エンジニアがエラーを解決する手順と解決のコツ | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

エンジニアがエラーを解決する手順と解決のコツ


初心者にとって、エラーを解決するのはかなり大変です。解決できないと次に進めないと同時に、解決できない状況が続けばだんだんと嫌になり最悪の場合、挫折につながってしまいます。

初心者にとってエラーの解決が難しい原因の一つは、解決のための正しい手順を知らないからです。そこでこの記事では、実際にエンジニアが行なっているエラーの解決方法を紹介します。

手順を知ってエラー解消の経験を積めば、エラー解決までの時間も短縮できます。エラーが発生しても焦らずに、まずは正しい手順を踏みましょう。

エンジニアはどのような手順でエラーを解決するのか

エラーの解決手順は現象によって様々ですが、実は原因を特定するための基本的な手順というものが存在します。このトピックでは手順を一つ一つ解説します。

1.エラーログを確認

エラーログが出ている場合、必ずエラーログを確認する癖をつけましょう。エラーログにはエラーになった箇所などが記載されており、原因と場所の特定がしやすくなります。

エンジニアにとってエラーログを理解するのは基本中の基本です。パッと見は英語が並んでいるのでそれだけで嫌気がさしてしまうかもしれませんが、読み方さえ覚えれば難しくはありません。

またアプリを作る際にJavaScriptまたはjQueryを使う場合が多くあります。JavaScriptやjQueryはブラウザ上でdeveloper toolsのコンソール画面を使いエラーを確認することができます。

画像:developer tools 右クリック→検証

2.デバッグ

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「オリジナルWebアプリ開発」の記事

9.初心者がエラーを克服する方法

  1. b. エラー解決に役立つサイトまとめ
  2. c. オリジナルアプリ開発には「先生」が必要な理由
  3. d. 「先生」を見つける3つの方法
LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説