スライドショー

コードの品質があがる!PHPのlintの使用方法を最短理解

こんにちは!独学プログラマー&ライターのつぶらやです。

PHPでプログラムを書いて、いざ動かそうとした時にエラーとなって動かないという経験は誰にでもあります。

本日はプログラムを動かす前に構文チェックをする以下のような方法についてお話したいと思います。

・構文チェックはなぜ必要?
lintを使ってコマンドラインからチェックする方法
runkit_lint関数を使ってコードを直接チェックする方法

それでは説明していきます。

構文チェックはなぜ必要?

まず、構文チェックはなぜ必要なのでしょうか。

例えば以下のようなコードは構文エラー(シンタックスエラー)となり動作しません。

test1.php
<?php
    $i = 1; // $iに1を代入
    if($i == 1){ // $iが1だった場合という判定をしたい
        echo "さむらい";
?>


理由はifを閉じるための}がないからです。

正しくは以下です。

test2.php
<?php
    $i = 1; // $iに1を代入
    if($i == 1){ // $iが1だった場合という判定をしたい
        echo "さむらい";
    }
?>

プログラムには書くためのルールがあります。

きちんと記述したと思っていても大量のコードを書くと知らない内にミスをしている場合もあります。

事前にチェックしておく事によって実行した時のエラーを防ぐことが出来るのです。

構文チェックが必要な理由はお分かりいただけましたでしょうか。

それでは続いて、構文チェックのためのコマンドや関数の使い方を解説します。

コマンドラインからチェック(lint)

コマンドラインからチェックできるという事は、phpファイルを丸ごとチェックできるという事です。

チェックのためだけに関数をコードの中に書き入れる必要はありません

コマンドラインについてよくわからない方は以下の記事を参考にしてください。

【PHP入門】外部コマンドの実行(exec)とコマンドライン実行の方法
更新日 : 2019年4月18日

エラーチェック方法

前章で使用したtest1.phpを使用して、コマンドラインでチェックしてみましょう。

test1.php
<?php
    $i = 1;
    if($i == 1){
        echo "さむらい";
?>

以下の様にコマンドを発行します。

php -l test1.php
結果
PHP Parse error:  syntax error, unexpected end of file in test1.php on line 5
Errors parsing test1.php

上記のエラーが出ました。

間違っている行数も【on line 5】のように出るのでわかりやすいですね。

慣れてくると大丈夫だろうと構文のチェックが面倒で未チェックで実行したくなると思います。

ぐっとこらえて構文チェックを行ってください。

どんな慣れた人でもミスは起こります。

エラーの修正

構文チェックをしてエラーがわかったら修正して再度チェックをしましょう。

前章で使用したtest1.phpを修正したtest2.phpを使用して、コマンドラインでチェックしてみましょう。

test2.php
<?php
    $i = 1;
    if($i == 1){
        echo "さむらい";
    }
?>

以下の様にコマンドを発行します。

php -l test2.php
結果
No syntax errors detected in test2.php

このような表示になれば構文エラーはないという事です。

コードを直接チェック(runkit_lint)

続いて、PHPのコードの中でチェックできるrunkit_lintという関数があります。

この関数はPECL(ピクル)というPHP用のライブラリが入っていないと使用することが出来ません

またスレッドセーフを有効にしておく必要があり、特別な環境でしか使用できません。

こちらの記事では公式のページの紹介のみにさせて頂きます。

http://php.net/manual/ja/function.runkit-lint.php

コードの中で、一部分だけチェックという時に使用できると思います。

興味のある方は環境を準備して試してみてください。

まとめ

本日はPHPの構文エラーのチェック方法についてお話しました。

今回は簡単な構文チェックのみを検出する方法でしたが、IDE(統合開発環境)を使用するともっと細かくチェックできます。

構文エラーはもちろんの事、記述されている変数が使用されているかどうかも判定してくれたりします。

他にもプログラムのチェックのためのツールがあります。

興味があればネットで検索してみてください。

それでは、また。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

つぶらや

つぶらや

独学PG&SE、東京在住30代女性。
誰でもプログラマーになれるがモットーで、わかりやすい記事を目指しています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説