はじめてのRuby!文字列を連結する方法をわかりやすく解説!

文字列と文字列を結合して、新たな文字列を作成することはよくあります。

ここでは、「文字列同士を結合する方法が知りたい」といった人に向けて、以下の内容を解説していきます。


【基礎】文字列を結合する方法
【基礎】+メソッド
【基礎】<<メソッド
【基礎】concatメソッド
【発展】printで文字列と変数を出力する

文字列を結合する基本的な方法を網羅していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

文字列を結合する方法

Rubyで文字列を結合する方法は、主に以下の方法があります。

  • +メソッドで文字列と文字列を連結する方法
  • <<メソッドで文字列の末尾に文字列を連結する方法
  • concatメソッドで文字列の末尾に文字列を連結する方法

次項ではそれぞれの使い方について、詳しく見ていきましょう。

+メソッド

+メソッドを使用することで文字列同士を簡単に結合することができます。

文字列と文字列を+メソッドで連結することで、1つの文字列として「Hello Ruby!」が出力されます。

また、文字列型の変数同士を結合することもできます。

実行結果:

+メソッドを使うことで、strには文字列str1とstr2が結合された文字列が代入されます。

このように簡単な連結なら+メソッドを使うと便利です。

<<メソッド

<<は主にシフト演算を行うときに使用するメソッドですが、文字列を結合するときも使用できます。

実行結果:

<<メソッドの注意点として、<<メソッドで代入されるstr1の末尾に文字列が結合されます。

そのため、str1はもとの文字列である「Hello」が維持できませんので注意しましょう。

concatメソッド

concatはStringのメソッドで、文字列の末尾に引数で指定した文字列を結合します。

書き方:

concatメソッドは先述した<<メソッド同様に、結合する文字列の末尾に文字列が結合されてしまうため、元の値は維持できません。

実行結果:

printで文字列と変数を出力する

printなどで文字列と変数を結合させて出力したい場合もあります。

printで変数や式を出力させたい場合、ダブルクォーテーションで囲まれた文字列の中に「#{式}」のようにして内容を記述します。

実行結果:

以下のように式を記述することもできます。

実行結果:

まとめ

ここでは、文字列を結合するための基本的な方法を解説しました。

  • 文字列を結合する方法
  • +メソッドの使い方
  • <<メソッドの使い方
  • concatメソッドの使い方
  • printで文字列と変数を出力する

文字列同士を結合する方法はよく使われますので、結合方法についてはよく理解しておきましょう。

もし、文字列を結合する方法を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

自分にプログラミングなんて・・・と思っていませんか?

今後10年間で今ある職業の『77%』はなくなると言われています。

人工知能や機械学習を筆頭にVR、AR、ドローンなどの最先端技術の発達はこれからのあなたの働き方に間違いなく影響を与えるでしょう。

将来を見据えてプログラミングができるようになってエンジニアになりたい、自分だけにしかできないクリエイティブな仕事がしたい、、、とお考えの方も少なくないでしょう。

と、同時に「難しそう、、自分にはできないだろう、、、」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

弊社マンツーマンレッスンは、お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、オリジナルアプリ開発や、フリーランスとしての仕事獲得まで支援しています。

まずは『無料体験レッスン』で弊社コンサルタントと一緒にあなた専用の学習カリキュラムを考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下の画像をクリックしてください。

cta_mtm2

LINEで送る
Pocket

書いた人

ヤマシタ

フリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、今まで200本以上の執筆経験があります

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説