Pythonエンジニアが高収入な3つの理由を徹底解説!

侍エンジニア塾ブログ編集部
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

最近、「Python」の人気が高まっていますね!

人気の理由としては、WEBアプリが作れたり人工知能などにも活かせるなど、活躍の場が幅広くあることなどがあげられます。

Pythonを扱うエンジニアの需要が高まっていくと同時に、年収に関してもどうなっていくのか気になるところですよね。

そこで今回は、Pythonエンジニアの年収について、高収入の理由なども踏まえて解説していきます!

Pythonエンジニアの今後の見通しなども説明していますので、Pythonを学習してみようとしている人は参考にしてみてください。

Pythonエンジニアの年収は?

スタンバイ」の調査によると、プログラミング言語別年収ランキングでPythonは堂々の第1位で、平均額は651万円となっています。

「スタンバイ」は、国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象にした日本最大級の求人検索エンジンです。

複数の大手求人サイトの求人を横断して一括検索できるのが特徴で、求職者は、スタンバイの検索窓に仕事に関する「キーワード」と希望の「勤務地」を入力することで、いつでもどこでもPCやスマートフォンから求人を検索することができます。

近年機械学習に関する案件のニーズが急激に高まっていることから、提示額を上げてでもPythonを使える人材を獲得したいという採用企業側の需要がうかがえますね。

Pythonエンジニアの年収が高い3つの理由は?

shutterstock_453749881

1.AIなどの人工知能ブームがきているから

上でも軽く説明しましたが、今空前の第三次AIブームがきていると言えます。

Pythonは言語自体の特徴から、機械学習に向いていると言われています。

そんな、ブームと言語の特徴が相まって需要が高まっていることが年収増加の理由として挙げれれます。

2.Pythonは開発効率が良く費用対効果が高いから

Pythonは、しっかりとした基準があってコードがシンプルにできたり、それによって保守がしやすいといった特徴があります。

なので、自然と開発効率が良くなり、企業にとっては少ない投資で情報システムやサービスへの要求を実現できることになります。

情報システムやWEBサービスへの費用対効果が重要視される現在では、手早く簡素に要求を実現できるPythonを扱えるエンジニアの需要が高まっています。

3.Pythonエンジニアが不足しているから

現在、純粋にPythonを扱うことができるエンジニアが少ないと言われています。

昔から人気のあったJavaやPHP、最近はRubyの勢いに押されていて、Pythonはどちらかといえば日陰の存在でした。

なので、きちんとPythonを扱えるエンジニアが少なく、需要が供給を上回ってきています。

前述したようにPythonを使うメリットは十分に存在していて、それに気づき始めた企業がPythonエンジニアを探すものの市場に人がいないというのが現実です。

Pythonエンジニアの未来は?

shutterstock_424457410

人気が高まったきたPythonですが、現段階では求人数はそれほど多いわけではありません。

求人数・案件数でJavaやRubyを上回ることは当分なさそうです。

しかし最近では、海外でインスタ(Instagram)のようなSNSやDropboxといった無料のツールでPythonが実績を積み上げています。

これをうけて、国内のアプリ系サービスでもPythoneで開発されたものが増え始めています。

スマホの普及によってゲーム業界の寵児となったソーシャルゲームアプリもそのうちのひとつです。

現在、ソーシャルゲームアプリも、Pythonで開発されるものがでてきています。

これからは、そういった国内外の実績が認められ始めて、徐々にPythonエンジニアが活躍する市場や年収が増えていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Pythonエンジニアの年収を、ランキングや理由とともに解説してきました。

今回の内容を参考に、これから人気と年収が高まっていくと予想されているPythonを学習してみてはいかがでしょうか。

Pythonカリキュラム無料公開中!
この記事はPython入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Python学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくPythonを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。



33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーランスをされている市川友哉さん。33歳で、プログラミングを学び始め、4ヶ月という短い期間でフリーランスエンジニアとして独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


Pythonを最短で習得したい方へ
元々ITリテラシーの高い方やプログラムの学び方がわかっている方であれば、この記事通りに進めていけば、Pythonを独学で習得することができるでしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「時間が足りない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決することができない」
このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、AI(人工知能)や機械学習、IoTについて学習することできます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方やカリキュラムを考えてみませんか?

Pythonならではの学習方法や、現役Pythonエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta_bannar-ai2

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら