【3分でわかるJavaの基礎】Listのデータを取得する方法(get)

Javaを使う上でListでデータを扱う処理は頻繁に発生します。

しかし、Listなどのコレクション(動的配列)を使う場合、以下のような疑問を感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

List内のデータを取得する方法はどうしたらいいの?
データを取得する際には配列のように[]を使って書いてはいけないの?
Listのデータを取得するにはいくつも方法があるの?

Listから値を取得するためにはいくつか方法があります。

この記事では、getメソッドを使用して、Listから値を取得する方法などを、わかりやすく説明します!

List内の値を取得する方法

以下のコードが、getメソッドでListのデータを取得するまでの、一連の流れになります。

import java.util.*;

public class Main {
    public static void main(String[] args) throws Exception {

        //listをString型で宣言する
        List<String> lList = new ArrayList<String>();
        
        //listにデータ追加する
        lList.add("apple");
        lList.add("orange");
        lList.add("melon");
        
        //getメソッド使用して、値を出力する
        System.out.println(lList.get(0));
        System.out.println(lList.get(1));
        System.out.println(lList.get(2));
    }
}

出力結果

apple
orange
melon

データ構造型を扱うためには、”java.util.*”パッケージを宣言する必要があり、記述していないとコンパイルエラーが発生します。

getメソッドを使用するためには、宣言したList型変数である”lList”に対してget(List要素数)を指定して値を取得します。

また、String型変数を使用して、リストの値を取得する使い方も可能です。
以下では、getメソッドを使用してString型変数に、リストの2番目の要素数を取得しています。

String str;
str = new String(lList.get(1));
System.out.println(str);

Listのデータを全て表示するには、リストの要素数分ループで値を表示する方法も便利です。

for (int i=0; i<lList.size(); ++i)
{
    System.out.println(lList.get(i));
}

iteratorを使って値を取得する方法

ループで値を取得して操作する場合には、iteratorメソッドを使うと、より便利にJavaのデータを扱うことが可能です。
「iteratorについても詳しく知りたいな!」という方は以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください!

まとめ

Listなどの動的配列は、getメソッドを使うことによって、要素番号を指定して、簡単に値を取得することが可能なことを学びました。
もしListから値を取得する方法を忘れてしまったら、この記事を確認してくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら