スライドショースライドショースライドショー

システムエンジニアの研修内容とは?主に実施される研修内容7つ

これからシステムエンジニアになりたい人は必見です。システムエンジニアになるためには研修が必須ですので、研修内容や注意点などもご紹介しています。

ぜひとも、基礎を学べる研修期間を経て、一人前のシステムエンジニアとして活躍していきましょう!

システムエンジニアとは

依頼主のオーダーを受けたソフトウェア製品を作成する際、ソフトウェアの設計書を作る仕事をシステムエンジニアと呼びます。IT業界において、なくてはならない存在でもあるのがシステムエンジニアです。

顧客のオーダーを聞き、要望に沿った内容で設計書を作成していく業務ですので、オーダーメイドでソフトウェア製品を生み出していく職業となります。

システムエンジニアに研修が必要な理由

プロフェッショナルな技術と知識を持つシステムエンジニアになるためには、研修という見習いの期間があります。一人前のシステムエンジニアとして働く人は、初めから稼げる人材であったわけではありません。

まずは基礎から学ぶことで独立後にあらゆる顧客のオーダーを受注できるようになり、プロフェッショナルのシステムエンジニアとして活躍できます。

研修期間は数か月に及ぶこともある

システムエンジニアとして活躍するために、研修を数か月おこなうケースがあります。一人前のシステムエンジニアとして働くためには、一朝一夕でスキルを習得することは不可能ですので、研修をしながら徐々に技術と知識を身につけていきます。

とくに、システムエンジニア業を白紙からスタートする場合は、数か月やそれ以上の研修期間を経なければならないケースもあるでしょう。

システムエンジニアの主な研修内容7つ

コンピューターを扱うプロフェッショナルでもあるシステムエンジニアとして働く前に、まずは7つの研修があります。いきなりすべてを網羅して働けないのがシステムエンジニアですので、研修を行ったあと適性をみながら実務へ移行していくことになります。

研修内容1:ビジネスマナー

システムエンジニアとして働く場合、研修期間中にビジネスマナーを身につけることが大切です。

システムエンジニアは実務作業ばかりではなく人対人の業務も多いため、ビジネスにおけるマナーも研修しておきます。信頼で成り立つのがビジネスですので、システムエンジニアとしての技術があるだけでは一人前とはいえません。

研修内容2:インフラの基本的な知識

インフラストラクチャー(インフラ)と呼ばれる社会のシステムを理解するのも、システムエンジニアになるためには必須です。

多様化した情報社会の中では、情報網の整備に関するインフラストラクチャーという事柄についても学ぶ必要があり、システムエンジニアになるための研修に組み込まれています。

研修内容3:アルゴリズム研修

コンピューターを扱う上で必須となる計算方法のアルゴリズムを研修中に学びます。

効率化をするべく、最善な方法でプログラムの作成をしていくための手段がアルゴリズムです。システムエンジニアになるためには必須の研修内容といえるでしょう。

研修内容4:顧客とのやり取りを実際に体験

研修では、顧客とのやり取りを実際に体験します。システムエンジニアは、お客さんと直接仕事の打ち合わせや相談を行うことが多いため、実際に起こりうる顧客とのやり取りや流れを体験することになります。

事前に顧客とのコミュニケーション方法を体験し理解しておくことで、システムエンジニアとして自立した後に困惑することがなくなるでしょう。

研修内容5:データベースに関する基本的な知識

システムエンジニアになるために、研修中はデータベースについての基礎知識を学んでいきます。システムエンジニアとして働く際には、多くの情報やデータから手軽に検索したり、整理していくことが重要となるため、基本的な研修内容でもあります。

研修内容6:プログラミング言語研修

プログラミング言語は、コンピューターのプログラムを活用する時に必須の専門的な言語です。コンピューター上で必要となるプログラミング言語を把握することは、システムエンジニアとして働く前の研修期間に必須でしょう。

たとえば、「C(シー)」、「Java(ジャバ)」などがあり、それぞれの言語を理解していくことも、一人前のシステムエンジニアになるために重要な研修の内容です。

研修内容7:実際に作業をしてみる

システムエンジニアになるための研修の最後には、実際に作業をして理解度を確認します。

知識のみではできないのがシステムエンジニア業ですので、最終的に研修期間中に学んできた内容をテストする意味で実際の作業を行います。

「聞く」と「やる」では、大きな相違が生まれるため、研修期間中に多くの基礎を学んでおきましょう。

システムエンジニアの研修が辛いと感じてしまう理由3選

システムエンジニアになるための研修中に「辛い」と感じてしまうこともあります。これから「システムエンジニアとして活躍したい」と希望する人は、事前に研修の大変さも理解しておくと、スムーズな研修が実践できるでしょう。

システムエンジニアになるための研修中に感じる辛い理由を3つご覧いただきます。

理由1:文系の人が理系の論理的解釈についていけない

とくに文系の出身者の場合、理系である論理的なシステムエンジニアになるための研修内容が理解できずに辛く感じます。難解な言葉が飛び交うことの多いシステムエンジニアの世界では、文系出身の人は困惑してしまう場面が多々あります。

専門的な技術や知識を体得するためには仕方ありませんが、事前に独学で基礎知識を身につけておくべきでしょう。

理由2:技術力がものをいう世界

システムエンジニアとは、技術が高ければ高いほどものをいう世界ですので、ビギナーは研修が辛く感じます。誰も真似のできない技術があれば、システムエンジニアとしてプロフェッショナルですので、業界で名を馳せていけるでしょう。

そのため、システムエンジニアになるための研修期間中は、技術力が低いと辛さを実感することが多いです。

理由3:新しく学ぶことが苦痛になる

無限な知識や技術があるのがシステムエンジニアの世界です。研修中に新たに学んでいく意欲が失せてしまうことがあると辛く感じます。

システムエンジニアになるためにはプログラミングの習得も必須となるため、常に新しい技術を体得していかなければ研修を終えることができません。ですが、容易に学べる内容ばかりではないため、システムエンジニアになるための研修期間で苦痛に感じる方も少なくないでしょう。

システムエンジニアの研修について知ろう!

今回は、システムエンジニアとして活躍するための研修についてご紹介してきました。システムエンジニアの世界は実力主義ですので、研修中に多くのトライアンドエラーを経ていくことが重要です。

そして、システムエンジニアになったならば、多くの人々のサポートを行って、たくさんの案件をスムーズにこなせるプロフェッショナルを目指しましょう。

 

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

城戸健太

城戸健太

初めまして!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。