愛知/名古屋でプログラミングが学べるIT専門学校おすすめ7選【2023年版】

名古屋でプログラミングが学べるIT系の専門学校ってどこだろう?
どの学校も同じに見える…

国内におけるIT人材不足の深刻化を背景に、ITエンジニアといったプログラミングスキルがある人材の需要は増し、他の職種に比べ高い報酬を設けるケースが増えてきました。

そんななか、転職や副業での収入獲得に向けたリスキリングを目的に、専門学校でプログラミングを学ぼうと考えている人は多いですよね。

ただ、愛知県や名古屋市にはいくつかのIT専門学校があるものの「プログラミングが学べる」とわかりやすく明記していないところもあるため、どこにしようか迷う人もいるはず。

かかる費用や目指せる職種など、詳細を確認しないまま通う専門学校を選べば「他のところにすればよかった…」と後悔しかねません。

そこで、今回は愛知・名古屋でプログラミングが学べるおすすめのIT専門学校を、選び方も交えて紹介します。この記事を読めば、あなたにあうIT専門学校が見つかりますよ。

今すぐおすすめのIT専門学校をチェックする

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

目次

プログラミングが学べるIT専門学校を選ぶ6つのポイント

詳細を確認せず通う学校を選んでしまうと、かけた費用や時間を無駄にしかねません。

そこではじめに、プログラミングが学べるIT専門学校の選び方を、6つのポイントにまとめて紹介します。

希望の職種が目指せる学部学科はあるか

各IT専門学校の学部・学科を比較し、希望の職種が目指せるところを選びましょう。

下記のとおり、学べる分野や目指せる職種は学校ごとで異なるため、目的にあわせた選択が不可欠です。

学校名学部・学科学べる内容目指せるキャリア
トライデント
コンピュータ
専門学校
情報処理学科/ゲームサイエンス学科/高度情報学科/サイバーセキュリティ学科ゲームプログラミング/コンシューマゲーム開発/ゲームAI開発/VRゲーム開発/システム開発/サーバー管理/情報セキュリティ/スマホアプリ開発/Webアプリ開発/AIシステム開発 などゲームプログラマー/システムエンジニア/プログラマー/ネットワークエンジニア/セキュリティエンジニア/IT営業/サーバー運用管理者 など
ELICビジネス
&公務員
専門学校
ITスキル科 情報処理コースWebサイト開発/PC・OSなど操作/ネットワーク構築/アプリケーション開発 などプログラマー/システムエンジニア/ネットワークエンジニア/アプリケーションエンジニア/PCインストラクタ/Webプログラマー など
専門学校
名古屋
スクールオブ
ビジネス
ITビジネス学科/情報技術者コース/Webクリエイターコース/オフィス事務コースHTML/CSS/JavaScript/C言語/スマホアプリ開発/サーバー構築/IoTに関する知識/Webサイト制作/Webデザイン/動画制作 などプログラマー/システムエンジニア/Webクリエイター/ネットワークスペシャリスト/ITストラテジスト/情報セキュリティスペシャリスト など

専門学校の通学期間は1~4年と長く、途中で学科等の変更が難しいため、目的のスキルが学べないリスクがあります。公式サイトの学部・学科の説明を確認し、求める内容が学べるか確認しましょう。

大前提として、学部や学科を決めるには前もって希望の職種を明確にしておく必要があります。

ただ、なかにはどんな職種を目指せばいいかあいまいな人もいますよね。そんな人は、弊社の「ITキャリア診断」をお試しください。

かかる時間は1分ほど。5つの質問に答えるだけで、あなたにあうITの職業や職種を診断できます。

プログラミング習得後のキャリアがあいまいな人はぜひ一度お試しください。

自分にあうITキャリアを診断してみる

学びやすい環境が用意されているか

各IT専門学校の学習環境を比較し、学びやすいところを選びましょう。次のように、講師の質や学習設備などは学校ごとで異なります。

教材の種類学習形式講師の質学習設備
名古屋工学院
専門学校
実践学習を取り入れたカリキュラム集団授業元エンジニアなどその道のスペシャリスト先端技術に対応した最新設備(パソコンなど)/スマホアプリ開発ラボ/1人1台ノートパソコン無償貸与/ゲーム開発環境/IoT学習に使えるスマートルーム など
名古屋情報
メディア
専門学校
基礎から実践まで学べるカリキュラム集団授業スペシャリストとして企業での活躍経験のある講師ゲームスタジオ/ゼミ室/実習室/図書館/談話コーナー など
HAL
名古屋
実践スキルが身につく専攻カリキュラム集団授業/グループ学習業界の第一線で豊富なキャリアを持つ講師プロ仕様の実習環境(パソコン/ソフトウェアなど)/図書館/ゲームスタジオ/自習室/Wi-Fi環境/時間割変更などができる学生ポータル など

