スライドショースライドショースライドショー

Google Homeを普通のBluetoothスピーカーとして使う方法を解説!

皆さん、Google Homeで遊んでますか?

Google Homeを使っていて感じることとして、スマホの中に入っている音楽を再生できたら……

というのがあるのではないでしょうか?

SpotifyやYouTubeからGoogle Homeのセンスで曲を拾ってきてくれるのも悪くわないですが、ときどきどうしてもこの曲が聞きたいんだ!という欲求に駆られますよね。

実はこれ、Bluetoothを使うことで実現できるんです。

今回はBluetoothをつかってスマホの中にある曲をGoogle Homeから再生する方法を解説し、おまけでGoogle Homeをさらに別のBluetoothスピーカーに繋ぐ方法も紹介します。

さっそくいってみましょう!

Google HomeをBluetoothスピーカーとして使う準備

最初にGoogle Homeとスマホを繋ぐための準備をしましょう。

といっても、スマホ側でBluetoothをオンにするだけです。

Androidでは、「設定」を起動して、機器接続→Bluetoothのトグルスイッチをオン。(Android8.0の場合)

iPhoneでは、「設定」を起動して、Bluetooth→Bluetoothのトグルスイッチをオン。(iOS12.1の場合)

これで準備は完了です。

Google Homeの具体的な繋ぎ方と注意点

繋ぎ方の手順

それでは、Google Homeにスマホをつないでいきましょう。

Google Homeアプリを起動すると、次のような画面が現れます。

そうしたら、右下の「家マーク」をタップ。

「家」にはいるので、そこからBluetoothでつなげたいスピーカーをタップ。

スピーカーの個別画面にはいるので、右上の「歯車マーク」をタップ。

デバイスの設定にはいるので、下の方にスクロールしていくと、「ペア設定されたBluetoothデバイス」という項目があるのでこちらをタップ。

ペア設定されたBluetoothデバイス項目の右下にある「ペア設定モードを有効にする」をタップ。

これでGoogle HomeがBluetooth機器とペアリングできる状態になりました。

あとは、つなげたいスマホの「設定」にもどって、Bluetooth機器の接続処理をします。

例としてAndroidの画面が下のようになります。

これでGoogle HomeをBluetoothスピーカーとして接続することができました。

さっそく好きな曲をスマホで流してみましょう!

Bluetooth関係の音声コマンド

Bluetoothの接続はGoogle Home側から音声コマンドで解除できます

コマンド例「OK グーグル、Bluetoothを解除して。」

逆に1度ペアリングすれば、音声コマンドでつなげ直すことも可能です

「OK グーグル、Bluetoothを接続して。」

上手く使って、快適な音楽ライフを目指しましょう。

Bluetooth関係の注意点

ひとつ注意点として、個体差があるかもしれませんが、Google HomeはBluetoothをオンにするとスマホとの接続が悪くなることがあります

実際に使ってみて、スマホアプリで音楽を流す以外の操作をする場合、Google Home側のBluetoothはオフにしておいたほうがスムーズに動くことが多いように感じました。

特に筆者の環境ではiPhone SEとBluetoothとGoogle Homeの組み合わせが最悪だったので、もし、iPhoneで接続に難儀されている方は下記記事も参考にして、Bluetoothをオフにしてみると良いかもしれません。

iPhoneでGoogle Homeを設定する!ハマりやすいポイントも紹介
更新日 : 2018年12月3日

おまけ・Google HomeをBluetoothスピーカー「に」繋ぐ

最後におまけとして、Google Homeを他のBluetoothスピーカーに接続する方法を紹介します。

有効活用できる場面としては、Google Homeよりも上等なBluetoothスピーカーを所有していて、Google Homeの利便性を残しつつ、音楽は高い音質で聞きたい、といった状況ですね。

あとは、Google Homeをリビングに固定しておいて、隣の自室で音楽を聞きたい、といった状況でも使えます。

ただ、ほとんどのBluetoothスピーカーもGoogle Home自体もそこまで電波を遠くに飛ばせるものではないので、あまり離れた部屋同士の通信などはできません。

では、Google HomeをBluetoothスピーカーに繋ぐ方法ですが、先ほどのスマホとGoogle Home繋ぐ時と同様にデバイス設定に入ります。

設定項目の中に「デフォルトのスピーカー」があるのでこちらをタップ。

Bluetoothスピーカーをペア設定の項目をタップすると、デバイスのスキャンが始まりますので、つなげたいBluetoothスピーカーとペアリングを行ってください。

これでGoogle HomeからBluetoothスピーカーにストリーミングを流すことができます。

ただ、Bluetoothスピーカーにマイクはついてないので、音声コマンドを使う際はGoogle Homeのそばで行うことはお忘れなく。

まとめ

いかがでしたか?

今回はGoogle HomeをスマホとBluetooth接続することで、スマホ内にある音楽を再生する方法を紹介しました。

気分に合わせて聞きたいときはGoogle Homeまかせ、ピンポイントで聞きたい曲があるときはBluetooth接続。

両方を組み合わせることで、より日々の音楽が充実しますね。

この記事が皆様のGoogle Home活用の一助となれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

平山 晃

平山 晃

フリーのエンジニア・ライター。
プログラミング、ライティング、マーケティングなど、あらゆる手段を駆使して、
ハッピーなフルリモートワーカーを目指し中。

最近興味がある分野は深層強化学習。
積みゲー、積ん読がどんどん増加しているのがここ数年の悩み。
実は侍エンジニア塾の卒業生だったりします。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説