人気急上昇!Swiftエンジニアの年収は?将来性まで徹底解説

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

最近、「Swift」の人気が高まっていますね!

「Swift」は、AppleがリリースしたiOS/Mac/Apple TV/Apple Watch向けのアプリケーション開発に必要なプログラミング言語です。

2014年6月に一般公開された後、2015年の1年間で600%も需要が伸びたことでも有名です。

そんなSwiftを扱うエンジニアの需要が高まっていくと同時に、年収に関してもどうなっていくのか気になるところですよね。

そこで今回は、Swiftエンジニアの年収や人気急上昇の理由、将来性などを徹底解説していきます!

Swiftエンジニアの今後の見通しなどがわかるかと思いますので、Swiftを学習してみたい!

Swiftを使ってキャリアアップしてみたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

【こんな方に向けて書きました】
・需要の高いプログラミング言語を習得したい
・Apple製品のアプリ開発を行いたい
・なぜSwiftが選ばれているのかを知りたい

Swiftエンジニアの年収は?

[求人検索エンジン「スタンバイ」調べ]

スタンバイ」の調査によると、プログラミング言語別年収ランキングでSwiftは第8位で、平均額は550万円となっています。

「スタンバイ」は、国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象にした日本最大級の求人検索エンジンです。

複数の大手求人サイトの求人を横断して一括検索できるのが特徴で、求職者は、スタンバイの検索窓に仕事に関する「キーワード」と希望の「勤務地」を入力することで、いつでもどこでもPCやスマートフォンから求人を検索することができます。

「Swift」は、2014年にApple社によって公開された新しいプログラミング言語です。

アプリ開発をやりたいという人は避けて通れない言語でもあります。

アプリ開発で主に使われていた、「Objective-C」から「Swift」に移行するプロジェクトなどが徐々に進んでいるため、これから需要とともに年収も伸びてくることが期待されている注目の人気急上昇プログラミング言語です。

Swiftエンジニアの人気が急上昇している理由は?

shutterstock_453749929

初心者でも学びやすいモダンな設計

プログラミング言語でいう「モダン」は、一言でいうと「コードが読みやすくて書きやすい」ことを指しています。

近年で利用者が伸びている「Ruby」や「Python」が持つ共通の特徴は「コードが読みやすくて書きやすいこと」、そして「将来性があること」です。

Swiftはそういった人気のある現代的なプログラミング言語の良い部分を取り入れているので、初心者でも学びやすく設計されています。

他の言語の特徴を取り入れたことによって、自然と他の言語と似ている部分が出てきますので、他の言語を使用している人たちもあまり抵抗なくSwiftを学んで使うことができます。

また、今までのObjective-C言語とも互換性があり一緒に使えるので、現在Objective-Cで開発を行っている人も移行が簡単です。

まだ歴史が浅いから横並びのスタートになる

Swiftが発表されたのは、2014年の6月とまだその歴史は浅いです。

なので、Swiftでつくられたプログラムは世の中にまだあまり出回っていません。

既存の言語であれば、経験と実績のあるベテランに優位となる条件が多いのも仕方ありません。

しかし、Swiftは登場してまだ間もないので、誰もが学び始めの初心者ということになります。

いち早く習得に向けて動き出すことで、その道の第一人者になれる可能性が十分にあります。

需要に比べてエンジニアの数が不足している

上でも少し説明した通り、年々Swiftの利用場面は増えてきています。

それに対して、供給側となるSwiftを扱えるエンジニアの数が不足してきている状況です。

まだ歴史が浅く、十分なスキルをもつエンジニアが少ないということもあるのですが、その分、Swiftエンジニアの単価や年収は上がっていくことが予想されます。

その流れを感じ取って、今からSwiftを習得して高単価エンジニアになろうとしている方が増えてきているのも、人気が急上昇している理由として挙げられます。

Swiftエンジニアの将来性は?

shutterstock_409299112

最近ですが、GoogleとFacebookがSwiftの採用を考えているというニュースが流れました。

The Next Webによると、昨年末にグーグル、米Facebookおよび米Uberの代表者がロンドンで会合を開き、Swiftを巡る今後の3社の動きについて協議したとのことです。
その協議の中でFacebookおよびUberは、今後これまで以上にSwiftを取り込む姿勢であるとし、グーグルについても、両社以上に積極的にAndroid OSへのSwift導入を目指し、“first-class language(第1級言語)” とする姿勢であることが示されたとしています。 / 参照

このニュースからも分かる通り、世界中の様々な企業がSwiftに注目しています。

SwiftでWEBアプリケーションを開発できる有用なフレームワークやライブラリが充実してくると、「WEBアプリケーションをSwiftで開発する」ということも当たり前になってくるかもしれません。

もしかすると、近い将来Swiftされ覚えればなんでも作れるという時代がやってくるかもしれません

まだ歴史も浅く、案件数が少なかったりしますが、これからSwiftの仕事はたくさん増えると予想されます。

なので、Swiftの将来性は間違いなく高いと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Swiftエンジニアの年収を、ランキングや人気の理由とともに解説してきました。

今回の内容を参考に、これから人気と年収が高まっていくと予想されているSwiftを学習してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説