スライドショースライドショースライドショー

システムエンジニアが稼げる副業8選|土日祝や完全在宅でもOK!

システムエンジニアにおすすめの副業とかある?
システムエンジニアでも副業で収入は増やせる?
副業を始めるメリットってなにかあるの?

今回はこのような疑問にお答えします。

昨今の副業ブームに乗り、ブログやYouTubeなどのネットビジネスで成功している若者が増えてきました。彼らの成功に影響されて、会社の収入だけに依存する生き方に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで、不安の解決策として思い浮かべるのが「副業」となりますよね。

ひとことに副業といっても色々な稼ぎ方があるので、こちらの記事では副業の種類やメリット、副業にできそうな案件を探せるサイトなどを解説します。ぜひ参考にして、あなたが副業で収入を増やすきっかけとしていただければ幸いです。

この記事の目次

システムエンジニアでも副業で収入を増やせる

画像:Shutterstock

副業で収入を増やしたいと考えているけど、なかなか行動できないままでいませんか? いまや中学生ですらブログや動画編集で月6桁、7桁と稼いでしまう時代です。

■ネットビジネスで月収180万円の女子高生。「お母さんを楽にさせたい」

それがシステムエンジニアで社会経験も十分に積んできたあなたが、副業で稼げないわけがありません。本業が終わった後の数時間、土日祝の休みの時間を副業にコミットすれば、月5万円くらいの副収入ならすぐに稼げるようになります。

詳しくは後述しますが、国内でも有名なクラウドソーシングサービスでは常時8,000件もの案件に応募できる状態です。ちなみにクラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業側とフリーランスや副業したい個人など仕事を受注したい側のマッチングサービスのことですね。

「本当に稼げるのか?」と考えていても答えを得ることはできません。行動するのか?しないのか?だけの問題なので、ぜひ副業にチャレンジしてあなたの可能性を広げていってください。

システムエンジニアにおすすめの副業8選

ここでは、システムエンジニアとしての経験を活かせるような副業も含めて8つ紹介します。ご自分のスキルや興味のある分野に合わせてチャレンジしてみましょう。

おすすめの副業1:アプリ開発

システムエンジニアは、アプリの開発で収入を得ることができます。プログラミングを学ぶと個人でもアプリを開発できるため、アプリを使用する顧客が増えるにつれて多くの収入を得ることも可能です。

本業とは別にプログラミングの勉強をすることで、より精度の高いアプリを開発できます。システムエンジニアとしてやりがいのある副業といえるでしょう。

おすすめの副業2:コーディング

システムエンジニアが行える副業に「コーディング」があります。コーディングとは、CSSやHTMLで構成されるサイトに使用されるマークアップ言語、プログラミング言語を記述していく仕事です。

コーディングは1つのサイトをより見やすく、そして使いやすくしていくための作業なので、スキルの向上と共にシステムエンジニアとしての収入もアップしていくことでしょう。

おすすめの副業3:データ入力

データ入力は、依頼者の指示どおりにデータを入力していく仕事です。そのため、個人的なアイデアなどは必要ありません。あくまでも、依頼主のオーダーに沿った内容でデータをインプットしていく業務です。

パソコンでのスキルが基本以上あれば、システムエンジニアが行う副業としてやりやすいといえるでしょう。

おすすめの副業4:オンライン講師

ネットワークを生かしたオンライン講師をは、システムエンジニアが行う副業として主流なものです。専門的な分野に長けている必要がありますが、自己が持つ知識、技術、感性、経験を活用してお客さんへノウハウをオンラインで提供します。

人へ物事を教えるのが好きな方、または自分にしかできない仕事がしたいシステムエンジニアには最適な副業といえるでしょう。

おすすめの副業5:Webライター

Webライターとして稼ぐにはまずSEO(検索エンジン最適化)について学ばないといけません。SEOとは検索エンジンからWebサイトへのアクセス数を増やし、サイトの成果を伸ばしていく対策のことです。SEOについては1~2ヶ月ほど参考書籍やネットの情報で学べば十分なので、あとはクラウドソーシングで色々なライター案件を受注して経験と実績を積み上げいきましょう。

インプットも大事ですが、それよりもアウトプットの量を増やした方がライティングのスピードもアップするので効率的です。自分の得意・専門分野があると文字単価を上げやすくなるので有利ですね。

おすすめの副業6:ブログ運営

ブログ運営はリスクも低いですし、少ない資金で始められるので副業としてはおすすめできます。しかし、Googleアドセンスやアフィリエイト広告で収益化できるようになるまでには、一般的に半年から1年ほどは時間が必要になります。

また昨今の副業ブームでライバルも増加しており、マイペースで記事を投稿していても、本気でブログの成果にコミットしているブロガーや企業サイトなどには到底かないません。さらに前述したSEOの知識も必須であり、TwitterなどのSNSをうまく活用してアクセスを集める努力も必要となるでしょう。

ただし、あなたの戦略やシステムエンジニアとしての経験を活かしたコンテンツ次第では、大きな稼ぎ柱となってくれる可能性を秘めているのがブログです。そこからフリーランスとなりネット事業を拡大していくことも可能なので、実践するのでしたら中長期的な視点で継続的に取り組むことをおすすめします。

おすすめの副業7:動画編集

動画編集も需要はあるのでおすすめできますが、パソコンのスペックもそれ相応(メモリは最低16GB以上など)でないと作業をスムーズに進められません。また、動画なのでデータは大容量になりがちですから、できるだけ速いネット回線を契約できているといいですね。動画編集に使用するソフトは「Adobe Premiere Pro」か、MacBookでしたら「Final Cut Pro」がポピュラーではないでしょうか。

全くの未経験であれば動画編集ソフトの操作方法から覚えていかなければいけませんし、実際に作業してみると分かりますが、動画編集はきっとあなたが予想してる以上に手間がかかる作業です。

ただこれも慣れの問題なので、数をこなしているうちに編集時間は短縮されていきます。そのため、動画編集はチャレンジしてみて損はない分野でしょう。

おすすめの副業8:転売・せどり

転売・せどりは副業の中でも即金性の高さと、空き時間にコツコツと作業できるので、かなり副業に向いています。基本的に「商品を安く仕入れて、高く売る」ことで利益を得るのが目的なので、転売・せどりは収益化までのプロセスが非常にシンプルな点も魅力ですね。

仕入れ先は、メルカリ、リサイクルショップ、BOOKOFF、ドンキなど人によって場所は様々です。しかしライバルが多いのも事実で、価値がある商品の見極めや、タイミングなどリサーチにはセンスが要求されます。リサーチ用の便利なツールもあるので、それらを活用するのもいいですが、未経験のうちはできれば転売・せどりで成果を出している人に仕入れのコツを教えてもらった方がいいかもしれません。

資金に余裕があり、単調な作業があまり苦にならない方は、転売・せどりを実践してみてください。

システムエンジニアが副業を探せる注目サイト

副業として完全在宅で作業ができる案件を探せる代表的なサイトについて解説します。他にも副業として取り組める案件などを紹介しているサイトはあるので探してみてくださいね。

クラウドワークス

引用元:クラウドワークス https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは日本でも最大級のクラウドソーシングなので、とりあえず登録しておくといいですね。

全体の応募可能な案件数は現時点(2020年6月)で8,000件近くあり、特にライティング案件は2,700件以上もあるので、副業でWebライターを選択した人はぜひ登録してください。

【クラウドワークスの仕事カテゴリ一覧】

  • Web開発
  • アプリケーション開発
  • アプリ開発
  • Webサイト制作
  • WordPress制作
  • デザイン
  • ライティング・記事作成
  • データ作成・入力
  • 動画作成・動画制作
  • 画像加工
  • 3D-CG制作

上記はまだ一部なので、実際にサイトにアクセスしてどんな案件があるのか色々と探してみましょう。

ランサーズ

引用元:ランサーズ https://www.lancers.jp/

ランサーズも、国内では有名なクラウドソーシングです。案件数や知名度ではクラウドワークスに劣りますが、日頃からチェックしていると意外と狙い目の案件が出てきたりします。またサポート面では、機能的にクラウドワークスよりランサーズの方が若干評判がいいようです。

ただ案件の探しやすさや質はクラウドワークスとあまり変わらないので、クラウドソーシングで実績を積みたい方は登録しておきましょう。

Bizseek

引用元:Bizseek https://www.bizseek.jp/

Bizseekもクラウドソーシングですが、最大の特徴はシステム手数料が圧倒的に安いこと。

例えば報酬額が10万円以下だった場合、引かれるシステム手数料について前述した2つのクラウドソーシングと簡単に比較してみますね。

【報酬額が10万円以下のシステム手数料】

  • Bizseek:10%(手数料1万円)
  • クラウドワークス:20%(手数料2万円)
  • ランサーズ:20%(手数料2万円)

このように報酬額が10万円以下だと、そこから引かれるシステム手数料だけで1万円の差があります。Bizseekは案件数こそ少ないものの、安心の仮払いシステムも導入しているので一度は覗いてみる価値があるサイトです。

サグーワークス

引用元:サグーワークス https://works.sagooo.com/

サグーワークスは、Webライター向けの案件に特化したクラウドソーシングサービスです。こちらのサイトはクライアントとの交渉をサグーワークスのスタッフが代行してくれるので、ライター未経験の方は、記事を書くことだけに集中できる点も魅力ですね。

またサグーワークスにはライターランクがあり、レギュラー、ゴールド、プラチナの3つのランクによって報酬や受注できる案件も異なります。プラチナライターになると高額案件も受注しやすくなるので、Webライターを副業にして稼ぐとすれば、サグーワークスでコツコツと実績を積み上げていくのもいいですね。

ココナラ

引用元:ココナラ https://coconala.com/

ココナラは、自分のスキルや知識、経験をオンラインで売り買いできるフリーマーケットに似たサービスです。売り買いできるカテゴリが多岐にわたっているので、一部を紹介しますね。

