超効率的なプログラミング勉強法!現役エンジニアが教える上達のコツ

プログラミングの勉強法が知りたい
プログラミングを挫折せずに習得したい

プログラミングを勉強したい方のなかには、このように考える方も多いでしょう。

そこでこの記事では、プログラミングの勉強法を「学習ツール」と「言語別」に解説します。さらに、挫折せず勉強を継続するコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングの勉強法【学習ツール別】

プログラミングの勉強法

画像:プログラミングの勉強法
プログラミングの勉強法はたくさんありますが、自分に合った方法を選択することが長続きするコツです。

そこでここからは、学習ツール別の勉強法として以下の4つを解説します。

  • 本で勉強する
  • ノートで勉強する
  • アプリで勉強する
  • 学習サイトで勉強する

コードを写経して勉強する

プログラミングの勉強法として、本の教材や実際のWebサイトなどのコードを写経する方法があります。

学校の勉強でも漢字や英語を覚えるときは写経して覚えることが多いですが、プログラミングも正確に動くコードを真似して書き写すことで基礎的な文法を覚えることが可能です。

写経はすぐにでも開始できる勉強法であり、コードの通り打ち込むだけで正確に動くシステムを自作することができます。

写経の勉強法については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてください。

プログラミング上達の近道は写経!やり方とおすすめサイトの紹介
更新日 : 2020年6月19日

本で勉強する

本で勉強する

画像:本で勉強する
プログラミングの勉強法として、本で勉強する方法があります。本を使った勉強は独学では一般的で、1冊2,000~3,000円ほどで準備できるので始めやすいのがメリット。

プログラミングが勉強できる本はたくさんありますが、今回はおすすめの本を2冊ご紹介します。

1冊目は「Webエンジニアの教科書」です。


この本は、Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強する方におすすめの本といえます。Ruby on Railsやフロントエンド、データベースの使い方などWeb開発で必要な知識を得ることが可能です。

2冊目は「HTMLとCSSで基礎から学ぶWebデザイン」です。


この本は、プログラミング初心者におすすめの1冊で、HTML・CSSというWebデザインを担う言語を学べます。HTMLやCSSの使い方はもちろん、Webデザインの考え方なども解説されているため、WebデザイナーやWeb開発に興味がある方におすすめです。

上記でご紹介した2冊を含め、プログラミングが勉強できる本は以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【初心者向け】プログラミング入門書としておすすめの本9冊
更新日 : 2021年8月3日

ノートを使って勉強する

プログラミングの勉強法として、ノートを使って勉強する方法があります。

プログラミングを効率的に学びたいなら、勉強しつつ見直したいところやポイントになる用語・概念をノートにまとめておくのがおすすめ。

ノートにメモを作成しておくことで、次にコードを書くときや実践時に見直すことができます。また、理解したことを文字に起こしてアウトプットすることで、より頭に残りやすいメリットもあります。

ノートにメモを取ることの大切さは以下の記事でも詳しく解説されているので、参考にしながらメモを取ってみてください。

プログラミング学習を3倍加速!エンジニアの『メモ』の作り方
更新日 : 2021年11月17日

アプリで勉強する

アプリで勉強する

画像:アプリで勉強する
プログラミングの勉強法として、アプリを使う方法もあります。

プログラミングを習得したい方のなかには、勉強時間がなかなか取れない方もいるでしょう。アプリを使えば、スマホやタブレットがあれば外出先や通勤・通学時など短い時間でも勉強できます。

スキマ時間に学べるので、手軽に継続できるのはアプリの大きなメリットです。

ちなみに、プログラミングが勉強できるおすすめアプリの1つに「Progate(プロゲート)」があります。

Progateは取り扱っている言語が多く、無料で学べる範囲も広いアプリ。イラスト形式で分かりやすいですし、実際にコーディングをしながら学べるので初心者の方にも向いています。

おすすめアプリについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ他のアプリもチェックしてみてください。

子供向けのプログラミング学習アプリおすすめ11選【選び方も紹介】
更新日 : 2021年11月17日

学習サイトで勉強する

プログラミングの勉強法として、学習サイトで勉強する方法があります。

先ほどアプリで勉強する方法を解説しましたが、アプリと同様にすぐに勉強を始められるのが長所。学習サイトは無料で学べるところも多いですし、一部有料コースでも月々1,000円程度で勉強できるのですぐに勉強を始めたい方には良いでしょう。

ちなみに、有名な学習サイトとしては

などがあります。

以下の記事でそれぞれの特徴を詳しく解説しているので、ぜひ合わせて確認してみてください。

専門家が選ぶプログラミング学習サイトおすすめ20選【無料&有料別】
更新日 : 2021年12月1日

プログラミングの勉強法【言語別】

プログラミングの勉強法

画像:言語別プログラミングの勉強法
プログラミングの勉強法は複数ありますが、プログラミング言語別に適した勉強法があります。

そこでここからは、プログラミングの勉強法を

  • C言語
  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • JavaScript
  • Swift