講師の質や教材内容は学習効率に直結しやすいため、学校選びでは確認しておきたい項目です。また自習室や実習室など、専門スキルを学べる環境があると学習しやすいでしょう。

たとえば、ゲーム開発なら開発に必要なパソコンやモニターなどが必要です。またネットワーク構築を学ぶなら、物理的なサーバーなどの設備も求められます。

図書館や学生同士の交流ルームなどがあれば、学習時間以外のスキマ時間も有効活用できるでしょう。学習環境を確認すれば入学前に活用法をイメージでき、入学後も学習効率を高められます。

一方確認せず入学した場合、必要な環境が足りずスムーズにスキル習得ができない可能性もあります。学習環境は公式サイトで簡単に確認できるため、事前にチェックしましょう。

就職支援(就業サポート)は手厚いか

各IT専門学校の就業サポート内容を比較し、就業支援が手厚いところを選びましょう。

入学時からキャリア学習を取り入れているところや、提携企業と連携してインターンシップを実施する学校など、就業サポートの内容は学校ごとでさまざまです。

学校名就職支援
専門学校名古屋スクールオブビジネス・キャリアサポートチームのフォロー
・実習やインターンシップなど企業連携授業
・書類作成指導
・模擬面接
・就職カウンセリング
・キャリアガイダンス
・学内企業説明会/セミナー
・クラス担任と就職担当の手厚いサポート など
名古屋工学院専門学校・入学後個別面談
・キャリアガイダンス
・ビジネスマナー講座
・自己分析/履歴書の書き方指導
・企業や求人の情報収集サポート
・保護者との面談
・会社訪問時のサポート
・就職試験対策
・内定後から入社までのサポート など
東京ITプログラミング&会計専門学校名古屋校・新入生就職セミナー
・就職ガイダンス
・学内就職セミナー
・就職個別指導 など

学校ごとに就職サポートは違いがあり、力を入れるポイントも異なります。たとえば、入学時からキャリア形成をサポートする学校であれば、将来のキャリアがイメージできていない人でも希望のキャリアを見つけやすいでしょう。

また企業紹介や就職対策に力を入れる学校であれば、就職活動に不安のある人でも安心です。就職サポート内容を確認せず入学した場合、支援が足りず希望のキャリアを実現できないリスクがあります。

さらに希望を叶えられたとしても、キャリア相談などサポートがなければ最適なキャリアを見つけられず入社後に後悔するかもしれません。就職サポートは卒業後の進路にかかわるため、あらかじめ確認しましょう。

実績が明記されているか

実績が明記されているか
実績が明記されているか

各IT専門学校の公式ホームページ等を確認し、実績が明記されているところを選びましょう。実績を確認することで、キャリアサポートなどの充実度をチェックできます。

なお、次のように実績は学校ごとでさまざまです。

学校名実績
東京ITプログラミング&会計専門学校名古屋校・民間企業就職率98.90%
・上場企業就職率35,65%
名古屋情報メディア専門学校・累計就職実績1万3,000名
・就職率95%
HAL名古屋・15年連続希望者就職率100%
・求人数2万1,927名
・求人社数1,638社
・求人倍率13.90倍

就職率の高い学校であれば、就職サポートも期待できるためキャリアを実現しやすいでしょう。なかには入社実績のある企業名を掲載している場合もあり、自分が興味のある企業を目指せるか確認できます。

実績を確認せず入学すると、卒業後の進路が限られており目標のキャリアを実現できないリスクも。実績は各学校の公式ホームページ等で簡単に確認できるため、事前にチェックしましょう。

在校生や卒業生からの評判・口コミは良いか

各学校の口コミをチェックし、在校生や卒業生からの評判が良いところを選びましょう。

評判・口コミには、利用者ならではの実体験や学校の特徴が含まれます。たとえば、講師のサポート内容や教材の使いやすさなどは、実際に体験しなければわかりません。

評判・口コミを確認しないとしないと、貴重な利用者の体験談を見逃してしまいます。その結果、想像のサポート内容と異なり、後悔するかもしれません。体験談は自分に合う学校か確認する際に役立つため、あらかじめ確認すべきです。

