VR開発・VRプログラミングをしたい人が選ぶべき言語とは?

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

「VR開発をやってみたいけどどうすればいいの?」
「プログラミング言語は何を選べばいいの?」

VRに関してこのような悩みを抱えている方も多いかと思います。

VRは比較的新しい技術なので、知識をつけづらかったり、少し難しく感じてしまったりするかもしれません。

そこで今回は、初心者の方でもわかるようにVR開発・プログラミングに必要な言語やその使い方などをまとめてみました。

これを参考にすれば、VR開発・プログラミングの全体像がわかるようになります。

【こんな方に向けて書きました】
・VRシステムを実際に開発してみたい
・最先端の技術を身近に感じたい
・VR技術に必要なプログラミング言語を知りたい

VR開発・プログラミングにはUnity

unity-1170x878

先に結論からお話しすると、VR開発・プログラミングには「Unity」をおすすめします。

Unityの話をしていく前に、「そもそもUnityって?」という方もいるかと思います。

そんな方は先に、こちらで概要やどこがどう良いのかがまとまっていますので参考にしてみてください。

VR開発・プログラミングでUnityをおすすめする理由は3つです。

1.セットアップが簡単で初心者でも扱いやすい

Unityは初心者でも簡単に扱うことができます。

例えば、ボールを作りたいのならば、メニューからボールを選び、大きさを入力すれば良いだけです。

跳ねてほしいのならば、重力をメニューから追加し、弾性をさらに追加するだけです。

他の言語を使うと、重力や弾性なども計算しなければならないのですが、Unityを使えば簡単に作ることができます。

2.参考資料が充実している

プログラミングの学習において、参考資料が充実していることは1番と言っていいほどに大切なことです。

Unityは、使いこなすための参考資料が充実しているので、学習がスムーズに進められるでしょう。

Unity学習の書籍まとめ

Unity学習のサイト・記事まとめ

3.問題解決がしやすい

Unityには、多くのデバイスやプラットフォームとの連携があります。

連携には、公式なものもあれば、有志で作られたものもあります。
これはUnityが全世界に100万人以上の開発者を有しているからこその特徴です。

これが意味する強みとしては、なにか問題が起きても大抵は他の誰かが同じ問題にぶつかっており、既に解決しているケースが殆どであるということです。

Google検索すれば多くの問題が解決できますし、場合によっては、実現したいコードを誰かが既に書いていて、そのコードをコピペしながら書いていくことができるということもあります。

このような理由から、VR開発・プログラミングにはUnityを使うことをおすすめします。

Unityを使ってVR開発・プログラミングするには?

まずは学習スライドで

まずは全体像をつかむために、UnityでのVR開発が学べる学習スライドを参考にしましょう。

学習スライドは負担が少なく多くの情報を仕入れることができるので、学習のとっかかりとしては最適です。

次にチュートリアルで学ぶ

次はチュートリアルです。
実際にチュートリアル形式で触った方が、Unityを使ったVR開発・プログラミングの流れを理解することができます。

こちらのチュートリアルがわかりやすかったので参考にしてみてください。

Unityで対応機器に合わせて開発してみる

shutterstock_385433683

スライドやチュートリアルで雰囲気を掴んだら、実際に開発をしてみましょう。

VRは、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)という機器を使って利用するのですが、その各HMDに対応した開発方法が、よくまとまっている記事があるので是非参考にしてみてください。

それぞれがどんなもので、どのような特徴があるのかだけでなく、PC環境やセットアップ、つまづきやすいポイントと解決策なども詳しく解説されています。

Oculus Riftこちら

Gear VRこちら

HTC Viveこちら

Google Cardboardこちら

最先端のVRを本格的に開発してみませんか?

スライド学習やチュートリアルなどで、ある程度の基礎を覚えたら、プログラミングスクールで本格的に学んでみましょう。いきなりプログラミングスクールに通って基礎から学ぶより、あらかじめ基礎を覚えておけば、より理解度も深まるし効率よく学習が進められます。

基礎も大事ですが、なるべく早く基礎を覚えて開発に専念したほうが、スキルアップにも繋がりますよね。

でもゲーム開発って難しそうなイメージありますよね・・・

そんな方はまず、弊社の「無料体験レッスン」を受けて見ませんか?

無料体験レッスンでは

  • VRゲーム開発を出来るようになることでどんな未来があるのか
  • 好きなゲームに関わる仕事で今後働いて行けるのか
  • キャリアを考えた学習プランの作成


など、このような内容を話す事ができます。

他にも、業界屈指のコンサルタントがあなたの抱える、VR開発に対しての疑問や不安を解決してくれます。
無料体験レッスンの様子を見る

VR開発をする目的を明確化し、その明確になったキャリアに向かって最短で学習するための学習プランを提案させて頂きますので、無駄のない学習で最速でゲームエンジニアになれるイメージが湧くと思います。

まずは、無料体験レッスンを受けて、あなたが抱える不安や悩みを解決してから、本格的にVRについて学んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
VR開発・プログラミングに最適な言語と、その使い方まとめをご紹介しました。

VR開発・プログラミングは一見難しそうですが、ツールややり方さえわかれば意外と簡単にできてしまいます。

今回の内容が、VR学習・開発に少しでも役立てば幸いです。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説