スライドショー スライドショー スライドショー

Pythonエンジニアの年収を職種別に比較!高収入の理由も紹介

Pythonエンジニアになりたいが、年収はいくらなのか気になる方もいるのではないでしょうか。Pythonエンジニアと一言でいっても仕事内容・年収は、職種や開発するものによって異なります。

ここでは、AIエンジニアやWebエンジニア、データサイエンティストなど、Pythonエンジニアの職種ごとに仕事内容や年収をご紹介します。ほかにも、Pythonエンジニアとして年収をアップさせる方法も解説しましょう。

そもそもPythonがどんなプログラミング言語なのか、気になる方はこちらの記事もあわせてご覧下さい。

Pythonとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説
更新日 : 2021年7月14日

【職種別】Pythonエンジニアの種類や仕事内容と、年収を比較

結論として、Pythonエンジニアの年収は営業や事務など、そのほかの職種と比べ高額です。

日本人の一般的な年収とPythonエンジニアの年収、引用元:2019年・厚生労働省「各種世帯の所得等の状況」

上表を参照すると、200万~600万円という一般的な会社員の年収と比べ、Pythonエンジニアの年収は400万~高くて1,000万円以上と、高額なのがわかるでしょう。

とはいえ、Pythonエンジニアの年収はWeb、システム、AIなど開発の種類、さらには開発するものによって異なります。

まずはPythonエンジニアをAIエンジニア・データサイエンティスト・Webエンジニアに分けて、それぞれの仕事内容や年収をご紹介します。

Pythonでどんな開発ができるのか、気になる方はこちらの記事もあわせてご覧下さい。

【初心者向け】Pythonでできることとは何か?事例を用いて解説
更新日 : 2021年3月11日

AIエンジニアの年収

AIエンジニアの平均年収(正社員)、引用元:AIエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報

Pythonエンジニアの中でも、AI(人工知能)の開発を行うエンジニアをAIエンジニアと呼びます。AIエンジニアはGoogleの検索結果の表示、画像検索、SNSの顔認識など、さまざまなAI(人工知能)を開発します。

AIエンジニアの平均年収は600万円程度です。しかし、開発するAI技術によっては1,000万円を超える求人があります。

  Webエンジニアの年収

Webエンジニアの平均年収(正社員)、引用元:Webエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報

「YouTube」「Instagram」「Dropbox」「Spotify」などのWebアプリケーションもPythonで作ることが可能です。

Webアプリケーションの開発は、以前はRubyやPHPを使用するのが主流でしたが、ライブラリが豊富である、効率的に開発できるといった理由でPythonが使われるようになりました。

こういったWebアプリケーションをつくるエンジニアをWebエンジニアといいます。

Webエンジニアの平均年収は約580万円で、AIエンジニアよりやや低めです。しかし通常の会社員と比べると高額であり、中には年収800万円を条件にWebエンジニアの求人を行う企業もあります。

  データサイエンティストの年収

データサイエンティストの平均年収(正社員)、引用元:データサイエンティストの仕事の年収・時給・給料情報

データサイエンティストとは、「ビッグデータ」を分析し、処理するエンジニアのことです。ビッグデータとは、大量の画像、大量のWebページなど膨大なデータ群のことを指します。

Pythonはビッグデータの分析に向いているプログラミング言語のひとつです。

というのも、データ分析は主に下記の3工程に分けられますが、各工程で使えるライブラリ(パッケージ化されたプログラム)がPythonには用意されているからです。

  • クローリング(クローラーがWeb上を巡回して情報を集める工程)
  • スクレイピング(Web上から抽出したデータを分析、格納可能なデータにする工程)
  • データ前処理(収集したデータの扱いやすいように整える一連の工程)

データサイエンティストの平均年収は、Pythonエンジニアの中で最も高く、700万円程度となっています。

Pythonエンジニアの年収はフリーランスだとどうなのか、Pythonはフリーランスエンジニア向きの言語なのか、気になる方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

