スライドショー

【Python入門】PyCharmが最強おすすめのIDEだ!

今日は、Pythonを扱えるPyCharmというIDE(統合開発環境)を紹介します。

Pythonは、機械学習などで使われることが増えてきており、最近ではJavaを超えた!というニュースも流れるほど、注目されている言語ですね。

この記事は、

  • Pythonを扱えるIDEを知りたい
  • おすすめのIDEをインストールして使ってみたい


というあなたに贈る、私が最強IDEと考えるPyCharmをオススメする記事です。だまされたと思って、一度試して見てください!

IDE(統合開発環境)とは?

IDEとは、ソフトウェア開発に必要なソフトウェアを一つに組み合わせ、同じ操作画面から統一的な操作法で利用できるようにしたソフトウェアパッケージ。一般的にはコードエディタやコンパイラ、リンカ、デバッガ、テストツール、バージョン管理ソフトなどで構成される。
引用元:http://e-words.jp/w/IDE-2.html

IDE(統合開発環境)は、簡単にいえば、プログラマの開発作業を支援してくれるアプリケーションです。

開発に必要なツールがたくさん集められていて、入力中のコードを補完してくれたり、開発しているプログラムを実行中に一時停止して変数の値を確認したり、といったことが簡単に行えます。

Pythonを扱えるIDEはいくつもありますので、名前とダウンロードサイトだけですが、一覧で紹介しておきましょう。

IDE参照
PyCharmhttps://www.jetbrains.com/pycharm/
Winghttps://wingware.com/
Visual Studio Codehttps://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/code-vs.aspx
Visual Studio Communityhttps://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
PyScripterhttps://sourceforge.net/projects/pyscripter/
Eclipsehttps://www.eclipse.org/Pleiadeshttp://mergedoc.osdn.jp/
Sypder、Jupyter(Anaconda)https://www.anaconda.com/
IDLEPythonに付属

その他、クラウド環境で使えるIDEであるAWS Cloud9もあります。AWS Cloud9については、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください!

Cloud9の使い方と便利機能!最強プログラミング開発環境(IDE)
更新日 : 2019年8月5日
Pythonで簡単環境構築!cloud9を導入してみよう
更新日 : 2019年9月11日

PyCharmをインストールしよう

では、私がオススメするPyCharmをインストールしましょう。ここでは、Windowsにインストールする手順を説明していますが、Mac OSやLinuxにもインストールできます。

python-ide01

(1)PyCharmにアクセスして、「DOWNLOAD NOW」をクリックします。

python-ide02

(2)「Download PyCharm」の下で「Windows」が選択されていることを確認して、「Community」の「DOWNLOAD」をクリックします。

python-ide03

PyCharm Community(pycharm-community-2018.1.3.exe)がダウンロードされます。今回ダウンロードしたPyCharm Communityは、無料でオープンソースのIDEです。

もう一方のPyCharm Professinoalは、PyCharm Communityの機能に加えて、Djangoなどのフレームワークやツールキットをサポートしています。CommunityとProfessionalの違いについて詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

参考:https://www.jetbrains.com/pycharm/features/editions_comparison_matrix.html

(3)pycharm-community-2018.1.3.exeを実行します。

(4)「Next」をクリックします。

python-ide04

(5)インストールするフォルダを確認して、「Next」をクリックします。

python-ide05

(6)デスクトップに作成するショートカットの種類などを選択し、「Next」をクリックします。

python-ide06

(7)スタートメニューのフォルダ名を確認して、「Install」をクリックします。

python-ide07

(8)「Finish」をクリックします。

python-ide08

これで、PyCharmのインストールは終了です。

(9)PyCharmを起動するには、スタートメニューの「JetBrains」→「JetBrains PyCharm Community Edition 2018.1.3」をクリックします。

python-ide09

(10)初めて起動したときは、以下の画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

python-ide10

(11)PyCharm User License Agreementを確認して(スクロールバーを一番下まで動かして)、「Accept」をクリックします。

python-ide11

次に、PyCharmやプラグインの使用方法を改善するために、匿名化されたデータをJetBrainsに送信するかどうかを選択します。

(12)送信する場合は「Send Usage Statistics」、送信しない場合は「Don't send」をクリックします。

python-ide12

(13)UIテーマを選択して、「Next: Featured plugins」をクリックします。

python-ide13

おすすめのプラグインが表示されます。

(14)「Start using PyCharm」をクリックします。

python-ide14

(15)「Create New Project」をクリックします。

python-ide15

(16)「Location」を入力し、「Create」をクリックします。

後ほどTensorFlowで「Hello World」を出力したいと思いますので、「D:\PyCharm\helloworld」フォルダを指定しました。

python-ide16

PyCharmが起動します。

python-ide17

PyCharmを日本語化しよう

続けて、PyCharmを日本語化しましょう。

(1)http://mergedoc.osdn.jp/にアクセスして、「Pleiadesプラグイン・ダウンロード」の「Windows」をクリックします。

python-ide18

pleiades-win.zipがダウンロードされます。

(2)pleiades-win.zipを解凍し、setup.exeを実行します。

python-ide19

(3)「選択」をクリックします。

python-ide20

(4)「pycharm64.exe」を選択し、「開く」をクリックします。

pycharm64.exeは、標準では「C:\Program Files\JetBrains\PyCharm Community Edition yyyy.mm.dd\bin」フォルダに保存されています。

python-ide21

(5)「日本語化する」をクリックします。

python-ide22

(6)「OK」をクリックします。

python-ide23

これ以降、PyCharmを起動すると、日本語化されたPyCharmを起動できます。

python-ide24

Anaconda環境を使おう

今回は、以下の記事で作成したGPU版TensorFlow(tensorflow-gpu環境)を利用したいと思います。

【2019年度版】TensorFlow 1.5のインストール方法を解説!【Windows 10】
更新日 : 2019年7月17日

(1)PyCharmを起動して、「ファイル」→「設定」の順にクリックします。

python-ide25

(2)「プロジェクト:helloworld」(helloworldプロジェクトの場合)→「プロジェクト・インタープリター」→「python-ide26-2」の順にクリックします。

python-ide26

(3)「追加」をクリックします。

(4)「Conda Environment」→「既存の環境」→「...」の順にクリックします。

python-ide27

(5)「C:\Users\(ユーザー名)\Anaconda3\envs\tensorflow-gpu\python.exe」と入力し、「OK」をクリックします。

python-ide28

(6)「OK」をクリックします。

python-ide29

(7)「OK」をクリックします。

python-ide30

これで、helloworldプロジェクトで、Anacondaのtensorflow-gpu環境が利用できるようになりました!

TensorFlowのコードを書いてみよう

それでは、TensorFlowを使ってHello Worldを表示するコードを書いてみましょう。

(1)「helloworld D:\PyCharm\helloworld」をクリックします。

python-ide31

(2)「ファイル」→「新規」の順にクリックします。

python-ide32

(3)「Pythonファイル」をクリックします。

python-ide33

(4)「名前」に「helloworld.py」と入力し、「OK」をクリックします。

python-ide34

(5)「import ten」と(途中まで)入力し、「tensorflow」をダブルクリックします。

python-ide35

コード補完が効いていますね。

(6)「 as tf」と入力し、Enterキーを押して、「hello = tf.cons」と(途中まで)入力し、「constant」をダブルクリックします。

python-ide36

(7)「(‘Hello, World!」と入力します。

最後の「’)」は自動的に入力されます。

python-ide37

(8)同様に操作して、以下のコードになるように入力します。

import tensorflow as tf
hello = tf.constant('Hello, Hello World!')
sess = tf.Session()
print(sess.run(hello))

(9)2行目の左側(赤枠部分)をクリックして、ブレークポイントを設定します。

python-ide39

(10)「実行」→「デバッグ」の順にクリックします。

python-ide40

(11)「helloworld」をクリックします。

python-ide41

helloworld.pyが実行され、ブレークポイントを設定した行で一時停止します。

(12)画面下部の「python-ide42-2」をクリックします。

python-ide42

ブレークポイントを設定した行が実行され、変数欄にhello変数の情報が表示されます。

python-ide43

同様の操作でスクリプトを1行ずつ動作させられます。

(14)実行結果を確認する場合は、「コンソール」をクリックします。

python-ide44

「b’Hello, Hello World!’」と表示されていますので、TensorFlowを実行できていますね。

このままPythonを学び続けて大丈夫?

なぜPythonを学ぶのか?

あなたがPythonを学ぶ理由は何でしょうか?

  • Pythonが人気だからとりあえず学んでいる
  • AIや機械学習の分野に興味があるから

Pythonは初心者向けの言語と言われています。その理由としてシンプルでわかりやすい構文や、実用的なライブラリが豊富なことが挙げられ、実際に学びやすい言語です。

しかし、もしあなたが機械学習に興味があって、とくに知識も無いまま学習を進めると、挫折する可能性が高いと言えます。

機械学習の分野はプログラミング以外にも、専門的な知識や数学の知識も必要になります。ただなんとなく学習していると早い段階でつまづきやすく、そのまま挫折してしまうなんてことも…。

そのため、挫折しないためには、

  • 最適な学習環境を用意する
  • 必要なライブラリ・ツールを導入する
  • わからないことを質問できるメンターを見つける

などが必要になります。

効率よく学びたいなら、無料体験レッスンがおすすめ

このままPythonを学び続けていいのかな…
まだまだ知りたいことがたくさんある!
もっと詳しくPythonについて知りたい!

といった悩みや願望を持っている方は、弊社「侍エンジニア塾」をご利用下さい。

侍エンジニア塾では、

  • 現役エンジニアによるマンツーマンレッスン
  • キャリアアドバイザーによる転職・就職支援
  • 業界屈指のフリーランス・起業サポート

を受けることができます。

業界屈指のコンサルタントから、効率的な学習方法や仕事獲得術、今後のキャリアまでさまざまな疑問を相談してみませんか?遠方の方でもオンラインで受講できます!お気軽に受講下さい。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンを受ける

まとめ

今回は、Pythonの最強おすすめのIDEであるPyCharmのインストールと日本語化を説明しました。また、Anacondaで作成したGPU版TensorFlow(tensorflow-gpu環境)を利用して、TensorFlowのコードを実行する操作も説明しました。

PyCharmを使って、Pythonを使ったプログラムをサクサク開発できるような気がしてきましたか?

まずは、PyCharmを使ってPythonやIDEに慣れましょう。十分に慣れたところで、また別のIDEを探しても遅くはありません。あなたの目的は、IDEをインストールすることではなく、Pythonを使ったプログラムを開発することですよね?

それなら、まずはPyCharmで間違いありません!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説