VBAでゲームを簡単に作る方法5選!作るときの考え方も解説!


VBAでゲームを作れるようになりたい・・・
VBAでゲームを簡単に作る方法を知りたい・・・

VBAでゲームを作りたい!と思っても、作り方がわからない方がほとんどですよね。簡単なマクロを作るレベルと、ゲームを作るレベルに壁を感じている方もいるのではないでしょうか。簡単にゲームを作れる方法があれば、知りたいですよね。

こんにちは!フリーランスエンジニア兼テックライターのワキザカです。

この記事では、VBAでゲームを簡単に作る方法・作るときの考え方を解説します!

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBAでゲームを簡単に作る方法を知りたい人
  • VBAでゲームを作るときの考え方を知りたい人

VBAでゲームを簡単に作る方法とは?

はじめに、VBAでゲームを簡単に作る方法を解説します。

VBAでゲームを作る場合は、Excelの機能を最大限使って作ることがとても重要です。事前に見た目を変えるエリアをセルで作ったり、時間や得点をカウントするセルを用意したり、シートをゲームの画面に使ったりすることで無駄に処理や画面を作らずゲームを作ることができます。

また、ゲームを作るときは事前に仕様・設計をしてから作っていくことが重要です。ゲームを作るときの考え方・チュートリアルの記事で詳しく解説しているので、興味がある方は見てみてくださいね!

【サンプルコード付き】VBAのゲーム作り方を徹底解説!
更新日 : 2019年6月24日

VBAで簡単にゲームを作るおすすめ方法5選

次に、簡単にゲームを作るおすすめ方法について紹介します。

ブロック崩しゲーム


1つ目は、ブロック崩しゲームです。ブロック崩しは、ゲームを作ろうと思ったときに入門向けの候補になりやすいゲームの1つです。VBA以外でもゲーム作りの基礎を学ぶ方も多いですね。

ボタンクリック時の処理の作り方、キーボードを使って処理を動かす方法、アクション(バーにボールが当たった時、ブロックにボールが当たった時)の処理の作り方などを学ぶことができるので、入門編としてとてもおすすめです!

オセロゲーム


2つ目は、オセロゲームです。オセロはブロック崩しよりはルールが複雑ですが、Excelのセルをつかって処理を作ることができるます。

ルールを一覧化してVBAの処理を作っていく流れで作れるので、こちらも入門向けにおすすめです!

引用:【プログラミング入門】Excelでオセロを作って楽しくプログラミングを学ぼう!①

クリックゲーム


3つ目は、クリックゲームです。クリックゲームは、制限時間内に黒の背景色のセルをクリックして得点を数える簡単なゲームです。

ボタンクリック後の処理、セルの選択を変更したときの処理、処理を途中で止める方法、制限時間をカウントしながらクリック処理を動かす方法など網羅的にゲームを作る基礎を学ぶことができます。

ゲームの作り方から以下で詳しく解説しているので、興味がある方は見てみてくださいね!

【サンプルコード付き】VBAのゲーム作り方を徹底解説!
更新日 : 2019年6月24日

数当てゲーム


4つ目は、数当てゲームです。数当てゲームは、セルとボタンのみ使ったゲームなので作りやすいのが特徴ですね。次のようなルールのゲームを作ることができます。

・4枚のカードに0~9までのいずれかの数字が入っている。
・複数のカードに同じ数字は入っていない。
・数字だけが合っている場合は△、数字と場所の両方合っている場合は〇を表示する。(数字も場所も違っている場合は×を表示する。)
・4枚全てのカードの数字と場所を当てることができればクリア
引用:【ExcelVBA入門】VBAで数当てゲームを作る方法をご紹介します!

ルールがシンプルでとてもわかりやすいので、初めてゲームを作る方にもおすすめですね。

昔ながらのテレビゲーム


5つ目は、昔ながらのテレビゲームです。以下のようなお馴染みのゲームの一部のシーンを、Excelで作ることができます。

  • 初級編:スーパーマリオ
  • 中級編:マリオカート
  • 中級編:ロックマン
  • 応用編:ツインビー

引用:Excelマクロ初心者が実践できる!懐かしファミコンゲームをExcelで再現/中古車のナビクルcar

一部のシーンのみですが、以下サイトで詳しく作り方を解説しています。興味がある方は見てみてくださいね!

VBAでスムーズに開発するためのコツとは?

次に、VBAでスムーズに開発するためのコツについて解説します。

ゲームといえど、ツールを作るときと基本的な考え方は変わりません。そのため、開発の流れをしっかり理解しておくことが重要です。具体的には、以下の流れで開発する方法を押させておきましょう。

VBAで開発する流れ

  • 手順1:仕様を検討する
  • 手順2:機能一覧を作る
  • 手順3:簡単な設計を行う
  • 手順4:VBAを書いて製造する

大事なのは、いきなりコードを書かずに作るものをある程度決めてから作ることです。事前に詳細まで詰めておくことで、コードを書くときに迷わず最短で作っていくことができるのです。

VBAでアプリを作るときの考え方・具体的なサンプルの作り方を以下で解説しているので、詳しく知りたい方は以下を見てみてくださいね!

VBAでアプリを作る方法とは?考え方・サンプルの作り方も解説!
更新日 : 2020年3月3日

まとめ

今回は、VBAでゲームを簡単に作る時の考え方・おすすめの方法を解説しました。

作りたいゲームが決まったら、自分で手を動かして作ってみることが重要です。

ぜひ、お気に入りのゲームを見つけて作ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。