Perl転職の実態とは?需要や年収から未経験でも目指せるのか徹底調査


Perlを習得して転職したい。
年収や将来性が気になる……。

この記事をチェックしているあなたは、そんな疑問を抱いているのではないでしょうか?

Webアプリケーション、システム管理やテキスト処理などのプログラムを書くのに広く用いられているPerlですが、1987年と言う古くから存在するプログラミング言語のため、需要性や今後の将来性が気になりますよね。

そこでこの記事では、Perlを習得して転職した場合の年収やPerlの需要性・将来性について解説します。

これからPerlを習得して転職を視野に入れている方、すでにPerlの知識や技術をお持ちの方で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Perlエンジニアの実態調査

画像:Shutterstock

Perlエンジニアとして転職を考えている方は、まずはPerlエンジニアの仕事内容や年収、今後の需要性や将来性をチェックしておきましょう。

Perlの仕事内容

Perlの大きな特徴として挙げられるのは、テキスト処理に対して非常に強力である点でしょう。

そのため、CGI、データベースおよびネットワークの管理、データの分析や変換、グラフィックスや文書処理など、サーバーで行うためのプログラム開発やデータ処理が主な業務内容となっています。

また、iOSやAndroid向けのアプリケーション開発や運用と言った業務もあります。

Perlで転職した場合の年収

ビズリーチによる「プログラミング言語別年収ランキング(2018年度)」によると、Perlの平均年収中央値は525万円、最大年収は1,200万円と公表されています。

GoPythonRubyと言った言語に比べると年収平均値や最大値は劣りますが、ほとんど同時期に開発されたC言語よりも年収最大値が高いことが分かります。

Perlの需要

Webアプリケーションのサービス開発用の言語としては、PerlよりもPHPの方が人気度は高いです。だからと言ってPerl言語の需要が無いと言うわけではありません。

なぜなら、Perlで開発されたシステムは現在もなお利用されているからです。その証拠に、求人サイトIndeedでPerlエンジニアを募集している求人は約4,000件以上もあります。

Perlの需要は今後も続いていくことが予想されるでしょう。

Perlの将来性

Perl言語と言えば、CGIに用いられることで一時期は人気急上昇の話題性のある言語でしたが、使い勝手のよい言語が続々と開発されてから勢いはなくなりました。

そこで気になるのが、Perl言語の将来性です。

今では新規のアプリケーション開発案件においてPerlが使われることはあまりありませんが、Perlで書かれた膨大なソフトウェアの資産は現在のPerlの存在価値にも繋がっています。

このことから、Perlで書かれた既存システムの拡張や改修の案件は当分の間なくなることはないでしょう。

未経験からでもPerlで転職できるのか?

画像:Shutterstock

未経験からでもPerlを習得して転職することができるのでしょうか? これからPerlを習得し転職を視野に入れている方は、Perlの習得難易度も気になりますよね。

未経験からでも転職できる?

Perlはコンパイル不要のインタプリタ型の言語となっているため、C言語、C++などの言語と比較すると習得は容易です。そのため、Perl未経験者の方でも問題なく転職をすることができます。

求人サイトIndeedで「Perlエンジニア 未経験」と検索をかけただけでも、案件数は約1,300件以上。数多くの企業が未経験者を歓迎していることが分かります。

未経験からのPerl習得難易度

Perl言語は学習・習得難易度がやや高めの言語となっています。

具体的に難易度を表すとなると、Perl言語はJava、PHPなどの言語よりも習得難易度が高く、C言語やC++よりも習得難易度の低い言語と言えるでしょう。

Java、PHPなどのプログラミング言語はコードの書き方が似ている部分が多いですが、Perlはやや書き方が独特です。

たとえば、他の言語の「=」はPerl言語では「eq」で書いたり、他の言語に慣れてしまっている方はPerlのソースに戸惑いを感じてしまうのかもしれません。

Perlで転職を成功させるためのステップ

画像:Shutterstock

以下は、Perlで転職を成功させるための5つのステップです。

  • ステップ1.IT業界の知識を深めよう
  • ステップ2.Web基礎スキルを身につける
  • ステップ3.プログラミングスキルを身につける
  • ステップ4.サンプルを参考に成果物を作成する
  • ステップ5.ポートフォリオを完成させる

IT業界の知識を深めよう

Perl言語で転職の成功率を上げるためには、IT業界の知識を深めることが大事です。Perl言語やプログラミング未経験の方がPerlエンジニア・プログラマーになるケースは数多くありますが、途中で挫折してしまう方も多いのです。