【ココナラのサービスカテゴリ一覧】

  • イラスト・似顔絵・漫画
  • Webサイト制作・デザイン
  • 動画・写真・画像
  • ライティング・ネーミング
  • IT・プログラミング
  • ビジネス相談・アドバイス
  • 集客・Webマーケティング
  • 翻訳・語学
  • 悩み相談・カウンセリング
  • 美容・ファッション・健康
  • キャリア・就職
  • ライフスタイル
  • 趣味・エンターテイメント
  • 副業・アフィリエイト

他にも、占い、恋愛・結婚、法律相談などがあり、一つ一つのカテゴリが木の枝のようにさらに細かく分けられています。システムエンジニアの経験を活かすとすれば、ITサポート・プログラミングや、キャリア・就職の相談などはいかがでしょうか。

ココナラは、専門性が高いほど稼ぎやすくなるオンラインマーケットです。

システムエンジニアが副業した方がいい理由7つ

画像:Shutterstock

システムエンジニアが副業するメリットは多くあります。

副業した方がいい理由1:スキルが向上する

システムエンジニアが副業をすることで、スキルアップが可能です。パソコンでできる作業は無限にあるので、現在持っている基礎技術を生かして、より一層と高いスキルを身につけることができるでしょう。

依頼主の要望に応えるべく、多くのトライアンドエラーをしながらたくさんの技術を習得し、やがてベテランのシステムエンジニアとして副業での収入向上も図れます。

副業した方がいい理由2:実績が作れる

ネットワーク上にシステムエンジニアとしての仕事が残るため、確かな実績を作れます。システムエンジニアとして他者に喜ばれ、そして形に残る副業ができるため、やりがいも感じられるでしょう。

副業した方がいい理由3:自分に得意先ができる

副業により得意先ができて、リピーターとなって受注が増えます。個人で副業をする場合、最善な仕事が遂行できると顧客が再発注をしてくれるでしょう。

副業した方がいい理由4:単価が高い

個人の副業なら、受注単価は自分で設定できます。そのため、単価の高い価格設定でも受注できることがあります。

副業した方がいい理由5:フリーエンジニアへの準備になる

副業をして顧客がつくことで、フリーとして独立するまでの準備期間を作れます。将来的にフリーランスとしてシステムエンジニア業を行っていく予定がある場合、副業としてスタートして成果が出てくれば独立も実現します。

副業した方がいい理由6:人脈を広げることが出来る

システムエンジニアが副業を開始すると、人脈を広げられます。会社勤務中のシステムエンジニアにはほぼ無縁であった人脈づくりでも、副業となれば個々で人脈を形成していく必要が出てきます。

副業した方がいい理由7:適性を見極められる

システムエンジニアが副業をはじめると、自分の業務適性を見極められます。会社勤務では気づかなかった仕事への適性も、副業を行うこと分かることがあります。

システムエンジニアが副業するメリット2つ

画像:Shutterstock

システムエンジニアが副業をはじめると感じられる2つのメリットについてみていきます。本業とは別のメリットが出てきますので、これから副業を開始するシステムエンジニアの方は参考にしましょう。

副業するメリット1:在宅でできる

システムエンジニアの副業は在宅でできる物が多いです。締め切りさえ守れば好きな時間で労働できる点も大きなメリットです。

副業するメリット2:土日にできる

ウィークデーはサラリーマン業をし、週末は副業として自分の業務をこなせることは副業の強みです。無理をすることなくマイペースに能力を発揮していけることでしょう。

システムエンジニアが副業する際のポイント4つ

画像:Shutterstock

副業する際での注意点がいくつかあります。事前に4つのポイントを押さえましょう。

副業する際のポイント1:タイムマネジメントを立てる

副業はタイムマネジメントを立ててから行うと効率的な業務が実践できます。闇雲に行う副業は疲労度も増しがちですので、事前に時間管理を徹底し、無駄や無理なく遂行していきましょう。

副業する際のポイント2:自分のスキルの市場価値を理解する

受注制限のない副業は自己の価値がダイレクトにわかるため、スキルに見合った受注や業務ができるでしょう。言い換えると実力があればあるだけ受注が増え、大きな収入へも連結していくというのが副業する魅力です。

システムエンジニアとしての自己価値が理解できます。

副業する際のポイント3:一時的な衝動で始めない

一時的な初動で副業を開始するのはおすすめできません。気持ちが急いて実力や実績がないまま、いきなり副業を開始することはNGです。

まずは会社勤務をしながら確かな実力を蓄え、機会を見て副業をはじめるのが最善です。何事にも準備や段取りがありますので、まずは実力と自信を身につけましょう。

副業する際のポイント4:自分のタスクと期限を明確にする

副業を開始する際、事前に仕事のタスクと期限を明確化しておきましょう。目標や課題が見えないまま副業をするのは勇み足です。

課された業務に対する期限を把握して管、遂行可能な範囲で受注をして仕事を完了させましょう。

システムエンジニアは副業で収入アップを目指そう

システムエンジニアの副業に関する情報を網羅的に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?現代社会では、システムエンジニアでも副業をすることで、自在に副収入を得ることが可能です。

多くの人々の役に立てる素晴らしい技術や、才能を生かせるシステムエンジニアを目指して、副業をスタートしてみてはいかがでしょうか。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。