Redmineでガントチャートを使いこなすための機能・使い方を徹底解説!

みなさんは、Redmineのガントチャートを使いこなしていますか?

プロジェクト全体の進捗を見るとき、カテゴリや担当者などを絞り込んで進捗管理したいときなど、ガントチャートの使い方を覚えておくととても便利です!

そこで今回は、


・Redmineのガントチャート機能とは?
・Redmineのガントチャート画面について

といった基礎的なことから、


・Redmineのガントチャートの使い方
・ガントチャートでおすすめのプラグインとは?

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

Redmineのガントチャート機能とは?

はじめに、Redmineのガントチャート機能について簡単に解説します。

Redmineでは、作成したチケットの「開始日」「期日」をもとに作成された、ガントチャートを使うことができます。

ガントチャートサンプル:

全てのチケットを見るだけでなく、担当者でフィルターすることもできます。

使いこなすと進捗管理がとても楽になるので、使い方を覚えておくのがおすすめです!

Redmineのガントチャート画面について

次に、「Redmineのガントチャート画面」について、簡単に解説します。

ガントチャート画面サンプル:

画像のように、大きく分けて次の3つのエリアに分かれています。


・フィルターエリア
・オプションエリア
・メインエリア

それぞれのエリアについて、何ができるか詳しく解説しますね。

フィルターエリア

フィルターエリアは、ガントチャートに表示するデータを絞り込む設定をするためのエリアです。

初期状態だと「未完了」のデータのみ表示される設定になっているため、チケットステータスが「完了」になっているデータは表示されません。


・完了も含め、すべてのデータを表示したい場合
・担当者を指定してデータを表示したい場合
・期日が過ぎているデータのみ表示したい場合

のように、表示方法を変えることができるので、とても便利な機能ですね。

具体的な設定方法は、後ほど詳しく解説します。

オプションエリア

オプションエリアは、「関連するチケット」「チケットの遅延率」などを確認するときに便利な、オプションを選択するエリアです。

チェックを付けると、ガントチャートの見た目をわかりやすく変えることができます。

たとえば、「イナズマ線」にチェックを入れると、次のように「遅延しているチケット」がわかりやすくなります。

イナズマ線を付けたときのサンプル:

チェックを付けるだけで見やすくなるため、覚えておくと便利です!

メインエリア

メインエリアは、文字通りガントチャートを表示するメインのエリアです。

フィルターエリア、オプションエリアで設定した条件に応じて、データを表示します。

左側にあるチケット番号を選択すると、チケット詳細画面に移動することもできます。

「ガントチャートで進捗確認しつつ、詳細を見たいチケットはチケット番号をクリックして確認」といった使い方ができるので、とても便利ですね。

Redmineのガントチャートの使い方

次に、「Redmineのガントチャートの使い方」について、解説します。

日付を表示する方法

まず、「日付を表示する方法」についてです。

ガントチャートは、オプション画面右側にある「拡大」「縮小」をクリックすることによって、日付の粒度を変更することができます。

言葉だけでは伝わりにくいため、「縮小したとき」「拡大したとき」の画像を用意しました。

・縮小したとき:

・拡大したとき:

拡大すると、「日付・曜日」も見えるようになりますが、全体を俯瞰して見づらくなってしまいます。

縮小すると、「日付・曜日」が見えなくなりますが、全体を俯瞰して見やすくなります。

全体を見てスケジュール管理したいとき、細かいチケットレベルでスケジュールを管理したいときなど、見たい情報に合わせて見え方を変えるのがおすすめです!

担当者で絞り込む方法

次に、「担当者で絞り込む方法」についてです。

具体的な手順は、次のとおりです。

1. 「フィルター追加」のドロップダウンリストから、「担当者」を選択

2. 「フィルターエリア」に追加された担当者に条件を追加し、「適用」をクリック

これだけで、指定した担当者のチケットのみ表示することができます。

設定を保存する方法

次に、「設定を保存する方法」についてです。

先ほど解説した「担当者を絞り込む方法」ですが、毎回フィルターの設定をするのは、大変ですよね。

そのため、「よく見る条件の設定」を保存しておくのがおすすめです!

設定の保存方法は、次のとおりです。

1. 「保存」リンクをクリック

2. 「名称」「表示」「フィルター」「オプション」を入力し、保存ボタンをクリック

作成すると、画面右側に「カスタムクエリ」が表示され、リンクを選択すると保存した条件のデータを表示できます。

カスタムクエリの場所:

また、条件保存画面の「表示」項目ですが、デフォルトでは次のように「自分のみ」が選択されています。

すべてのユーザー」または「ロール」を選択することで、他のユーザー向けに保存した設定を公開できます。

使い勝手がとても上がるので、覚えておくと便利です!

ガントチャートでおすすめのプラグイン「easy_gant」とは?

ここまで、Redmineに最初から備わっている「ガントチャート」の使い方について解説しました。

データを見るだけであればこれだけでも良いのですが、「ガントチャートを直接触って、スケジュールを変更すること」ができないため、スケジュール変更に時間がかかってしまいます。

そんな時におすすめなのが、Redmineのガントチャートプラグイン「easy_gant」です。


URL:https://www.easyredmine.jp/redmine-gantt-plugin


・チケット間の関連性が視覚的にわかりやすい
・ガントチャート画面からチケット作成ができる
・ドラッグアンドドロップでガントチャートが操作できる

のように便利な機能が満載なので、とてもおすすめです。

Redmineでプラグインをインストールする方法」について以下記事で解説しているので、見ながらインストールするのをおすすめします!

【Redmineでプラグインを活用しよう】install/uninstall 手順まとめ
更新日 : 2019年6月13日

まとめ

今回は、Redmineのガントチャートを使いこなすための機能・使い方について解説しました。

ガントチャートは、Redmineの肝となる機能の一つです。

使いこなすと進捗管理がとても楽になるので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説