Perl言語で転職を成功させるためには、

  • ITエンジニアとはどういう仕事なのか
  • ITエンジニアにはどのような種類があるのか
  • プログラマーとはどのいう仕事なのか
  • プログラマーにはどのような種類があるのか
  • どのようにしてITエンジニア・プログラマーになれるのか


と言ったIT業界に関する部分に触れておくことで、転職率を格段に高めることができます。

Web基礎スキルを身につける

Perl言語で転職の成功率を上げるためには、Web基礎スキルを身につけましょう。

WebサーバーやWebブラウザなどのWebシステムに関する知識や、Web通信の仕組み、データベースやWebセキュリティなど、こういった基礎スキルや基礎知識はエンジニアにとっても非常に重要なスキルのひとつとなります。

プログラミングスキルを身につける

Perl言語で転職の成功率を上げるためには、プログラミングに関するスキルを身につけましょう。

Webページを作るための基本となる言語HTMLCSS、Webページに動きを取り入れるJavaScript、その他にもRubyPHPSQLと言ったプログラミングスキルの知識や技術を身につけることで、転職の成功率は格段と上がるでしょう。

サンプルを参考に成果物を作成する

IT業界の知識やWeb基礎スキル、プログラミングスキルを身につけたあとは、実際にサンプルコードを参考に成果物を作り上げましょう。

インターネット上にはPerlを使ったソースコードのサンプルが山ほどあります。これらを参考にして、実際にコードを書いてみましょう。

ポートフォリオを完成させる

Perlのサンプルコードを参考に成果物を作成した後は、これまでの基礎知識や基礎スキルを活かした自分だけのポートフォリオを作り上げましょう。

エンジニアやプログラマーにとってのポートフォリオは、自身の実績や能力を証明するためのひとつの資料です。自分自身だけでなく、誰が見ても分かるようなシンプルな作品に仕上げましょう。

Perlを身につけるための方法

画像:Shutterstock

Perl言語は以下の方法で身につけることができます。

  • 独学
  • スクール

独学

プログラミングスクールに通う時間やお金が無い方、自分のペースでコツコツと学習を行いたい方は独学でPerlを習得することがおすすめです。

独学には主に2つのタイプがあります。

  • 学習サイトによる独学
  • 書籍による独学

Perl未経験者の方は、まずは無料の学習サイトでPerlの基礎知識を頭に入れて、入門レベルまでスキルを高めましょう。

以下はPerlが学べる学習サイトです。

ドットインストール

引用元:ドットインストール https://dotinstall.com/

学習サイトで一通りPerlの基礎知識を身につけたあとは、書店に足を運びPerlの参考書や学習本を見つけてみましょう。

書店や通販ではご自身のレベルに合わせた様々なPerl学習本が販売されています。

スクール

Perl言語を一から習得する未経験の方は、独学だとつまずいてしまうこともあるでしょう。プログラミングに関する知識やPerl言語をしっかりと学びたい方には、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

侍エンジニア塾では、柔軟性の高いカリキュラムを作成し学習することも可能です。プログラミングに関する基礎からしっかりと学ぶことで、プログラミングの理解や習得にもつながります。

侍エンジニア塾の「無料体験レッスン」では「プログラミングに興味がある、習って人生を変えたい」という方に、理想の人生のイメージや現在の生活、これまでの価値観やキャリアなどをお聞きし、IT業界の実情と絡めて最適な言語選定やキャリアのご提案を致します。

侍エンジニア塾では下記の3つの軸で、完全個別型のプログラミング学習指導を行なっています。

無料体験レッスンは下記のカレンダーより申し込みができます。スタッフ一同お待ちしております。

無料体験レッスンを予約する

【結論】Perlは需要は高いが未経験からの習得難易度はやや高め

Perlを習得して転職した場合の年収やPerlの需要性・将来性について解説してました。

現在はPerlよりも優れたプログラミング言語は数多くありますが、Perlで開発されたシステムが今もなお利用されていることから、需要の高い安定した言語であることが分かるでしょう。

Perl言語はインタプリタ型のプログラミング言語となるため、コンパイルの必要が無く簡単に扱える言語ですが、ソースコードが少し特殊なため、その他の言語に慣れてしまっている方は、学習・習得に手惑うかもしれません。

とはいえ、まだまだPerlエンジニアを必要としている企業は数多くありますので、Perlを習得して転職を考えている方は、頑張ってみてください。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。