評判・口コミは公式ホームページに掲載されるほか、

などで確認できます。最近ではインターネット上に評判・口コミが多く掲載されており、目的の情報を探しやすいです。

しかし、評判・口コミは必ずしも正しいわけではありません。同じ体験・サポートを受けたとしても、どう感じるかは人それぞれです。評判・口コミはあくまで参考程度とし、鵜呑みにせず最終評価は自分で判断してください。

無理なく通える費用感か

各IT専門学校にかかる費用を確認し、無理なく通えるところを選びましょう。

継続して学習に集中するには、無理なく通える学費の学校を選択すべきです。学費は学校によりさまざまですが、東京と大阪にあるIT専門学校10校を対象に算出した結果、学費の相場は

  • 1年制:117万9,334円
  • 2年制:235万8,669万円

※東京と大阪にある2年制IT専門学校(10校)の学費から算出
※情報は2023年3月時点の情報

となりました。

専門学校の進学情報サイト「スタディーサプリ」が調査した初年度の納入金は100~140万円が平均な点から、少なくとも100万円以上の費用がかかる点は理解が必要でしょう。

実際の費用は、通学期間や学習分野の専門性などで変動します。奨学金や特待制度を利用すれば、負担を軽減しつつ通うことも可能です。

なお、IT専門学校よりも安い費用かつ短期間でIT企業やITエンジニアへの就職に必要なスキルを身につけたい人は、プログラミングスクールに通うのも1つの手段です。

特徴学習期間平均費用学習サポート就業支援
IT専門学校長期間でじっくりスキルを高められる1~4年117~235万円(2年制)・講師の手厚い多面指導
・生徒同士の交流
各種就職サポートあり
プログラミング
スクール
短期間で集中して必要スキルを習得できる1~6ヶ月19万3,574円(1~3ヶ月)・講師の指導(オンライン or 対面)
・質問チャットサポート
・進捗管理システムの提供
就職/転職/独立サポートあり

※プログラミングスクールの平均費用は、最低受講期間が1~3ヶ月のスクール(10校)の料金をもとに算出しています。

IT専門学校とプログラミングスクールを比較した場合、大きく異なる点は学習期間と費用です。IT専門学校に比べプログラミングスクールは、短期間で集中してスキル習得を目指します。また期間が短い分、必要費用も半分~4分の1程度です。

最低受講期間が1~3ヶ月のスクール平均費用は、19万3,574万円でした。時間をかけてスキルを身につけるならIT専門学校も選択肢に入りますが、短期間でコストを抑えたい場合はスクールの方が向いています。

なお、数多くあるプログラミングスクールのなかでも月分割4,098円から学べるSANURAI ENGINEER(侍エンジニア)は、現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスンとオリジナルカリキュラムが特徴のオンラインプログラミングスクールです。

就職・転職成功率は驚異の99%。受講生満足度も98%以上を誇り、これまでに3万5,000名以上の方を未経験からITエンジニアとして輩出してきました。現役エンジニアによる学習サポートに加え、専属のコンサルタントが内定獲得まで伴走してくれる就職支援も強みの1つ。

また、侍エンジニアでは最大70%OFFの費用で受講可能な「給付金コースを提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してITエンジニアへの転職や副業での収入獲得などの目的が実現できますよ。

公式サイトで侍エンジニアの詳細を見る

愛知/名古屋でプログラミングが学べるIT専門学校おすすめ7選

選び方をおさえたところで、ここからは愛知県名古屋市でプログラミングが学べるおすすめのIT専門学校を7校紹介します。

トライデントコンピュータ専門学校

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • ネットワークエンジニア

  • ゲームプログラマー

  • セキュリティエンジニア

トライデントコンピュータ専門学校」は、クリエイティブ職からシステム開発を担当する職種まで幅広く目指せる学校です。具体的には次のとおり、自分に最適なスキルを習得できます。

  • ゲームプログラミング
  • コンシューマゲーム開発
  • ゲームAI開発
  • VRゲーム開発
  • システム開発
  • サーバー管理
  • 情報セキュリティ
  • スマホアプリ開発
  • Webアプリ開発
  • AIシステム開発 など

