コマンドプロンプトでIPアドレスを確認しよう!

今回の記事では、コマンドプロンプトでIPアドレスの確認方法について紹介致します!

「IPアドレスを確認したい」
「IPアドレスを解放・再取得したい」
「ウェブサイトのIPアドレスを知りたい」

という方へ向けて、

・IPアドレスを確認する方法
・IPアドレスを解放・再取得する方法
・ウェブサイトのURLからIPアドレスを取得する方法

について紹介します。

コマンドプロンプトの開き方

まずはじめに、コマンドプロンプトの開き方を紹介致します。

コマンドプロンプトは「Windows + R」で「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、「cmd」と入力しOKすることで立ち上がります。

IPアドレスを確認する方法

では本題に入りましょう。

IPアドレスを取得するには、「ipconfig」コマンドを入力します。

これを実行すると、以下のようにIP構成が分かります。

こちらの「IPv4 アドレス」に書かれているアドレスが、ご自身のIPアドレスになります。

なお、このIPアドレスはプライベート(ローカル)IPアドレスです。

グローバルIPアドレスを確認したい方はブラウザを開き、

・ルータにアクセスし確認する
・グローバルIPを確認できるウェブサイトへアクセスして確認する

といった方法がありますので、お試しください。

話は戻りますが、IP構成のより詳細な情報を知りたい場合は「/all」を付けます。

とすることで、より詳細な情報の確認が可能です。

MACアドレス(端末固有のアドレス)を知りたい場合などに「/all」を使いましょう。

IPアドレスを解放・再取得する方法

続いて、IPアドレスを解放し更新するまでの手順を紹介します。

現在のIPアドレスを解放(0.0.0.0)するには、「/release」をipconfigに付けます。

この状態で再度アドレスを確認すると、以前までのアドレスが表示されなくなっているかと思います。

ここから更に新しいIPアドレスを取得するには、「renew」を付けましょう。

この状態で改めてIPアドレスを確認すると、変更されている事がわかります。

ウェブサイトのURLからIPアドレスを取得する方法

今度はウェブサイトのURLからIPアドレスを取得する方法を紹介します。

ウェブサイトのURLからIPアドレスを取得するには、「nslookup」コマンドを使います。

「https://」は必要ないのでご注意ください。

それでは実際に使ってみましょう。

実行結果:

「172.217.161.195」がIPアドレスになります。

もしこれが正しいか確認したい場合は、こちらのIPアドレスブラウザに入力して、直接検索してみてください。

ただ、他のページの場合、セキュリティ上直接IPアドレスを拒否するようになっているページもありますのでご注意ください。

また、「nslookup」コマンドに取得したIPアドレスを入れて確認することも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

・IPアドレスを確認する方法
・IPアドレスを解放・再取得する方法
・ウェブサイトのURLからIPアドレスを取得する方法

について紹介致しました。

IPアドレスは専門分野の方でなければ触れる機会は少ないと思いますが、もし何かあった場合はこの記事が少しでもお役に立てられれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説