Laravelをインストールしよう!導入手順まとめ(Mac, Windows)


Laravelを使ってみたいんだけど、どうやってインストールすれば良いか分からない……。

インストールにComposerが必要って、どういうこと?
インストールに必要なコマンドを教えて!

PHPで最も人気のあるフレームワークの一つであるLaravelですが、インストールはちょっと面倒です。PHP環境を作り、Composerをインストールし、それでやっとLaravelのインストールとなります。

この記事では、Laravelのインストールまでに必要な手順を一通り分かりやすくまとめました!

この記事は、

  • Laravelのインストールに必要な手順を一度に確認したい!
  • Laravelをインストールするためのコマンドが分からない……

という方へ向けて、

  • 前提知識:Laravelとは
  • PHP環境のインストール
  • Composerのインストール
  • Laravelのインストール
  • ブラウザ画面に表示させる

といった所まで解説します!

この記事を参考にしていただければ、Laravelをブラウザで確認できる所まで環境を整える事ができます。ぜひ最後までお付き合いください。

なお、次の記事ではそもそもLaravelとは何なのか、その特徴を活用するメリットやデメリットも交え詳しく紹介しているので良ければ参考にしてください。

Laravelとは?PHPフレームワークの特徴やできること、使い方も紹介

前提知識:Laravelとは

冒頭でも述べましたが、LaravelはPHPのフレームワークで最も人気のあるものの一つです。フレームワークというのは、プログラムを簡単・素早く実装する為の機能群の事を言います。

フレームワークを活用する事で、そのままPHPで書くより圧倒的に書きやすく、かつ書き方が統一されるので、メンテナンスもしやすくなります。

そのため、PHPフレームワークのLaravelを使えば、Webアプリケーションを比較的簡単に実装することができます。

また、Laravelは学習コストがあまりかからない点も魅力です。

Laravelのインストール手順

それでは、Laravelのインストール手順に入りましょう。Laravelをインストールする為のステップは主に3つあります。

  1. PHP環境の導入
  2. Composerのインストール
  3. Laravelのインストール

それぞれのステップについて、順に説明していきます。

PHP環境の導入

まずはPHP環境を導入しましょう。今回はPHP開発環境として人気のある「XAMPP」を利用します。XAMPPはWindowsやMac, Linuxでも使う事が可能です。

