超効率的なプログラミング勉強法!現役エンジニアが教える上達のコツ

プログラミングの勉強法が知りたい
プログラミングを挫折せずに習得したい

国内におけるIT人材の不足が深刻化していることもあり、ITエンジニアといったプログラミングスキルがある人材の需要は増し、他の職種に比べ高い報酬を設けるケースが増えてきました。

そんななか、転職や副業での収入獲得に向けたリスキリングを目的に、プログラミングを学びたいと考える人は多いですよね。

ただ、どのような方法でプログラミングを学べばいいのか、イメージが湧かない人もいるはず。

手探りでプログラミングを学び始めては、時間を無駄にしかねません。最悪の場合、勉強の途中で挫折する可能性もあります。

そこで、この記事では「学習ツール」と「言語別」にプログラミングの勉強法を解説します。挫折せずプログラミングの勉強を継続するコツも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の要約
  • プログラミングの学習ツールには本やサイト・アプリなどがある
  • プログラミング言語ごとで勉強法は異なる
  • 「既存サービスをマネる」ことでプログラミングを勉強した著名人も

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

プログラミングの勉強法【学習ツール別】

プログラミングの勉強法

画像:プログラミングの勉強法
プログラミングの勉強法はたくさんありますが、自分に合った方法を選択することが長続きするコツです。

そこでここからは、学習ツール別の勉強法として以下の4つを解説します。

  • 本で勉強する
  • ノートで勉強する
  • アプリで勉強する
  • 学習サイトで勉強する

コードを写経して勉強する

プログラミングの勉強法として、本の教材や実際のWebサイトなどのコードを写経する方法があります。

学校の勉強でも漢字や英語を覚えるときは写経して覚えることが多いですが、プログラミングも正確に動くコードを真似して書き写すことで基礎的な文法を覚えることが可能です。

写経はすぐにでも開始できる勉強法であり、コードの通り打ち込むだけで正確に動くシステムを自作することができます。

写経の勉強法については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してみてください。

プログラミング上達の近道は写経!やり方やおすすめサイトも紹介
更新日:2024年4月29日

本で勉強する

本で勉強する

画像:本で勉強する
プログラミングの勉強法として、本で勉強する方法があります。本を使った勉強は独学では一般的で、1冊2,000~3,000円ほどで準備できるので始めやすいのがメリット。

プログラミングが勉強できる本はたくさんありますが、今回はおすすめの本を2冊ご紹介します。

1冊目は「Webエンジニアの教科書」です。


この本は、Webエンジニアを目指してプログラミングを勉強する方におすすめの本といえます。Ruby on Railsやフロントエンド、データベースの使い方などWeb開発で必要な知識を得ることが可能です。

2冊目は「HTMLとCSSで基礎から学ぶWebデザイン」です。


この本は、プログラミング初心者におすすめの1冊で、HTML・CSSというWebデザインを担う言語を学べます。HTMLやCSSの使い方はもちろん、Webデザインの考え方なども解説されているため、WebデザイナーやWeb開発に興味がある方におすすめです。

上記でご紹介した2冊を含め、プログラミングが勉強できる本は以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【初心者向け】プログラミング入門書としておすすめの本9冊
更新日:2024年5月10日

ノートを使って勉強する

プログラミングの勉強法として、ノートを使って勉強する方法があります。

プログラミングを効率的に学びたいなら、勉強しつつ見直したいところやポイントになる用語・概念をノートにまとめておくのがおすすめ。

ノートにメモを作成しておくことで、次にコードを書くときや実践時に見直すことができます。また、理解したことを文字に起こしてアウトプットすることで、より頭に残りやすいメリットもあります。

ノートにメモを取ることの大切さは以下の記事でも詳しく解説されているので、参考にしながらメモを取ってみてください。

プログラミング学習を3倍加速!エンジニアの『メモ』の作り方
更新日:2024年4月29日

アプリで勉強する

アプリで勉強する

画像:アプリで勉強する
プログラミングの勉強法として、アプリを使う方法もあります。

プログラミングを習得したい方のなかには、勉強時間がなかなか取れない方もいるでしょう。アプリを使えば、スマホやタブレットがあれば外出先や通勤・通学時など短い時間でも勉強できます。

スキマ時間に学べるので、手軽に継続できるのはアプリの大きなメリットです。

ちなみに、プログラミングが勉強できるおすすめアプリの1つに「Progate(プロゲート)」があります。

Progateは取り扱っている言語が多く、無料で学べる範囲も広いアプリ。イラスト形式で分かりやすいですし、実際にコーディングをしながら学べるので初心者の方にも向いています。

おすすめアプリについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ他のアプリもチェックしてみてください。

子供向けのプログラミング学習アプリおすすめ11選【選び方も紹介】
更新日:2024年4月29日

学習サイトで勉強する

プログラミングの勉強法として、学習サイトで勉強する方法があります。

先ほどアプリで勉強する方法を解説しましたが、アプリと同様にすぐに勉強を始められるのが長所。学習サイトは無料で学べるところも多いですし、一部有料コースでも月々1,000円程度で勉強できるのですぐに勉強を始めたい方には良いでしょう。

ちなみに、有名な学習サイトとしては

などがあります。

以下の記事でそれぞれの特徴を詳しく解説しているので、ぜひ合わせて確認してみてください。

【完全無料】プログラミング学習サイトおすすめ14選を徹底比較|独学のコツも紹介
更新日:2024年5月7日

プログラミングの勉強法【言語別】

プログラミングの勉強法

画像:言語別プログラミングの勉強法
プログラミングの勉強法は複数ありますが、プログラミング言語別に適した勉強法があります。

そこでここからは、プログラミングの勉強法を

  • C言語
  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • JavaScript
  • Swift

の7つに分けて見ていきましょう。

なお、どのプログラミング言語を学べばいいのか、どう学習を進めればいいのかなどがあいまいな人は「プログラミング学習プラン診断」をお試しください。

診断にかかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、上画像のようなあなたにあうプログラミング言語やおすすめの学習プランを診断してもらえます。

どうプログラミング学習を進めていけばいいのかわからない人は、ぜひ一度お試しください。

自分にあうプログラミング言語や学習プランを診断してみる

アプリ開発ができる【C言語】の勉強法

【C言語】の勉強法
画像:【C言語】の勉強法

「C言語」はプログラミング言語のなかでも古くからあり、アプリ開発でよく利用されている言語です。古参の言語なので、日本の多くのIT企業で採用されています

C言語を勉強する場合、以下の手順で勉強するのがおすすめです。

  • 学習スライドで基礎を勉強する
  • 無料Webサイトで勉強する
  • 本で勉強する
  • 環境構築をして実際にコードを作成する

C言語を学習する場合、最初は学習スライドやWebサイトを活用して基礎からスキルを身につけると、次の段階に進んだときに挫折しにくくなります。基礎が学べたら本でもう少し応用的な知識を学び、ある程度学べたら実際にコードを書いてアウトプットするのが大事です。

汎用性が高い【Java】の勉強法

【Java】の勉強法
画像:「Java」の勉強法

汎用性が高く、アプリや基幹システム、ソフトウェアまで様々な開発に用いられる言語「Java」の勉強する場合、まずは基礎文法から勉強するのがおすすめです。

Javaを勉強する際には、以下の手順で勉強すると良いでしょう。

  • 動画学習サイトで勉強する
  • 入門向け本で勉強する
  • 実際にコードを書いて勉強する

いきなり難しいことから学び始めても挫折の原因になるので、最初は動画やイラストなど初心者でも理解しやすいサイトで勉強するのがおすすめです。

基礎が勉強できたら、本を使って本格的にスキルを身につけましょう。サンプルコードを写経するとアウトプットができるのでおすすめです。

一通り学べたら、コードを書いて実際にシステムを作成してみましょう。システム開発を通して、開発手順やエラーを解決する方法なども学べます。

Webサイト作成時に役立つ【PHP】の勉強法

【PHP】の勉強法

画像:【PHP】の勉強法
Webサイト作成時に役立つ言語であり、サーバー側で動作する仕組みを作れる言語「PHP」を勉強する際には、勉強する目標をしっかり決めたうえで、以下の手順で勉強するのがおすすめです。