Pythonでフリーランスエンジニアを目指せるかをいろんな視点で徹底分析
更新日 : 2021年3月29日

Pythonエンジニアの年収が高い3つの理由

Pythonエンジニアはほかの職業と比べて高収入であることがわかっていただけたでしょうか。

続いて、Pythonエンジニアの年収が高額な理由を、具体的に解説します。

1.AIなどの人工知能ブームがきているから

AIが普及している

近年、AI技術の普及に伴いAIエンジニアの需要が高まっています。特にPythonはAI開発においてメインのプログラミング言語です。そのため、Pythonエンジニアへの就職・転職市場は求職者が有利な売り手市場となっています。

Pythonを習得してAIエンジニアになれば、高収入を得られる可能性が高いといえるでしょう。

2.日本企業でも、Pythonエンジニアの需要が高まっているから

日本で、開発にPythonを採用する企業が増加していることも、Pythonエンジニアの年収が高い理由のひとつです。

前述のAI開発のほか、多くの日本企業がWebアプリケーション開発にPythonを採用するようになったため、Pythonエンジニアの需要が高まっています。

日本企業のあいだでPythonが広まっている理由として、開発費用を抑制できることが挙げられます。というのも、Pythonには、ほかのプログラミング言語と比べてソースコードの量が少なく、開発効率が高いという特徴があるからです。

3.Pythonエンジニアのニーズが高まっているから

経済産業省のデータによると、2030年には最大で約79万人のIT人材が不足するといわれています。

特に、開発に採用されるプログラミング言語として、Pythonがメインである「人工知能」や「ビッグデータ」の分野ではPythonエンジニアのニーズが高まっています。

需要に供給が追いついていない現状を受けて、Pythonエンジニアが高額の年収で募集されるのです。

Pythonエンジニアとして高年収を目指すには?

データサイエンティスト

Pythonエンジニアとしてより高い年収を得るには、いくつかのポイントを意識する必要があります。続いては、年収をアップさせるための4つの方法をご紹介します。

企業のデータサイエンティスト・AIエンジニアになる

Pythonのスキルを習得して企業のデータサイエンティストやAIエンジニアになれば高年収を狙えるでしょう。

例えば、求人情報サイト「ミドルの転職」を参照すると、データサイエンティストは、年収1,000万円以上の求人が多くあるのがわかります。

現在導入する企業が増加中の、AWS(Amazon Web Services)やGCP( Google Cloud Platform )といったクラウド環境の開発や、データベースを活用した収益化事業におけるAI開発の求人では、最高年収1,200万円超が提示されています。

なお、年収1,000万円以上のPythonエンジニアの求人ではPythonを用いた機械学習の実装経験などが求められる場合があるので注意しましょう。募集要項を確認の上、自身のスキルとマッチするか検討してください。

ミドルの転職「データサイエンティスト/1200万円の転職・求人情報一覧」より

マネジメント経験を活かす

Pythonエンジニアを目指した転職で、マネジメント経験を活かせば、年収をアップさせることが可能です。Pythonエンジニアに限りませんが、チームプロジェクトのマネジメントポジションなどに就けば、スキルセット以上の年収を期待できるでしょう。

フリーランスとして高単価の案件を引き受ける

フリーランスのPythonエンジニアとして高単価の案件を受注すれば、年収1,000万円を狙うことも不可能ではありません。機械学習を活用したAI開発において、社員だけではリソースが足りずフリーランスを募集する企業も多くあります。

フリーランスのPythonエンジニアとして開発の実績を積めば、さらに年収はアップするでしょう。

海外進出する

Pythonエンジニアとして高収入を得たいのであれば、海外進出するのもひとつの方法です。特に、Pythonがメジャーなプログラミング言語であるアメリカでは、日本と比べPythonエンジニアの年収が高い傾向にあります。

東京のPythonエンジニアの平均年収、引用元:求人ボックス「AIエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報」
各国のPythonエンジニアの年収、引用元: Average Software Developer Salaries: Rates Comparison by Country

Pythonエンジニアの年収を比較すると、東京は335万円~1,100万円であるのに対し、アメリカは900万円~1800万円です。

Pythonエンジニアの中でもAIエンジニアの平均年収にフォーカスして比較すれば、日本とアメリカとの差は明確になります。

求人情報サイト「求人ボックス」の調査から、日本のAIエンジニアの平均年収は約600万円であることがわかりました。一方、求人情報サイト「GlassdoorGlassdoor」の調査によると、アメリカのAIエンジニアは、平均年収が111,118ドル(約1200万円)となっており、日本のAIエンジニアの2倍です。

