【入門者必見】Swiftを学ぶメリットやできることを徹底解説!

こんにちは!侍ブログ編集部(@samuraijuku)です。

これからプログラミングを学んでいこうとしている方の中には、「Swift」を習得してみたいという方も多くいると思います。

Swiftは、Appleが2014年に発表したまだ新しいプログラミング言語なのですが、ここ数年人気が高まってきています。

ただ、Swiftを学習し始める前に、Swiftにはどんなメリットがあって、どのような人が学ぶべきなのか?とったところも気になるところですよね。

そこで今回は、Swiftを学習するメリットやできること、学ぶべき対象者などを初心者の方でもわかりやすいように簡単に説明していきます!

Swiftを学習する前には是非とも目を通しておいて欲しい内容なので、参考にしてみてください。

【こんな方に向けて書きました】
・iPhoneアプリを開発したい
・いま学ぶべきプログラミング言語を決めかねている
・Swiftで何が出来るのかを知っておきたい

Swiftを学ぶメリットは?

shutterstock_453749929

他のエンジニアと差をつけやすい

Swiftが発表されたのは、2014年の6月とまだその歴史は浅いです。

なので、Swiftでつくられたプログラムは世の中にまだあまり出回っていません。

既存の言語であれば、経験と実績のあるベテランの方にに優位となる条件が多いのも仕方ありません。
しかし、Swiftは登場してまだ間もないので、誰もが学び始めの初心者ということになります。

なので、いち早く習得に向けて動き出すことで、他のエンジニアと差をつけることができます。

Swiftを扱えるエンジニアの数もまだまだ足りていない状況なので、Swiftエンジニアの単価や年収なども、他のプログラミング言語のエンジニアに比べて上がっていくことが予想されます。

職に繋げやすい

Swiftで就職できる企業はまだ多くはないかもしれませんが、Swiftを使えるエンジニアも少ないので競争率は低いです。

また、まだ使いこなせる人も少ないため、求められる技術レベルもそこまで高くありません。

さらに、Swiftを使用する企業は新しい技術を取り入れようという風潮があるので、技術より学習意欲や積極性などの人間性が重要視される傾向があります。

大企業ではなく、中小企業やベンチャー企業が採用していることが多いので、Swiftの方が就職しやすいといえます。

加えて、Swiftは「Xcode」さえ使いこなせればMacアプリ、iPhoneアプリ、Apple Watchアプリなど様々なアプリを作ることができます。

企業はほとんどがXcodeを使って開発を行っているので、Xcodeが使えればどの企業でも通用します。

そのため、就職できる企業の幅が広がり、自分の行きたい企業や仕事に就ける可能性も高くなります。

言語として優れている

Swiftは、言語自体としても大変優れています。

「コードが書きやすく読みやすい」ようなモダン設計になっているので初心者にもわかりやすく、高速で安全な動作をするようにつくられています。

以前、Swiftが開発される前に現場で使われていた主流言語として「Objective-C」がありますが、SwiftはこのObjective-Cとも互換性があり、一緒に使うこともできます。

なので、現在Objective-Cで開発を行っている人も移行が簡単です。

将来的な安定性が見込める

最近ですが、GoogleとFacebookがSwiftの採用を考えているというニュースが流れました。

The Next Webによると、昨年末にグーグル、米Facebookおよび米Uberの代表者がロンドンで会合を開き、Swiftを巡る今後の3社の動きについて協議したとのことです。
その協議の中でFacebookおよびUberは、今後これまで以上にSwiftを取り込む姿勢であるとし、グーグルについても、両社以上に積極的にAndroid OSへのSwift導入を目指し、“first-class language(第1級言語)” とする姿勢であることが示されたとしています。 / 参照:GGSOKU

このニュースからも分かる通り、世界中の様々な企業がSwiftに注目しています。

SwiftでWEBアプリケーションを開発できる有用なフレームワークやライブラリが充実してくると、「WEBアプリケーションをSwiftで開発する」ということも当たり前になってくるかもしれません。

もしかすると、近い将来Swiftされ覚えればなんでも作れるという時代がやってくるかもしれません

まだ歴史も浅く、案件数が少なかったりしますが、これからSwiftの仕事はたくさん増えると予想されます。

なので、Swiftの将来的な安定性は間違いなく高いと言えるでしょう。

Swiftでできることは?

