forやforeachを使って配列データにアクセスしてみよう〜PHP入門編〜

こんにちは!フリーエンジニアのヤマシタです。

PHPでは、配列を使用してさまざまな処理が可能です。

この記事では、

・foreach文で配列をループする
・for文で配列をループする
・while文で配列をループする

という基本的な内容から、

・配列の値をループで格納する方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はそんな配列のループ方法について、わかりやすく解説します!

foreach文で配列をループする

配列の全ての要素をループで回して取得する場合、foreach文を使用すれば配列を簡単にループで回すことができます。

foreach文は、引数に配列名と配列の要素を取得するための変数を指定します。

foreach( $配列名 as $値)

以下にforeach文を使用して配列をループで回す方法を記述します。

<?php

$fruits = ['apple', 'orange', 'melon', 'banana', 'pineapple'];

foreach($fruits as $value){
  echo $value;
  echo '<br>';
}

?>
実行結果
apple
orange
melon
banana
pineapple

連想配列をループする方法

連想配列をループする場合は、1次元配列のforeach文と指定方法が異なり、引数を追加する必要があります。

連想配列をforeachで取得するには、連想配列を取得するためのキーと値を両方指定します。

foreach( $配列名 as $キー名 => $値)

以下にforeach文を使用して連想配列をループで回す方法を記述します

<?php

$fruits = [0=>'apple', 1=>'orange', 2=>'melon', 3=>'banana', 4=>'pineapple'];

foreach($fruits as $key => $value){
  echo 'key : '.$key;
  echo '<br>';
  echo ' value : '.$value;
  echo '<br>';
}

?>
実行結果
key : 0
value : apple
key : 1
value : orange
key : 2
value : melon
key : 3
value : banana
key : 4
value : pineapple

for文で配列をループする

for文で配列を回す場合は、配列の要素数をcount関数で取得して条件式に指定し、値を1つずつインクリメントする方法が基本的な方法です。

for (初期化式; 条件式; 変化式)

以下にfor文を使用して配列をループする方法を記述します。

<?php
$fruits = ['apple', 'orange', 'melon', 'banana', 'pineapple'];

for ($i = 0 ; $i < count($fruits); $i++){
  echo $fruits[$i];
  echo '<br>';
}

?>
実行結果
apple
orange
melon
banana
pineapple

連想配列をループする方法

連想配列をfor文で使用するためには、for文の中でlist関数とeach関数を使用する必要があります。

list関数は引数で指定したキーと値を取得し、指定した連想配列のキーと値のペアを返すeach関数を使用して取り出します。

list( $キー, $排列 ) = each( $配列名 )

each関数はPHP7.2.0では非推奨となっています。そのため、よほどのことが無い限りは連想配列のループ処理は、foreach文を使用するようにしましょう。

以下にfor文を使用して連想配列をループする方法を記述します。

<?php

$fruits = [0=>'apple', 1=>'orange', 2=>'melon', 3=>'banana', 4=>'pineapple'];

for ($i = 0 ; $i < count($fruits); $i++){

  list( $key, $value ) = each( $fruits );

  echo 'key : '.$key;
  echo '<br>';
  echo ' value : '.$value;
  echo '<br>';
}

?>
実行結果
key : 0
value : apple
key : 1
value : orange
key : 2
value : melon
key : 3
value : banana
key : 4
value : pineapple

while文で配列をループする

while文で配列を回す場合は、while文の条件式で配列を回すための式を記述する必要があります。

while(条件式):
処理
endwhile;

while文にはさまざまな条件式が使用できますが、for文のように配列の要素数がカウント用変数の値以下だったら、ループ処理を実行するような式を記述するのが一般的です。

しかし、for文のようにカウント用変数を式の中でインクリメントしないので、while文の処理の中で、カウント用変数をインクリメントする必要があります。

以下にwhile文を使用して配列をループする方法を記述します。

<?php

$fruits = ['apple', 'orange', 'melon', 'banana', 'pineapple'];

$count = 0;
while ($count <= count($fruits)):
  echo $fruits[$count];
  echo '<br>';
  $count++;
endwhile;

?>
実行結果
apple
orange
melon
banana
pineapple

連想配列をループする方法

while文で連想配列を回す場合は、for文で紹介したようにlist関数で引数で指定したキーと値を取得し、指定した連想配列のキーと値のペアを返すeach関数を使用して取り出します。

しかし、上述したようにeach関数はPHP7.2.0では非推奨となっていますで、連想配列はよほどのことが無い限りforeach文を使用するようにしましょう。

以下にwhile文を使用して連想配列をループする方法を記述します。

<?php

$fruits = [0=>'apple', 1=>'orange', 2=>'melon', 3=>'banana', 4=>'pineapple'];

$count = 0;
while (list( $key, $value ) = each( $fruits )):
  echo 'key : '.$key;
  echo '<br>';
  echo ' value : '.$value;
  echo '<br>';

  $count++;
endwhile;

?>
実行結果
key : 0
value : apple
key : 1
value : orange
key : 2
value : melon
key : 3
value : banana
key : 4
value : pineapple

配列の値をループで格納する方法

配列の値をループで格納する方法については、以下の記事で詳細に解説しています。

配列についてもっと詳しく知りたい方へ

配列のさまざまな使い方については、以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

まとめ

ここでは、配列の値をループで取得するさまざまな方法について、解説しました。

配列を扱った処理は、実際の開発でもよく使用しますので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

もし、配列をループで回す方法を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説