VRゲームやAIシステム開発など最新分野のスキル習得にも対応しており、IT業界の第一線で活躍したい人にもおすすめです。

また学習サポートも充実しています。最大30人の少人数クラス制を採用し、入学から卒業まで徹底的にサポートしてもらえるのです。生徒と講師の距離感が近く、アットホームな環境でスキルを習得できます。

さらにキャリア相談や就職ノウハウ講座の実施、企業研究・就職研究の授業などキャリアサポートも魅力です。スキルと合わせて最適な就職対策ができるため、就職対策に不安のある人でも問題ありません。

トライデントコンピュータ専門学校は、学習サポートと就職支援のバランスが取れた学校です。

公式サイトで詳細を見る
実績・就職内定率98.0%
・2人に1人以上が上場・系列・大手企業に就職
学習形式・集団授業
・進捗や進路など個別サポートあり
就職支援/サポート・学内就職試験
・企業説明会
・企業研究/就職研究授業
・身だしなみ講座
・就職ノウハウ講座
・模擬面接
・キャリア相談
・インターンシップ など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市中村区名駅3-24-15
備考・入学金は各学科一律20万円
・別途、年間1万5,000~3万円の教材費が必要(学部ごとに異なる)

次の表に、プログラミングが学べるトライデントコンピュータ専門学校の各学科と学費をまとめました。

学部/学科名(通学期間)学費合計
情報処理学科(2年)約226万円
ゲームサイエンス学科(3年)約384万円
高度情報学科(3年)約345万円
サイバーセキュリティ学科(4年)約460万円

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

トライデントコンピュータ専門学校の評判・口コミ

ELICビジネス&公務員専門学校

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • アプリケーションエンジニア

  • Webプログラマー

  • ネットワークエンジニア

ELICビジネス&公務員専門学校」はビジネスで活躍できる人材育成に力を入れており、即戦力として働ける実践スキルを身につけられます。具体的には次のようなスキルを習得し、プログラマーやアプリケーションエンジニアなど幅広い職種を目指せます。

  • Webサイト開発
  • PC/OSなど操作
  • ネットワーク構築
  • アプリケーション開発 など

上記以外にも基本情報技術者資格や応用情報技術者資格など、国家資格取得も可能です。資格と実務スキルの両方を習得することで、即戦力として働ける人材を目指せます。

また現役プログラマー・システムエンジニアが指導するため、現場で今必要とされるスキルを効率的に習得可能です。落ちこぼれを作らない点を学校方針としており、授業でわからない点はその日のうちに指導を受けられます。

個人の習熟度に合わせてクラス分けされており、自分のペースで必要なスキルを無理なく習得できるのです。即戦力レベルのスキルを身につけたいものの、挫折しないか不安な人におすすめの学校といえます。

なお就職サポートも充実しており、過去の面接質問集や作文テーマなど情報を閲覧可能です。また面接指導や提出書類の書き方指導など、基本的なサポートは整備されています。

公式サイトで詳細を見る
実績・基本情報技術者試験午前免除85%
・IT業界からの求人数約320人
学習形式集団授業
就職支援/サポート・過去40年以上の就活情報の提供
・面接指導
・ビジネスマナー指導
・提出書類(履歴書/エントリーシート)の書き方指導
・内定獲得後のサポート
・卒業後の再就職支援 など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市熱田区新尾頭1-12-10
備考※入学金は10万円
※別途、年間教科書代2万5,000円
※1年次預り金(インターンシップ関連費)2万円
年度末に清算し残金を返却

次の表に、プログラミングが学べるELICビジネス&公務員専門学校の学科と学費をまとめました。

学部/学科名ITスキル科 情報処理コース
通学期間2年
学費合計約194万円
教科書代約5万円

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

ELICビジネス&公務員専門学校の評判・口コミ

口コミに関する補足
現在口コミは調査中のため、随時更新させていただきます。

専門学校名古屋スクールオブビジネス

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • Webクリエイター

  • ネットワークエンジニア

  • 情報セキュリティスペシャリスト

専門学校名古屋スクールオブビジネス」は、プログラミングやシステム開発全般のスキルを習得できる学校です。学べるスキルは次のとおりで、幅広いキャリアが選択肢となります。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • C言語
  • スマホアプリ開発
  • サーバー構築
  • IoTに関する知識
  • Webサイト制作
  • ・Webデザイン
  • ・動画制作 など