shutterstock_128343053

iPhone・iPodtouch・iPadアプリが作れる

「iPhone・iPad」のアプリを作ることができます。

iPhoneで動くアプリであれば、iPodtouch上でも動作します。

iPhone専用やiPad専用として作ることもできますし、iPhone、iPadの両方に対応したアプリを作ることもできます。

Apple watchアプリが作れる

近年話題の「Apple watch」のアプリも作れます。

身につけて持ち歩くことができるコンピューターである「ウェアラブル」という新しいジャンルはまだまだ発展途上なので、チャンスがたくさん眠っていますね。

Apple TVアプリが作れる

「Apple TV」は、映画や音楽、ゲームなどをTVの大画面で楽しめる製品です。

MacやiPhone内に入っている写真や動画、またはYoutubeやHuluといった動画配信サービスを自宅のTV画面で鑑賞することができます。

WEBアプリケーション・WEBサーバーが作れる

WEBアプリケーションはよく、Java、Ruby、Pythonなどで作られていますが、Swiftで作ることもできるようになりました。

合わせてWEBサーバーも作ることができるようになったので、通信が発生するアプリを作る場合に非常に効率がよくなりました。

なぜなら、これまではアプリはObjective-Cで開発、WEBサーバーはRubyで作るといったように、2つの言語を使用する必要があったからです。

SwiftではWEBアプリ、WEBサーバーの両方を作ることができるようになったため、この問題が解消されています。

WEB開発でも主にSwiftを使って行う時代がくるのは近いかもしれないですね。

Swiftを学ぶべき対象者は?

shutterstock_384384583

将来性の高さや学びやすさなどで人気のSwiftですが、どのような人が学習するべきかを整理すると、

  • プログラミング初心者の人
  • iOSなどのApple系アプリを作りたい人
  • 高単価エンジニアになりたい人

といったようになります。

Swiftは、「読みやすく書きやすい言語」なのでプログラミング初心者の人にはぴったりの言語ですし、iOSアプリだけでなく、AppleWatchアプリなども作ることができます。

「Objective-C」から「Swift」に移行するプロジェクトなどが徐々に進んでいるため、これから需要とともに年収なども伸びてくることが期待されている、注目の人気急上昇プログラミング言語といえるでしょう。

Swiftの難易度や習得方法


画像:shutterstock

ここまでの説明で分かる通り、Swiftはこれからますます注目されていく言語なので、是非とも習得したい!と思っている人が多いのではないでしょうか?

そこでSwift習得にあたっての難易度や習得方法を紹介したいと思います。

難易度は普通

前述の通り、Swiftは読みやすく書きやすい言語です。その点だけを見ると、難易度は低いと思われる方も多いかと思います。

しかし冒頭でも言った通り、Swiftはまだ世に出て間もない言語なので、まだ情報があまり出回っていません。その点だけを汲み取ると難易度は少し高いと言えるかもしれません。

つまり、言語としては書きやすいが、情報が少ない分難易度が上がる=難易度は普通というのが結論です。

Swift入門完全ガイド | 基礎学習から応用までのやり方まとめ
更新日 : 2019年6月22日

Swiftを習得するなら独学?スクール?

では、Swiftを習得するなら独学とスクールどちらがいいのでしょうか?

プログラミング経験者からすれば、Swiftは比較的書きやすい言語なので独学でも習得は十分に可能と言えます。少ない情報でも手探りでやっていけそうな人や情報リテラシーがある方は、学習サイトや書籍などをうまく活用していきましょう。

Swiftの学習を無駄なく効率的に!サイトや本など5つの方法まとめ
更新日 : 2019年5月21日

一方、初心者の方がSwiftを学習する場合、学習サイトで基礎を学びつつ、プログラミングスクールに通うことをオススメします。

プログラミング学習ではエラー解決に多くの時間が取られます。メジャーな言語であれば、エラーが起こった際も情報が見つかりやすいのですが、Swiftはまだ情報量が少ないので、つまづいた時に解決策が見つからず、そのまま挫折してしまう可能性が非常に高いからです。

なので、初心者の方はスクールに通って学習するといいでしょう。Swiftを学べるプログラミングスクールはいくつもありますが、フルオーダーメイドカリキュラムによって最短でSwiftを習得できる弊社「侍エンジニア塾」をオススメします。

通常のスクールでは既存のカリキュラムに沿って学習を進めていくことがほとんどなので、自分の理想や目的と少なからずズレが生じてしまう可能性があります。

しかし、弊社ではあなたの理想や目的をヒアリングした上で、あなただけのオリジナルのカリキュラムを作成するのでズレが生じることはありません。Swiftを学ぶにも最適な環境になっています。

少しでも興味がある人は、まずは無料体験レッスンを受講してみてはいかがでしょうか?

学習の流れや雰囲気を掴めることはもちろん、あなたにぴったりの学習プランや仕事獲得までの流れなどもレクチャーさせて頂きます。下記のカレンダーから直接ご予約が可能となっているので、まずはお気軽にご相談ください。

言語選定に悩んでしまった人は..

自分が学ぶべき言語はSwiftでいいのかな..
言語選定に悩んできた!

Swiftももちろん魅力的な言語ですが、自分が作りたいものや理想の姿などがまだ不明確な人は、どの言語を習得するのがいいのか分からなくなりますよね。

そんな方は、まずはあなたに最適な言語や学習プランがわかる無料診断アプリ」を使ってみましょう。

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの言語、あなたに最適な学習プランなどがわかりますよ。1分程度で終わるので、まずは診断してみてください。

さっそく診断してみる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Swiftを習得するメリットやSwiftでできること、どのような人が学習するべきかなどをご説明してきました。

学びやすく、職への繋がりや将来性も高いSwift。

この機会にぜひ学習にとりくんでいただいて習得してみてください。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説