の7つに分けて見ていきましょう。

アプリ開発ができる【C言語】の勉強法

【C言語】の勉強法
画像:【C言語】の勉強法

「C言語」はプログラミング言語のなかでも古くからあり、アプリ開発でよく利用されている言語です。古参の言語なので、日本の多くのIT企業で採用されています

C言語を勉強する場合、以下の手順で勉強するのがおすすめです。

  • 学習スライドで基礎を勉強する
  • 無料Webサイトで勉強する
  • 本で勉強する
  • 環境構築をして実際にコードを作成する

C言語を学習する場合、最初は学習スライドやWebサイトを活用して基礎からスキルを身につけると、次の段階に進んだときに挫折しにくくなります。基礎が学べたら本でもう少し応用的な知識を学び、ある程度学べたら実際にコードを書いてアウトプットするのが大事です。

汎用性が高い【Java】の勉強法

【Java】の勉強法
画像:「Java」の勉強法

汎用性が高く、アプリや基幹システム、ソフトウェアまで様々な開発に用いられる言語「Java」の勉強する場合、まずは基礎文法から勉強するのがおすすめです。

Javaを勉強する際には、以下の手順で勉強すると良いでしょう。

  • 動画学習サイトで勉強する
  • 入門向け本で勉強する
  • 実際にコードを書いて勉強する

いきなり難しいことから学び始めても挫折の原因になるので、最初は動画やイラストなど初心者でも理解しやすいサイトで勉強するのがおすすめです。

基礎が勉強できたら、本を使って本格的にスキルを身につけましょう。サンプルコードを写経するとアウトプットができるのでおすすめです。

一通り学べたら、コードを書いて実際にシステムを作成してみましょう。システム開発を通して、開発手順やエラーを解決する方法なども学べます。

Webサイト作成時に役立つ【PHP】の勉強法

【PHP】の勉強法

画像:【PHP】の勉強法
Webサイト作成時に役立つ言語であり、サーバー側で動作する仕組みを作れる言語「PHP」を勉強する際には、勉強する目標をしっかり決めたうえで、以下の手順で勉強するのがおすすめです。

  • 無料学習サイトで勉強する
  • 本で勉強する
  • アプリで勉強する
  • 実際にWebサービスを作成してみる

無料学習サイトや本はここまでで解説した通り、初期費用が少ないので始めやすいので初心者にも向いています。

また、最近ではアプリで勉強できる「Progate」などもあるので、働きながらやスキマ時間に勉強することも可能です。特に、PHPは文法は比較的簡単な言語なので、少しずつ勉強すれば習得しやすいといえます。

Webアプリ開発が強み【Ruby】の勉強法

【Ruby】の勉強法

画像:【Ruby】の勉強法
Webアプリ開発に便利で、サーバーを操作する処理で使用される言語に「Ruby」がありますが、Rubyを勉強する際には実践することが大事です。

手順としては、以下がおすすめです。

  • 本やWebサイトで基礎を勉強する
  • 開発環境(Cloud9など)を作成する
  • 実際にアプリを作成してみる

本やWebサイトで基礎を勉強することは大事ですが、やはり実際にコードを書く経験を増やすのは大事です。

Rubyの開発環境はWindowsでは構築しにくいので、Cloud9というツールを使ってアプリ開発をスタートすると良いでしょう。

AIや機械学習開発が得意【Python】の勉強法

【Python】の勉強法

画像:【Python】の勉強法
AIや機械学習開発によく利用される言語で、文法の難易度が低めであることから初心者にも人気の「Python」を勉強する場合、サンプルコードや本などを使って基礎を学んだらアウトプットをするのが大事です。

勉強方法としては、以下の3つがあります。

  • 入門本で勉強する
  • Webサイトで勉強する
  • 企業やスクールで勉強する

Pythonはプログラミング言語のなかでも文法が簡単と言われており、基礎は本やWebサイトでも勉強しやすいです。

ただ、PythonはAIや機械学習といった難易度の高い開発現場で使用されるため、実際にエンジニアになるならネットワークやクラウドなど専門知識が必要となります。そのため、独学以外にも企業やスクールで実践的な勉強し、現場で必要なスキルも一緒に身につけるのもおすすめです。

Webサイトに動きを与える【JavaScript】の勉強法

【JavaScript】の勉強法

画像:【JavaScript】の勉強法
Webサイトに動きを与える言語であり、スライド画像や広告表示機能などが作成できる「JavaScript」を勉強する場合、ある程度基礎が理解できたら実際にWebサイトを作成してみるのがおすすめです。

勉強方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • Webサイトで勉強する
  • 本で勉強する
  • 実際にコードを作成して実践経験を積む

JavaScriptはWebサイトのなかでも、HTMLやCSSなどブラウザ側で動作する言語です。そのため、開発環境が不要でブラウザとテキストエディタだけあれば実行できます。

すぐにアウトプットできるので、基礎を学んだら実際にサンプルコードを実行したり、自分でWebサイトを作成してみるのがおすすめです。

iOSやMacOSアプリ開発に使う【Swift】の勉強法

【Swift】の勉強法

画像:【Swift】の勉強法
「Swift」はあまり聞きなれない言語かもしれませんが、iOSやMacOSアプリ開発に使用されています。

Swiftはアップル社が開発した言語で、今後さらに需要が高まることが期待できる言語です。

Swiftの勉強法は、以下の手順が一般的。

  • Webサイトや本で基礎を勉強する
  • Xcodeの使い方を勉強する
  • 実際にアプリを作成する

Webサイトや本で基礎を勉強するのは他の言語と同じですが、Swiftの場合はXcodeというツールを扱うため言語の勉強と合わせてXcodeの使い方も勉強が必要です。XcodeはSwiftの参考本やWebサイトで学べるので、言語と合わせて習得しましょう。

著名人がおすすめするプログラミング勉強法

著名人のおすすめ勉強法

画像:著名人のおすすめ勉強法
ここまでで、プログラミング勉強法をご紹介しましたが、実は著名人もプログラミングの習得をおすすめしており勉強法についても言及しています。

例えば、「2ちゃんねる」の開設者であるひろゆき氏はプログラミングの勉強法について、参考書を一通り読んだうえで動いているWebサイトがどのように動いているのか理解するのが大事だと主張しています。

また、Webサイトの仕組みが分かったら、実際にWebサイトを作成しながら勉強するのが良いと言及していました。さらに、Webサイトを作成する際には、完成像があってそれを作成するために試行錯誤しながらプログラミングを習得していくのがポイントのようです。

ひろゆきさん、ラクして稼ぐにはどうすればいいですか? @hirox246

他にも、実業家であるホリエモン氏はおすすめのプログラミング勉強法として、何でもいいので自分が作ってみたいサービスを作るために勉強するのがおすすめと主張しています。

ホリエモン氏自身プログラミングを習得した経験があり、本に書いてあるサンプルコードを真似することから初め、少しずつアレンジしながら実践力を身につけると良いそうです。

堀江流!?プログラミング初心者におすすめの勉強方法

このように、著名人もプログラミングの勉強法を発信しているケースもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングの勉強を挫折しないコツ

挫折しないコツは3つ

画像:挫折しないコツは3つ
プログラミングの勉強法はたくさんありますが、何も考えずに勉強していると挫折する原因になることもあります。

そこでここからは、プログラミングの勉強を挫折しないコツをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強する目的を明確にする

プログラミングに挫折しないためにも、勉強する目的を明確にする必要があります。

勉強する目的が曖昧だと、分からないところがでてきたときに挫折しやすいですし、モチベーションを保つのが難しいです。勉強開始前に目標を決めて、目標に向けて計画的にスタートするのが良いでしょう。

少しずつ勉強内容をレベルアップする

レベルアップは少しずつ

画像:レベルアップは少しずつ
プログラミングに挫折しないためにも、少しずつ勉強内容をレベルアップするのが大事です。

プログラミングの勉強を始める際、いきなり難しい内容を勉強しようとする方もいますが、無理に難しい内容からスタートすると挫折の原因になります

初心者であれば、初心者向けの本やWebサイトからスタートして、少し楽に進められるくらいの内容で留めておくのがおすすめです。プログラミングを勉強する際には、自分に合ったレベルの分かりやすい内容を勉強するようにしましょう。

質問できる環境を見つける

継続してプログラミングを勉強するには、質問できる環境を見つけることが大事です。

勉強をスタートし始めには分からないことが多いので、その都度分からないところを質問できる相手を見つける必要があります。

勉強会やセミナーなどで質問・相談できる人を見つけることができますが、確実に質問したいならスクールに通ってメンターに頼るのがおすすめです。ぜひ、早めに質問・相談できる人を見つけて、効率的に勉強を進めるようにしましょう。

まとめ

今回は、プログラミングの勉強法をツール別・言語別に解説しました。

プログラミングは基本的には

  • 本やWebサイトで勉強する
  • コードを書いて実践的に勉強する
  • 企業やスクールで開発経験を積む

など知識の勉強と実践を通した勉強をする必要があります。

プログラミングの勉強法はたくさんありますが、自分に合った勉強法を選択することで長続きしやすいです。ぜひ、自分に合った勉強法を早めに見つけてみてください。

Writer

侍エンジニア編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close