【Java入門】メソッドの使い方総まとめ(呼び出し、引数、戻り値)

中沢 丈
書いた人 中沢 丈


侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!エンジニアの中沢です。

Javaにはいくつかの処理をひとまとめにしたメソッドがあります。

同じ処理を繰り返し行う場合には、メソッドを使うと便利になります。

この記事では、

・メソッドとは
・メソッドに引数を使って値を渡す方法
・メソッドの戻り値(return)の使い方

という基本的な内容から、

・メソッド名を取得する方法
・staticメソッドの使い方
・メソッド参照の使い方
・メソッドチェーンの使い方

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はこれらの方法を覚えるために、メソッドのさまざまな使い方をわかりやすく解説します!

メソッドとは

メソッドとは、いくつかの処理をひとまとめにしたものです。

処理をメソッドにしてまとめておくことで、同じ処理を繰り返し行う場合に同じコードを記述するのではなく、メソッドを繰り返し使用するだけでよくなります。

メソッドを使うことで、コードが読みやすくなったり、変更が容易になるというメリットがあります。

メソッドを定義する方法

メソッドは次のように記述して定義します。

これを具体的に記述すると次のようになります。

メソッドの呼び出し方

メソッドの呼び出し方は戻り値を返すかどうかで変わってきます。

戻り値については、後ほど詳しく説明します。

戻り値を返さない場合は次のように記述して呼び出します。

戻り値を返す場合は次のように記述して呼び出します。

メソッドの詳しい解説はこの記事で順に解説していくので、ぜひ最後まで確認してください!

メソッドに引数を使って値を渡す方法

ここではメソッドに引数を使って値を渡す方法を解説します。

メソッドに引数を使って値を渡すためには、メソッド名の後の括弧の中に渡したい値を指定します。

次のプログラムでメソッドに引数を使って値を渡す方法を確認してみましょう。

実行結果:

このプログラムではメソッドの引数に2つの値を指定して、メソッドの中で足し算をした値を表示する処理をしています。

メソッドに引数を使って値を渡す方法についてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ確認してください!

メソッドの戻り値(return)の使い方

ここではメソッドの戻り値の使い方を解説します。

メソッドの戻り値を使うことで、メソッドの処理の結果を呼び出し元で使用することができます。

戻り値は「return」を使用して指定します。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このプログラムでは戻り値を使って、メソッドで足し算した結果を呼び出し元に返して表示しています

メソッドの戻り値の使い方についてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ確認してください!

メソッド名を取得する方法

ここではメソッド名を取得する方法を解説します。

メソッド名の取得は実行中のクラスから取得する方法と、スタックトレースから取得する方法の2種類の方法があります。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このプログラムではメソッド名を2種類の方法で取得して表示しています。

メソッド名を取得する方法についてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ確認してください!

staticメソッドの使い方

staticメソッドとはメソッド名の前にstatic句がついたメソッドのことです。

クラス内で固有、保持されるメソッドのことです。

staticメソッドはnew句を使ってインスタンス化せずに、クラス名から呼び出すことができます。

staticなメソッドでは、staticな変数と引数で渡された値を使って処理を行います。

非staticな変数やメソッドを使って処理はできないので注意してください。

staticメソッドの使い方については、こちらでくわしく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

メソッド参照の使い方

メソッド参照はJava8で導入された機能で、処理を簡潔に書くことが出来るようになります。

メソッド参照の使い方についてはこちらで詳しく解説しているので、ぜひ確認してください!

メソッドチェーンの使い方

メソッドチェーンとは、メソッドを鎖(チェーン)のようにつなげて呼び出すというものです。

たくさんのメソッドを持つクラスからメソッドを呼び出す際に、手短に記述することができます。

チェーンでつなぐメソッドは自身のオブジェクトの参照を返す必要があります。

返されたオブジェクトからメソッドを呼び出すことで連結していきます。

サンプルコードで確認しましょう。

実行結果:

このサンプルコードでは、まずメソッドを複数もつクラスMyClassを定義しています。

MyClassはMyClass自身を返すメソッドをメンバーに持っています。

これらのメソッドは、MyClassをインスタンス化したオブジェクトからsetA、setB、printメソッドを連結して呼び出されています。

まとめ

いかがでしたか?

今回はメソッドの使い方について解説しました。

メソッドを使うことで、コードが読みやすくなったり、変更が容易になるというメリットがあるのでぜひ覚えてくださいね。

もし、メソッドを使う方法を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

Javaカリキュラム無料公開中!
この記事はJava入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Java学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくJavaを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


最短でJavaを習得したい方へ

もし、あなたが、

「難しすぎて学習が全然進まない」
「学習量が膨大でゴールが見えない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」

など、プログラミング学習やキャリアに関してお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_bannar-java1

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

中沢 丈

中沢 丈

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]