スライドショースライドショースライドショー

CSSでできることは何?具体例から役立つスキルまで解説

Web制作に必須 CSSでできること、その魅力

こんにちは! CSS大好きライターのナナミです。

Webサイトを作ろうと思って色々調べていると、必ずと言っていいほど出てくるCSSですが、一体何ができるのか根本的なことまで解説していたりしていなかったり……お困りになっているのではないでしょうか?

今回はややこしいコードの説明などはぜーんぶ抜きにして、CSSでできることにガッツリ注目! CSSの魅力を存分にお伝えしていこうと思います。

Webサイトを作るならば、CSSは必須知識。どんなものが作れるのかなども紹介しているので、CSS学習のモチベーションにしていただけると幸いです!

CSSって何?


画像:Shutterstock

CSSは、「Cascading Style Sheets」の略で、HTMLの要素に装飾を付け、見た目を美しくするものです。

プログラミング言語と勘違いされがちですが、実はプログラミング言語ではなく、スタイルシート言語という種類になります。

CSSはとにかくデザインを表現するのに特化した言語です。Webサイトはデザインの美しさが超重要なので、Webサイトを作るならば絶対に知っておかなければなりません。

更にデザインはただの美しさだけではなく、要素の意味を明確にする目的もあります。

例えば下記の2つ、どちらがクリックできそうに見えますか?

侍エンジニア塾の
サービス詳細を見る

実は両方とも同じページにリンクしているのですが、普通のテキストと同じだとそうは思わないですよね。一方ボタンのような見た目になっていると、「これは移動するボタンだ」とぱっと見で判断することができます。このようなデザイン的な使いやすさをUI(ユーザーインターフェース)といいます。

このUIを実現し、より使いやすいWebサイトに仕上げることができるのが、CSSです。

CSSとは一体どんなものなのか、もっと詳しく知りたい方は下記の記事をどうぞ!

CSSとは何かがたった5ステップでわかる初心者のための取扱説明書
更新日 : 2019年10月11日

CSSでできること


画像:Shutterstock

ここからは、CSSでできることを更に詳細に解説していきましょう!

Webサイトを美しく装飾できる

CSSの一番キモとなる部分は、見た目を整えることです。

チラシとかでも、ただ文字がズラーッと並んでいるより、色をつけたり文字にメリハリを付けたほうが目を引きますよね。

そして何より、色や文字のレイアウトは情報の印象にも影響します。カフェのWebサイトならばそのコンセプトに合わせたデザインを、企業サイトならばカッチリとしたデザインにすることで、言葉では伝えきれない情報を伝えることができます。

視覚的に情報補正をしてくれるデザイン、それを実現してくれるのがCSSです。

アニメーションを作れる

2019年現在主流となっているのは、CSS3という種類のCSSです。このCSS3は、今まで難しいプログラミングをしなければ実現できなかったアニメーションの一部を、簡単に実現できるすぐれものです。

Webサイトにアニメーションを付けることで、より表現を豊かにすることができます。例えば、下記のようにボタンにマウスオーバーするとペコっとへこんだり……ちょっとかわいいし、ボタンらしい動きによって更にUIを高めることができます。

マウスオーバーすると
ちょっと押したみたいな感じに

他にもいろんな動きをつけることができます。下記の記事で色々紹介しているので、ちょっと覗いてみてください。

JavaScript不要!CSSだけでアニメーションを作る方法
更新日 : 2019年7月30日

HTMLをシンプルにできる

CSSは、必ずHTMLとセットで使います

HTMLは文字や画像を表示するための言語なのですが、過去はデザインを整えるためにも使われていました。そのため、HTMLのソース自体がとても複雑になってしまっていたのです。

しかし現在は装飾は全てCSSで行なうのが一般的となりました。これによりHTMLには要素を正しくタグ付して整理するという役割に専念できるようになり、ややこしい記述が不要となりました。

結果、HTMLを編集するときに「ぐちゃぐちゃで意味分かんない!」というストレスが無くなり、メンテナンス性が向上しました。

CSSはデザインさえ定まればあんまり書き換えることはないのですが、HTMLは情報更新のために書き換えることが多いので、かなり便利になったと言えますね!

CSSを覚える必要がある職業

Webサイトを作るのに必須となるCSSは、Webに関わるあらゆる職業に必須の知識でもあります。具体的な例を見ていきましょう。

コーダー

コーダーとは、HTML・CSSを駆使して、デザインをもとにWebサイトをコーディングする職業です。

メインの業務がWebサイトのコーディングなので、CSSが必須なのは説明するまでもありませんね。

フロントエンドエンジニア

コーダーの更に上、Webサイトの機能的なところをプログラミングを使って作成するのが、フロントエンドエンジニアです。

基礎的な知識はコーダーと同じくHTML・CSS、更にプログラミングの知識が必要になります。

こちらもWebサイトに関わるので、当然CSSは必須になります。JavaScriptをガッツリ使って、CSSを書き換えたりすることもあります。

ちょっとコーダーとの違いがわかりづらいかもしれませんね。下記の記事で違いを比較しているので、併せて読んでみてください。

フロントエンドエンジニアとコーダーの違いを業務と収入で徹底比較
更新日 : 2019年7月18日

Webデザイナー

デザイナーにコードの知識が必要なの? そう思うかもしれませんが、最近のWebデザイナーはコーディングスキルも必須なので、CSSの知識が必要になります。

特にWebデザインは、チラシのデザインなどのように、デザインをそのまま印刷したりするわけではありません。デザインを元にリンクや動きを入れ、Webサイトとして作る必要があります。そう、コーディングで再現ができるデザインを作る必要があるのです。

となると、コーディングの知識がなければ、再現できるデザインを作ることは難しくなりますよね。Webデザインのレベルを高めるためにも、CSSの知識は重要なのです。

CSSで作れるモノの具体例

最後に、CSSで作れるモノを具体的にご紹介していきましょう。

ボタン

この記事でもちょいちょい紹介していたボタン、全てCSSで作られています。

侍エンジニア塾の
サービス詳細を見る

他にも下記のような丸いボタンも作れるし、マウスオーバーしたときの動きを変えたりもできます。

下記の記事で要素を丸くする方法と一緒にこのボタンのソースも紹介しているので、よかったら使ってみてください。

CSSのborder-radiusで要素を角丸にする方法
更新日 : 2018年11月27日

グラデーション背景

2017年あたりから流行り始めたグラデーションの背景、実はアレもCSSだけで作れちゃいます。

可愛らしいふわっと系デザインから、ミステリアスなカラーリングまで思いのまま!メインビジュアルなどに使えば、インパクトは絶大です。

下記の記事でいろんなパターンを紹介しているので、こっちもぜひ見てみてください。

もう悩まない!CSSグラデーション活用法とサンプルまとめ
更新日 : 2018年11月27日

カードのようなデザイン

最近、下記のようなデザインをよく見かけたりしませんか?カードのようなデザインで素敵ですよね。

これはGoogleが発表したデザインフレームワーク(デザインの決まりごとのようなもの)であるマテリアルデザインのCardという見せ方です。ただ要素が並んでいるよりも、クリックしたら何か動きがありそうに見えませんか?

このように、影の付け方や角丸を組み合わせることで、UIの高いデザインを実現することができるのです。

プラスアルファでできることが増える!

CSSだけでもデザインの再現は十分に可能です。アニメーションも最低限は実現することができるでしょう。

しかしCSSのアニメーションは、要素にマウスオーバーしたときなど一部の条件でしか動かすことができません。更に細かい条件や動きをつけるには、JavaScriptを組み合わせる必要があります。

JavaScriptを組み合わせると、こんな感じの動きを実現することが可能になります!

See the Pen js-scroll1 by 河野七海 (@kouno73) on CodePen.0

最近よく見る、ページTOPに戻るボタンですね。ボタンの見た目は当然CSSで整えており、そこにJavaScriptで動きを付与しています。

こんな感じでJavaScriptを使えるとWebサイトの表現の幅をぐんっと広げることが可能なのです!

JavaScriptでできることは下記の記事で色々紹介しているので、ぜひこちらも読んでみてくださいね。

初心者必見!JavaScriptでできることと作れるものってどんなもの?
更新日 : 2019年9月11日

まとめ

CSSは単体で使うことはありませんが、Webサイト制作においてなくてはならない重要な存在です。

いろんな記述を組み合わせることで、いろんな見た目を実現することができるCSS。ぜひ色々試して、素敵なWebサイトを作ってみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナナミ

ナナミ

1991年生まれ。
文系大学卒業後、フリーターを経てフロントエンジニアになる。
HTML、CSS、 jQueryなどのコーディングやCMS設計に従事。
文系からエンジニアを目指す人にもわかりやすい記事を目指して、日々精進中。
体は日本酒でできている。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説