日本とアメリカのAIエンジニアの平均年収

そもそも、アメリカは日本よりエンジニアが高収入を得られる環境にあります。アメリカであればPythonエンジニアとして、高収入を獲得できて、最新の技術開発に携わることも可能です。

Forbs「The Best AI Companies To Work For In 2018 Based On Glassdoor」より

アメリカのエンジニアは本当に儲かるのか、気になる方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

言語別年収ランキング!アメリカプログラマーは本当に儲かるのか
更新日 : 2018年11月29日

Pythonエンジニアになるには?

高年収を期待できるPythonエンジニアになりたいけれど、何から始めればいいかわからない方もいるでしょう。

続いて、Pythonエンジニアになるための具体的な方法を、プログラミング未経験者と経験者とで分けてご紹介します。

プログラミング未経験でPythonエンジニアを目指す場合

プログラミング未経験者がPythonエンジニアになるには学習すること

プログラミング未経験でPythonエンジニアになるには、Pythonを学習して企業へのアピールとなる成果物をつくるのが第一歩です。

Pythonは独学による習得も可能です。しかし、実践的なスキルの証明となる成果物をつくるには、プログラミングスクールに通うのがおすすめといえます。

プログラミングスクールによっては、転職・就職が有利になるような成果物を作るカリキュラムが用意されています。独学が不安な方はこういったプログラミングスクールをチェックしてみてはいかがでしょうか。

Pythonを学習できて転職・就職支援がある、おすすめのスクール・教室について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

プログラミング経験者がPythonエンジニアに転職する場合

プログラミングの経験者であっても、Pythonエンジニアへの転職を目指すのであればPythonを学習する必要があります。

何らかの言語でシステム開発を行った経験を持つのであれば、中級者向けの書籍や学習サイトを活用してPythonのスキルを磨くといいでしょう。

特に現役エンジニアの方は最低限のITスキルはあると思いますので、ドットインストールなどの学習サイトで確認しながら、Python案件を受注するのがおすすめです。

以下の記事でPythonの実践的な練習プログラムや学習サイトを紹介しているのでご覧ください。

Pythonの実践的な練習プログラムと学習サイトまとめ
更新日 : 2020年5月15日

あなたもPythonエンジニアを目指してみませんか?

AI開発や機械学習の普及を背景に、Pythonエンジニアの年収は将来的にも上がる見込みです。

今の仕事で一生稼いでいけるか不安を感じるため将来性のあるPythonを習得したい方、これからPythonエンジニアとして新しい開発に携わりたい方、Pythonは比較的学習しやすいプログラミング言語ですから、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、Pythonに限らずプログラミング言語は、習得するのに1000時間が必要といわれています。

挫折することなく、効率的にプログラミング言語を学習したい方にはプログラミングスクールがおすすめです。

当社が運営する「侍エンジニア」はマンツーマンレッスンのオンライン型スクールであり、オリジナルサービスを開発するカリキュラムに多くの時間を割いているのが特徴です。もちろん、キャリアプランや最適な学習カリキュラムの提案も可能です。

プログラミングスクール「侍エンジニア」のカリキュラム構成

無理な営業は一切いたしませんし、完全オンラインで好きな場所で受けていただけますので、まずは無料カウンセリングを利用してみてください。

ご予約はこちら

この記事のおさらい

Q.Pythonエンジニアの年収は高い?

Pythonエンジニアの年収は、ほかの職業と比べて高い傾向にあります。会社員の一般的な年収が300万~600万円であるのに対しPythonエンジニアの年収は400万円~1,000万円超と高額です。

Q.Pythonの年収が高い理由は?

Pythonの年収が高い理由として、AIなどの人工知能が普及していること、Pythonエンジニアの需要が高まっていることなどが挙げられます。

Q.Pythonエンジニアとして年収をアップさせるには?

Pythonエンジニアとして年収をアップさせるには、企業のデータサイエンティスト・AIエンジニアになる、マネジメント経験を活かす、フリーランスとして高単価の案件を受注する、海外進出するといった方法が有効です。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら