スライドショー

VBAでゲームを簡単に作る方法5選!作るときの考え方も解説!


VBAでゲームを作れるようになりたい・・・
VBAでゲームを簡単に作る方法を知りたい・・・

VBAでゲームを作りたい!と思っても、作り方がわからない方がほとんどですよね。簡単なマクロを作るレベルと、ゲームを作るレベルに壁を感じている方もいるのではないでしょうか。簡単にゲームを作れる方法があれば、知りたいですよね。

こんにちは!フリーランスエンジニア兼テックライターのワキザカです。

この記事では、VBAでゲームを簡単に作る方法・作るときの考え方を解説します!

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBAでゲームを簡単に作る方法を知りたい人
  • VBAでゲームを作るときの考え方を知りたい人

VBAでゲームを簡単に作る方法とは?

はじめに、VBAでゲームを簡単に作る方法を解説します。

VBAでゲームを作る場合は、Excelの機能を最大限使って作ることがとても重要です。事前に見た目を変えるエリアをセルで作ったり、時間や得点をカウントするセルを用意したり、シートをゲームの画面に使ったりすることで無駄に処理や画面を作らずゲームを作ることができます。

また、ゲームを作るときは事前に仕様・設計をしてから作っていくことが重要です。ゲームを作るときの考え方・チュートリアルの記事で詳しく解説しているので、興味がある方は見てみてくださいね!

【サンプルコード付き】VBAのゲーム作り方を徹底解説!
更新日 : 2019年6月24日

VBAで簡単にゲームを作るおすすめ方法5選

次に、簡単にゲームを作るおすすめ方法について紹介します。

ブロック崩しゲーム


1つ目は、ブロック崩しゲームです。ブロック崩しは、ゲームを作ろうと思ったときに入門向けの候補になりやすいゲームの1つです。VBA以外でもゲーム作りの基礎を学ぶ方も多いですね。

ボタンクリック時の処理の作り方、キーボードを使って処理を動かす方法、アクション(バーにボールが当たった時、ブロックにボールが当たった時)の処理の作り方などを学ぶことができるので、入門編としてとてもおすすめです!

オセロゲーム


2つ目は、オセロゲームです。オセロはブロック崩しよりはルールが複雑ですが、Excelのセルをつかって処理を作ることができるます。

ルールを一覧化してVBAの処理を作っていく流れで作れるので、こちらも入門向けにおすすめです!

引用:【プログラミング入門】Excelでオセロを作って楽しくプログラミングを学ぼう!①

クリックゲーム


3つ目は、クリックゲームです。クリックゲームは、制限時間内に黒の背景色のセルをクリックして得点を数える簡単なゲームです。

ボタンクリック後の処理、セルの選択を変更したときの処理、処理を途中で止める方法、制限時間をカウントしながらクリック処理を動かす方法など網羅的にゲームを作る基礎を学ぶことができます。

ゲームの作り方から以下で詳しく解説しているので、興味がある方は見てみてくださいね!

【サンプルコード付き】VBAのゲーム作り方を徹底解説!
更新日 : 2019年6月24日

数当てゲーム


4つ目は、数当てゲームです。数当てゲームは、セルとボタンのみ使ったゲームなので作りやすいのが特徴ですね。次のようなルールのゲームを作ることができます。

・4枚のカードに0~9までのいずれかの数字が入っている。
・複数のカードに同じ数字は入っていない。
・数字だけが合っている場合は△、数字と場所の両方合っている場合は〇を表示する。(数字も場所も違っている場合は×を表示する。)
・4枚全てのカードの数字と場所を当てることができればクリア
引用:【ExcelVBA入門】VBAで数当てゲームを作る方法をご紹介します!

ルールがシンプルでとてもわかりやすいので、初めてゲームを作る方にもおすすめですね。

昔ながらのテレビゲーム


5つ目は、昔ながらのテレビゲームです。以下のようなお馴染みのゲームの一部のシーンを、Excelで作ることができます。

  • 初級編:スーパーマリオ
  • 中級編:マリオカート
  • 中級編:ロックマン
  • 応用編:ツインビー

引用:Excelマクロ初心者が実践できる!懐かしファミコンゲームをExcelで再現/中古車のナビクルcar

一部のシーンのみですが、以下サイトで詳しく作り方を解説しています。興味がある方は見てみてくださいね!

VBAでスムーズに開発するためのコツとは?

次に、VBAでスムーズに開発するためのコツについて解説します。

ゲームといえど、ツールを作るときと基本的な考え方は変わりません。そのため、開発の流れをしっかり理解しておくことが重要です。具体的には、以下の流れで開発する方法を押させておきましょう。

VBAで開発する流れ

  • 手順1:仕様を検討する
  • 手順2:機能一覧を作る
  • 手順3:簡単な設計を行う
  • 手順4:VBAを書いて製造する

大事なのは、いきなりコードを書かずに作るものをある程度決めてから作ることです。事前に詳細まで詰めておくことで、コードを書くときに迷わず最短で作っていくことができるのです。

VBAでアプリを作るときの考え方・具体的なサンプルの作り方を以下で解説しているので、詳しく知りたい方は以下を見てみてくださいね!

VBAでアプリを作る方法とは?考え方・サンプルの作り方も解説!
更新日 : 2019年8月9日

VBA以外の選択肢も

今回解説したVBAのゲームシステムを作れると他にも様々な業務が効率化できて大切なスキルではありますが、このままVBAを学び続けるなら親和性のあるプログラミング学習に挑戦してみることもおすすめです。

VBAだと会社の業務改善などがメインの業務であり会社に貢献する場面が多くありますが、プログラミングなら年収や働き方などが選べるようになり、もっと自分に努力が返ってくるスキルです。

  • VBAは社内出世など、会社にずっと属していく人のみに必要
  • AIの発達によってVBAで条件を組まなくても良くなる可能性も
  • 人材不足かつ、市場か伸びているのはプログラミング、スキル次第で人生に選択肢が増える

これらの理由から、せっかくVBAというスキルを身につけようとしているなら親和性のあるプログラミングの方が、あなたの人生に選択肢や可能性を増やすのでは?と思います。

でもVBAでも精一杯なのにプログラミング?難しそう。

そんな心配をしているあなたでも大丈夫です。侍エンジニア塾ではあなたの目標や性格を踏まえて適切な講師を配属させていただき、マンツーマンで指導していくため、着実にスキルアップしていくことができます。

また、あなたの目標に対して現在のスキルや興味のある分野から最適な学習カリキュラムを作るフルオーダーメイドカリキュラムを作成いたします。これによりあなたの興味関心と授業のカリキュラムが完全にあった状態で学習できるため、確実に未来に繋がる実感を持ちながら学習ができます。

まずはあなたの興味や関心からおすすめの言語を判定するプログラミング学習診断アプリを受けてみてください。

質問に答えていくだけで、最適な言語やスキルと学習期間を提案いたします。

プログラミング言語診断を受ける

まとめ

今回は、VBAでゲームを簡単に作る時の考え方・おすすめの方法を解説しました。

作りたいゲームが決まったら、自分で手を動かして作ってみることが重要です。

ぜひ、お気に入りのゲームを見つけて作ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説