集団授業のほか講師の個別指導もあるため、わからない点も解決しながら進められます。またプログラミング言語の基礎知識からはじまり、下記のような開発工程全体を学習可能です。

  • 要件定義
  • 設計
  • 開発工程 など

すべての工程を学習するため、プログラマーなど開発職だけでなくシステムエンジニアなど設計業務を担当する職種も目指せます。

さらに就職サポートも充実しており、全国4エリア(東京・大阪・名古屋・九州)の求人情報を共有。UターンやIターン就職にも対応しています。それ以外にも、キャリアサポートチームの支援もあるため、就職活動に不安のある人も取り組みやすいです。

名古屋でスキルを習得し、他地域で活躍したい人にもおすすめの学校といえます。

公式サイトで詳細を見る
実績・8年連続就職率100%
・累計卒業者数6万9,945名
・求人数2,402件
学習形式・集団授業
・個別指導
就職支援/サポート・キャリアサポートチームのフォロー
・実習やインターンシップなど企業連携授業
・書類作成指導
・模擬面接
・就職カウンセリング
・キャリアガイダンス
・学内企業説明会/セミナー
・クラス担任と就職担当の手厚いサポート など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市中区栄5-1-3
備考なし

次の表に、プログラミングが学べる専門学校名古屋スクールオブビジネスの学科と学費をまとめました。

学科/コース名ITビジネス学科/情報技術者コース
通学期間2/3年
学費合計2年課程:約225万2,000円
3年課程:約338万2,000円

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

専門学校名古屋スクールオブビジネスの評判・口コミ

口コミに関する補足
現在口コミは調査中のため、随時更新させていただきます。

名古屋工学院専門学校

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • Webエンジニア

  • AIエンジニア

  • ネットワークエンジニア

  • データサイエンティスト

  • セキュリティエンジニア

名古屋工学院専門学校」は学習環境やサポート体制が充実しており、幅広い職種を目指せる学校です。おもに下記のスキルを学ぶことができ、自分の目指すキャリアを実現できます。

  • システム開発
  • ネットワーク構築
  • セキュリティ対策
  • アプリ開発
  • AI
  • IoT
  • クラウド
  • ゲームプログラミング
  • CG作成 など

各コースで必要な設備が整備されており、最適な開発環境や実習設備でスキルを学べます。最新開発に対応したパソコンや、VRゲーム開発環境など最新機器も充実している点は魅力です。

さらに就職サポートも充実しており、入学時からキャリアガイダンスなどキャリア形成がスタートします。就職活動時期にも、面接対策・書類作成支援など手厚いサポートを受けられるのです。設備の整う環境で、スキルを効率的に習得したい人におすすめの学校といえます。

公式サイトで詳細を見る
実績・累計6万6,000名を超える就職実績
・22年連続スペシャリスト試験合格
・就職率100%
・資格取得者就職率100%
・年間50社以上のインターンシップ
学習形式集団授業(実機を活用した学習あり)
就職支援/サポート・入学後個別面談
・キャリアガイダンス
・ビジネスマナー講座
・自己分析/履歴書の書き方指導
・企業や求人の情報収集サポート
・保護者との面談
・会社訪問時のサポート
・就職試験対策
・内定後から入社までのサポート など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市熱田区神宮4丁目7-21
備考・入学金は各コース一律20万円
・別途、教材費が必要(学科ごとに異なる)

次の表に、プログラミングが学べる名古屋工学院専門学校の各コースと学費をまとめました。

学科名(通学期間)学費合計
IT技術研究科(1年)約102万3,000円
ゲーム研究科(1年)約102万3,000円
電子情報研究科(1年)約95万7,000円
高度情報学科(2年)約199万8,000円
情報セキュリティ学科(2年)約222万8,000円
AIシステム科(2年)約222万8,000円
情報処理学科(2年)約222万8,000円
IoT技術学科(2年)約209万6,000円
電子情報学科(2年)約209万6,000円
ゲームCG学科(2年)約222万8,000円
ゲームサイエンス学科(2年)約222万8,000円
情報システム科(3年)約325万1,000円
情報総合学科(4年)約427万4,000円
ゲーム総合学科(4年)約427万4,000円

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

名古屋工学院専門学校の評判・口コミ

口コミに関する補足
現在口コミは調査中のため、随時更新させていただきます。

東京ITプログラミング&会計専門学校 名古屋校

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • ネットワークエンジニア

  • データベースエンジニア

  • セキュリティエンジニア

  • Webエンジニア

  • IoTエンジニア

  • スマホアプリエンジニア

東京ITプログラミング&会計専門学校 名古屋校は、全国に学校を持ち名古屋でも開校しています。特徴は、積極的に国家資格取得を目指すカリキュラムです。下記の国家資格取得を目指し、将来のキャリアにつなげます。

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 情報処理安全確保支援士資格 など

また学べるプログラミングスキルも充実しており、下記のスキルを習得可能です。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • C言語
  • Java
  • Python など

アプリケーション開発やネットワーク構築など、目標のキャリアに必要なスキルを学習できます。また学習はゼミ形式で同期とともに学習するため、講師だけでなく生徒同士で助け合いながら取り組めます。学習仲間と協力しながら、モチベーションを維持して学習したい人に向いている学校です。

公式サイトで詳細を見る
実績・民間企業就職率98.90%
・上場企業就職率35.65%
学習形式集団授業
就職支援/サポート・新入生就職セミナー
・就職ガイダンス
・学内就職セミナー
・就職個別指導 など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市中村区椿町14-8
備考※入学金各コース共通20万円
※教材費約3万4,500~6万6,500円(コースごとに異なる)

次の表に、プログラミングが学べる東京ITプログラミング&会計専門学校の各コースと学費をまとめました。

コース名・情報システムコース
・ITプログラミングコース
通学期間2/3年(各コース共通)
入学金20万円(各コース共通)
学費合計(各コース共通)
2年課程:約212万円
3年課程:約318万円
教材費約3万4,500~6万6,500円(コースごとに異なる)

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

東京ITプログラミング&会計専門学校の評判・口コミ

口コミに関する補足
現在口コミは調査中のため、随時更新させていただきます。

名古屋情報メディア専門学校

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • AIエンジニア

  • セキュリティエンジニア

  • ネットワークエンジニア

  • ゲームプログラマー

名古屋情報メディア専門学校」は、学科問わず実践力育成に力を入れています。IT企業と連携しており、最新技術を取り入れた特別授業を実施しています。講師の丁寧な指導により基礎を学び、そのうえで最新技術を学ぶことで実践力を身につけられるのです。

具体的には下記のスキルを学ぶことができ、ゲームプログラマーやシステムエンジニアなど幅広いキャリアを目指せます。

  • AI開発
  • VR技術
  • アプリケーション開発
  • クラウド構築
  • IoT開発
  • ゲーム開発
  • ネットワーク構築
  • セキュリティ対策 など

各種学習分野の学習に必要な開発環境や実習ルームが用意されており、最新機器に触れながら実践的なスキルを身につけられます

さらに連携する北海道情報技術研究所のスタジオから、ライブ授業も実施されており、最新で高度な技術に触れる機会もあるのです。充実した環境で最新スキルを学び、実践で強いITエンジニアを目指したい人におすすめの学校といえます。

公式サイトで詳細を見る
実績・累計就職実績1万3,000名
・就職率95%
学習形式集団授業
就職支援/サポート・クラス担任の進路フォロー
・就職専任スタッフの進路サポート
・社会人マナーやコミュニケーションスキルなどを学べるセミナー
・独自の企業説明会
・面接練習
・筆記試験対策
・卒業時に内定をもらえていない人に対するバックアップ制度 など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市熱田区大宝4丁目19-14
備考※大学卒業資格を取得できる学科あり

次の表に、プログラミングが学べる名古屋情報メディア専門学校の各学科と学費をまとめました。

学科名(通学期間)学費合計
ITスペシャリスト学科(2/3年)2年課程:約166万2,000円3年課程:約241万8,000円
IT(情報技術)学科(2年)約166万2,000円
ICTビジネス学科(2年)約166万2,000円
ゲーム学科(3年)約241万8,000円
総合情報(大学併修)学科(4年)約454万2,000円

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

名古屋情報メディア専門学校の評判・口コミ

HAL名古屋

HAL名古屋
出典:HAL名古屋

目指せる主な職種

  • プログラマー

  • システムエンジニア

  • ネットワークエンジニア

  • Webエンジニア

  • スマホアプリ開発エンジニア

  • ゲームエンジニア/クリエイター

  • AIエンジニア

HAL名古屋」は、個性を伸ばしつつ実践スキルを身につけられるカリキュラムが魅力です。下記のとおり、ゲーム開発やCGデザインなどクリエイティブ系スキルを学べる学科が充実しています。

  • ゲーム開発
  • CG作成
  • ゲームキャラクターデザイン
  • グラフィックデザイン
  • Javaプログラミング
  • ネットワーク構築
  • セキュリティ対策
  • IoTネットワーク構築
  • Webデザイン
  • Webサイト制作 など

独自に開発した教育評価システムを導入し、特性を評価する学業評価と長所を評価する個性評価を別々に採点しています。講師が改善点を指摘するだけでなく、長所も伝えることで自己評価を確認しながら自信もつけられるのです。

また学習や就職に関して、クラス担任・就職指導担任や各専任職員が連携してサポートしてくれます。悩みは誰かに相談できるため、1人で悩んで挫折するリスクを減らせるのです。個性を伸ばしつつ、必要なスキルを効率的に学びたい人におすすめの学校といえます。

公式サイトで詳細を見る
実績・15年連続希望者就職率100%
・求人数2万1,927名
・求人社数1,638社
・求人倍率13.90倍
学習形式集団授業
・グループ学習
就職支援/サポート・各業界のプロによるキャリアアドバイス
・就職ガイダンス
・マナー研修
・履歴書作成指導
・個別就職相談
・全国の求人情報をまとめたオンラインシステム
・インターンシップ
・模擬面接
・社内企業説明会/入社選考会
・人気企業担当者への作品プレゼンテーション
・卒業後のキャリアサポート など
アクセス※住所をタップすると、Google Mapが表示されます。
愛知県名古屋市中村区名駅4-27-1
備考・入学金は各学科一律25万円
・別途、3万4,500~6万6,500円の教材費が必要(学部ごとに異なる)

次の表に、プログラミングが学べるHAL名古屋の各学科と学費をまとめました。

学部/学科名(通学期間)学費合計
ゲーム学部/ゲーム学科(2年)約254万2,000円
IT学部/情報処理WEB学科(2年)約254万2,000円
IT学部/高度情報学科(4年)約508万4,000円
ゲーム学部/ゲーム学科(4年)約508万4,000円

公式サイトの情報をもとに掲載しています。
2023年3月時点の税込み価格を掲載しています。

HAL名古屋の評判・口コミ

口コミに関する補足
現在口コミは調査中のため、随時更新させていただきます。

プログラミングが学べるIT専門学校に関するFAQ

最後に、プログラミングが学べるIT専門学校に関するよくある質問に回答します。

  • 「IT専門学校は意味ない」って本当?
  • 相場より学費が安い専門学校もあるの?

「IT専門学校は意味ない」って本当?

プログラミングが学べるIT専門学校へ通い、満足している人は多くいます。ただ、次のような理由から専門学校に通い「意味がない」「きつい」などと感じた人もいるようです。

  • 授業内容が難しすぎてついていけない
  • 卒業後に独学でもスキル習得できたと後悔した
  • 学校推薦の就職先が自分にあわないケースもある
  • 希望の企業に就職できるとは限らない

専門学校への感じ方は在学生や卒業生それぞれのため、鵜呑みにしないよう注意が必要です。「行かなければよかった…」と後悔しないよう、良い口コミだけでなく不満を感じた口コミもチェックしておくのが良いでしょう。

なお、下の記事ではプログラミングが学べるIT専門学校が「意味ない」「きつい」などといわれる理由を紹介しているので、良ければ参考にしてください。

IT専門学校は意味がない?やめとけ・きついといわれる4つの理由

相場より学費が安い専門学校もあるの?

上記で解説した費用相場(117~235万円/2年制)の範囲ではあるものの、下記のような学費が安いIT専門学校はいくつかあります。

  • JCC上越公務員・情報ビジネス専門学校:188万円~(2年)
  • ELICビジネス&公務員専門学校:194万円~(2年)

なお、次の記事では学費が安いおすすめのIT専門学校を選び方も交えて紹介しているので、あわせて参考にしてください。

プログラミングが学べる学費の安いIT専門学校おすすめ10選

まとめ

今回は、愛知や名古屋でプログラミングが学べるおすすめのIT専門学校を、選び方も交えて紹介しました。

各学校ごとに学べるスキルや、学習・就職サポートは異なります。事前に学校内容を確認すれば、自分に合う学校を選択できるはずです。この記事を参考に、ぜひプログラミングスキルを習得し目標のキャリアを実現してください。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次