【Linux入門】Ubuntuのバージョンを確認する方法

Ubuntuは定期的にアップデートが行われていますが、使っていると「あれ、いまどのバージョン使ってるんだっけ?」となるときはありませんか?そこで本日は、

  • Ubuntuのバージョンを確認
  • カーネルのバージョンを確認
  • アーキテクチャのバージョンを確認

ということをわかりやすく説明していこうと思います!

Ubuntuのバージョンを確認しよう

まず、現行のUbuntuで出ているバージョンは18.10となります。できるだけ最新の方がいいですが、無理して新しくする必要はありません。しかし16.04より下のバージョンを使っている方は、賞味期限がきれているのでアップデートしましょう。

それでは、バージョンの確認方法は一般的なものは2つあるので紹介していきます。

os-releaseをみよう

1つはos-releaseを見る方法で、os-releaseとはOSについての情報が色々書いてあります。具体的には、「cat /etc/os-release」のコマンドを打ち込みましょう。自分の場合ですと、

cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="18.04.1 LTS (Bionic Beaver)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 18.04.1 LTS"
VERSION_ID="18.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=bionic
UBUNTU_CODENAME=bionic

このようになり、versionは18.04.1 LTSであるとわかりますね。

issueをみよう

正直上記の方法で事足りるんですが、issueを見るという方法でも確認できるのでこちらも紹介しておきます。こちらは、「cat /etc/issue」のコマンドでissueを覗いてあげましょう。

cat /etc/issue
Ubuntu 18.04.1 LTS

まあバージョンを確認するだけでしたら、こちらの方がシンプルで良いですね。

Ubuntuのカーネルのバージョンを確認しよう

さて、Ubuntu本体のバージョンを確認しましたが、中にはカーネルのバージョンが知りたいんやという人も多いはず。自分が今どのバージョンのLinuxカーネルを使っているか気になりますよね。こちらも2種類確認方があるのでみていきましょう。

コマンドから確認しよう

カーネルのバージョンを確認するコマンドはunameで-rオプションをつけuname -rとしてあげましょう。

uname -r
4.15.0-42-generic

ここから4.15であることがわかりますね。

Ubuntuのバージョンから確認しよう

実は、カーネルのバージョンは、コマンドで調べらなくてもUbuntuのバージョンによって決まっています。特にいじったりしていなければ、以下を見れば自分がどのバージョンのカーネルを使っているかわかります。

Ubuntu18.10: Linux Kernel 4.18
Ubuntu18.04: Linux Kernel 4.15
Ubuntu17.10: Linux Kernel 4.13
Ubuntu17.04: Linux Kernel 4.10
Ubuntu16.10: Linux Kernel 4.8
Ubuntu16.04: Linux Kernel 4.4

しかしこれはあくまでもデフォルトで入っているバージョンですので、カーネルをアップデートしていたり、導入時に最新カーネルを選択した場合はもちろんこの通りではありません。コマンドがすぐ叩ける状況であれば、コマンドで確認するのが無難ですね。

Ubuntuのアーキテクチャを確認しよう

さて、最後にアーキテクチャの確認方法もみておきましょう。アーキテクチャとは、簡単にいえば、32bitなのか64bitなのかということです。こちらもコマンドが2つあるので紹介していきます。

archコマンドを使う

まずはarchというコマンドを使う方法ですね。

arch
x86_64

64bitはx86_64h、32bitはi686と表されます。なので本機は64bitということがわかりますね。

unameコマンドを使う

もう一つは先ほどと同じunameコマンドを使います。しかし今回はオプションに-aをつけてやりましょう。

uname -a
Linux kai-VirtualBox 4.15.0-42-generic #45-Ubuntu SMP Thu Nov 15 19:32:57 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

今回VirtualBoxを用いているので、情報が多いですが、x86_64hから、64bitであることがわかりますね。

このままLinuxを学び続けて大丈夫?

なぜLinuxを学ぶのか?

あなたがLinuxを学ぶ理由は何でしょうか?

  • 組み込み系の仕事に携わりたい
  • 大規模なシステムで使われているから
  • ネットワークの勉強をしたい
  • とりあえず便利そうだから勉強している

Linuxにはたくさんのディストリビューションが存在し、導入するまでが大変です。

また、数多くの専門用語やコマンドでの独特な操作、シェルの使い方など、覚えておかなければいけないことがたくさんあって、挫折してしまう可能性が高いといえます。

もし、あなたがLinuxに興味があって、とくに知識が無いまま学習を進めていると、早い段階でつまづきやすく、そのまま挫折してしまうなんてことも…。

そのため、挫折しないためには、

  • Linuxの仕組みをよく理解する
  • 基本的なコマンドを覚える
  • わからないことを質問できるメンターを見つける

などが必要になります。

効率よく学びたいなら、無料体験レッスンがおすすめ

このままLinuxを学び続けていいのかな…
まだまだ知りたいことがたくさんある!
もっと詳しくLinuxについて知りたい!

といった悩みや願望を持っている方は、弊社「侍エンジニア塾」をご利用下さい。

侍エンジニア塾では、

  • 現役エンジニアによるマンツーマンレッスン
  • キャリアアドバイザーによる転職・就職支援
  • 業界屈指のフリーランス・起業サポート

を受けることができます。

業界屈指のコンサルタントから、効率的な学習方法や仕事獲得術、今後のキャリアまでさまざまな疑問を相談してみませんか?遠方の方でもオンラインで受講できます!お気軽に受講下さい。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンを受ける

まとめ

いかがでしたか。今回は、Ubuntuのバージョン確認を筆頭に様々なバージョンを確認する方法を紹介してきました。

こまめに自分の使っておくバージョンを把握しておくと予期せぬバグを回避できるのでバージョン確認はいつでもできるようにしておきたいですね!それでは!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説