スライドショースライドショースライドショー

未経験からシステムエンジニアになるには?

未経験からSEに なる方法は?


未経験だけどシステムエンジニアになりたい!
どんな仕事をするの?
転職先はどう探せばいい?

需要高まるIT人材。プロジェクトの中心となって活躍するのがシステムエンジニア(SE)です。

設計から開発、その後の保守まで、どの工程でも活躍できるオールマイティーな職業に興味がある方も多いのではないでしょうか。

でも実際にシステムエンジニアになるには何をすればいいのでしょうか?

今回は未経験からシステムエンジニアになるために、どんなことが必要で、何が障害になるのかをご紹介いたします。

システムエンジニアとは

画像:Shutterstock

システムエンジニアとはSIerに勤務し、システム開発における要件定義〜テストまでの全工程で活躍する人々のことをいいます。

要件定義

クライアントとの打合せを通して、どんなシステムが求められているのか洗い出し、要件定義を行う。

設計

どのような機能が必要か、どのような表示・操作にするか、なんの仕組みでそれを実現するか設計する。

開発

プログラミングを行ったり、システムを動かすサーバーを用意したりしてシステムを開発する。

テスト

完成したシステムが想定通りに動くかをテストする。

このような一連の流れにシステムエンジニアは欠かせません。担当する業務が広範囲にわたるのが分かりますね。

そのため「システムエンジニア」として入社することは少なく、開発経験を積んだプログラマーが、徐々に出来ること・関われる工程を増やしていき、システムエンジニアに昇格するといったケースが多いです。

未経験でもシステムエンジニアになれる?

画像:Shutterstock

未経験では難しい

前述の通り、「未経験でシステムエンジニア」は難しいです。

ある程度の開発経験がある人がシステムエンジニアになるというのが一般的なため、未経験者はまずプログラマーを目指すべきです。プログラマーはシステムエンジニアとは異なり、プログラミングだけを担当します。

プログラマーは仕様書を元に機能を作るのが仕事であるため、クライアントとの折衝には参加しませんし、要件定義などの上流工程にも通常は参加しません。

開発経験を積んで危なげなくコードを書けるようになると、少しずつ上流工程に参加する機会も与えられるようになります。そこでも存分に力を発揮できるようになれば、システムエンジニアとして扱われるようになるのです。

会社によっては未経験でもいきなりシステムエンジニアとして採用することもあります。

その場合も、最初はプログラマーの役割をさせながら少しずつ上流工程に関わらせるという流れを取るのが一般的です。

年齢の壁

エンジニア35歳定年説、というのがあります。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは「35歳になると、残業多めで体力勝負なエンジニアの仕事はつらくなってくるし、そのくらいの年齢になると会社も管理職への昇格を望むので、ここらでエンジニアを卒業しましょう」という個人の体力限界と企業の希望が合致して起きる現象です。

もちろん開発の仕事が好きで、35歳を過ぎてもエンジニアとして活躍されている方は大勢います。ですが、若くて多少の無理が利くうちに開発実績を積んでおくべきなのも事実です。

何かを始めることに遅いということはない、とも言いますが、エンジニアを目指すのであればご自身の年齢と体力には気をつけておくべきでしょう。

基本的にデスクワークですが、プロジェクト終盤には「帰れない」「寝る時間がない」ということが起こり、体力も気力も削られがちです。

そういった点も考慮し、未経験からエンジニアに転職するのなら早いうちに決めましょう。

未経験からシステムエンジニアに転職するには

画像:Shutterstock

ひとりでシステム開発をしてみる

未経験歓迎をうたっている企業に応募するつもりであっても、必ず一度は自分ひとりでシステム開発をしてみましょう。

最初のうちは、巷に溢れたサービスの真似で構いません。ひとつのシステムを作り上げることで、システム開発に必要な技術や考え方が身につきます。

開発中に何度か壁にぶち当たると思います。その時はできるだけ自分で調べて解決してみましょう。システムエンジニアには、自分で課題解決する方法を知っておくことも重要です。

ひとりでシステムを完成させたという経験は、実務を始める際の自信にも繋がるはずです。完成させたシステムは、転職活動の際にポートフォリオとして利用できるようにしておきましょう。

実務で不可欠なツールの使い方を知っておく

趣味でプログラミングをやっている分には、自分が好きなエディタを使い、好きに開発作業を行えば良いですが、企業に属して仕事をするとなると話は変わってきます。

実務では以下のようなツールを使って開発を進めていくことが多いです。

  • Git
  • Visual StudioEclipseなどのIDE
  • Google Drive

Gitはソースコードのバージョン管理を行うためのもので、どのプロジェクトでも使っていくことになるはずです。

Gitは本来コマンドラインから操作するものですが、より分かりやすく操作できるクライアントツール「SourceTree」があります。こちらを取り入れている企業も多いため、一度は触ってみてください。

IDE(統合開発環境)は入社するまではどれを使うか分かりませんが、有名どころのVisual StudioEclipseに触れておくと良いでしょう。IDEはエディタやコンパイラがひとつのソフトに収められている統合開発環境です。

またクライアントとのやり取りや、社内での情報共有にGoogle Driveを活用している企業もあります。Googleアカウントがあれば無料で利用できるので、覚えておいて損はありません。

仕事内容を把握しておく

システムエンジニアに興味があるのなら、まずは仕事内容を把握しておきましょう。

システムエンジニアの仕事は、次のように分けることができます。

  • 要求分析
  • 要件定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト


この中で、要求分析~設計を上流工程、開発~テストまでを下流工程と呼びます。

上流工程では、主にクライアントと協力して「どのようなシステムを作るか」を考え、決めていく作業を行います。

要望を正確に知るためのヒアリング力や、どのような機能で課題解決に取り組むか考える発想力、それを顧客やプロジェクトメンバーに伝えるコミュニケーション能力が必要です。

下流工程ではプログラマーと共に開発作業を行います。上流工程で作った仕様書を元に、機能を作り込み、要求通りに動くかテストします。

これまで磨いてきたプログラミングスキルを活用する場面です。

ここまで読んでみて、上流工程の仕事内容に強く惹かれるという人は、ぜひシステムエンジニアを目指してみてください。

また、下流工程の方が魅力的であればプログラマーの道を選択するのも良いでしょう。

システムエンジニアの求人情報

画像:Shutterstock

実際に転職活動をする場合は、ハローワークではなく求人サイトを利用するのが便利です。

転職エージェントからのアドバイスが受けられますし、システムエンジニア向けの選考書類の書き方なども詳しく紹介されています。

人手不足が叫ばれる業界ですから、未経験歓迎求人も数多く登録されています。IT業界での勤務経験がなくても、採用後に一人前になるまで教育してくれる企業もあるので注目ですね。

またビジネスSNSであるWantedlyにはIT企業が多く登録されているため、手軽に自分と価値観の合いそうな職場を探すこともできます。

システムエンジニア向けのおすすめ求人サイトについては以下の記事をご覧ください。

[link]https://www.sejuku.net/blog/111373[/link]

まとめ

未経験からシステムエンジニアになるために、どんなことが必要で、何が障害になるのかを解説しました。

システムエンジニアとして働くには、まずプログラマーを目指すべきことが分かりましたね。

年齢の壁もありますので、転職をお考えなら30代前半には行動に移すのが良いでしょう。

転職までの間には、IDEを利用して何かしらのシステム開発を行いましょう。そこでGitやGoogle Driveの使い方も覚えられたらベストですね。

好みや性格により、システムエンジニアよりプログラマーが向いている場合もあるため、どちらが自分に合っているかも考えてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説