30代未経験でもフリーランスエンジニアは可能!プロがわかりやすく解説

30代未経験でもフリーランスエンジニアになれる?
30代フリーランスエンジニアに求められるスキルは?

自由なスタイルで働ける「フリーランスエンジニア」に興味を持つ人は増えています。しかし30代未経験だと、目指してよいものか不安もありますよね。

結論から言えば、30代未経験でもフリーランスエンジニアになることは可能です。しかし、簡単ではありません。正しい知識を持たずに突き進むと、挫折します。

そこで本記事では、30代未経験からフリーランスエンジニアを目指す人向けに、必要な情報をお伝えします。プロのエンジニアがわかりやすく解説しているため、ぜひご覧ください。

なお、「そもそもフリーランスエンジニアをよく知らない」という方は、次も合わせてご覧ください。

フリーランスエンジニアの実態とは?働き方や年収、体験談を紹介
更新日 : 2022年4月1日

30代未経験でもフリーランスエンジニアになれる3つの理由

30代未経験でもフリーランスエンジニアになれる理由

30代未経験でもフリーランスエンジニアになれる理由は、次の3つです。

  • プログラミング学習環境が充実しているため
  • 年齢よりもスキルが重視されやすいため
  • 別業種での経験やスキルも活かせるため

1つずつ、順番に解説します。

理由1:プログラミング学習環境が充実しているため

今ではプログラミングを学べる教材が豊富にあり、未経験でも学びやすくなっているのです。書店には数多くの参考書が並んでいますし、Web上にもさまざまな学習サイトが存在します。

また独学に不安がある場合でも、プログラミングスクールで教えてもらうことが可能です。最近ではオンライン型のスクールも増えており、社会人でも仕事を続けながらプログラミングを学べます。

30代未経験でもプログラミングを習得できるような学習環境が充実しているのです。

理由2:年齢よりもスキルが重視されやすいため

フリーランスではスキルさえあれば、それほど年齢がネックになることはありません。30代未経験でもスキルをうまくアピールできれば、仕事の受注は可能です。

そもそも企業は、自社の手に余る仕事をカバーしてもらうためにフリーランスを求めます。仕事の質やスピードに問題がなければ、年齢がいくつであろうと関係ありません。

もちろん仕事を受注するためには、必要なスキルを身につけていることが大前提です。

理由3:別業種での経験やスキルも活かせるため

フリーランスに必要なスキルの多くは、別業種でも身につけられるものです。別業種での経験やスキルを活かせば、プログラミング以外に必要な学習が少なくて済みます。

たとえば営業職を続けてきた人なら、営業力を活かして顧客にアピールしやすいでしょう。案件によっては、別業種の知識がそのまま役に立つことも考えられます。

30代だからこそ、別業種のキャリアが武器になるのです。フリーランスに必要なスキルの詳細は、後ほど紹介します。

30代フリーランスエンジニアにおすすめの3職種【単価相場も】

30代でフリーランスエンジニアを目指す人におすすめの職種は、下記の3つです。

職種名単価相場
Web制作69.9万円
Web開発71.8万円
スマホアプリ開発72.2万円

フリーランスエンジニアおすすめ職種
※単価相場はフリーランススタートにより調査(2021年12月時点)

それぞれの職種について紹介します。

Web制作

主な言語:HTML・CSS・JavaScript

「Web制作」とは、主に企業や個人事業主のWebサイトを制作する仕事です。ユーザーの目に見える部分を制作するため、Webデザインのスキルも求められます。

在宅案件が豊富にあり、扱うプログラミング言語も習得しやすく、30代未経験の人におすすめです。次の記事では、Web制作で在宅ワークを始める方法を紹介しているため、ぜひ一読ください。

Web制作で在宅ワークをはじめる方法と案件獲得手順を公開
更新日 : 2021年11月16日

Web開発

主な言語:PHP・Ruby・Python・SQL

「Web開発」とは、Web上で動作するアプリケーションやシステムを開発する仕事です。Web制作とは異なり、Webサーバーでデータを取得したり編集したりするプログラムなどの開発も必要になります。

こちらも在宅案件が豊富で、プログラミング言語の習得難易度も低めです。ただし、Web制作と比べてプログラムの動作をイメージしづらい分、難易度は上がります。

Web開発のフリーランス案件を獲得する方法を知りたい人は、下記の記事をお読みください。

Webエンジニアとしてフリーランス案件を獲得するためのスキルと方法
更新日 : 2019年11月19日

スマホアプリ開発

主な言語:Swift(iOSアプリ) / Kotlin・Java(Androidアプリ)

「スマホアプリ開発」とは、スマートフォンにインストールして使うアプリケーションを開発する仕事です。プログラミング言語の習得難易度は、前述の2職種より少し高いものの、高単価な在宅案件が豊富にあります。

スマホアプリ開発にはiOS・Androidの2種類あり、それぞれに向いたプログラミング言語があります。スマホアプリ開発について詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

初心者でも大丈夫! スマホアプリ開発の方法・勉強法から将来性まで解説
更新日 : 2021年8月1日

30代フリーランスエンジニアに求められる5つのスキル

30代フリーランスエンジニアに求められるスキル

30代フリーランスエンジニアには、次の5つのスキルが求められます。

  • ITスキル
  • 営業力
  • 提案力
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル

ITスキルには、プログラミングスキルはもちろん、コンピューターや開発分野ごとの知識も含まれます。

仕事の受注率を高めるためには、自分を売り込んでいく営業力も必要です。

またフリーランスでは、顧客と相談しながら仕様を決めていくことも良くあります。質の高い提案ができると顧客満足度が向上し、継続受注のチャンスが増えます。

フリーランスの在宅案件でも、オンラインで円滑にやり取りするためにコミュニケーションスキルが欠かせません。さらに、受注した案件の進捗を正確に管理するためにマネジメントスキルも必要不可欠です。

次の記事ではフリーランスエンジニアのスキルセットを紹介しているため、併せて参考にしてください。

フリーランスエンジニア【スキルセット一覧】必読!スキルアップ完全マニュアル
更新日 : 2021年11月19日

30代未経験からフリーランスエンジニアになるためのロードマップ

独学でフリーランスエンジニアを目指す30代未経験の方には、次の6ステップがおすすめです。

  • 1. 希望する職種に合うプログラミング言語を選ぶ
  • 2. 学習に必要な環境を整える
  • 3. プログラミング言語の基礎を学ぶ
  • 4. プログラミングを実践する
  • 5. ポートフォリオを作成する
  • 6. クラウドソーシングサイトで案件を受注する

プログラミング学習の大まかな流れは、フリーランスでも就職・転職でも変わりません。まずは、目指す職種を決めてプログラミング言語を選ぶ必要があります。

その後、学習に必要な環境を整えてから、プログラミング言語の基礎文法を学びます。基礎が固まったら、実際にプログラムを書いて実践力を身につけることが大切です。

プログラミングスキルを習得できたら、仕事の前準備として「ポートフォリオ」を作成します。ポートフォリオとはプログラム作品集のことで、未経験の人にとっては欠かせないアピールポイントです。

そして、フリーランス案件をオンラインで受注できる「クラウドソーシングサイト」で案件を探しましょう。はじめのうちは、簡単な案件で実績を積んでいくことをおすすめします。

上記ステップをより詳細にした独学のロードマップを知りたい方は、次の記事をお読みください。

プログラミングを独学でマスターできる勉強法【おすすめサイトや本も紹介】
更新日 : 2022年5月16日

30代未経験でフリーランスエンジニアを目指すときの注意点

フリーランスエンジニアを目指すときの注意点

30代未経験でフリーランスエンジニアを目指すときの注意点は、次の3つです。

  • 資格よりもスキルアップを優先する
  • まずは実務経験を積むのが堅実
  • 就職・転職が難しければ副業から始める

それぞれ詳しく解説します。

資格よりもスキルアップを優先する

フリーランスエンジニアを目指すなら、資格よりもスキルアップを優先すべきです。

知識やスキルをアピールするために、資格の取得を考える未経験の人もいるでしょう。しかし、アピールできるレベルの資格を取得するためには、多くの時間やコストがかかります。

たとえ資格がなくても、ポートフォリオでアピールすることも可能です。また資格を取得できたとしても、それだけで受注率がアップするとは限りません。

費用対効果を考えると、1日でも早くスキルを習得して、仕事を受注できるようにする方が得策といえます。「それでも資格を取得したい」という人は、次の記事を参考にしてください。

フリーランス向けおすすめ資格を紹介!仕事に繋がる資格をエンジニアが厳選
更新日 : 2021年8月12日

まずは実務経験を積むのが堅実

フリーランスを目指すとしても、まずは就職・転職して実務経験を積むほうが堅実です。

先ほど、フリーランスだと年齢はそれほどネックにならないと解説しました。しかし年齢はともかく、「実務未経験」は仕事に応募する上でどうしても不利になります

顧客からすれば、現場で仕事をしたことがない人に任せて良いものか不安に感じてしまうのです。ポートフォリオや営業力でカバーするにしても、限界はあります。

いきなりフリーランスに挑戦して挫折するよりは、多少遠回りでも成功しやすいといえます。30代未経験から就職・転職を成功させる方法については、次の記事を一読ください。

30代プログラミング未経験からエンジニアに!必要なスキルと注意点
更新日 : 2022年5月16日

就職・転職が難しければ副業から始める

もし就職・転職が難しいようであれば、最初は副業から始めることをおすすめします。

自ら仕事を受注し続けていくフリーランスのハードルは、就職・転職よりも高いものです。いきなりフリーランスとして生活していけるほど稼げることは、まずありません。

最初は堅実に副業で少しずつ経験を積んでいくのです。エンジニアとしての実力がついたら、フリーランスにシフトしていくと良いでしょう。

30代未経験からフリーランスエンジニアを目指すならスクールへ

30代未経験からフリーランスエンジニアになることは、簡単ではありません。独学だと不明点を誰にも質問できないため、学習段階でつまずいてしまう方が大半です。

挫折せずにスキルを習得してフリーランスエンジニアになるなら、スクールの利用をおすすめします。現役エンジニアの講師から丁寧に教えてもらえるため、挫折せず効率的に学習できます。

弊社「SAMURAI ENGINEER」は、現役エンジニアによるマンツーマン指導が特徴のオンライン型スクールです。「フリーランスコース」では良質なポートフォリオを作成でき、仕事の受注率アップが期待できます。

30代未経験からフリーランスエンジニアを目指す方は、ぜひ無料カウンセリングをお試しください。

無料カウンセリングはこちら

卒業生インタビュー

SAMURAI ENGINEERには、実際に30代未経験からフリーランスエンジニアになった人も数多くいます。その中から2名の卒業生インタビューをピックアップして紹介します。

まとめ

今回は、30代未経験からフリーランスエンジニアを目指す人向けに、次の5点の情報をお伝えしました。

  • 30代未経験でもなれる3つの理由
  • おすすめの3職種
  • 求められる5つのスキル
  • なるためのロードマップ
  • 目指すときの注意点

フリーランスエンジニアは、自由なスタイルで働ける魅力的な仕事です。しかし30代未経験の方であれば、必要な情報を押さえてから目指すことが重要となります。

今回の内容を参考にして、ぜひフリーランスエンジニアになる夢を叶えてください。

この記事のおさらい

30代未経験でもフリーランスエンジニアになれる?

30代未経験でもフリーランスエンジニアになることは可能です。その主な理由は、「プログラミング学習環境が充実しているため」「年齢よりもスキルが重視されやすいため」「別業種での経験やスキルも活かせるため」の3つ。詳細は、この記事を参照してください。

30代未経験でフリーランスエンジニアを目指すときの注意点は?

「資格よりもスキルアップを優先する」「まずは実務経験を積むのが堅実」「就職・転職が難しければ副業から始める」の3つです。詳しくは、この記事をご覧ください。

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close