重視されています。

ユーザーの導線を意識したUI・UX設計を行えることで、少人数チームでの開発が多いエンジニアの大きな強みにもなるでしょう。

ポートフォリオスキル3:ソースコードの可読性

Web系自社開発企業に評価されるポートフォリオの特徴の1つとして、ソースコードの可読性の高さがあげられます。

どんなに見た目が整っていても、ソースコードの可読性が低ければ技術力の証明にはなりません。少数精鋭で開発を行っている自社開発企業にとって、誰が見ても理解できるコーディングができているポートフォリオは、即戦力として活躍できる人材の証明にもなるでしょう。

自社開発企業への転職はプログラミングスクールだけでなく実務経験も大切!

プログラミングスクールで基礎知識を学びながら、1からアプリ開発をするなどの実務経験を積み、企業にとって付加価値のあるスキルを身につければ、自社開発企業への転職のハードルは下がるでしょう。

これらの実情を知ることで、転職に向けてやるべきことを明確にし、自社開発企業への転職を目指しましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。