インフラエンジニアに資格は必要なの?おすすめの資格とは


インフラエンジニアになるのに資格が必要なの?
 
インフラエンジニアとして活躍するのに有利な資格はどれ?

インフラエンジニアに興味を持ったけど具体的に仕事をする際に、資格が必要なのか、どの様な資格が有利なのか悩んでいるそこのあなた、本記事でその疑問をズバリ解決します。

本記事では

  • インフラエンジニアになるために資格は必要なの?
  • インフラエンジニアにおすすめの資格5選

など、インフラエンジニアの資格事情について詳しく解説をします。

インフラエンジニアになるために資格は必要なの?


資格勉強

インフラエンジニアとして仕事をするために、必ずしも資格が必要になるわけではありません。

なぜなら資格を取得するためにはまずそれなりの学習コストがかかります。そして、ある程度ITの知識がないと独学での資格の勉強が思う様に進みません。

そのため、実際に現場でインフラに関連する製品やツールに触れて、現場の経験者に教えてもらいながら覚えていく方が、結果的に早くインフラエンジニアとしての知識を習得できる可能性が高いのです。

ただ企業によっては、インフラ関連の資格を持っている方が給与などで優遇されるケースもあります。また報酬面だけではなく、資格を取得することによってインフラエンジニアとして必要な知識が体系的に学べることも大きなメリットとなります。

上記のことを踏まえて、資格取得をおすすめする人と、おすすめしない人を整理すると以下になります。

資格取得をおすすめする人

  • 資格の勉強時間を確保できる環境の人
  • 資格の勉強を独学で進める自信がある人

資格取得をおすすめしない人

  • なるべく早く現場の経験を積みたい人
  • 資格の勉強を独学でやりきる自信が無い人

インフラエンジニアの仕事内容とは

ここでは、インフラエンジニアの具体的な仕事内容について解説します。

インフラエンジニアは、Webサービスどが安定して動作する為の土台となる部分(インフラ)を構築したり、安定的に運用する為の仕組みを作る仕事です。ちなみにその土台の上に成り立つサービスやシステムの画面や処理を作るのが、アプリケーションエンジニアといわれたり、フロントエンド/バックエンドエンジニアと呼ばれます。

インフラには様々な環境が存在します。自前でインフラ用の機器を用意し、そこにインフラのシステムを導入する環境や、クラウドサービスと呼ばれるインターネット上に用意されているシステムを利用するクラウド環境などがあります。

それぞれ、根本的なインフラ知識としては共通する部分が多いですが、構築の仕方や運用の仕方については、個々に違いがあり、その特性を知った上で業務を行う必要があります。

インフラエンジニアにおすすめの資格5選

それでは、インフラエンジニアにおすすめの資格をまずは以下の表にまとめます。

その後の章にてそれぞれの資格の詳細を解説します。

資格名 公式URL
ITパスポート https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html
基本情報処理技術者 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html
Linux技術者認定 https://www.lpi.org/ja/our-certifications/summary-of-certifications
シスコ技術者認定 https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications.html
MCP(マイクロソフト認定資格プログラム) https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/

ITパスポート

ITパスポート

引用元:ITパスポート試験 (https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html)

ITに関わる社会人や学生がITに関する基礎的な知識があることを証明するための国家試験となります。

資格の難易度としてはIT業界未経験者向けとなり、すでに業界経験ある人は必ず必要な資格ではありません。

ITパスポートの内容について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

ITパスポートとは? 現代人なら取りたい資格の概要から勉強法を解説
更新日 : 2019年6月19日

基本情報処理技術者

基本情報処理技術者

引用元:情報処理推進機構 (https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html)

ITを高度に活用できるために必要な基本的知識・技能、そして実践的な活用ができることを証明するための国家試験となります。

資格の難易度としてはITパスポートと同じく、IT業界未経験者向けとなり、すでに業界経験ある人は必ず必要な資格ではありません。そのため、インフラエンジニアの前にそもそもIT業界自体が初めての方は、こちらの資格か、ITパスポートを取得することをおすすめします。

基本情報処理技術者の内容について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

基本情報技術者試験とは? IT業界人なら必須といわれる資格を解説
更新日 : 2020年1月10日

Linux技術者認定

Linux技術者認定

引用元:Linux Professional Institute (https://www.lpi.org/ja/our-certifications/summary-of-certifications)

Linux技術者認定試験(Linux Professional Institute Certification)は、Linuxを扱える技術者としてのスキルを認定するIT資格です。

Linuxとは、インフラのシステムでよく利用されるオープンソースです。オープンソースとはそのソースコードを商用目的などで利用することが許されているソフトウェアのことで、インフラエンジニアが仕事をする上で、現場でよく目にするシステムです。

資格の難易度としては、Level 1から3まで用意されており、入門者向けから、高度なスキルを証明するレベルまで用意されています。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定はシスコシステムズ製品に関する技術者認定の資格になります。シスコシステムズは世界最大のコンピュータネットワーク機器の開発会社の製品群で、LInux同様に、こちらもインフラエンジニアとして活躍する現場において、触れる機会が多い製品となります。

資格の難易度としては、入門レベルの「エントリー」から最高峰の技術レベルを証明する「アーキテクト」まで用意されており、習得レベルに合わせて試験を受けることが可能です。

MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)

MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)

Microsoft製品の開発に関わる技術レベルを認定する資格試験です。

Microsoftのインフラ関連の製品としては、Microsoft Azure、Windows Serverなどがあり、それぞれのサービスや製品についての技術力を認定する資格が用意されています。また、難易度としては、初めて使う人向けのFUNDAMENTALS 認定資格から上位のEXPERT 認定資格まで各種揃っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インフラエンジニアになるために、資格は必須ではありませんが、資格取得の過程を通じて、体系的に必要な知識を学ぶことができることを解説しました。

また、おすすめの資格についてもご紹介していきました。

インフラエンジニアは関わる製品やサービスの種類が様々あるため、あなた自身がインフラエンジニアとしてどの様なキャリアアップがしたいかを明確にした上で、資格取得を検討すると良いでしょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー