【Node.js入門】バージョンアップ手順と管理ツールまとめ!

今回は、Node.jsのバージョン管理手順や最新版にバージョンアップする方法について見ていきましょう!

「Node.jsのバージョンアップや切替方法が分からない」
「バージョン管理ってどうやるの?」
「バージョンを効率よく管理できるツールの使い方が知りたい」

このような内容も含めて、本記事では以下のような構成で解説していきます!

【基礎】Node.jsのバージョンアップ
【基礎】バージョン確認について
【実践】Node.jsのバージョン管理

この記事で、Node.jsのバージョン管理をしっかり学習してスキルアップを目指していきましょう!

Node.jsのバージョンアップ

この章では、インストールされているNode.jsをバージョンアップさせる方法について見ていきましょう!

主に、NVM / nodebrew / nパッケージによる手順について学んでいきます。

NVMによるバージョンアップ手順

まずは、最もよく使われている「NVM」を使ったバージョンアップ手順について見ていきいましょう。

NVMでは「ls-remote」コマンドを利用することで、現在インストールできるNode.jsのバージョンを一覧で出力することができます。

$ nvm ls-remote

インストールしたいバージョンを確認したあとに、「install」コマンドを次のように実行すればバージョンアップは完了します。

$ nvm install v10.14.2

この例では、「10.14.2」というNode.jsのバージョンをインストールしています。

最後に、このバージョンを利用するために「use」コマンドを実行しておきましょう。

$ nvm use v10.14.2

これで、バージョンアップしたNode.jsを利用することができます。

nodebrewによるバージョンアップ手順

次に、Macユーザーがよく使う「nodebrew」を使ったNode.jsのバージョンアップ手順について見ていきましょう!

nodebrewにもインストール可能なバージョンの一覧を出力する「ls-remote」コマンドがあります。

$ nodebrew ls-remote

バージョン一覧が出力されたらインストールしたいバージョン番号を確認しておきましょう。

次に、Node.jsの環境(ディレクトリ構成など)を自動的にセットアップしてくれる「setup」コマンドを実行しておきます。

$ nodebrew setup

これでインストールする準備が整ったので次のように任意のバージョンを指定して実行します。

$ nodebrew install-binary v10.14.2

この例では、バージョン「10.14.2」のNode.jsをインストールしました。

最後に、「use」コマンドを利用して使いたいNode.jsのバージョンを設定すれば完了です。

$ nodebrew use v10.14.2

b3 nパッケージによるバージョンアップ手順
今度は「nパッケージ」というNode.jsのライブラリを使ったバージョンアップ手順について見ていきましょう!

nパッケージのバージョンアップはとても簡単で「stable」コマンドを実行するだけで完了します。

$ sudo n lts

これでNode.jsの「LTS(安定版)」がインストールされます。

ちなみに、「Latest」コマンドを実行すると最新版のNode.jsバージョンがインストールされます。

上記の方法以外にも直接バージョン番号を指定してインストールすることも可能です。

$ sudo n 10.14.2

Node.jsのバージョン確認について

Node.jsをインストールしたらバージョンの確認方法についても見ておきましょう!

確認方法は簡単でnodeコマンドに続けて「--version」オプションを指定するだけです。

$ node --version

もしくは省略形の「-v」オプションでも同様にチェックできます。

$ node -v

実行するとバージョン番号が出力されるのが分かります。

また、Node.jsのパッケージを管理するツール「npm」も合わせて最新版であるかバージョンを確認しておくと良いでしょう。

$ npm --version

Node.jsのバージョン管理

この章では、NVM / nodebrew / nパッケージについてのもう少し詳しい使い方について見ていきましょう!

主に、複数のNode.jsバージョン確認、アライアスの設定、バージョンの削除について学んでいきます。

NVMによるバージョン管理手順

まずは、NVMについて見ていきましょう!

NVMを使い、現在インストールされているすべてのNode.jsバージョンを確認するには「ls」コマンドを実行します。

$ nvm ls

インストールされているバージョン番号のリストが出力されるのがわかります。

冒頭でも解説したように「use」コマンドを利用して複数のバージョンを切り替えられるわけですが、デフォルト状態で常に同じバージョンを利用したい場合もあるでしょう。

その場合は、「alias」コマンドを利用します。

$ nvm alias default v10.14.2

この例では、バージョンが「10.14.2」のNode.jsをデフォルトで利用するように設定しています。

また、特定のNode.jsバージョンを削除したい場合は「uninstall」コマンドを次のように実行します。

$ nvm uninstall 5.4.1

この例では、バージョンが「5.4.1」のNode.jsを削除しています。

nodebrewによるバージョン管理手順

次に、nodebrewについて見ていきましょう。

nodebrewにも現在インストールされているNode.jsバージョンを出力する「ls」コマンドがあります。

nodebrew ls

そして、特定のバージョンをデフォルトにしたい場合にはNVMと同じく「alias」コマンドを利用します。

$ nodebrew alias default v10.14.2

この例では、バージョンが「10.14.2」のNode.jsをデフォルトに設定しています。

特定のNode.jsバージョンを削除したい場合もNVMと同じく「uninstall」コマンドを利用します。

$ nodebrew uninstall v5.4.1

この例では、バージョンが「5.4.1」のNode.jsを削除しています。

nパッケージによるバージョン管理手順

nパッケージについても見ていきましょう!

「n」コマンドを利用すると、現在インストールされているNode.jsのバージョン一覧が出力されます。

$ n

ちなみに、「ls」コマンドを利用すると現在インストール可能なバージョン番号の一覧が出力されます。

$ n ls

特定のバージョンのNode.jsを削除したい場合には「rm」コマンドを利用します。

$ n rm v5.4.1

この例では、バージョンが「5.4.1」のNode.jsを削除しています。

まとめ

今回は、Node.jsのバージョンアップや管理手順について学習しました!

最後に、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう!

・Node.jsのバージョン管理はNVM / nodebrew / nパッケージを利用する
・Node.jsのバージョン確認は「--version」オプションを使う

上記内容を踏まえて、ぜひ自分でもプログラミングに取り入れて活用できるように頑張りましょう!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

cta_under_bnr

当プログラミングスクール「侍エンジニア」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニアは上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

書いた人

マサト

フリーランスのIT系ライターを10年従事する兵庫県出身の40歳。侍ブログ編集部としては、これまで270記事以上を執筆。
30歳を過ぎてから独学でJavaScript, Node.js, Linuxを習得した経験を活かし、初心者が迷わない記事作成を意識しながらプログラミングの楽しさを知ってもらうために活動しています。趣味はキャンプと登山です。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー