スライドショー

【Java】一目でわかるキューとスタック!データ管理をラクにしよう!

こんにちは!エンジニアの中沢です。

JavaにはFIFO(First In First Out)でデータを使用するための「Queue」があります。

先に入れたデータを先に出すことができるので、データを管理する上で非常に役立ちますよ!

またその逆の特徴をもつStack(スタック)も存在します。

この二つは似て非なるものです。

ぜひ特徴を把握し使い分けていきましょう。

この記事では、まずQueue(キュー)とStack(スタック)の違いを見ていきましょう。

そのあとは、Queue(キュー)の詳細を、そしてリンク先ではStack(スタック)の詳細を見ていきましょう。

応用的まできっちり説明していきますので必見です!

Queue(キュー)とStack(スタック)とは

Queue(キュー)とは、先に入れたデータを先に取り出す仕組みのFIFO(First In First Out)を使うためのものです。

画像のように、追加したデータを古いものから順番に取り出して使用したい場合に使います。

逆に後から入れたものを先に取り出す仕組みはスタックと呼ばれます。

こちらは、最後に入れたデータを、最初に取り出す仕組みです。

取り出すときに、どこから先に取り出すのか?

これがQueue(キュー)とStack(スタック)の違いです。

初心者の方は「だからなんなんだろう?」と感じる箇所かもしれませんが…

データをよりわかりやすく管理する上で、この二つを正しく使い分けることは重要なことです。

ぜひこの違いを覚えておきましょう。

今回はこの後Queueの使い方について細かく見てきます。

もし「Stackが知りたいんだ!」という方は以下のリンクでStackの説明を行っています。

こちらを読んでみてください。

【Java入門】Dequeでスタックを使う方法(push/pop/peek)
更新日 : 2018年7月11日

Queueの使い方

では早速Queueの使い方を見ていきましょう。

主に覚えるべき命令は3つです。

追加を行うadd
値を取り出すpull
値を(取り出さず)見るだけのpeek

この3つです。

順に見ていきましょう。

値を追加する方法(add)

ここでは、Queueに値を追加する方法を解説します。

Queueに値を追加するには、addメソッドの引数に追加したい値を指定します。

次のプログラムで確認してみましょう。

import java.util.ArrayDeque;
import java.util.Queue;

public class Main {

    public static void main(String[] args) {

        Queue<String> queue = new ArrayDeque<>();
        queue.add("sa");
        queue.add("mu");
        queue.add("ra");
        queue.add("i");

        System.out.println(queue);

    }

}

実行結果:

[sa, mu, ra, i]

このようにして、値を追加することができました。

値を取り出す方法(poll)

ここでは、Queueの値を取り出す方法を解説します。

Queueの値を取り出すには、pollメソッドを使います。

取り出した値は削除されるので注意が必要です。

次のプログラムで確認してみましょう。

import java.util.ArrayDeque;
import java.util.Queue;

public class Main {

    public static void main(String[] args) {

        Queue<String> queue = new ArrayDeque<>();
        queue.add("sa");
        queue.add("mu");
        queue.add("ra");
        queue.add("i");
        
        System.out.println(queue.poll());
        System.out.println(queue);

    }

}

実行結果:

sa
[mu, ra, i]

このようにして、値を取り出すことができました。

取り出した値はQueueから削除されていることが確認できます。

値を参照する方法(peek)

ここでは、Queueの値を参照する方法を解説します。

Queueの値を参照するには、peekメソッドを使います。

参照した場合には、値は削除されません。

次のプログラムで確認してみましょう。

import java.util.ArrayDeque;
import java.util.Queue;

public class Main {

    public static void main(String[] args) {

        Queue<String> queue = new ArrayDeque<>();
        queue.add("sa");
        queue.add("mu");
        queue.add("ra");
        queue.add("i");
        
        System.out.println(queue.peek());
        System.out.println(queue);

    }

}

実行結果:

sa
[sa, mu, ra, i]

このようにして、値を参照することができました。

参照した値はQueueから削除されていないことが確認できます。

引き続きStack(スタック)も!

今回Queue(キュー)を学んだ人は、ぜひ合わせてStack(スタック)も学んでおいてください。

似た機能なので、すぐに理解ができるでしょう。

【Java入門】Dequeでスタックを使う方法(push/pop/peek)
更新日 : 2018年7月11日

合わせて覚えて、うまく使い分けたいですね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は「Queue」の使い方を解説しました。

先に入れたデータを先に出すことができるので、ぜひ活用してくださいね。

もし、Queueの使い方を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

中沢 丈

中沢 丈

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]ejuku.net

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説