Webデザインの仕事につくために覚えるべき言語+おすすめ勉強法まとめ

Webデザインの仕事につきたいんだけど、
言語って何を覚えておけばいい?

そもそもWebデザインをするのに、
言語って必要なの?

初心者からWebデザイナーを目指している方の中には、こんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Webデザインの仕事そのものには言語は使いませんが、Webサイト制作はチームで行っていくもの

プログラマーにWebサイトの制作(コーディング等)をスムーズにやってもらうためにも、近年はとくにWebデザイナーにも言語の知識が求められるようになってきました。

そこでこの記事では、Webサイト制作の仕事においてより人材価値の高いWebデザイナーを目指すあなたのために

  • Webデザインの仕事を獲得するために覚えておくべき言語
  • その言語のおすすめ勉強法

主に上記2点を解説します。

そもそもWebデザイナーの仕事とは?

画像:Shutterstock

まずはWebデザイナーの業務内容について軽く触れておきたいと思います。

Webデザイナーとは、企業・個人問わずクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当する仕事です。

Webサイトの構成とレイアウト(ワイヤーフレーム)の作成や、「Illustrator」や「Photoshop」などのデザインソフトを使ってサイトの配色やロゴ・アイコンの作成・配置なども行います。

まとめると、Webサイトの見た目のデザインを作る仕事といえます。

Webデザインの仕事にも「言語」が必要な3つの理由

画像:Shutterstock

Webデザイナーの仕事内容を見ると、一見「Webデザインの仕事には言語は必要ないんじゃない?」と思われがちです。

しかし実際のところ、近年のWebデザイナーには言語のWebサイト制作に用いる言語のスキル・知識も必要なのです。

理由1:Webにはデザインの限界があるから

チラシなどの紙面デザインとWebデザインには大きな違いがあります。

印刷物は見た目のデザインほぼそのままを印刷できますが、WebデザインはHTMLCSSなどの言語を用いてWebブラウザ上で見える形に仕上げなければいけません。

Webブラウザ上で表現が難しいデザインを作ってしまうと、修正の手間がかかり、最悪の場合は1から作り直しということもあります。

逆にHTML・CSS等の言語の知識・スキルを持っていれば、予めWebブラウザ上で表現可能な形でデザインをすることができ、開発がスムーズに進みます。

理由2:動きまでデザインするから

最近、ホームページからブログまで、Webサイト上では「動き」のあるデザインが当たり前になっています。

画面をスクロールすると文字がふわっと表示されたり、写真が切り替わったり等がその例ですが、こうしたWebサイト上の動きを考えているのもWebデザイナーです。

こうした動きをデザインするためには、そもそもプログラミングでどこまで表現できるのか、どのような技術を使えば実現できるのかがわかっていないとできません。

理由3:コーディングの手が足りていないから

最後の理由はHTML・CSSを使ってWebサイトを作る「コーディング」の作業をする人手が足りていないということが挙げられます。

そのため、このコーディングの作業はフロントエンドエンジニアだけでなくWebデザイナーが担うことが増えており、実際にWebデザイナーの求人案件にも求めるスキル欄に「HTML・CSS」を挙げる企業も少なくありません。

現在コーディングのできるWebデザイナーはそれほど数がいるわけではなく、非常に重宝される人材ですので、HTML・CSSを使えるだけで人材価値が高くなり、かつディレクターというより上流の職種へのキャリアアップにも役立ちます。

Webデザインの仕事を獲得するために覚えておくべき言語

画像:Shutterstock

上記のように、WebデザイナーでもWebデザイン・制作に用いる「言語」を覚えておくのは非常におすすめ。

というわけで、ここからはWebデザインスキルと合わせて覚えておくべき言語を4種類ご紹介していきます。

HTML(サイトの骨組みとなる基本の言語)

HTMLとは、Hyper Text Markup Languageの略で、スマホやPCでみている画面を作るのに用いられる基本中の基本となる言語です。

人間にたとえれば「骨格」の役割を担う言語で、文字や写真などをサイト上に配置するために使用されるので、これがなければ始まりません。

後述するCSSとセットで用いられ、見た目にもわかりやすい記述をするため、初心者でも比較的簡単に習得することができます。

※HTMLについて詳しくは以下の記事をどうぞ。

HTMLとは?初心者でも分かる基礎知識から書き方まで詳しく解説
更新日 : 2020年6月22日

CSS(サイトを装飾するための言語)

CSSとは、Cascating Style Sheetsの略で、HTMLとセットで用いられ、同じく基本中の基本となる言語です。

こちらは人間に例えれば「皮膚」の役割があり、サイト上の文字の色を変えたり、背景の色やデザインを変えたりと「Webサイトの装飾」を担っています。

HTMLと同じくコードの記述もわかりやすく初心者でも割合簡単に習得可能です。Webデザインには絶対に欠かせない言語です。

※CSSの詳しい説明・HTMLの関連性については以下の記事をどうぞ。

HTML/CSSとは?初心者向けの基礎知識と学習サイト5選
更新日 : 2020年7月15日

JavaScript・jQuery(サイトに動きをつける)

JavaScriptはWebサイトに「動き」を簡単に加えることができるプログラミング言語。そしてjQueryとは、JavaScriptを使いやすく発展させた技術のこと。

先述の、画面スクロールに応じて文字がふわっと表示されたり、写真が切り替わったり等の動きを手軽に表現することができます。

HTML/CSSを使って記述できるという特徴があり、近年はHTML・CSSと合わせてWebデザインにおける必須のスキルです。

※JavaScript・jQueryの詳しい説明は以下2つの記事をどうぞ。

JavaScriptとは?概要・始め方・将来性を初心者にもわかりやすく解説
更新日 : 2020年7月23日
jQueryとは?JavaScriptとの違いから使い方まで徹底解説【初心者向け】
更新日 : 2020年8月27日

PHP(WordPress制作に必須の言語)

PHPは、Webサービスの開発に特化したプログラミング言語で、中でもWebサイト開発に多く用いられています。

PHPは世界のWebサイトの4分の1以上が制作の際に使っているとされる「WordPress」の開発に用いられている言語であるため、とても重要性の高い存在です。

つまり、WebデザイナーがPHPを覚えればWordPressの開発案件を1人でこなすことも可能です。

しかも普通のWebサイト制作に比べ、WordPress開発案件は単価が高くなりますので、習得しておくことで開発の幅も収入の幅も広がる言語といえます。

※PHPの詳しい説明は以下の記事をどうぞ。

PHPとは? 初心者向け学習方法やPHPエンジニアになる方法を解説
更新日 : 2020年7月15日

Webデザインに必要な言語のおすすめ勉強法3選

画像:Shutterstock

では最後に、上記の言語を習得するためにおすすめの勉強法を3つご紹介します。それぞれの特徴を把握し、あなたに合ったものを選んでみてください。

学習書を使って独学

定番中の定番と言えるのが各言語の学習書を購入して勉強するという方法です。

費用的にも安く済みますし、初心者向けにやさしく書かれた良書もたくさんありますので、今までWebデザインについて触れたことがないという方でも安心です。

以下にそれぞれ言語別に初心者向けのおすすめ書籍をまとめていますのでご参考になさってください。

HTMLのおすすめ学習書

HTMLを学ぶのに最適な本を5冊紹介する
更新日 : 2020年6月19日

CSSのおすすめ学習書

https://www.sejuku.net/blog/1670

JavaScriptのおすすめ学習書

書籍選びで失敗しない!JavaScriptの勉強におすすめの本14選!レベル別に紹介
更新日 : 2020年7月7日

jQueryのおすすめ学習書

【保存版】jQueryの学習本をレベル分け!入門、中級、上級全6冊
更新日 : 2020年7月30日

PHPのおすすめ学習書

【保存版】PHP学習おすすめ本12冊をレベル分け!入門、中級、上級編
更新日 : 2020年7月10日

 

無料学習サイトで独学

2つ目は、プログラミング学習サイトで独学する方法です。

最近は無料でかつクオリティが高い学習サイトが増えており、スライド形式でかつゲーム感覚で学習を進めていくサイトや、3分間の動画でサクッと学べるものまで多数。

必ずあなたにぴったりのものがありますので、以下記事にまとめてあるものの中からピンとくるものを試してみてください。

【2020年最新】プログラミングを独学で学習できる無料サービス19選
更新日 : 2020年8月12日

スクールに通ってプロに習う

独学はついついサボってしまったり、わからないところがすぐ質問できなかったり等、モチベーションの維持が難しいもの。

そんな方はスクールに通って現役のエンジニアの講師に直接習う方法がおすすめです。

スクールの受講料金は決して安くない金額ですが、実際の開発現場で役立つ知識やスキルを最短で身に着けることができ、かつ就職・転職サポートまでしてくれます。

言語の習得から仕事の獲得まで最短で目指したいという方は、以下記事を参考にし、まずがスクールの無料体験を申し込んでみましょう。

Webデザイン+αが習得できるスクールおすすめ5選【就職支援付き】
更新日 : 2020年1月22日

まとめ

現代のWebデザイナーは、言語を用いてWebサイトを制作することから逆算したデザインが求められています。

今回ご紹介した言語とその勉強法を参考に、ぜひ最短であなたに合ったWebデザインの仕事を見つけてください。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。