未経験からシステムエンジニア(SE)に転職するための5ステップ

未経験からシステムエンジニアへの転職は可能?
未経験からシステムエンジニアに転職する方法は?

IT産業の需要拡大にともない、システムエンジニアに興味を持つ人は増えています。しかし、どうすれば未経験からなれるのかイメージがわかない方は多くいますよね。

そこで、この記事では未経験からシステムエンジニアに転職する方法を、必要なスキルや大切なポイントも交えて紹介します。この記事を読めば、システムエンジニアに転職するイメージが明確になりますよ。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

プログラミング未経験からシステムエンジニアに転職できるのか

プログラミング未経験からシステムエンジニアへの転職は可能

結論から言えば、プログラミング未経験からシステムエンジニアへの転職は可能です。ITエンジニアの数は不足しており、未経験でも応募可能なシステムエンジニアの求人も増えています。

ただし実務は未経験であっても、システムエンジニアに求められるスキルの習得は必要です。実際にはスキルを習得する段階で挫折する人も多く、未経験からシステムエンジニアへの転職は決して簡単ではありません。

また、「何歳まで」という明確な制限はありませんが、年齢が上がれば上がるほど難易度も高まります。20代・30代・40代以上の3パターンに分けて、順番に解説します。

20代の場合

成功のチャンスが最も多いのは、新卒や第二新卒などで20代からシステムエンジニアを目指すケースです。採用コストが低いため企業にとってリスクが少なく、未経験でも敬遠されにくいでしょう。

特に20代前半なら伸びしろが大きい分、ポテンシャルに期待して採用されるチャンスは多くあります。ポテンシャル採用なら社内で研修を受けられるので、それほど高いスキルは求められません。

ただし、30代に近づくほどポテンシャル採用は少なくなるので、企業へのアピールポイントをしっかり用意する必要があります。

30代の場合

30代だと即戦力を期待されることが多くなり、20代よりも難易度は上がります。とはいえ、30代ならまだまだ伸びしろもあるため、年齢だけで敬遠されることは多くありません。

必要スキルをしっかり身につければ、未経験でもシステムエンジニアになるチャンスは十分あります。20代で積み重ねてきた別業種の経験を活かせば、成功率はより高まるでしょう。

30代未経験からシステムエンジニアを目指す人は、次の記事もぜひ参考にしてください。

30代プログラミング未経験からエンジニアに!必要なスキルと注意点
更新日 : 2022年6月28日

40代以上の場合

40代以上になると、未経験からのシステムエンジニアへの転職はかなり難しくなります。伸びしろに期待されることが少ない上に、採用コストの高さから企業に敬遠されるケースも増えてきます。

とはいえ求人を選り好みしなければ、40代以上でも採用を検討してくれる企業はあるでしょう。確かなスキルを習得して豊富な経験を活かせれば、可能性はゼロではありません。

また、次の記事では50代のシステムエンジニアに求められるスキルを紹介しているので、あわせて参考にしてください。

50代でもシステムエンジニアとして働くために必要なスキルとは?
更新日 : 2021年11月16日

目指す前に確認しておきたいシステムエンジニアの基礎知識

システムエンジニアを目指す前に、この基礎知識を確認しましょう。

  • 仕事内容
  • 平均年収
  • 需要

仕事内容

システムエンジニアは、システム開発に必要となるプロセス全般に関わります。

要件定義
顧客の要望をヒアリングして、業務のどの部分をシステム化するか、どんなシステムを作るのか、どんな機能が必要かを明確にする。

設計
要件定義をもとに、システムの実現方法を具体化する。
たとえば、どのような機器構成がよいか、どのような画面構成にするか、どんな表示・操作にするかなど。

コーディング
要件定義や設計の内容をもとに、システムを実現するためのプログラム(コード)を作成する。

テスト
形になったシステムを実際に動かして、想定通りになっているか確認する。

運用・保守
完成したシステムを、顧客が稼働させるための支援を行う。

必要に応じて、システムのアップデートや障害対応なども実施する。

システムエンジニアがメインで担当するのは、要件定義や設計といった「上流工程」です。「下流工程」であるコーディングやテストの担当者は、システムエンジニアが作成した仕様書や設計書をもとにプロセスを進めます。

ただし、コーディングやテストの作業進捗を管理したり、必要に応じてフォローしたりするのもシステムエンジニアの役割です。開発チームによっては、運用・保守もシステムエンジニアが行います。

つぎの記事ではシステムエンジニアの仕事内容を詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や1日の流れをわかりやすく解説
更新日 : 2022年7月1日

平均年収

求人検索エンジン「求人ボックス」が公開している給料ナビによると、システムエンジニアの平均年収は約498万円です(2022年5月時点)。

国税庁が公表している日本全体の平均年収(令和2年時点)が約433万円であることを考えれば、かなり高水準です。

もちろん、スキルや転職先によっても年収は大きく前後しますが、年収800万円を超える高収入な人もいます。システムエンジニアは、収入アップを狙えるチャンスが多い仕事といえるでしょう。

需要

求人ボックスで「システムエンジニア 未経験」と検索すると、2022年5月現在でも約90,000件もの求人がヒットします。システムエンジニアの需要はとても高いことがわかります。

昨今では、IT業界全体で人材不足がささやかれています。その中でも、システム開発に欠かせないシステムエンジニアは需要が高いので、すぐに仕事がなくなることはないでしょう。

未経験からのシステムエンジニア転職に必要なスキル4つ

未経験OKなシステムエンジニアの求人もありますが、これは「実務経験がなくてもOK」という意味合いです。「スキルがなくてもOK」ではないため、必要スキルはしっかり身につけましょう。

システムエンジニアへの転職を目指す人に必要なスキルは、主に次の4つです。

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • 論理的思考能力

ひとつずつ、順番に解説します。

プログラミングスキル

システムエンジニアが主に担当するのは上流工程ですが、プログラミングスキルは必要です。プログラミングの知識がないと、実現性の高いシステム設計をすることはできません。そのため、システムエンジニアの多くはプログラミング経験者です。

また、場合によっては下流工程のコーディングを手伝うこともあります。プログラマーをしっかりサポートするためにも、プログラミングスキルを身につけましょう。

ただし、プログラミングの世界には何百種類もの言語が存在し、開発現場に合わせた言語のスキルが必要です。システムエンジニアにおすすめのプログラミング言語を知りたい人は、次の記事をお読みください。

システムエンジニアが覚えたいプログラミング言語12選をご紹介
更新日 : 2022年6月28日

コミュニケーションスキル

チームメンバーや顧客とスムーズに連携するために、コミュニケーションスキルも必要不可欠です。

システム開発では、基本的にチームで作業分担しながら1つのシステムを作っていきます。メンバーとのコミュニケーションがうまく行えないと、時間がかかるばかりか誤解が生じることもあります。

特にシステムエンジニアは、プログラマーやテスター(テスト担当者)のサポートに加えて、顧客とのやり取りも必要な立場です。相手の意見を聞いたり、自分の考えを伝えたりするためにコミュニケーションスキルは欠かせません。

マネジメントスキル

システムエンジニアがチームを成功に導く上で、マネジメントスキルも重要となります。

システム開発のプロジェクトには、必ず納期があります。納期までにシステムを納品するためには、システムエンジニアがメンバーの作業進捗をしっかり管理できなければなりません。

また、プロジェクトで問題が発生した時には率先して解決にあたったり、顧客と交渉したりするのもシステムエンジニアの役割です。自分のことだけではなく、チーム全体を見て動ける能力が求められます。

論理的思考能力

ハイクオリティな要件定義や設計を実現するためには、「論理的思考能力」も必要です。論理的思考能力とは、筋道を立てて論理的に物事を考えるスキルのこと。

システムの構想を練るとき、顧客に言われたことをただシステムに入れるだけでは、うまく行きません。性能やコストなど多くの要素を考慮して、最適なシステムとして練り上げる必要があります。

そこで論理的思考能力があれば、複雑に絡み合う要素を論理的に整理して考えられます。その結果、無駄や矛盾のない良質なシステムの構想を練ることが可能となるのです。

また、下の記事ではシステムエンジニアに必要なスキルを習得する方法も交えて解説しているので、あわせて参考にしてください。

システムエンジニアに必要なスキル一覧・仕事内容も解説!
更新日 : 2022年6月28日

未経験からシステムエンジニアへの転職がきついと言われる3つの理由

未経験からシステムエンジニアへの転職がきついと言われる理由

システムエンジニアに転職できたとしても、未経験では「きつい」「辛い」という声もあります。考えられる主な理由は、つぎの3つです。

  • 残業が多くなることもある
  • 多くのことを求められる
  • 責任を感じやすい立場にいる

理由1:残業が多くなることもある

ITエンジニアは、忙しさの波が比較的大きい仕事です。そのためシステムエンジニアも、忙しいときには残業や休日出勤が増えて、「きつい」と感じることは考えられます。

システム開発の途中に、顧客から仕様変更を依頼されたり、大きな問題が発生して手戻りになるケースもあります。そうなれば、限られた日程の中で開発工数を確保するために、残業や休日出勤でカバーせざるを得なくなります。

とはいえ、政府統計情報サイト「e-Stat」の「賃金構造基本統計調査」によると、システムエンジニアの平均残業時間は1ヵ月あたり15時間程度です。「思ったより少ないな」と感じる人も多いのではないでしょうか。

もちろん開発現場の状況にもよりますが、必ずしも残業が増えるわけではありません。

理由2:多くのことを求められる

システムエンジニアの仕事内容は、要件定義や設計に加えてコーディングやテスト、運用・保守まで多岐にわたります。多くのことを求められるため、実務経験がないと「きつい」と感じることもあるでしょう。

また、前述のように顧客から難しい要望を受けることもあります。プロジェクトの納期に間に合わせるために、システムエンジニアの業務負担は大きくなりやすいのです。

理由3:責任を感じやすい立場にいる

システムエンジニアは多くの場合、チームをまとめる重要なポジションです。そのため責任を感じやすく、未経験だと精神的に「きつい」と感じることは考えられます。

たとえプログラマーのミスで開発に遅れが生じたとしても、顧客と直接やり取りするのはシステムエンジニア。こうした状況では顧客からの批判を直接受けることになり、辛いと感じやすいでしょう。

プログラミング未経験からシステムエンジニアに転職するための5ステップ

プログラミング未経験からシステムエンジニアへの転職を目指すなら、つぎの5ステップがおすすめです。

  • なりたいシステムエンジニア像を明確にする
  • 学ぶプログラミング言語を決める
  • 必要なスキルを身につける
  • 転職するための準備を行う
  • 転職したい求人に応募する

1ステップずつ、順番に解説します。

ステップ1:なりたいシステムエンジニア像を明確にする

どんなシステムエンジニアを目指すか、なりたいSE像を明確にしましょう。そうすることで、モチベーションを維持しやすくなる上に、何を重点的に学ぶべきかも見えてきます。少なくとも、この2つは明確にすべきです。

  • 業務形態(社内SE/客先SE/在宅SE)
  • 開発分野(Web系/スマホ系/業務系/組み込み系など……)

システムエンジニアの業務形態には、大まかに3種類あります。所属企業内で働く「社内SE」、さまざまな企業に常駐働く「客先SE」、主に自宅で働く「在宅SE」です。

また、システムエンジニアが携わる開発分野も、Web系やスマホ系、業務系、組み込み系など多岐にわたります。どんな分野の開発を行いたいかも決めておきましょう。

ステップ2:学ぶプログラミング言語を決める

業務形態や開発分野が明確になると、学ぶべきプログラミング言語も絞られます。どのプログラミング言語を学ぶか決めましょう。

未経験OKの求人なら研修があることも多いものの、それだけでは不十分です。どんなシステムエンジニアを目指すとしても、プログラミングに関する知識やスキルは身につける必要があります。

「1つの開発分野に絞りたくない」という場合は、「Java」がおすすめです。Javaは習得難易度がやや高いものの汎用性がとても高く、需要も高いため転職先を探しやすいでしょう。

「どの言語が自分にあうのかわからない」という人には、弊社の「無料学習プラン診断」をおすすめします。4つの質問に答えるだけで、あなたに合った言語や学習プランを教えてくれます。

自分にあうプログラミング言語を診断してみる

ステップ3:必要なスキルを身につける

プログラミング言語を選んだら、必要なスキルを身につけましょう。独学なら教材選びや学習計画、進捗管理まで自分で行う必要があります。

プログラミング言語の基礎学習はもちろん、実務でプログラムを書けるように実践学習も必要です。プログラミング以外にも、前述した必要スキルで不足しているものがあれば、参考書などで学びましょう。

プログラミングスキルのほかに、業務知識やネットワーク、データベースなどシステムに関する様々なスキルも必要となります。

ステップ4:転職するための準備を行う

システムエンジニアに必要なスキルを一通り身につけたら、転職に向けて準備しましょう。具体的には、主に3つの準備が必要です。

  • 求人探し
  • 職務経歴書作成
  • 面接対策

まずは、自分のスキルに合った求人を探します。未経験なら、いくつかの候補を決めておきましょう。求人探しには「Forkwell Jobs」のように、IT系に特化した求人サイトがおすすめです。

応募したい求人が決まったら、職務経歴書の作成や面接対策も行いましょう。職務経歴書には、自分のスキルや経験をできる限り詳細に記載することが大切です。

面接の受け答えは、ある程度は使い回せるようにパターン化しても問題ありません。ただし志望動機などは、応募する企業に合わせて最適な受け答えを考えておきましょう。

なお、こうした転職の準備をトータルサポートしてくれる「転職エージェント」もおすすめです。詳しくは後ほど紹介します。

ステップ5:転職したい求人に応募する

転職の準備ができたら、転職したい求人に応募しましょう。未経験だと1社で決まる可能性は高くないため、現実的には複数の求人に応募するのが賢明です。

ただし、同時に応募する求人を増やしすぎると、1社あたりに費やせる時間が減るので注意しましょう。

未経験からシステムエンジニアに転職する3つのポイント

未経験からシステムエンジニアに転職するなら、3つのポイントを押さえましょう。

  • 経歴書・面接で魅力をアピールする
  • 資格を取得してスキルを証明する
  • 勉強・転職活動にはプロの力を借りる

ひとつずつ、順番に解説します。

ポイント1:経歴書・面接で魅力をアピールする

職務経歴書や面接で自分の魅力をいかにしてアピールできるかが、転職を成功させるために重要です。

未経験であることは、どうしても企業にとってマイナスポイントになってしまいます。その分、自分で努力して身につけたスキルや、過去の業務で役に立つ経験をしっかりアピールしましょう。

たとえば、医療システムを開発している企業に応募するなら、医療業界で得た経験は大きな武器となります。自分のスキルや経験については、できる限り詳細に伝える努力が必要です。

ただし、専門用語ばかり多用すると伝わりづらいことも。どんな採用担当者にも伝えられるよう、わかりやすさも意識しましょう。

ポイント2:資格を取得してスキルを証明する

システムエンジニアになるために、必須の資格はありません。しかし、IT系のスキルを証明する場合には、資格の取得が有効です。

IT企業の採用担当者は、当然ながらIT系のスキルについて目を光らせます。たとえば「Javaの開発ができます」と言われても、未経験だと本当にプログラムを書けるのか、不安を抱えるでしょう。

