【3分でわかるJavaの基礎】Listのデータを取得する方法(get)

Javaを使う上でListでデータを扱う処理は頻繁に発生します。

しかし、Listなどのコレクション(動的配列)を使う場合、以下のような疑問を感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

List内のデータを取得する方法はどうしたらいいの?
データを取得する際には配列のように[]を使って書いてはいけないの?
Listのデータを取得するにはいくつも方法があるの?

Listから値を取得するためにはいくつか方法があります。

この記事では、getメソッドを使用して、Listから値を取得する方法などを、わかりやすく説明します!

List内の値を取得する方法

以下のコードが、getメソッドでListのデータを取得するまでの、一連の流れになります。

出力結果

データ構造型を扱うためには、”java.util.*”パッケージを宣言する必要があり、記述していないとコンパイルエラーが発生します。

getメソッドを使用するためには、宣言したList型変数である”lList”に対してget(List要素数)を指定して値を取得します。

また、String型変数を使用して、リストの値を取得する使い方も可能です。
以下では、getメソッドを使用してString型変数に、リストの2番目の要素数を取得しています。

Listのデータを全て表示するには、リストの要素数分ループで値を表示する方法も便利です。

iteratorを使って値を取得する方法

ループで値を取得して操作する場合には、iteratorメソッドを使うと、より便利にJavaのデータを扱うことが可能です。
「iteratorについても詳しく知りたいな!」という方は以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください!

まとめ

Listなどの動的配列は、getメソッドを使うことによって、要素番号を指定して、簡単に値を取得することが可能なことを学びました。
もしListから値を取得する方法を忘れてしまったら、この記事を確認してくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説