誰でもできるUnityの学習方法とゲーム開発のフローを一挙公開

こんにちは!侍ブログ編集部(@samuraijuku)です。

「Unityを使って3Dゲームを作ってみたい!」と意気込んでみたものの、いざはじめてみたら分からないことだらけでウンザリした方も多いのではないでしょうか?

Unityってどうやって勉強したらいいの?
どこから学習を始めたらいいのかわからない..
おすすめの学習サイトはどれ?

などなど、最初は分からないことだらけですよね。Unityはものすごく機能が多いツールなので、わからなくても仕方ありません。

そこで今回は、入門者向けに、Unityの勉強方法と学習の流れをご紹介したいと思います。

この記事を読めばUnityを効率的に習得できること間違いなしです。Unityを使いこなして、自分だけのオリジナルゲームを作ってみましょう!

Unityでゲーム開発をするためには?


画像;Shutterstock

Unityでゲーム開発を行うためには、Unity以外に「C#」というプログラミング言語を学習する必要があります。

勉強方法や学習の流れを知る前に、まずはゲーム開発に必要なUnityとC#の基本的な知識を覚えておきましょう。

Unity

Unityは、 ユニティ・テクノロジーズ社 が開発した「ゲームエンジン」です。

3Dゲームの開発に使われることで有名ですが、2Dゲームの開発も可能です。また、ゲーム開発以外にもVRなど最先端技術に取り入れられていることも有名ですね。

公式サイトでは「ゲームエンジン」とありますが、実際は開発環境や実行環境も一挙に行える「ゲーム開発プラットフォーム」と言ったほうが良いでしょう。

Unityについてもっと深く知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

【入門者必見】Unityとは?意味や特徴、特性、使い道を徹底解説
更新日 : 2019年5月8日

C#

C#はマイクロソフト社が開発したプログラミング言語です。Unityとの相性が非常によく、Unityで作るゲームにはC#がほとんどに使用されています。

C#だけでもWindows・Mac・スマホアプリ・Webなどさまざまなアプリ開発ができるので、ゲーム開発だけでなくアプリ開発にも興味がある方には特におすすめのプログラミング言語です。

C#についてもっと深く知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

専門知識いらず!C#とは?言語の特徴やメリットを網羅的に徹底解説
更新日 : 2019年7月2日

Unityでゲーム開発を行うための勉強方法


画像:Shutterstock

独学でUnityのゲーム開発を行うためには、いきなり好きなゲームの開発に取り組むのではなく基礎からみっちりと学習することをおすすめします。

というのもプログラミング学習はほとんどがエラー処理の時間です。そのため、基礎を知らない状態でゲーム開発に着手してしまうとエラーの解決方法が分からず、挫折してしまうことが多いのです。

まずは、学習サイトやチュートリアルを使って、基礎を叩き込みましょう。

Unityの勉強におすすめの学習サイト

では、初心者が必ずチェックすべきUnity学習におすすめの学習サイト、チュートリアルを紹介していきます。

ドットインストール【Unity入門】

Screenshot 2016-06-17 21.01.44

引用元:ドットインストール http://dotinstall.com/lessons/basic_unity

みんな大好きドットインストールのUnity入門レッスンです。

Unityのインストールから、画面の基本的な使い方を学んでから簡単なボールゲームを作成します。画面の見方、視点の変え方、ゲームオブジェクトの使い方、Scriptの追加などゲーム開発の基本を学ぶことができます。

ゲーム開発でよく使う機能が解説されているので、サンプルで作ったボードゲームを自分で改良してみるといいでしょう!

Schoo【ゼロから始めるUnity講座】

Screenshot 2016-06-17 21.03.22

引用元:Schoo https://schoo.jp/class/744

動画学習サイトSchooのUnity講座です。

最初の授業は一緒に玉転しゲームを作っていきます。1つのレッスンでゲームを1つ作る構成になっています。

ドットインストールと同様に、動画で一緒に手を動かしていけるので覚えやすいでしょう。また、Schooでは後半で質疑応答もあります。よくある質問に答えてくれているので、調べる手間が省けて学習がはかどります!

ゲーム開発初心者のためのUnity入門(1)

Screenshot 2016-06-17 21.06.26

引用元:ゲーム開発初心者のためのUnity入門 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1410/27/news037.html

IT専門atmarkitのUnity編です。

IT専門サイトだけあって、初心者にもわかりやすいように説明されています。講座は1~12まであります。

「Unityとは?」という一番初歩的な部分から「3Dキャラクターの動作の設定」のような高度な技術まで一通り学習できます。このチュートリアルを終える頃には自分でゲームを作れるようになっているのではないでしょうか。

順番に学習していくだけで、実力がついていく非常にいいサイトです。

Unity入門(1)- 開発環境のインストール

Screenshot 2016-06-17 21.10.51

引用元:クラスメソッド http://dev.classmethod.jp/client-side/unity1/

AWSスペシャリスト集団のクラスメソッド株式会社さんのサイトです。

画像が豊富で非常にわかりやすく、丁寧に解説されていますので、操作に迷うことがありません。Unityのインストールから簡単なゲームを作るところまで解説されています。

また、様々な最新技術を積極的に使って紹介しているサイトでもあるので重宝します。Unity関連の情報が更新された場合は目を通しておくことをおすすめしますよ。

Unityマニュアル

Screenshot 2016-06-17 21.13.47

Unityの公式サイトです。

公式だけあって、内容は他のどのサイトよりも豊富ですよ。情報は常に最新に保たれているので、やっぱり一番信頼できるのは公式サイトです。

Unityを使っていると頻繁にお世話になるサイトですね。マニュアルも読みやすく工夫されていますので、基礎を知りたい方はしっかり読んでおきましょう!

はじめてのUnity

Screenshot 2016-06-17 21.15.34

引用元:はじめてのUnity http://tutorial.unity3d.jp/

Unity公式サイトのチュートリアルになります。

玉転しゲームとシューティングゲームのゲームを作ることができます。入門者だけではなく中級者用にもチュートリアルが用意されているので、本格的なゲームを作りたい方は挑戦してみましょう!

Unity学習の流れ

次に学習の流れを紹介します。この流れに沿って勉強を進めればスムーズにゲーム開発に移行できますよ。

まずはこちらのフローをご覧ください。

ざっくりこのような流れですね。基本的には学習サイトを利用することが非常に多いでしょう。

ある程度概要を掴めてから、さらなる深掘りは書籍などを利用しましょう。ではそれぞれのステップについて解説いたします。

最適な1冊を選ぼう!Unityの学習本をレベル別に6冊紹介
更新日 : 2019年6月3日

ステップ1:学習サイトでUnityの基礎を学ぶ

このステップではゲーム開発の仕組みや自分が作りたいものが本当にUnityで実現できるのかを確認しましょう。

この段階では、まだ学習サイトの応用編まで学習を進めなくても大丈夫です。まずは基礎編を2〜3週行ってUnityの基本を叩き込んでいきましょう。

学習参考期間:1ヶ月

ステップ2:学習サイトでC#の基礎を学ぶ

Unityの基本を覚えたら、ゲーム開発に欠かせないC#の学習に移ります。C#の学習は、ドットインストールを中心に行います。

最低でもドットインストールのC#入門を理解できるレベルまでは学習を続けましょう。

学習参考期間:1ヶ月半〜2ヶ月

ステップ3:簡単なサンプルゲームを作成する

ここまで学習を進めるとUnityとC#の基礎は理解できているので、実はゲーム開発を行えるレベルになっています。しかし、この段階で自分の作りたいゲーム開発に移るのは少しお待ち下さい。

まずは、簡単なサンプルゲームをいくつか作ってゲーム開発の流れを覚えていきましょう。場数をこなすことで、本格的なゲーム開発に移るとき、効率的に開発を進めることができますよ!

学習参考期間:2週間

ステップ4:チュートリアルでUnityのおさらい

いままでは学習サイトをメインの教材として使用していましたが、ここからはチュートリアルを中心にUnityのおさらいをしていきましょう。学習サイトにのっていない隠れた機能がチュートリアルには細かく記載されています。

チュートリアルに記載されていることを理解しておけば、ゲーム開発をさらに効率よく進めることができますよ。

学習参考期間:1ヶ月

ステップ5:ゲーム開発を実際に始める

ここからはいよいよゲーム開発です。とはいえ構想も出来ていない段階でやみくもに開発に着手するのはおすすめできません。

まずは、アイデアを固めて具体的にどんな機能が必要か精査しながら開発を進めていきましょう。いきなり凝ったゲームを作りたい気持ちは分かりますが、まずはひとつずつ簡単なゲームから開発を進めましょう。

具体的なアイデア出しがうまくいかない方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【未経験必見】アプリ開発を革命的アイデアで実際に開発する方法とは?
更新日 : 2019年10月8日

より本格的にUnityを学びたい人は

ここまでUnityの勉強におすすめの学習サイトを紹介してきましたが、より本格的にUnityでゲーム開発を考えるなら、プログラミングスクールで学習することをおすすめします。

学習サイトとスクールを併用することで効率は非常に上がるので、まずは学習サイトで基礎を身につけてから、スクールを利用すれば効率的に本格的なゲームを作ることができるでしょう。

また中には、「基礎を学ぶところからプログラミングスクールで学びたい」と考える人もいるのでないでしょうか?

そんな方は、まずは弊社「侍エンジニア塾」で行っている無料体験レッスンに参加してみてください。無料体験レッスンに参加することで、

  • Unityを学んでどんなキャリアを目指していくのか
  • そのキャリアにあった学習プランを考える
  • 学習が続くのか、本当にゲームを開発できるのか、などの不安を相談

など、業界屈指のコンサルタントがあなたが抱える不安を解決してくれます。

無料体験レッスンの詳細をチェック

弊社では現役生徒500名以上が在籍し、未経験から転職・フリーランスへ多くの卒業生を輩出している実績があります。

Unityを学ぶ目的を明確化し、その明確になったキャリアに向かって最短で学習するための学習プランを提案させて頂きますので、無駄のない学習で最速でエンジニアになれるイメージが湧くと思います。

まずは、無料体験レッスンを受けて、あなたが抱える不安や悩みを解決してから、本格的にUnitytを学んでいきましょう。以下のカレンダーから直接予約が可能なので、まずはお気軽にご相談ください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

Unityの学習サイトは内容が充実したものが多いので、どのサイトでもしっかり学ぶことができます。

ぜひUnityを学習して、自分だけのゲームを作ってみましょう!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説