スライドショー

Redmineの見た目・使い勝手を劇的に変えるおすすめテーマ5選

みなさんは、Redmineのテーマを変えたことがありますか?

デフォルトのテーマはとてもシンプルですが、シンプルすぎてどこか堅苦しいイメージもありますよね。

見た目もおしゃれで使いやすいテーマに変更するだけで、Redmineが劇的に使いやすくなるのでおすすめです!

そこで今回は、


・Redmineでテーマを変更する理由とは?

といった基礎的なことから、


・Redmineにおすすめのおしゃれテーマ5選
・Redmineでテーマをインストール・設定する方法

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

Redmineでテーマを変更する理由とは?

はじめに、「Redmineでテーマを変更する理由」について簡単に解説します。

Redmineでテーマを変更する理由は、大きく分けて次の3つです。


・おしゃれになる
・見やすくなる
・使い勝手が向上する

言葉だけでは伝わりづらいので、デフォルトのデザインとおしゃれなテーマを比較する画像を用意しました。

デフォルトデザイン:

おしゃれなテーマ例1:

おしゃれなテーマ例2:

ちょっとした違いかもしれませんが、長く使い続けることを考えると「おしゃれな今風のデザイン」の方がいいですよね。

メンバーがRedmineを使う時のモチベーションにもつながり、モチベーションは生産性につながっていきます。

また、おしゃれなデザインだけでなく、使い心地を上げるための機能も追加されています。

たとえば、テーマ「Flatly light」では、自分が知りたいチケットをいち早く確認するための「検索機能」が優れています。

画面上部に大きな枠で検索ウィンドウがあり、文字を打ってEnterキーを押すだけで簡単に検索することができます。

チケット一覧画面:

検索後の結果:

運用保守・サポートデスクなど、頻繁にチケットを探すような場合に、とても便利なのではないでしょうか。

これは一例ですが、テーマごとに便利な機能が追加されているので、使い勝手をあげるためにもおすすめなのです。

Redmineにおすすめのおしゃれテーマ5選

次に、「Redmineでおすすめなテーマ」を厳選して、5つご紹介します!

テーマ適用後のイメージをわかりやすく伝えるために、「チケット一覧」「チケット登録」「チケット詳細」の画面 +「各テーマの解説」をしますね!

気に入ったテーマが見つかったら、「Redmineのテーマをインストール・適用する方法」の見出しを見て、設定してみてくださいね!

では、行きます。

Circle

チケット一覧画面:

チケット登録画面:

チケット詳細画面:

Redmineのプラグインの販売をしているサイト「RedmineCRM」が提供しているテーマです。

ダークメインのシンプルなデザインで、使いやすいのが特徴です。

デザイン重視で変更したいときに、特におすすめのテーマですね。

Dwarf

チケット一覧画面:

チケット登録画面:

チケット詳細画面:

画面左にヘッダメニューがあるため、Redmineの機能を使いやすいデザインになっています。

また、チケット詳細画面が「コメントを見やすいデザイン」になっているため、コメントベースでやり取りをする機会が多い場合におすすめです!

Flatly light

チケット一覧画面:

チケット登録画面:

チケット詳細画面:

白をベースとした綺麗なデザインで、フォントサイズがすこし大きいテーマです。

また、画面上部に大きな検索ボックスがついているため、チケットを調べる機能に優れています。

システムの運用保守お問い合わせ対応などでRedmineを使う場合におすすめのテーマです。

Gitmike

チケット一覧画面:

チケット登録画面:

チケット詳細画面:

GitHubをモチーフにした、白を基調とするテーマです。

エンジニア、プログラマーにとっては、親しみのあるデザインですね。

新しくRedmineを導入する場合も、とてもおすすめのテーマです。

minimalflat2

チケット一覧画面:

チケット登録画面:

チケット詳細画面:

紺・赤を基調とした、おしゃれで使い勝手の良いデザインのテーマです。

以下のように、使い勝手の良い機能が満載なのが特徴です。


・見出しのサイズが大きくてわかりやすい
・わかりやすいアイコンがついている
・チケット登録画面で文字装飾ボタンが強調されている

使いやすさにこだわりたい方」におすすめのテーマですね。

Redmineでテーマをインストール・設定する方法

次に、「Redmineでテーマをインストール・設定する方法」について解説します。

手順は、次のとおりです。

1. コマンドエディタを開く
BitnamiRedmineでローカル環境を作っている方は、「Bitnami Redmine Stack」を開いてコマンドを起動します

2. インストール用のコマンドを実行
cdコマンドでテーマフォルダに移動し、git cloneコマンドRedmineのテーマをダウンロードします。

インストール用コマンドの使い方は、次のとおりです。

インストール用コマンドの使い方:

cd テーマフォルダパス
git clone git://インストールするテーマのclone用URL テーマ名

「Gitmike」テーマのコマンド例:

cd C:\Bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\public\themes
git clone git://https://github.com/makotokw/redmine-theme-gitmike.git Gitmike

3. Redmineで「管理 → 設定 → 表示」を開き、テーマを選択して保存

インストールしたテーマを選択し、保存すればOKです!

Redmineでテーマ名が表示されないときの対処方法

ただ、ここまでのやり方で上手くいかないケースもあります。

git cloneコマンドでインストールしたフォルダの構成が、Redmineが認識できないフォルダ構成になっている場合です。

認識できないフォルダ構成の場合、Redmineで「管理 → 設定 → 表示」を開いたときに、テーマ名が表示されません。

そのため、Redmineがテーマを認識できるように、「フォルダの位置」を変える必要があります。

今回ご紹介した「Dwarf」テーマを例に、具体的な方法を解説しますね。

git clone直後のフォルダ構成は、次のようになっています。

git clone直後のフォルダ構成:

Redmineに認識させるためには、次のような構成にする必要があります。

Redmineに認識させるために、あるべき姿:

このように、「images」「javascripts」「stylesheets」などのフォルダを、テーマ名のフォルダ直下に置くことで、Redmineが認識できるようになります。

ちなみに、今回ご紹介したテーマの中にもフォルダ移動が必要なテーマがあるので、補足情報載せておきますね。


・Dwarf
「themes\Dwaft\production\dwarf」以下のフォルダ・ファイルをすべてコピーし、Dwaftフォルダ直下に移動

・minimalflat2
「themes\minimalflat2\src\assets」以下のフォルダ・ファイルをすべてコピーし、minimalflat2フォルダ直下に移動

まとめ

今回は、「Redmineでおすすめのテーマ・テーマの変更方法」について解説しました。

Redmineは、進捗管理、メンバー間のコミュニケーションをとるための大事なツールですよね。

テーマを変えるだけで見た目がおしゃれになるだけでなく、使い勝手もとてもよくなります。

ぜひ、お気に入りのテーマをみつけて、使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。