スライドショースライドショースライドショー

ホームページ作成の学習におすすめなスクール厳選5選!作成手順やスキルも解説

こんにちは!サカイシホです!
この記事をご覧になっているあなたは、

ホームページ作成スキルを身につけるためにスクールって通うベき?
そもそもどんなスキルを身につければいいの?
独学での作成って厳しいの?

などと思っていませんか?実は私も以前スクールを探していましたが、作れるようになりたいものが決まっていても、学ぶべき言語やソフトがたくさんあって混乱したことがあります。

結論から言うと、ホームページ制作は独学でもやろうと思えば可能ですが、スクールに通った方が早く、質の高いホームページを制作することができます!

本日はホームページ作成をするに当たって最低限マスターしておきたい基本的な言語やスキルを解説したうえで、それらが学べるおすすめのスクールを紹介していきたいと思います!

スクール選びをする前に、これから学ぶものを理解しておくことはとても重要です。

私もこのやり方で、スクールに限らず参考書や講座の選択をスムーズに行うことができるようになりました!

必要なスキルとかは一通り分かってるからさっさとおすすめのスクールを教えて欲しいという方は下記のボタンからスキップしてください。

ホームページ制作におすすめのスクール一覧へ

ホームページ作成の手順

ホームページの作成は主に4つの手順で進めていきます。

  • 1.コンセプト設計、企画
  • 2.デザイン
  • 3.コーディング
  • 4.サイト公開

1.コンセプト設計、企画

まずはサイトの目的を決めます。誰に対して何のためにホームページ作成を行うのか。

ペルソナといって、対象となる読者の性別・年齢・職種・興味関心などを設定していきます。

ホームページにはどんな内容を載せるのか、タイトル、色のトーンなどもここで決めます。

2.デザイン

デザイン段階では、ホームページの構造や、レイアウトを決めていきます。

企画段階で出した内容をホームページの中のどこに配置するのかの設計図を書くのですが、簡単なホームページや熟練者は手書きで済ませてしまうこともあります。

ワイヤーフレームといって、こういった設計図を簡単に作るためのものもあるので興味のあるひとは見てみてください。

3.コーディング

コーディングとはソースコードの打ち込み作業です。プログラミングスクールで習う場合の中心になる部分です。

最近はWordPressを中心としたCMSというホームページを簡単に作るソフトも出ていますので、コーディングが必要ない場合もあります。

この時にはホームページの中で使う写真や文言なども用意しておく必要があるのでお忘れなく。

4.サイト公開

コーディングが終わったらいよいよサイト公開です。

公開作業は意外と多く下記の5点は最低でも行いましょう。

  • ドメインの取得
  • サーバーのレンタル
  • コーディングしたファイルのアップロード
  • 検索エンジンに公開を伝える、情報を取る
  • 数値を取得するサービスなどを導入

またサイトを作っただけでなく、どこからお客さんに見てもらうのか?

検索してもらうのか、SNSから見つけてもらうのか、広告を出すのか。

サイトを公開したことを情報発信してみんなに見てもらいましょう。

ホームページ作成で必要な6つのスキル

上記で解説したステップに沿ってホームページ作成を進めるには下記の6つのスキルが主に必要で、それ以外にWebの知識があるとなお良しです。

意外と多くない?と思ったかもしれませんが、焦らず見ていきましょう。

28471380_1865800200379389_7669921677727236096_o

基本的にこの6つを抑えておけばOKです。では次に、それぞれ細かく解説していきます。

言語

1.HTML=文字や画像の表示

HTMLとはHyper Text Markup Languageの略語で、ホームページ作成の基本となる言語です。ホームページには欠かせない文字や画像を表示するための言語とまずは理解できればOKです。今見ているこのページの文字や画像もHTMLによって表示されています。他のサイトへのリンクもHTMLで作成していきます。

HTMLについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

2.CSS=デザイン・レイアウト

CSSとはCascading Style Sheetsの略語でHTMLと組み合わせて使用し、どのように装飾するかを指示します。先ほどHTMLは文字と画像の表示と言いましたが、それだけでは黒文字と画像だけの簡素な見た目しかできませんよね。なので、HTMLで書いて表示される文字の色、サイズ、レイアウトを指定しておしゃれにデザインしていくためにCSSを使います。

HTMLとCSSの違いについて知りたい方はこちら↓

3.JavaScript=動き

ホームページ作成で使用される人気の言語のひとつで、ホームページの画面に動きをつけるものです。上にあげたHTMLとCSSで表示される文字をポップアップで出したり、画像をスライドさせたりすることができます。HTMLやCSSでは表現できないユーザの動きに応じたものを作ることが可能です。

JavaScriptについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

制作ソフト

4.Photoshop=画像加工

Photoshopは世界で最も有名な画像編集ソフトで、「フォトショ」と略されることが多いです。できることは、画像加工、合成、グラフィック作成などで、ホームページに表示する画像のクオリティをあげるには欠かせないソフトです。このページを表示するときにタイトルの画像をクリックしたと思いますが、こういった画像もPhotoshopで作られています。

5.Illustrator=イラスト作成

Illustratorは、Photoshopが画像加工が得意であるのに対し、正確なデータでレイアウト作成をするのが得意です。角度や比率を正確に表現できるので、ロゴ作成やアイコン作成などにもってこいのソフトです。

管理ソフト

6.Dreamweaver=作業効率アップ

Dreamweaverはホームページの作成や管理に特化したソフトで、ホームページを作る作業の効率をアップしてくれるものです。上にあげた言語を書く場所、制作ソフトで作成した画像やイラストを取り込む場所と理解していればOK。Dreamweaverのいいところは、どのように表示されるかを見ながら直感的に言語を記述できるところです。

以上、基本的にこの6つの言語とソフトを使えるようになれば、自由に思い通りのホームページを作ることができます!

ホームページを簡単に作れる便利ツール紹介

shutterstock_437021746

先ほどはホームページを一から制作するために必要な知識を簡単にお伝えしました。

しかし、最近では先ほど述べたような専門知識がなくても、簡単にホームページを作成できるサービスがたくさんあります。

ここではオススメのホームページを作成できるWebサービスをご紹介します。

1.WordPress

スクリーンショット 2018-06-09 15.23.32
WordPress

特徴

世界No.1の利用者数を誇り、CMSシェアにおいては60%を超えています。

プログラミングの知識が必要なく、利用することができます。

また、利用者が同士の交流が非常に盛んで、情報交換が活発に行われているのも特徴です。

WordPressのメリットデメリットなど、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

短所

完全に無料ではない事と自己管理の責任が大きい点です。

WordPressを利用することは無料ですが、サーバーなどは自分で契約しなければいけません。

また、ドメインの取得も自分で行う必要があります。

2.Wix

Black+Wix+logo+Assets
Wix

特徴

非常にデザイン性の高いテンプレートが各種取り揃えられています。

ドラッグ&ドロップで編集できるので、プログラミングの知識が必要なく直感で操作できます。

ショッピングカート機能もあるため、ショッピングサイトも手軽に作成することができます。

短所

無料で利用できるのですが、利用できる範囲は限られており広告も表示されてしまいます。

Wixのデザイン性を活かしたホームページにするには、有料で利用した方が良いでしょう。

3.Jimdo

Jimdo_Logo
Jimdo

特徴

シンプルなデザインのテンプレートがが特徴です。

また、操作もシンプルでドラッグ&タイプで操作可能なので、プログラミングなどの専門知識が必要ありません。

変更したい箇所を指定して、見た目を確認しながら細かく調整できます。

短所

他の2つに比べて、用意されているテンプレート数は少なくなります。

また、無料コースの利用の場合、広告が表示されてしまうのと独自ドメインの取得ができません。

ホームページ作成のスクールに通うメリット

shutterstock_618269852

ネットの情報やご紹介したツールを使えば、正直スクールなんて必要ないんじゃないの?

なんて思っている方もいると思うので、独学ではなくスクールに通う場合のメリットを伝えると、独学よりも早く、レベルの高いホームページ作成ができるようになり、仕事としてこなすような技術を身につけられるようになります。

独学よりも早く作成が可能

ネットに書いてある情報を見ていくことで作成して公開まではできるかもしれませんが、現在あなたが未経験の場合どこかしらでエラーが起きたりしてつまづくタイミングはあります。

そんな時にどこが間違っているのか?が分からない場合、ずっとそのエラーにつまづいたまま時間が流れ、やる気がなくなり、挫折してしまう・・・

そんなケースも考えられます。

実際に仕事としてやっているエンジニアから学ぶことでエラーでつまづく時間を消して、どんどん進みホームページ作成を楽しく進めることができるでしょう。

独学よりも圧倒的にレベルの高いものが作れる

あなたのホームページ作成の目的が、あくまでも趣味レベルでの製作であれば問題ありません。

しかし、仕事の場合どうでしょうか?

例えばクライアントからの要望が、ツールでは対応できない場合

「このツールでは対応できないので、再現できません」では許されないですよね。

あなたがビジネスとしてホームページを作れるようになりたいのであれば、やはりスクールに通うなどして専門的な知識とスキルの習得が必要です。

実際に仕事をしているエンジニアならではのノウハウや、仕事にできるレベルに触れることでどこまで学べば仕事がもらえるのか?学習のイメージもわきますよ。

ホームページ作成のスクールの選び方

shutterstock_289571369

受講形式で選ぶ(教室形式orマンツーマン)

レッスン形式が「教室(1対多)」タイプか「マンツーマン(1対1)」タイプかのどちらを選ぶかは非常に重要な基準になります。

1対多の教室タイプの場合、授業でたくさんの人と知り合えるのでモチベーションを保ちやすいメリットはありますが、授業の進むペースが一律なので、自分のペースと合わなくなってくる可能性があります。

仮にあなたが他の生徒より早い場合はまだいいですが、遅れてしまって理解できなくなってしまった場合、授業の時間が無駄になる可能性もあるので注意が必要です。

1対1のマンツーマンの場合、クラスがないので仲間ができにくいというデメリットはあるものの、質問し放題で自分にあったペースで学習できるというメリットがあり、分からない部分はとことん突き詰めて質問できるので、毎時間着実に成長することができます。

個人的にはマンツーマンの方がおすすめなのですが、あなたにあったものを選びましょう。

また、基本的に教室タイプの場合は通学制、マンツーマンの場合はオンラインになることが多いので、地方に住んでいる人や社会人で夜にレッスンを受けたい場合はオンラインの方が授業を進めやすいでしょう。

学べる言語・スキルから選ぶ

先ほどホームページ作成に必要なスキルは下記の6つと言いました。

  • 言語:HTML、CSS、JavaScript
  • デザインソフト:PhotoShop、Illustrator
  • 管理ソフト:DreamWeaver

これらの言語やスキルがしっかり学べるかも確認が必要です。

例えば極端な話、レベルによってはWordPressのみ理解していればホームページの作成は可能です。

しかし、せっかくスクールに通うなら上記のスキルも習得はしたいところ。

スクールに説明を受ける時に「うちは授業料安くいいホームページ作れるようになりますよ」と言われて、結局学べたのはWordPressだけだったとかってなると、本質的なスキルは身についていません。

ホームページ作成という目的は見据えつつ、しっかりと足元のスキルも身につけられるところを選びましょう。

その言語とかスキルがいまいちイメージつかないんだよ...
どこが良いかなんて素人目線だと分からないよ...

そんな声も聞こえてきそうなので、そういったあなたはまずは弊社「侍エンジニア塾」の無料体験レッスンへきてみてはいかがでしょうか。

あなたの理想の生活ややりたいことを聞きながら最適なキャリアを提案し、逆算して学ぶべき言語やスキル、期間などのプランを提案させていただきます。

最初のうちは業界に精通した人と話すことがまずは大事です。

こちらのボタンよりお気軽にお申し込みください。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの詳細はこちら

第一線で活躍する講師陣

どんな方が講師なのかも考えて選びましょう。

仮にあなたがホームページ作成を仕事としてやっていきたいなら、ホームページ作成をして実際に働いてた人や仕事獲得をして現在もやっている人から直接学べたらベストですよね。

技術面の知識だけでなく、業界の情報も聞くことができるので、より仕事を意識した内容の授業を受けることが可能です。

ホームページ作成におすすめなスクール厳選5校

shutterstock_541106776

1.侍エンジニア塾マンツーマンスクール

スクールの特長 ・専属講師がマンツーマンで教える
・ひとりひとりにあったオーダーメイドのカリキュラム
・オリジナルアプリの開発支援
受講スタイル ・オンラインメインで全国対応(ビデオチャット可)
・インストラクターによっては対面も可
コース名 デビュー
コースの特長 ・HTML/CSS/JavaScriptを学習
・ホームページ作成や簡単なアプリ開発
・簡単なWEBサービス開発の案件に携われる
・エンジニアデビューのための仕事獲得スキルを取得
受講料 ¥138,000
受講期間 1ヶ月

侍エンジニア塾の特徴はなんといっても専属講師によるマンツーマンレッスンです。

専属講師というのは、レッスンの最初から最後まで講師が変わらないということなので、毎週あなたがしっかりホームページ作成できるように進んでいるかを確認しながら授業を進めることができます。

また、オリジナルサイト制作の支援も行なっていますので、受講期間中にあなたがだけのホームページの企画〜公開までを経験することができます。

その作ったホームページがあなたのスキルの証明となり、仕事獲得の際に有利に働くんです。

実際に弊社の事例として受講期間中にサイト作成の仕事を受注し、講師からマンツーマンで教わりながらフリーランスデビューした実績もございます。

ぜひこの機会にご覧ください。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの詳細はこちら

2.INTERNET ACADEMY

INTERNET ACADEMY公式ページ

スクールの特長 ・現場のスキルが手に入る
・最新のスキルが手に入る
・グローバルスキルが手に入る
受講スタイル ・対面授業
・マンツーマン
・オンライン
コース名 Webデザイナーコース
コースの特長 ・デザインの基本からプロのレイアウト技術を学べる
・実際の制作に役立つノウハウを学べる
受講料 ¥329,658
受講期間 94時間

3〜4ヶ月

インターネットアカデミーは母体がWEB制作会社によって運営されているので、実践に近い学習を積むことができます。

海外にも支店があるので、グローバルな視座を持って学習に取り組むことができます。

3.Winスクール

Winスクール公式ページ

スクールの特長 ・年間3,000人以上の生徒をクリエイターとして育成
・デザイン業界の最新技術に対応した教材や環境で学べる
・学びたい言語やソフトを単体で選んで受講できる
受講スタイル ・対面授業
・曜日固定・自由予約・事前予約が可能
コース名 WEBマスターベーシック
コースの特長 ・デザインからプログラミングまでを総合的に学べる
受講料 ¥288,000
受講期間 150分×36回(90時間)
6〜9ヶ月

Winスクールは年間3,000人以上の生徒を輩出しているので、実績に定評があります。

デザイン業界の最新技術に対応した教材や環境で学べるので、デザインを突き詰めたい人におすすめです。

4.KENスクール

KENスクール公式ページ

スクールの特長 ・開校28年の実績からプロに育てる最適な形式を追求
・スキルアップと就転職を視野に入れた指導を展開
受講スタイル ・個別指導
・複数の校舎で受講が可能
コース名 Web実践コース
コースの特長 ・就転職を目指したい、趣味でサイトを作りたい方向け
・効果的なWebサイトが作れるようになる
・Webクリエイター能力認定試験エキスパートの資格取得
受講料 ¥264,000
受講期間 71時間
6ヶ月

KENスクールは開校してから28年の歴史があるため、実績に定評があります。

卒業、就職までを見越した授業を受けることができます。

5.ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー公式ページ

スクールの特長 ・38コースの中から自由に選べる
・転職・就職サポートがある
受講スタイル ・クラス担任
・オンライン
コース名 Webデザイナートータルコース
コースの特長 ・デザイン力をじっくり高められる
・未経験からハイレベルなWebデザイナーを目指せる
受講料 ¥74,1000
受講期間 6ヶ月

なりたい職種に合わせて全38コースの中から選ぶことができます。

全国29校に展開しているので、必ず通学形式で学びたいあなたにおすすめです。

ホームページ作成のスクールを選ぶ時は学習する目的を忘れずに!

結論から言うと、本日紹介したスクールではどこに通ってもホームページ作成については学ぶことができます。

じゃあどこの違いで決めればいいの?

というあなたにおすすめなのが、ホームページを作成してどうなりたいのか?を叶えられるスクールで決めるという方法です。

学習の目的は人それぞれです。ホームページを作成して、がっつりリモートワークしたい人や、友達から頼まれてるので少しずつ仕事にしたい人、趣味の情報を発信したい人など人それぞれですよね。

特に個人で仕事を受けるにはホームページを作れるだけでなく、どうやったら仕事を獲得できるのかなどのノウハウも学ぶ必要があります。

侍エンジニア塾では現役のフリーランスエンジニアの講師も在籍しているので、ただホームページを作るだけでなく、仕事獲得の方法や、納品までの流れなども学ぶことができます。

より詳しい事例や、ホームページ作成の学習をもっと聞きたい人や、まずは業界に精通したコンサルタントと話をしてみたい方は無料体験レッスンをオンラインでもやっているので、下記のカレンダーよりお申し込みください。

最後に

5つのスクールを紹介しましたが、同じものを学ぶとしてもスクールの特長はさまざまですね。

プログラミングのスクールを選ぶときは、まずどの言語やソフトが必要なのかを理解することがとても大切です!

今回の記事がスクール選びのお役に立てれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

シホ

シホ

1990年生まれ。長崎県出身。趣味は歌・登山・暗闇ボクシング。
最近HTMLとCSSの勉強を再スタートしました!
「初心者の方にもわかりやすく」をモットーにライターとして日々精進中です★

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説