一方、「Javaプログラミング能力認定試験の2級を持っています」であれば、Javaのスキルレベルを明確に判断できます。スキルを客観的かつ定量的に把握できるため、プラスポイントになりやすいのです。

ただし資格の取得には、それなりの期間がかかります。日程などの都合で取得が難しい状況なら、無理に目指す必要はありません。

また、次の記事ではシステムエンジニアにおすすめの資格を紹介しているので、良ければ参考にしてください。

システムエンジニアに資格は必須?高収入SEになるために本当に必要なこと
更新日 : 2022年6月28日

ポイント3:勉強・転職活動にはプロの力を借りる

プログラミングの独学やIT企業への転職活動は、やはり未経験だとハードルが高いものです。挫折しないか不安な人には、プロの力を借りることをおすすめします。具体的には、この2つの利用を検討しましょう。

  • プログラミングスクール
  • 転職エージェント

プログラミングの独学では、エラーや不明点を自力で解決できずに多くの人が挫折します。その点、プログラミングスクールならプロの講師が教えてくれるため、挫折せず効率よく学べるでしょう。

また転職エージェントなら、自分に合った求人を紹介してくれます。職務経歴書の添削や面接対策などのサポートも受けられるため、転職活動が不安な人におすすめです。

プログラミング未経験者におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントの種類は多く、中にはプログラミング未経験者向きでないサービスもあります。ここでは、未経験者におすすめの転職エージェントを3つピックアップして紹介します。

マイナビIT AGENT

「マイナビIT AGENT」は、IT・Webエンジニアに特化した転職エージェントです。非公開求人が豊富にあり、他のサービスでは扱っていない仕事に出会える魅力があります。

専属のキャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれるので、未経験でも心配ありません。自分の強みを活かした自己PRの提案から、採用担当者との交渉まで幅広いサポートが受けられます。

公式サイトで詳細を見る

社内SE転職ナビ

「社内SE転職ナビ」はその名の通り、企業の情報システム部門に所属して働く「社内SE」に特化した転職エージェントです。社内SEは勤務場所が変わらずに済む、残業が比較的少ないなどの魅力があります。

経験者向けの求人も多いものの、未経験者でも転職成功のチャンスはあります。オンライン面談も受けられるため、会員登録して利用してみるのも良いでしょう。

公式サイトで詳細を見る

WORKPORT

出典:WORKPORT

「WORKPORT」は、IT業界に限らず幅広く使える転職エージェントです。転職決定人数ナンバー1の実績があり、専属のコンシェルジュが丁寧にサポートしてくれます。

未経験者向けの求人を多く扱っているため、別業種からの転職にも適しています。オンラインで職務経歴書を作成できるアプリを無料で使えるのも魅力です。

公式サイトで詳細を見る

また、おすすめの転職エージェントをもっと知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

駆け出しエンジニアが即登録すべき転職エージェントTOP10
更新日 : 2022年6月28日

未経験から短期間でシステムエンジニアに転職するならスクールがおすすめ

プログラミングを独学する場合、挫折のリスクを覚悟しなければいけません。弊社の調査によると、約90%の人がプログラミングの独学で挫折や行き詰まりを感じたことがあると回答しました。

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

短期間で挫折せずにシステムエンジニアへ転職するなら、プログラミングスクールがおすすめです。実際のところ、スクールの利用者からは「学習ペースが上がった」などの声が多く寄せられました。

調査概要:プログラミングスクールに関する意識調査
調査期間:2021/10/1~10/15
対象者:プログラミングスクールを受講している、卒業した10代~50代の男女80名
調査媒体:クラウドワークス
掲載媒体:SAMURAI ENGINEER Blog