Windowsでインストールする手順

導入するには、まずはXAMPPのページへアクセスします。

XAMPP

browser_xampp_screen

引用元:xamppダウンロードページ https://www.apachefriends.org/jp/index.html

こちらがインストールページです。ダウンロード欄から、"Windows向けXAMPP"選択します。

xampp_install_win

引用元:xamppダウンロードページ https://www.apachefriends.org/jp/index.html

上記のような画面が表示され、自動的にファイルのダウンロードが開始します。

ダウンロードが完了したら、そのファイルを実行します。

xampp startup landing
XAMPPのインストール設定 トップ

StartUp画面です。Nextを選択します。

xampp startup 2
[XAMPP] インストール内容の選択


コンポーネントの選択です。絶対に不要というものが無ければそのままNextを選択します。

xampp startup 3
[XAMPP] インストール先のフォルダを設定


XAMPPの配置場所の選択です。フォルダを選択し、Nextを押します。

xampp startup 4
XAMPPの詳細を読むかの確認

XAMPPの詳細を確認するかのチェックです。確認したい場合はチェックをいれたままにしてNextを押すとブラウザが開かれます。今回、ここのチェックは外します。

xampp startup 5
[XAMPP] インストールの最終確認


インストール確認です。Nextを押し、インストールを実行します。

xampp startup 6
[XAMPP] インストール中の画面


インストールが開始されました。

しばらく待機して、インストールが完了したらXAMPPの対応は終わりです。

Macでインストールする手順

Windowsの手順同様、ファイルをXAMPPのページからダウンロードします。

XAMPP

Macの場合は"OS X向けXAMPP"を選択します。

xampp install mac 1
[XAMPP] アプリのドラッグ&ドロップ


ダウンロードしたファイルを実行すると、定番の以下画面が表示されます。ドラッグ&ドロップでアプリケーションに追加します。

xampp install mac 2
XAPPのアイコン

アプリに追加されました。これだけで完了です。

Composerのインストール

続いて、Laravelをインストールするため、Composerを導入します。

Composerは、依存性管理ツールです。

依存性管理というのは、「このライブラリはこのライブラリが入ってないと動かない」といった事を管理する事で、キチンと動く環境を用意するのに必要となります。

つまり、Composerを使ってLaravelをインストールすれば、Laravelがしっかり動く環境になるという事です!

Windowsでのインストール方法

Windowsの場合は、Composerのページからインストールする必要があります。

Composer

composer landing page
引用元:Composer https://getcomposer.org/

こちらの「Download」をクリックします。

composer download
引用元:Composer https://getcomposer.org/

「Composer-Setup.exe」のリンクをクリックし、ダウンロードされたファイルを実行します。

composer setup 1
[Composer] インストールオプション設定

インストールオプションの選択画面です。任意でチェックを入れます。今回はチェックを入れず、次へ進みます。

composer setup 2
[Composer] PHP実行ファイルの指定

php.exeファイルを選択します。今回は先ほどインストールしたXAMPP配下にあるphp.exeを選択します。

composer setup 3
[Composer] プロキシ設定

プロキシの設定です。プロキシを利用する場合は設定し、利用しない場合は何も変更せずNextを押します。

composer setup 4
[Composer] インストール確認

インストール確認画面です。問題が無ければInstallを押します。

インストールが完了すればComposerの導入は終了です。

Macでのインストール方法

MacでComposerをインストールするには、ターミナルで以下を実行します。

Homebrew(パッケージマネージャー)がインストールされていない場合は、まず以下のコマンドでHomebrewをインストールします。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

OpenSSLがインストールされていない場合は、以下コマンドを実行します。

$ brew install openssl

次に、以下のコマンドでComposerをインストールします。

$ curl -sS http://getcomposer.org/installer | php

その後、パスを通すために以下のコマンドを実行します。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

最後に動作確認として、バージョンを確認しましょう。

composer --version

バージョンが表示されれば、インストール確認はOKです!

ComposerからLaravelのインストール

ここでいよいよLaravelをインストールしましょう! こちらはWindowsもMacも同じ手順です

まずはコマンドプロンプト(ターミナル)で、以下のコマンドを実行します。

$composer create-project laravel/laravel --prefer-dist Sample

最後の"Sample"はプロジェクト名なので、任意の名前を付けます。

もし、"mkdir(): Permission denied"というエラーが出る場合は、権限のエラーになるので頭に"sudo"を付けてコマンドを実行してください。

なお、このコマンドはしばらく時間がかかります。5分ぐらいゆっくり待ちましょう。

installed laravel
Laravelのインストール完了メッセージ

インストールが完了したら、作成したプロジェクトに移動します。

$ cd Sample

プロジェクトに移動できたら、以下のコマンドを実行します。

$ php -S localhost:8000 -t public

このコマンドを実行すると、Laravelがブラウザで確認できるようになります。

run laravel
Laravelの実行

上記のようなメッセージが表示されれば、準備は完了です。コマンドはそのままにして、ブラウザを開きます。

browser url
ブラウザでURLを指定する

先ほどのコマンドで指定した、"localhost:8000"とブラウザに入力します。

laravel landing page

Laravelのページが表示されました!

まとめ

この記事では、Laravelのインストール手順について解説しました。

Laravelの導入は手間がかかります。ここまでお疲れ様でした。

どうぞここからLaravelライフを満喫してください!

SAMURAI ENGINEER

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」トリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

遠藤貴大

株式会社SAMURAI

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close