スライドショー

VBAのツールボックスとは?要素を新しく追加する方法も解説!


ユーザーフォームのツールボックスの使い方がわからない・・・
ツールボックスを使って画面を作る方法が知りたいな・・・
できれば、おすすめの使い方も知りたい・・・

ユーザーフォームを使いこなすと、画面を使った便利ツールが作れるようになるためとても便利です。ただ、Excelのシートのみで処理を作っていた人がユーザーフォームを使うと、わからないことが多いのではないでしょうか。

空のユーザーフォームを作った時に表示されるツールボックスの使い方からよくわからず、ググってやってみてもいまいち使い方がわからない・・・という方も多いですよね。

こんにちは!フリーランスエンジニア兼テックライターのワキザカです。

この記事では、VBAでユーザーフォームを使いこなすためのツールボックスの使い方について解説します!

基礎的なツールボックスの使い方だけでなく、便利なコントロール・コントロールの追加方法についても解説しているので、ぜひ見てみてくださいね!

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBAのツールボックスの使い方を知りたい人
  • VBAでユーザーフォームを使ったアプリを作りたいと思っている人

VBAでツールボックスを使って画面を作る方法

はじめに、VBAでツールボックスを使って画面を作る方法について解説します。

VBAでは、VBAではユーザーフォームを使って次のような画面を作ることができます。


請求データ登録画面

ユーザーフォームで画面を作るときに、テキストボックス、ラベル、ボタンなどを追加していくためのツールが、ツールボックスです。


ツールボックスを使って画面を作る例

これだけでは作り方がわかりづらいので、簡単にユーザーフォームにテキストボックスを作る方法を解説しますね。

1. 挿入タブからユーザーフォームを選択

ユーザーフォームの選択

2. ツールボックスからテキストボックスを選択

ツールボックス

3. ユーザーフォームにドラッグしてサイズを決めて配置

ユーザーフォーム

これでテキストボックスの追加が完了です。このように、簡単に画面にコントロールを追加することができます。

ユーザーフォームの作り方については、以下で詳しく解説しています。一度もユーザーフォームを使ったことがない方は、以下を見てみてくださいね!

【VBA入門】ユーザーフォームの使い方(テキスト表示、カレンダー)
更新日 : 2019年4月22日

VBAのユーザーフォームにある各コントロール使い方

次に、VBAのユーザーフォームにある各コントロールの使い方について解説します。

ユーザーフォームにただテキストボックス、ラベル、ボタンなどを置くだけでは見た目が見づらかったりしますよね。見た目だけでなく、細かい設定ができるのがプロパティウィンドウです。

テキストボックスのプロパティの例:

テキストボックスのプロパティの例

項目が多いですが、各コントロールごとに最低限使う項目は少ないです。それぞれ以下で詳しく解説しているので、使うコントロールに合わせてみてみるのがおすすめです!

VBAのツールボックスにコントロールを追加する方法

次に、VBAのツールボックスにコントロールを追加する方法について解説します。

初期状態では、以下のコントロールしか表示されていません。


初期状態のツールボックス

これだけでも画面は作っていけますが、ほかにも便利なコントロールがたくさんあります。たとえば次の画面は、コントロールを追加しないと作ることができません。


処理経過を表示する画面

そのため、コントロールの使い方を覚えておくことがおすすめです!

コントロールの追加方法

それでは、コントロールの追加方法について解説します。

コントロールの追加方法は、次のとおりです。

次に、プログレスバーを表示するためのコントロール追加方法について解説します。プログレスバーコントロールの追加方法は、次のとおりです。

1. ツールボックスのコントロールで右クリックし、その他のコントロールをクリック

画像:ツールボックス

2. 「Microsoft ProgressBar Control version X.X」にチェックを入れてOKボタンをクリック

画像:コントロールの追加

追加すると、次のようにプログレスバーのコントロールがツールボックスに表示されます。

画像:ツールボックス
詳細はこちら

「画面にこんなコントロールがあれば・・・」みたいなときは、ググって追加していくのがおすすめです!

VBAのツールボックスに追加するとおすすめのコントロール

次に、おすすめのコントロールについて紹介します。

先ほど紹介した処理経過を表示するための「プログレスバー」と、データ一覧を使って処理を作るときにおすすめの「ListView」です。

1. プログレスバー:

プログレスバーを使った画面

2. ListView:

ListViewを使った画面

使い方については、それぞれ以下で詳しく解説しています。コントロールの追加方法から解説しているので、ぜひ以下を見て使ってみてくださいね!

【VBA入門】ListViewコントロールでデータ一覧を操作する方法とは
更新日 : 2018年12月18日

まとめ

今回は、VBAのツールボックスの使い方・要素を新しく追加する方法について解説しました。

基礎的なコントロールの使い方を覚えたら、コントロールを追加して思い描いた画面を作ってみることがおすすめです。

ぜひ、ツールボックスを使いこなせるようになってくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。