Unityにパッチを当ててみよう!具体な当て方を見てみよう

unityでバージョンによる不具合や今のバージョンに無い機能を使いたいことってありますよね。

そんな時にはunityにパッチを当てましょう!

この記事では、

・そもそもパッチとは?
・パッチの取得方法

といった基本的なことから、

・実際のパッチの当て方
・パッチを当てても問題が解決しない時には?

などの少し応用的なことまでわかりやすく解説します!

パッチとは?

パッチとはバグを修正したり、新しい機能を加えるような後付けのプログラムのことです。

unityではバージョンごとにパッチを当てる事が可能です。

不具合解決のためや、必要な機能を取り入れるためなどの場合に、行う必要があります。

パッチの取得方法!

パッチはunityのパッチリリースページ(https://unity3d.com/jp/unity/qa/patch-releases?version=2017.3)から取得できます。

パッチはバージョンごとにありますので、使っているunityのバージョンを確認してみましょう。

unityのバージョンは、「2017.3.1f1」 といった形式になっています。

合わせる部分は.3までの部分です。

例えば、バージョン「2017.3.1f1」にパッチを当てる場合は「2017.3~」となっているものをダウンロードします。

パッチを当ててみよう!

それでは実際にパッチを当ててみましょう!

まずはunityのファイル名を変えておくと良いです。

というのもパッチをダウンロードする場合「unityファイル」という名前でダウンロードされるので、既存のunityとファイル名が被ってしまい、不具合が生じることがあるからです。

ファイルの名前はバージョンにしておくとわかりやすいでしょう。

次に先ほど紹介したパッチリースページへ行き、パッチをダウンロードしましょう。

私のunityのバージョンは「2017.3.1f1」ですので、今回はこのバージョンを例として使います。

リリースページの初期設定では全てのバージョンが表示されていますので、表示されるバージョンを変更しましょう。

私の場合は2017.3に変更します。

変更すれば自分のバージョンに当てられるパッチしか表示されなくなるので便利ですね。

それでは自分が当てたいパッチを選択し、Unity エディターの Download Assistantのダウンロードボタンをクリックしましょう。

するとDownload Assistantがダウンロードされますので、クリックしましょう。

macOSだと以下の画面が出てくるので左側をクリックです。

確認画面が出てきますので、読んでみて問題がなければContinueを押しましょう。

ライセンスの同意画面が出てきます。

これも問題がなければ、Continueボタンを押します。

次にインストールするものが聞かれるので、必要に応じてチェックを入れましょう。

その後同じようにContinueボタンを押しましょう。

パッチをインストールするdeskを選択しましょう。

選択したらContinueです。

するとダウンロードとインストールが始まります。

しばらく待ちましょう。

無事にインストールできましたね!

それでは実際にインストールされたか確認してみましょう。

unityのファイルを確認してみてください。

新しくインストールされたファイルは「Unity」とだけ表記されています。

これで「Unity」の方を開くとパッチの当てられたunityを使用することができます。

パッチを当てても問題が解決しないときは?

ごく稀にですが、パッチを当てても問題が解決しないことがあります。

その場合はunity社に問い合わせてみたり、FaceBookのunity助け合い所(https://www.facebook.com/groups/unityuserj/)などを利用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
この記事ではunityのパッチの当て方を紹介しました。

パッチを当てる必要が出てきたときは、この記事を参考にしていただけたら幸いです!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!