やはりプロの講師にサポートしてもらえる、というスクールのメリットは大きいといえます。また、転職支援を受けられるスクールを利用すれば、転職エージェントを利用する必要もなくなります。

未経験からシステムエンジニアに転職するなら、弊社「SAMURAI ENGINEER」がおすすめです。現役エンジニアのマンツーマン指導がオンラインで受けられるスクールで、転職サポートも提供しています。

「転職保証コース」では、システム開発やWeb制作などのノウハウを学ぶことが可能です。転職サポートも充実しており、転職成功率98%(2022年5月時点)という高さを誇っています。

独学に不安がある人は、ぜひ転職保証コースをご利用ください。

転職保証コースの詳細を見る

未経験からシステムエンジニアを目指す人によくある質問

最後に、未経験の人が抱えがちな4つの疑問に対して、順番に回答していきます。

Q1:システムエンジニア以外のキャリアも考えるべき?

システムエンジニアは、プログラマーからのキャリアアップでなるケースが多い仕事です。そのため、まずはプログラマーを目指すのが最も確実でしょう。いきなりシステムエンジニアを目指すなら、当然ハードルは上がります。

またIT業界には、システムエンジニアやプログラマー以外にも、さまざまなキャリアがあります。どのキャリアに進むべきか迷っている人には、次の「ITキャリア診断」がおすすめです。

いくつかの質問に答えるだけであなたにあうキャリアを教えてくれますよ。

自分にあうキャリアを診断してみる

Q2:システムエンジニアは在宅ワークも可能?

システムエンジニアは在宅ワークも可能です。最近のテレワーク普及もあって、在宅ワークが可能なシステムエンジニアの求人も増えています。

ただし、当然ながら必ずしも在宅ワークが可能なわけではありません。顧客が社外での作業を許可しないケースも多いため、求人を選ぶ際には在宅ワークの可否をチェックしましょう。

また、在宅ワークが可能な案件だとしても、現地調査などで企業に出向く必要がある場面も考えられます。

Q3:女性でもシステムエンジニアになれる?

女性でもシステムエンジニアになることは可能です。2020年の「情報サービス産業 基本統計調査」によると、ITエンジニアのうち約21%は女性となっています。

ITエンジニアはほぼシステムエンジニアとみることができます。男性よりは割合として少ないものの、活躍している女性のシステムエンジニアも確かにいます。

Q4:どんな人がシステムエンジニアに向いてるの?

システムエンジニアに向いている人の特徴は、主につぎの3つです。

  • 人と関わるのが好き
  • 幅広い視野を持っている
  • 忍耐力がある

システムエンジニアは、開発メンバーや顧客など多くの人と関わりを持ちます。そのため、人との関わりが好きでないと、日々の業務がストレスになってしまうでしょう。

また、システムエンジニアの担当業務は多岐にわたる上に、要件定義や設計では複数の要素を考慮しなければなりません。よって、1つの要素にとらわれず、幅広い視野を持っている人の方が適しています。

そしてシステムエンジニアは立場上、顧客からの風当たりを真正面から受けることも。困難な状況でも折れない心を持つ、忍耐力がある人の方が向いています。

まとめ

今回は、未経験からシステムエンジニアを目指す人向けに、この8つの点についてお伝えしました。

  • 未経験から転職できるのか
  • システムエンジニアの基礎知識
  • 転職に必要なスキル4つ
  • 未経験からの転職がきついと言われる3つの理由
  • 転職するための5ステップ
  • 転職する3つのポイント
  • おすすめの転職エージェント3選
  • よくある質問

システムエンジニアは収入アップが狙いやすく、需要も高い魅力的な仕事です。しかし、未経験から目指すにはハードルが高い仕事でもあるため、今回の内容をしっかり頭に入れてチャレンジしましょう。

挫折しないか不安な人には、プログラミングスクールや転職エージェントの利用をおすすめします。

Writer

侍エンジニア編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close