Webデザイナーが「きつい」「大変」といわれる5つの理由!つらさの原因とは

Webデザイナーの仕事はきついの?
大変な思いをするなら、Webデザイナーはやめたほうがいいのかな…

Webデザイナーになりたい気持ちはあるものの、仕事内容が「きつい」「大変」といった噂を聞き、目指そうか悩んでいる人は多いですよね。厳しい納期・クライアントからの要求に応える大変さなど、いくつか理由はありますが、Webデザイナーはただきついだけの仕事ではありません。

この記事では、なぜWebデザイナーの仕事は「きつい」「つらい」「大変」などといわれるのか、その理由をわかりやすく解説します。Webデザイナーの魅力から、どんな人に向いているのかも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なお、次の記事ではWebデザインを扱うWebデザイナーとはどのような職業なのか、その仕事内容を平均年収や将来性なども交え詳しく解説しているため、参考にしてください。

Webデザイナーとは?仕事内容や年収、未経験からなる方法も紹介

この記事の監修者

株式会社SAMURAI

高木 晃

情報系の大学を卒業後、HR関連のサービスを複数展開する事業会社に勤務。コミュニケーションデザイン領域のデザイナーを4年ほど務め、LPやバナーデザインの制作、コーディング等を経験。現在は株式会社SAMURAIでWebデザイナーとして、バナーデザイン制作やLP改善、Instagram運用等に従事。

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事は4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、プログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

Webデザイナーがきつい・つらいといわれる5つの理由

Webデザイナーがきつい・つらいといわれる5つの理由

まずは、実際に働いた人の口コミをもとに、Webデザイナーがきついと言われる理由を、5つにまとめて紹介します。

労働時間が長いわりに収入が低い

Webデザイナーの仕事は、プロジェクトのデザインやコーディング、クライアントとのコミュニケーションなど、業務内容が多岐に渡ります。そのため、労働時間が長くなることもしばしば。とくにフリーランスは労働時間に縛りがない分、作業時間がさらに長くなりがちです。

また、Webデザイナーとして経験が浅いうちは収入が低い場合が多いです。よって、「労働時間が長い割には収入が低い」と感じることもあるでしょう。

しかし、経験を積んでスキルが向上すれば収入があがる可能性があります。フリーランスの場合はプロジェクトごとに収入が変動するので、仕事の選び方でも働きやすさや収入が変わるでしょう。

残業が多く納期に追われる

かかわるプロジェクトによっては、残業が多かったり納期に追われたりすることがあります。大規模なプロジェクトや複数のクライアントから同時に仕事を受けている場合、残業の頻度が増えてしまう可能性もあるでしょう。

また、一部のクライアントは厳しい納期を設定し、デザイナーにプロジェクトを急いで完成させるように求めることがあります。厳しいスケジュールの中での作業は、ストレスを感じることもあるでしょう。

しかし、時間管理やプロジェクト管理のスキルを身につけることで、効率的に作業を進められます。自己管理が苦手なら、スケジュール管理ツールなども活用しましょう。

クライアントに振り回される

Webデザイナーは、クライアントの要求に応えるために柔軟な対応が必要です。クライアントの急な要望変更や、追加修正もあり、クライアントに振り回されて大変な思いをするかもしれません。

クライアントのニーズに合わせたデザインを提供するためには、コミュニケーション能力も重要です。最初からクライアントのニーズに合ったデザインを提供できれば、何度も修正をする必要はなくなります。クライアントとの円滑なコミュニケーションを図ることで、仕事のストレスを軽減できるでしょう。

納得いくデザインが作れずストレスがたまる

Webデザイナーは、クライアントの要望や制約の中でデザインを作成します。そのため、自分のアイデアやクリエイティビティを十分に発揮できず、ストレスを感じることもあるでしょう。

また、デザインの完成度やクオリティに対する要求が高い場合も、納得いくデザインを作れずストレスをためることもあります。

しかし、クライアントとコミュニケーションを取りながら適度にアピールすれば、自分の納得いくデザインを認めてもらえるかもしれません。自分の理想を実現できるようにスキルを磨き、クライアントと話し合いながらデザインを決めましょう。

常に学び続ける必要がある

Webデザインの技術やトレンドは常に進化しています。新しいツールやフレームワークの登場、デザインのトレンドの変化など、常に最新情報を仕事に取り入れる意識が重要です。

そのため、Webデザイナーには継続的な学習が求められ、時間や努力を要します。

しかし、新しいスキルや知識を習得すれば、自身の成長やキャリアの発展につながります。学び続けるのは大変ですが、自分のキャリアアップにつながると考えれば、苦にならないでしょう。

きついだけじゃないWebデザイナーの4つの魅力

きついだけじゃないWebデザイナーの4つの魅力

Webデザイナーの仕事はきついと感じる側面もありますが、魅力的な部分も多い仕事です。ではWebデザイナーはどのような点で魅力的な仕事なのでしょうか。

ここからは、Webデザイナーの魅力を、4つにまとめて紹介します。

時間や場所にとらわれない働き方ができる

Webデザイナーの魅力のひとつは、時間や場所にとらわれずに働ける点です。自由な働き方がしやすいため、自分のライフスタイルに合わせて働けます。

たとえば自宅やカフェなど、自分が仕事をしやすい場所でリラックスしながら働けるので、作業がはかどるでしょう。

また、リモートワークの需要が増えている現代では、柔軟な働き方を望む人が増えています。通勤にストレスを抱えている人にとって、在宅ワークが可能なWebデザイナーは魅力的な仕事でしょう。

需要が高く将来性のあるスキルが身につけられる

Webデザインの需要は、今後も高まり続けると予想されています。インターネットの普及により、Webデザイナーのスキルが重要視されているためです。

Webデザインのスキルを身につければ、安定して仕事が得られます。転職の際にもおおいに役立つでしょう。

また、Webデザインは絶えず進化しており、新しいテクノロジーやトレンドに対応するために常に学び続ける意識が重要です。自己成長の機会が豊富なため、モチベーションを保ちながらスキルを磨けるでしょう。

なお、次の記事ではWebデザイナーの将来性を、現在の需要も交え詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

Webデザイナーの将来性を徹底解剖【10年後も活躍するためにすべきこと】

初心者でもフリーランスとして活躍できる

Webデザイナーとしての経験やスキルを積み重ねることで、初心者でもフリーランスとして活躍できます。自分のスキルを活かして、独立した働き方を実現できるでしょう。

フリーランスとして働くメリットは多岐にわたります。たとえば、仕事の選択肢が広がり、理想のキャリアを築きやすくなります。また、スケジュールを調整しやすく、自分のペースで仕事を進められるのも魅力です。

初心者からでもWebデザインの正しいスキルを身に着けて、キャリアアップを目指しましょう。

なお、下の記事ではフリーランスWebデザイナーになるにはどうすればよいのか、その方法をステップ形式で詳しく解説しているので参考にしてください。

フリーランスWebデザイナーになるには?未経験者が売れっ子になるコツ

経験を積むことで高単価な案件が獲得できる

Webデザイナーとして経験を積んでいくと、高単価な案件を獲得できるようになります。クライアントからの信頼を得ることができれば、報酬も高くなるでしょう。

経験を積むと自分のスキルを高められるため、より多くの案件に参加する機会が生まれます。案件数が増えればより経験を積めるので、さらに高単価な案件をもらいやすくなるでしょう。

このように、Webデザイナーにはきついと言われる側面だけでなく、魅力もたくさんあります。Webデザイナーのよい部分にも焦点を当て、自分に合った仕事か判断しましょう。

なお、次の記事では性別や年代別にWebデザイナーの平均年収を詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

【性別/年代別】Webデザイナーの平均年収!高収入を目指す方法も紹介

Webデザイナーの仕事がきつい・つらいと感じにくい人の特徴3つ

Webデザイナーの仕事がきつい・つらいと感じにくい人の特徴3つ

なかには、Webデザイナーの仕事がきついと感じずに働き続けている人もいます。「きつい」「つらい」と言われる機会も多いWebデザイナーですが、きついと感じにくい人にはどのような共通点があるのでしょうか。

ここからは、Webデザイナーの仕事がきついと感じにくい人の特徴を、3つにまとめて紹介します。

新しい技術やツールの活用に抵抗がない人

Webデザイナーの仕事は、常に進化していく技術やツールを使ってデザインを作成しなければなりません。きついと感じる人の中には、新しい技術やツールに対して抵抗感を抱く傾向があります。

しかし、新しい技術やツールの活用に抵抗がない人は、勉強しながら積極的に活用できます。新しい技術を身につけること自体に楽しさを感じるケースもあるため、そのような人はWebデザイナーに向いているでしょう。

人と話すことが好きな人

Webデザイナーは、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションが重要です。コミュニケーションを十分に取れないと、作業が円滑に進まないためです。

Webデザイナーがきついと感じる人は、人と話すことに苦手意識を持つ傾向があります。

しかし、人と話すことが好きな人は、積極的にコミュニケーションを取り、他の人と協力して仕事を進められます。人と話すことに抵抗がないので、効率よくプロジェクトを進められるでしょう。

キャリアプランが明確に描けている人

Webデザイナーの仕事は、自身のキャリアプランを明確に描くことが重要です。Webデザインの分野には多くの専門分野があるため、キャリアプランが不明確だとキャリアを継続するのが難しいためです。

きついと感じる人の中には、自身の将来のビジョンや目標が曖昧なケースがあります。

しかし、キャリアプランが明確な人は、自分の理想のキャリアに向かって努力を重ねられます。明確なキャリアステップを計画できれば着実にステップアップできるので、きついと感じにくいです。

なお、下の記事ではWebデザイナーに向いている人の特徴を、向いていない人との違いも交え詳しく解説しているのでよければ参考にしてください。

Webデザイナーに向いている人・いない人の違い【性格で適性診断しよう】

就職するときついWebデザイン会社の特徴2選

就職するときついWebデザイン会社の特徴2選

Webデザイナーの仕事をきついと感じてしまう瞬間もあるでしょう。しかしそれは、本人の適正だけではなくWebデザイン会社の選び方によっても変化します。

そこでここからは、就職するときついWebデザイン会社の以下の特徴を紹介します。

経営者がWebデザイン未経験者

入社すべきではないWebデザイン会社の特徴は、経営者がWebデザインの経験を持っていない会社です。経営者がWebデザイナーの仕事や要求事項を理解していない場合、適切なプロジェクトや環境の提供が難しいといえます。また、経営者の意識不足により、Webデザイナーの負荷を増やす要因となる場合もあります。

経営者がWebデザイン経験者であれば、デザイナーとのコミュニケーションがスムーズになり、仕事の効率性や満足度があがります。経営者がWebデザインに理解があるかどうかは、デザイナーの働きやすさに大きく影響するでしょう。

求人票に平均残業時間や継続年数の記載がない

Webデザイン会社を選ぶ際には、求人票の内容に注意が必要です。とくに、平均残業時間や継続年数の記載がない場合は、就職後にきつさを感じる可能性が高いです。

残業時間が多い環境では、プロジェクトの納期に追われたり、ストレスを感じたりすることがあります。また、継続年数が短い場合は、離職率も高く、社内の安定性や職場環境が良くない可能性も。

そのため、求人票の内容は細かい部分まで確認しましょう。入社してから後悔しないように、自分に合った環境を選択することが重要です。

将来性のあるWebデザイナーになるために習得したいスキル3選

将来性のあるWebデザイナーになるために習得したいスキル3選

Webデザイナーは、納期やクライアントの要望など制約も多く、時には「きつい」と感じる瞬間もあるかもしれません。一方で、スキルがあるWebデザイナーは、多くの人から必要とされるため、将来性のある職業といえるでしょう。

ここからは、将来性のあるWebデザイナーになる上で身に着けるべき3つのスキルを紹介します。

プログラミングスキル

Webデザイナーにとって、プログラミングスキルの習得は重要です。HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎的なプログラミング言語を理解し、コーディングの知識を持つことが求められます。

プログラミングスキルがあれば、自分でデザインを実装できるため、制約の中でも柔軟なデザインを作り出せます。クライアントの要望に応えながら、納得のいくデザインを作り出せるでしょう。

また、プログラミングスキルを持つWebデザイナーは、スキルを持たないデザイナーよりも求人数が多い傾向にあります。そのため、高収入の仕事に就くことも可能でしょう。

マーケティングスキル

Webデザイナーは、ただデザインを作成するだけでなく、ユーザーのニーズやビジネスの目標を理解し、それを反映させる必要があります。マーケティングスキルの習得により、ユーザーに魅力的なデザインを提供するだけでなく、理想のデザイン以上の価値を提供できるでしょう。

マーケティングスキルを持つWebデザイナーは、デザインの美しさだけでなく、ビジネスの成功により多く貢献できます。そのため、ユーザーからの満足度が高く、キャリアアップにつながるでしょう。

コミュニケーションスキル

Webデザイナーは、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションが欠かせません。

クライアントとのコミュニケーションは、クライアントの要望を正確に理解するために不可欠です。コミュニケーションを繰り返してフィードバックを受けながら、デザインをよりよいものにしていきます。

また、効率よくプロジェクトを進めるためにはチームメンバーとのコミュニケーションスキルが重要です。

メンバーと話し合いながら協力してプロジェクトを進めると、スピードだけでなく、アイデアの詰まったよいデザインに仕上がるでしょう。

コミュニケーションスキルを持つWebデザイナーは、プロジェクトの成功率が高く、クライアントからの信頼も得やすいとされています。

Webデザイナーになる3つの方法

Webデザイナーになる3つの方法

ここからは、Webデザイナーになる方法を、3つにまとめて紹介します。

Webデザイナーはきついと感じる部分もあります。しかし、自分でスキルを身につけ、よい職場環境を選ぶことで、きついと感じずに働けます。この記事を読んでWebデザイナーになりたいと思った人は、参考にしてください。

なお、次の記事では未経験からWebデザイナーになるための具体的な手順をステップ形式で詳しく解説しています。ぜひお読みください。

Webデザイナーになるには?未経験から目指す4STEP

その1: 大学・専門学校で学ぶ

Webデザイナーになるために大学や専門学校で学ぶ方法です。大学や専門学校には専門的な知識やスキルを習得するためのカリキュラムが用意されており、基礎から応用まで幅広く学べます。

たとえば、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なプログラミング言語やデザインの原則、ユーザビリティに関する知識を学べます。また、大学や専門学校では、デザインの理論やプロジェクト実践など、実践的な経験も積めるのが大きなメリットです。

学校のカリキュラムに沿って学ぶことで、幅広い視野を持てます。学校に通って専門的な学習を経験したWebデザイナーは、より優れたデザインスキルとクリエイティビティを持っているとされています。

その2: 本など独学で学ぶ

Webデザイナーになるために、本やオンラインの教材などを活用して独学で学ぶこともできます。

書籍やインターネット上には豊富な情報があり、それらを利用すれば基礎から応用まで学ぶことが可能です。たとえば、Webデザインの基本的な知識やスキルを学ぶ書籍を購入して、基礎的な知識から独学で学べます。また、実際にデザインのプロジェクトに取り組むことで、実践的な経験を積むこともできるでしょう。

独学で学ぶメリットは、

  • 自分のペースで学ぶことができる
  • 自由な学習スタイルを選べる

などが挙げられます。また、自己学習能力を養えるので、将来的なスキル習得や成長にもつながるでしょう。

独学で学ぶことで、自己学習能力や自己管理能力が養われ、柔軟な発想力のもと業務にあたれるでしょう。

その3: スクールで学ぶ

Webデザイナーになるために、専門のスクールに通って学ぶこともおすすめです。

スクールでは、実践的なスキルや知識を短期間で学べます。自分の目標に合わせたプランを組めるスクールが多いので、自分のペースで確実に知識を身につけたい人におすすめです。

また、スクールに通うと、同じ目標を持つ仲間と交流する機会もあります。これにより、学びの場を通じて他の学生や業界の専門家とつながれるでしょう。

スクールでの学習は、自己学習に比べて効率的であり、専門的な指導を受けることができるため、より確かなスキルを身につけられます。スクールで学ぶことで、自身のキャリアをより一層発展させられるでしょう。

侍エンジニアの「Webデザイン教養コース」では、専属のインストラクターによるマンツーマン指導や、ポートフォリオサイトを作成するカリキュラムなど、初心者からWebデザイナーを目指す上でのサポートを徹底しています。無料カウンセリングも行っているので、ぜひ一度相談してみましょう。

異業種からWebデザイナーへ転身した人の事例

ここからは、異業種からWebデザイナーへ転身した人の事例を2件ご紹介します。

仕事できついと感じるのは、Webデザイナーだけではありません。他の職業でもつらいと感じる部分はあり、自分に適した職業を選ぶことで改善できる可能性があります。

今の自分のキャリアに悩みを抱えている人にとって、参考になる内容になれば幸いです。

公務員からわずか3か月でWebデザイナーに転身した森田さん

公務員からわずか3か月でWebデザイナーに転身した森田さん

もともと市役所で働いていた森田さんは、市役所に在籍中にイベントデザインに携わり、Webデザインに興味も持ち始めました。独学で学び始めましたが、スキルアップのために侍エンジニアに通う決心をしました。

侍エンジニアを選んだのは、マンツーマンレッスンに魅力を感じたからです。スクールでは、デザインのスキルを学ぶのと同時に、忍耐力を養えました。

Webデザイナーとして未経験からスタートし、現在は無事にデザインの仕事に就いて働いています。前職より収入があがったことで、自己成長と充実感を得ています。

なお、森田さんがWebデザイナーに転身するまでの経緯を詳しく知りたい人は、こちらのインタビュー記事をご覧ください。

完全未経験からフリーランスになった20代シングルママの塘原さん

完全未経験からフリーランスになった20代シングルママの塘原さん

以前は、居酒屋や配達業などデザインとは全く関係のない業種で働いていた塘原(ともはら)さんは、子育てとの両立に悩み、在宅ワークのできるWebデザインの学習を始めました。

最初からスクールに通うことを決めていた塘原さんは、無料カウンセリングやマンツーマンサポートのある侍エンジニアに魅力を感じ、通う決意をします。スクールに通ったことで、営業力が身につき、実践的なスキルも磨けました。

現在はフリーランスのWebデザイナーとして活動し、クライアントからのリピート案件を受けるなど好調です。まだ月収は低いものの、時間に余裕を持って働けることに喜びを感じています。

なお、塘原さんがフリーランスへ転身するまでの経緯を詳しく知りたい人は、こちらのインタビュー記事をご覧ください。

まとめ

この記事では、Webデザイナーがきついと言われる理由や、Webデザイナーの仕事の魅力などを詳しく解説しました。人によってはきついと感じる部分もありますが、自由な働き方や将来性のあるスキルが習得できる点など、Webデザイナーには自身の成長やキャリアの発展につながる魅力があります。

では、この記事で紹介した「きついだけじゃないWebデザイナーの4つの魅力」を改めてご紹介します。

侍エンジニアでは、Webデザイナーになるために必要なHTMLやCSSなどのプログラミング言語を身につけられます。マンツーマンレッスンなので、自分のペースに合った学習ができるでしょう。

これからWebデザイナーになるための勉強を始めようと思っている人は、まず侍エンジニアの無料カウンセリングで気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次