プログラミング初心者向けパソコンおすすめ5選!選び方も紹介

今回紹介するプログラミング初心者向けのおすすめパソコン

スクロールできます
商品名
(メーカー)
カテゴリー特徴価格スペック対応OS画面サイズバッテリー駆動時間
DELL New
Inspiron15
ノートパソコン安価にプログラミング学習へ必要な最低限のスペックで作業できる7万1,800円~CPU:AMD Ryzen™ 5 7530U
メモリ:16GB
ストレージ:512GB
Windows11 Home15.6インチ要お問い合わせ
Lenovo
ThinkPad E16
Gen 1 AMD
ノートパソコン作業しやすい16インチ8万4,755円~CPU:AMD Ryzen™ 7  7730U
メモリ:8GB~
ストレージ:256GB SSD~
Windows 11 Home16.0インチ最大約20.7時間
HP Pavilion
15-eg
ノートパソコン機能性が高く安定した性能を持つ10万7,913円~CPU:インテル® Core™ i5-1335U
メモリ:8GB~
ストレージ:256GB SSD~
Windows 11 Home15.6インチ最大7時間30分
mouse
X4-R5
ノートパソコン購入時に各パーツをカスタマイズ可能12万4,800円~CPU:AMD Ryzen™ 5 5560U
メモリ:16GB
ストレージ:512GB
Windows 11 Home14.0インチ約10時間
MacBook
Air
ノートパソコンApple製品との互換性が高い14万8,800円CPU:Apple M2
メモリ:8GB~
ストレージ:256GB SSD~
macOS13.6インチ~最大18時間

各項目は公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格には2024年5月時点の税込み金額を掲載しています。

プログラミング用のパソコンって何を基準に選べばいいの?
Macを使う人をよく見るけど、Windowsとどっちが良いんだろう?
できるだけ出費はおさえたいな…

国内におけるIT人材不足の深刻化を背景に、ITエンジニアとしてプログラミングスキルがある人材の需要は増し、他の職種に比べ高い報酬を設けるケースが増えてきました。

それに伴い、プログラミングを身につけたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

プログラミング学習にはパソコンが必須。どれを選べばいいのか、わからない人もいるはず。

そこで、この記事ではWindowsやMacなどのメーカーやスペック・料金の安さなどを踏まえ、プログラミング初心者におすすめのパソコンを厳選して紹介します。パソコンの選び方やプログラミングに必要なスペックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • Web系開発にはMac、Web系以外はWindowsがおすすめ
  • プログラミング初心者には「mouse X4-R5」がイチオシ
  • パソコンと合わせて周辺機器があると便利

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

プログラミング初心者にはMacとWindowsどちらのパソコンがおすすめ?

パソコンはOSの違いにより、MacWindowsに大別されます。

結論、MacとWindowsどちらが良いかはプログラミングを学ぶ目的次第で異なります。

iOS向けのアプリやサービスを開発したい場合は、Macがおすすめです。組み込み系や汎用系といったWeb系以外の開発やゲーム開発などをしたい場合は、Windowsがおすすめです。

MacとWindows、それぞれがどんな人におすすめなのか、以降で詳しく解説します。

OSとは
OS(Operating System:オペレーティングシステム)とは、パソコンのハードウェアとソフトウェアの間を仲介し、使用者に効率的な操作を促すシステムソフトウェア。パソコンの起動やアプリケーションの実行・ファイル管理・ネットワーク接続など、基本的な機能を提供するのが主な役割。

Macがおすすめな人

iOS向けのアプリやサービスを開発したい場合は、Apple製のMacがおすすめです。

MacはApple社が開発した独自の開発環境xcodeSwiftObjective-CなどのiOS向けのプログラミング言語を利用可能。ほかにも、Web系の現場でよく使われているPHPRubyPythonなどの言語が標準で使えるため、初心者でもすぐにプログラミング学習を始められます。

WindowsでもiOSアプリやサービスは開発可能ですが、手順が複雑化してしまうため、初心者にはおすすめできません。

また、WindowsOSをインストール可能なので、両方のプログラミング学習や開発もしたい人にMacはおすすめです。

Windowsがおすすめな人

組み込み系や汎用系といったWeb系以外の開発、ゲーム開発などをしたい場合はWindowsがおすすめです。Windowsは使えるソフトウェアが豊富で汎用性が高いため、さまざまなプログラミング言語・開発に適しています。

Macでできることの大半はWindowsでもできるので、「iOSアプリを開発したい」などの明確な理由がなければ、Windowsを選んでおけば困ることはありません。

また、Windowsはパソコン本体や周辺機器の種類が豊富なうえ価格も安く、無料で使えるソフトも多いため、プログラミング学習の初期投資を抑えられます。

プログラミング初心者がパソコンを選ぶ4つのポイント

プログラミング初心者がパソコンを選ぶ4つのポイント

ここからは、プログラミング初心者がパソコンを選ぶ際のポイントを、4つにまとめて紹介します。

最低限必要なスペックがあるか

パソコンのスペックを確認し、最低限のスペックが備わるものを選びましょう。下表にプログラミング学習へ必要な最低限のスペックをまとめました。

CPUcore i5  or Ryzen5 以上
メモリ8GB 以上
ストレージSSD256GB 以上
GPUGeForceシリーズ以上

CPUの性能はパソコンの処理速度や効率に大きく影響します。Intel製Core iシリーズならcore i5、AMD製RyzenシリーズならRyzen5以上をおすすめします。

メモリやストレージは多ければ多いほど、多数のアプリを同時起動してもストレスなく素早い操作が可能。

AI関連やゲーム関連の開発を行いたい場合は、GeForceシリーズ以上のGPUを選ぶのが良いでしょう。

Web開発を目標としている場合は最低限必要なスペックで十分学習が可能です。しかし、機械学習やゲーム開発を目標としている場合は、予算が許す限り高スペックのパソコンを選ぶことをおすすめします。

CPU(プロセッサ)とは
CPU(Central Processing Unit:中央処理装置)とは、計算処理やデータ処理を行う部分。パソコンの「頭脳」とも呼ばれ、CPUの性能はパソコンの処理速度や効率に大きく影響する。クロック速度(GHz)やコア数が性能の指標となる。

メモリとは
メモリとは、CPUが直接アクセスしてデータを一時的に保持する場所。プログラムの実行やデータ処理に必要な情報が格納される。メモリの容量が多いほど、複数のアプリを同時かつスムーズに実行できる。

ストレージとは
ストレージとは、データやプログラムを長期間保存する場所。主にHDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類にわけられる。HDDに比べSSDは読み書き速度が速く、耐久性が高い反面、価格が高め。

GPUとは
GPU(Graphics Processing Unit)とは、画像や動画の処理を担うハードウェア。グラフィックス処理ユニットとも呼ばれる。高い計算能力や大量データを高速かつ同時処理できる性能から、機械学習や深層学習にも活用されている。

グラフィックカードとは
グラフィックカードとは、コンピュータ内で画像や動画の処理を担うハードウェアの1つ。別名「ビデオカード」「GPU(Graphics Processing Unit)」とも呼ばれる。グラフィックスカードの性能次第で、ディスプレイに表示される画像や動画を高速で生成・加工・出力できる。

ビデオメモリとは
ビデオメモリ(VRAM)とは、グラフィックスカードに搭載されている、画像データやテクスチャなどのグラフィックス関連の情報を一時的に保持する場所。VRAMの容量が多いほど、より高解像度の画像や複雑な3Dシーンをスムーズに処理できる。

新品か中古か

パソコンを購入する際は、はじめに新品か中古どちらを購入するか決めておきましょう。下表にそれぞれの違いをまとめました。

メリットデメリットこんな人におすすめ
新品・保証期間がある
・購入時にパーツのカスタマイズが可能
・スペック相応の費用がかかる
・初期不良の可能性がある
・パソコンにあまり触れたことがない人
・資金に余裕がある人
・中古製品に抵抗がある人
中古・購入費用をある程度抑えられる
・パーツ構成に安心感が持てる
・不具合があった場合、自身で対処する必要がある
・セキュリティ面に不安が残る
・ある程度パソコンに対する知識を有している人
・少ない資金から始めたい人

プログラミング学習に最低限必要なスペックが備わっているのであれば、中古のパソコンでも問題はありません。

新品であれば、一年以上メーカーの保証サービスやサポートが付帯されることが多く、初めてパソコンを購入する方でも安心です。予算に余裕があれば、購入前に任意のパーツをアップグレードして、より高いスペックのパソコンを購入することもできます。

中古を選択するのであれば、保証やトラブルサポートといったサービスがほとんどないため、トラブルが発生した際は自身で対応しなければなりません。

しかしながら、初期費用を抑えられるのは魅力的です。中古のパソコンを検討するのであれば、大手電機メーカーのような信頼できる販売会社を選びましょう。それだけでなく、パソコンのスペックや各パーツの動作状況などを販売員に確認をしつつ、慎重に選ぶことをおすすめします。

ノートパソコンかデスクトップか

ノートパソコンかデスクトップパソコンどちらを選ぶかは、自身の学習スタイルやライフスタイルに合わせて選びましょう。下表にそれぞれの特徴をまとめました。

メリットデメリットこんな人におすすめ
ノート
パソコン
・どこでも学習可能
・省スペースで設置可能
・性能が劣る場合がある
・カスタマイズができない
・画面サイズに限界がある
場所を選ばず学習した人
デスク
トップ
・性能がノートパソコンより高い
・カスタマイズ性が高い
・移動が困難
・設置スペースが必要
自宅で落ち着いて学習したい人

ノートパソコンは携帯性が高いため、どこにでも持ち運べます。カフェや図書館など、さまざまな場所で学習をする人におすすめです。

ただし、デスクトップパソコンと比較した場合、性能が劣ってしまう可能性がある点やカスタマイズがほぼできない点には注意が必要です。

デスクトップパソコンはカスタマイズ性が高く、大きな画面で作業できるものが多いです。画面サイズが大きいほうが、長時間の学習でも疲れにくいメリットがあります。

しかしながら、専用の設置スペースを確保する必要があり、自宅以外ではパソコンを使用した学習ができない点には注意が必要です。

プログラミング学習を継続していくには、自身の学習スタイルに合うタイプのパソコンを選ぶのが大切です。

利用者からの口コミが良いか

実際にパソコンを購入した人の口コミも、大事な判断基準のひとつです。自身の学習スタイルに似ている人の投稿を見つけられれば、自身が購入した後の未来を想像しやすいでしょう。

口コミを確認をする際は、「どの点がおすすめなのか」「どの点が不満なのか」を確認すると良いです。

特に不満な部分を事前に知ることができれば、自身が同じパソコンを使用した際、許容できる範囲なのか判断できます。

プログラミング初心者におすすめのパソコン5選

ここからは、プログラミング初心者におすすめのパソコンを、厳選して5つ紹介します。

DELL New Inspiron15 AMD

DELL New Inspiron15 AMD」は最新のAMD Ryzen™プロセッサーを搭載した、スタイリッシュな外観を持つノートパソコンです。

CPUには「AMD Ryzen™ 5 7530U 6コア 12スレッド プロセッサー Radeon™ グラフィックス 付」を採用しています。12スレッドあるため、複数アプリを同時に動作させるマルチスレッド性能が高いです。

メモリ8Gに加えSSD512GBのストレージが搭載されており、これからプログラミング学習を始める人が安心できるスペックのノートパソコンを費用を抑えつつ購入可能です。

商品名DELL New Inspiron15 AMD
カテゴリーノートパソコン
価格7万1,800円~
CPUAMD Ryzen™ 5 7530U 6コア 12スレッド プロセッサー Radeon™
メモリ16GB
ストレージ512GB
対応OSWindows11 Home
画面サイズ15.6インチ
バッテリー駆動時間要お問い合わせ

各項目は公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格は2024年5月時点の公式サイトに記載されていた税込み金額を掲載しています。

利用者からの評判・口コミ

Lenovo ThinkPad E16 Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad E16 Gen 1 AMD」は16.0型WUXGA OPS液晶を採用した、あざやかで繊細な大型画面が特徴的なノートパソコンです。

CPUにAMD Ryzen™7000シリーズプロセッサーを採用。加えてAPU内蔵のAMD Radeon™ グラフィックスのパフォーマンスにより、高いレベルの生産性を実現できます。

指紋センサーを活用し素早く安全にログインが可能で、プライバシー保護やセキュリティ対策に有効です。その高いセキュリティ性能から、外出先でも安心して作業を行えるでしょう。

商品名Lenovo ThinkPad E16 Gen 1 AMD
カテゴリーノートパソコン
価格8万4,755円~
CPUAMD Ryzen™ 7  7730U
メモリ8GB~
ストレージ256GB SSD~
対応OSWindows 11 Home
画面サイズ16.0インチ
バッテリー駆動時間最大約20.7時間

各項目は公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格は2024年5月時点の公式サイトに記載されていた税込み金額を掲載しています。

利用者からの評判・口コミ

HP Pavilion 15-eg

HP Pavilion 15-eg」は第13世代Intel Core i5を搭載した機能性の高い機種です。

メモリ16GBにストレージ512GB SSDを採用しており、プログラミング学習を始めるためのパソコンとしては申し分ない性能を持っています。

また、スクリーンにタッチディスプレイを採用、指紋認証センサーも標準装備し、機能性は抜群です。プログラミング学習はもちろん、日常使いでも満足できる1台です。

商品名HP Pavilion 15-eg
カテゴリーノートパソコン
価格10万7,913円~
CPUインテル® Core™ i5-1335U
メモリ8GB~
ストレージ256GB SSD~
対応OSWindows 11 Home
画面サイズ15.6インチ
バッテリー駆動時間最大7時間30分

各項目は公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格は2024年5月時点の公式サイトに記載されていた税込み金額を掲載しています。

利用者からの評判・口コミ

mouse X4-R5

mouse X4-R5」は14インチ、重量が約1.2kgのコンパクトなタイプです。気軽に持ち運んで使いたい方におすすめ。

マウスコンピューターは受注生産型のパソコンメーカーなので、細かくスペックをカスタマイズできるのがポイントです。メモリやストレージ、その他付属品の有無まで指定できるので、予算に合わせて使いやすいスペックで注文できます。

メモリ16GM、ストレージSSD 512GBを標準仕様としているため、カスタマイズせず標準タイプを選択してもプログラミング学習には十分です。

商品名mouse X4-R5
カテゴリーノートパソコン
価格12万4,800円~
CPUAMD Ryzen™ 5 5560U
メモリ16GB
ストレージ512GB
対応OSWindows 11 Home 64ビット
画面サイズ14.0インチ
バッテリー駆動時間約10時間

各項目は公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格は2024年5月時点の公式サイトに記載されていた税込み金額を掲載しています。

利用者からの評判・口コミ

MacBook Air

MacBook Air」はApple社が提供する軽量かつパワフルなノートパソコンです。

薄さ1.2cmにも満たない薄いボディ設計をしており、持ち運びにとても便利。画面サイズは13インチもしくは15インチから選択できます。

Apple社が独自に開発しているチップの中でも最新のM3チップ(性能はIntel Core i7プロセッサと同レベルかそれ以上)を搭載。機械学習や画像解析といった大量のデータを扱うプログラミング作成も可能です。

iOS向けのアプリやサービスの開発を目標としている人にも、ぜひおすすめしたいノートパソコンです。

商品名MacBook Air
カテゴリーノートパソコン
価格14万8,800円
CPUApple M2
メモリ8GB~
ストレージ256GB SSD~
対応OSmacOS
画面サイズ13.6インチ~
バッテリー駆動時間最大18時間

各項目は公式サイトの情報をもとに記載しています。
価格は2024年5月時点の公式サイトに記載されていた税込み金額を掲載しています。

利用者からの評判・口コミ

パソコンと一緒に揃えたい便利アイテム

パソコンと一緒に揃えたい便利アイテム

ここからは、ノートパソコンを使った学習をする際、一緒に使うと便利なアイテムを4つ紹介します。

ノートパソコンスタンド

ノートパソコンスタンドとは、ノートパソコンを置くための台です。ノートパソコンに張り付けるタイプやデスクに据え置くタイプのものなどがあります。

ノートパソコンのような小さめな画面を長時間にわたり注視していると、肩こりや腰痛の原因となります。ノートパソコンの画面を自分の目線と同じ高さにすることで、身体への負担を軽減可能です。

そのため、ノートパソコンで作業をするならまず揃えたいのがノートパソコンスタンドです。

なお、数多くあるなかで特におすすめなのが「BoYata」のノートパソコンスタンドです。

こちらの商品は高さ7.9cm~26.9cmの間で無段階調整できるため、自分にちょうどいい高さに合わせて使用できます。耐荷重は20kgまでと頑丈なつくりなので、タイピングをしてもぐらつきません。

パソコンチェア

パソコンチェアは、デスクワークやパソコン作業を行う際に使用される椅子です。普通の椅子とは違い、長時間の作業にも対応できるように設計されています。

長時間座ったまま作業を行うのは、身体への負担も大きいです。座り心地がよく、長時間同じ体勢でも負担が少ない椅子を選びましょう。

なお、特におすすめなのは「Herman Miller」のアーロンチェアです。

オフィスチェアとして世界的に有名なアーロンチェアです。体格に合わせて背もたれやひじ掛けなどを細かく調整できるため、自分に合った楽なポジションで座れます。

また、最近では上記のようなオフィスチェアタイプだけでなく、ゲーミングチェアも在宅ワークをする人に人気を集めています。高価な椅子には手を出せないが、低予算でも快適な椅子が欲しいという人には下の「AKRacing」のゲーミングチェアがおすすめです。

パソコンデスク

パソコンデスクは主にパソコン作業を行うために使用されるデスクです。その中でも、電動昇降デスクはボタンひとつで簡単に天板を上げ下げできます。

長時間座ったまま作業をしていると身体に良くありません。そんな時におすすめなのが昇降式デスクです。適度に立ちあがることで、血流を良くすると共に疲れもほぐします。

なお、特におすすめなのは「山善」の昇降式デスクです。

70㎝もある広々とした奥行きだけでなく、天板の高さを70~117cmの範囲で上げ下げできる電動昇降デスクです。また、メモリー機能で好きな高さを登録しておけるため、細かい調整を毎回する必要もありません。

費用はかかりますが、身体への負担を抑えるために購入を考えてみてはいかがでしょうか。

モニターディスプレイ

モニターディスプレイは、デスクトップパソコンでも使用される外部接続タイプのディスプレイです。

外部ディスプレイを導入すれば、大型サイズの画面で操作可能です。それだけでなく、ノートパソコンと外部ディスプレイの2画面を同時使用すれば、作業効率も上がるでしょう。中には画面を縦に回転させられるものもあります。

なかでも特におすすめなのは「iiyama」のモニターディスプレイです。

PCメーカーのマウスコンピューターから販売されている、画面が縦に回転できるモニターです。画面を縦長の表示にできるので、書き込んだコードやWebページが見やすくなります。

仮に購入予定のモニターが縦型に対応していなくても、こちらのようなモニターアームを導入すれば縦に回転できます。高さや角度も自由に変えられるので、自宅での作業がはかどるアイテムです。

ほかにも、ディスプレイを活用するのであれば、外部接続のマウスやキーボードも一緒に購入することをおすすめします。ディスプレイの設置位置とマウスとキーボードの配置を合わせることで、姿勢よく身体に負担をかけずらい体勢で作業に望めます。

プログラミング用のパソコンにまつわるFAQ

最後に、プログラミング用のパソコンへよくある質問にまとめて回答します。

通信機器はポケットWi-Fiとルーターのどちらが良い?

「ポケットWi-Fi」と「モバイルルーター」は同じものです。どちらも携帯型のWi-Fi端末であり、「ポケットWi-Fi」はソフトバンク株式会社の登録商標のため、ソフトバンク株式会社しか使用できません。

「モバイルルーター」が手軽に持ち運べるタイプであるのに対して、「ホームルーター」は据え置き型のルーターです。

セキュリティソフトは入れるべき?

ビジネス用としてパソコンを使用する予定であれば、セキュリティソフトは入れたほうが良いでしょう。

ただ、学習用にパソコンを購入するのであれば、すぐにセキュリティソフトの購入を考える必要はありません。Windows11やMacOSに標準搭載されているセキュリティソフトも十分な性能を備えています。

しかしながら、ビジネスを視野に入れているのであれば、早い段階でのセキュリティソフト購入をおすすめします。

外付けストレージは必要?

パソコンの内部ストレージに空きがあるうちは、購入する必要はありません。

一般的にストレージの使用量が6割~7割を超えると、動作に影響が出てくると言われています。さらに、Windowsの初期設定では空き容量が1割以下になると、マイコンピュータを開いた際に表示される各ドライブの空き領域部分が赤く表示されます。

パソコンの動作が重くなったと感じたら、一度内部ストレージの使用状況を確認してみてください。その際、赤く表示されていたり、使用量が6割を超えていたりしたら、外付けストレージの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

手軽にプログラミングを学ぶなら学習サイトがおすすめ

パソコンを選んだ後、手軽にプログラミングを学ぶなら学習サイトがおすすめです。学習サイトはプログラミングに必要な情報がまとまっているので、初心者でも迷うことなく勉強を進められます。

ただ、学習サイトを選ぶ際は注意が必要です。

そもそもプログラミングは、

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった

などの理由から87.5%が「挫折や行き詰まりを経験した」と回答するほど、初心者には難易度の高い学習であるとわかっています。

プログラミング学習における挫折率の調査
プログラミング学習者の87.5%が挫折を経験したことがある

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

いざ独学でプログラミングの勉強を始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを習得するのって思っていたよりも難しいんだな…」とスキルの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、転職や副業などの目的を実現できるほどの実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

上記から、プログラミングを学ぶ際は不明点を質問・相談できる学習サイトを選ぶのが賢明といえます。

ただ、無料の学習サイトはお金をかけず手軽にプログラミングを学べる一方、不明点を質問・相談できる機能がありません。そのため、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な方は、数千円の費用をかけてでも次のような「不明点を質問・相談できる有料の学習サイト」を選ぶのがおすすめです。

なかでも、侍テラコヤは登録無料で現役エンジニアに質問しながらコスパ良くプログラミングスキルを習得できる学習サイトです。

700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
previous arrow
next arrow

40種類以上の教材が学べる侍テラコヤは、

  • 現役エンジニアが応える平均回答時間30分以内のQ&A掲示板
  • 勉強の進み具合やこれまでの学習時間を確認できる「学習ログ」

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談できます。下記の口コミからも、侍テラコヤなら挫折しづらい環境で学習を進められるといえます。

18
19
20
18
19
20
previous arrow
next arrow

侍テラコヤ利用者の口コミ

また、侍テラコヤは入会金不要・いつでも退会OKに加え、利用から1ヵ月の間は「全額返金保証制度」が適用されるので「他のサービスを選べばよかった」と後悔する心配もありません。

侍テラコヤがなぜコスパよくプログラミングスキルを習得できるのか気になる人は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトで詳細を見る

なお、次の記事では今回紹介した以外でもおすすめプログラミング学習サイトを詳しく紹介しているので、良ければ参考にしてください。

【完全無料】プログラミング学習サイトおすすめ14選を徹底比較|独学のコツも紹介
更新日:2024年5月7日

自力で学習を進められるか不安な人はスクールがおすすめ

先ほど紹介したとおり、学習サイトは手軽に学習できる点や必要なタイミングで質問・相談できる点が魅力です。ただし、学習サイトでプログラミングを勉強する以上「自学自習」は大前提となります。

そのため、1人で学習できるか不安な人には定期的なレッスンを通じてプログラミングが学べるスクールがおすすめです。

定期的なレッスンを実施するスクールであれば、モチベーションが下がる心配はありません。また、現役エンジニアが講師のスクールを選べば転職や副業での収入獲得に必要なスキルを効率的に習得可能です。

なかでも「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」は、現役エンジニア講師による週1回60分のマンツーマンレッスンが受けられるオンラインプログラミングスクールです。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
分割料金一括料金受講期間
4,098円~16万5,000円~1ヶ月~
  • 転職・副業・独立などの目的に特化したコースあり
  • 累計指導実績4万5,000名以上
  • 給付金活用で受講料が最大70%OFF

侍エンジニアでは現役エンジニア講師の個別レッスンに加え、学習の不安や悩みなどを学習コーチに適時相談できるため、挫折しづらい環境でプログラミング学習が進められます。

また、侍エンジニアではプログラミングを学ぶ目的や理想の生活・仕事像をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でもITエンジニアへの転職や副業での収入獲得に必要なスキルだけを効率的に習得可能です。

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なお、侍エンジニアでは最大70%OFFで受講可能な「給付金コース」を提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心して転職や副業などの目的が実現できますよ。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

本記事では、プログラミング初心者の学習におすすめなパソコン、パソコンを選ぶ際の各種ポイントなどを紹介しました。

初心者がパソコンを購入する際は、下表に示したプログラミング学習に必要な最低限のスペックを備えていれば、問題はありません。

CPUcore i5  or Ryzen5 以上
メモリ8GB 以上
ストレージSSD256GB 以上
GPUGeForceシリーズ以上

また、プログラミング向けのパソコンは購入ではなく、レンタルするのも手段の1つです。「ナニワレンタル」の「パソコン(PC)のレンタル」といったサービスを活用すれば手軽にレンタルが可能です。お試しの目的も兼ねプログラミングを学んでみたい人はレンタルを検討してみるのも良いでしょう。

また、次の記事ではプログラミングで開発する目的別に、おすすめのパソコンを紹介していますので、合わせてご覧ください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

この記事を書いた人

【プロフィール】
システムエンジニアからフリーランスへ転向して3年目。Webライターを中心に、サイトや動画の制作・業務効率化を目的としたプログラム作成などの仕事を担う。2024年から侍エンジニアブログの記事執筆を担当。エンジニア時代の経験を活かし、初学者にも理解しやすい解説の執筆を心がけています。
【専門分野】
Web関連全般(HTML,CSS,JavaScript,Pythonなど)/インフラ関連(Java,DB,SQLなど)/中国語(バイリンガル)
【SNS】
X(旧:Twitter)

目次