  • 無料学習サイトで勉強する
  • 本で勉強する
  • アプリで勉強する
  • 実際にWebサービスを作成してみる

無料学習サイトや本はここまでで解説した通り、初期費用が少ないので始めやすいので初心者にも向いています。

また、最近ではアプリで勉強できる「Progate」などもあるので、働きながらやスキマ時間に勉強することも可能です。特に、PHPは文法は比較的簡単な言語なので、少しずつ勉強すれば習得しやすいといえます。

Webアプリ開発が強み【Ruby】の勉強法

【Ruby】の勉強法

画像:【Ruby】の勉強法
Webアプリ開発に便利で、サーバーを操作する処理で使用される言語に「Ruby」がありますが、Rubyを勉強する際には実践することが大事です。

手順としては、以下がおすすめです。

  • 本やWebサイトで基礎を勉強する
  • 開発環境(Cloud9など)を作成する
  • 実際にアプリを作成してみる

本やWebサイトで基礎を勉強することは大事ですが、やはり実際にコードを書く経験を増やすのは大事です。

Rubyの開発環境はWindowsでは構築しにくいので、Cloud9というツールを使ってアプリ開発をスタートすると良いでしょう。

AIや機械学習開発が得意【Python】の勉強法

【Python】の勉強法

画像:【Python】の勉強法
AIや機械学習開発によく利用される言語で、文法の難易度が低めであることから初心者にも人気の「Python」を勉強する場合、サンプルコードや本などを使って基礎を学んだらアウトプットをするのが大事です。

勉強方法としては、以下の3つがあります。

  • 入門本で勉強する
  • Webサイトで勉強する
  • 企業やスクールで勉強する

Pythonはプログラミング言語のなかでも文法が簡単と言われており、基礎は本やWebサイトでも勉強しやすいです。

ただ、PythonはAIや機械学習といった難易度の高い開発現場で使用されるため、実際にエンジニアになるならネットワークやクラウドなど専門知識が必要となります。そのため、独学以外にも企業やスクールで実践的な勉強し、現場で必要なスキルも一緒に身につけるのもおすすめです。

Webサイトに動きを与える【JavaScript】の勉強法

【JavaScript】の勉強法

画像:【JavaScript】の勉強法
Webサイトに動きを与える言語であり、スライド画像や広告表示機能などが作成できる「JavaScript」を勉強する場合、ある程度基礎が理解できたら実際にWebサイトを作成してみるのがおすすめです。

勉強方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • Webサイトで勉強する
  • 本で勉強する
  • 実際にコードを作成して実践経験を積む

JavaScriptはWebサイトのなかでも、HTMLやCSSなどブラウザ側で動作する言語です。そのため、開発環境が不要でブラウザとテキストエディタだけあれば実行できます。

すぐにアウトプットできるので、基礎を学んだら実際にサンプルコードを実行したり、自分でWebサイトを作成してみるのがおすすめです。

iOSやMacOSアプリ開発に使う【Swift】の勉強法

【Swift】の勉強法

画像:【Swift】の勉強法
「Swift」はあまり聞きなれない言語かもしれませんが、iOSやMacOSアプリ開発に使用されています。

Swiftはアップル社が開発した言語で、今後さらに需要が高まることが期待できる言語です。

Swiftの勉強法は、以下の手順が一般的。

  • Webサイトや本で基礎を勉強する
  • Xcodeの使い方を勉強する
  • 実際にアプリを作成する

Webサイトや本で基礎を勉強するのは他の言語と同じですが、Swiftの場合はXcodeというツールを扱うため言語の勉強と合わせてXcodeの使い方も勉強が必要です。XcodeはSwiftの参考本やWebサイトで学べるので、言語と合わせて習得しましょう。

著名人がおすすめするプログラミング勉強法

著名人のおすすめ勉強法

画像:著名人のおすすめ勉強法
ここまでで、プログラミング勉強法をご紹介しましたが、実は著名人もプログラミングの習得をおすすめしており勉強法についても言及しています。

例えば、「2ちゃんねる」の開設者であるひろゆき氏はプログラミングの勉強法について、参考書を一通り読んだうえで動いているWebサイトがどのように動いているのか理解するのが大事だと主張しています。

また、Webサイトの仕組みが分かったら、実際にWebサイトを作成しながら勉強するのが良いと言及していました。さらに、Webサイトを作成する際には、完成像があってそれを作成するために試行錯誤しながらプログラミングを習得していくのがポイントのようです。

他にも、実業家であるホリエモン氏はおすすめのプログラミング勉強法として、何でもいいので自分が作ってみたいサービスを作るために勉強するのがおすすめと主張しています。

ホリエモン氏自身プログラミングを習得した経験があり、本に書いてあるサンプルコードを真似することから初め、少しずつアレンジしながら実践力を身につけると良いそうです。

このように、著名人もプログラミングの勉強法を発信しているケースもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングの勉強を挫折しない3つのコツ

挫折しないコツは3つ

画像:挫折しないコツは3つ

プログラミングの勉強法はたくさんありますが、何も考えずに勉強していると挫折する原因になることもあります。

事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%がプログラミングの学習途中で「挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

プログラミング学習における挫折率の調査
プログラミング学習者の87.5%が挫折を経験したことがある

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

上記を踏まえ、ここからはプログラミングの勉強で挫折しない3つのコツを紹介します。

勉強する目的を明確にする

プログラミングに挫折しないためにも、勉強する目的を明確にする必要があります。

勉強する目的が曖昧だと、分からないところがでてきたときに挫折しやすいですし、モチベーションを保つのが難しいです。勉強開始前に目標を決めて、目標に向けて計画的にスタートするのが良いでしょう。

少しずつ勉強内容をレベルアップする

レベルアップは少しずつ

画像:レベルアップは少しずつ

プログラミングに挫折しないためにも、少しずつ勉強内容をレベルアップするのが大事です。

プログラミングの勉強を始める際、いきなり難しい内容を勉強しようとする方もいますが、無理に難しい内容からスタートすると挫折の原因になります

初心者であれば、初心者向けの本やWebサイトからスタートして、少し楽に進められるくらいの内容で留めておくのがおすすめです。プログラミングを勉強する際には、自分に合ったレベルの分かりやすい内容を勉強するようにしましょう。

質問できる環境を見つける

継続してプログラミングを勉強するには、質問できる環境を見つけることが大事です。

勉強のスタートし始めには分からないことが多いので、その都度分からないところを質問できる相手を見つける必要があります。

勉強会やセミナーなどで質問・相談できる人を見つけることもできますが、効率よく疑問点や不明点を解決し確実なスキル習得を目指すなら、プログラミングスクールに通い講師へ質問できる環境を整えるのがおすすめです。

先ほど紹介した「プログラミング学習者の87.5%が挫折や行き詰まりを経験した」という背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました(※1)。

※1:スクール卒業生に実施したインタビュー詳細の動画

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とスキルの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
分割料金一括料金受講期間
4,098円~16万5,000円~1ヶ月~
  • 転職・副業・独立などの目的に特化したコースあり
  • 累計指導実績4万5,000名以上
  • 給付金活用で受講料が最大70%OFF

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師による個別レッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

また、侍エンジニアではカウンセリングにてプログラミングを学ぶ目的や理想の生活・仕事像をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でも効率的に必要なスキルだけを習得可能です。

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なお、侍エンジニアでは最大70%OFFで受講可能な「給付金コース」を提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心して転職や副業などの目的が実現できますよ。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、プログラミングの勉強法をツール別・言語別に解説しました。

プログラミングは基本的には

  • 本やWebサイトで勉強する
  • コードを書いて実践的に勉強する
  • 企業やスクールで開発経験を積む

など知識の勉強と実践を通した勉強をする必要があります。

プログラミングの勉強法はたくさんありますが、自分に合った勉強法を選択することで長続きしやすいです。ぜひ、自分に合った勉強法を早めに見つけてみてください。

参考文献

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

目次